-->

アフリカンフェスティバル&おかげ庵 





みなさんは アフリカ と聞いて
何を思い浮かべますか?

えーっと、あたしは・・

・ サバンナとかジャングル
・ 裸族とかの部族

スンマセン m(_ _)m

幼児レベルの回答であります


要するに、赤道近くで
暑い地域しかイメージ出来ない

何も知らない、分かってない人です




春めいて来た頃

何か好みのイベントがないのか?
リサーチしていたら

第10回目のフェスティバルを
目っけました

3月24日〜26日の3日間開催

横浜へ行ってみよう!







フェスティバル当日

ウルトラ早起きをして
すぐに着替えて

駅に向かいました



気温は低く寒い 

始発電車に乗って都心へ


しばらくすると
真っ暗だった窓の外

空の部分が藍色になり 
夜が明けてきました


車内はひんやりしていて
指先が冷たい





横浜から市営地下鉄のブルーラインで
終点の あざみ野駅 へ

お手洗いに入ったら
ロール紙の所に

 使用済みのキップを使った
 再生紙のトイレットペーパーです 

書いてありました


牛乳パックを再生したのは
みんな知っているけれど

キップは知りませんでした


 


駅前からバスに乗って10分 220円

あざみ野ガーデン にて下車


見えましたよ





2017032623121313f.jpg





おかげ庵


1ヶ月程前に、ニュースで

 コメダ珈琲店の和風店舗が
 関東エリアの横浜に初出店

コレを見た瞬間に 「 行かなくちゃ ♥ 」 と
心に決めていたのよ



う〜 れしいな ♪ 嬉しーな

時計を見ると8時オープン
チョイ過ぎ


ワクワクしながら扉を開けます



「 おはようございます!
  いらっしゃいませ〜 」

元気な声で迎えられました

お好きな席にどうぞ! と言われて
1人だからカウンター席に


イスやソファー
日よけのロールカーテンも
スーモ というか ガチャピン色
お抹茶様色で統一されておる





20170326231216c1b.jpg





落ち着いた雰囲気の店内


飲み物を1つ頼むと
3つの中から選べる モーニングセット が
サービスで付いてくる





20170326231214ad0.jpg





飲み物は

コーヒー カフェオーレ ココア
冷たい抹茶類 ジュース類 ソーダ類

490円〜640円


7枚つづりのドリンクチケットもあり
530円お得だそうよ
(チケットマークの飲物からチョイス)



お食事は

うどん スパゲッティ
トースト 雑煮 雑炊



グワ〜 😧
抹茶パフェがあたしを誘惑するのよ
食べた〜い


しかし、後があるのですから

ダメダメ

我慢で、次回のお楽しみに





20170326231219f48.jpg





お抹茶 と おにぎりセット

やっと朝飯だ!


おにぎりは具がなく
塩っけもないですが
お米がピカピカ光っており
かむと甘みが感じられ
粘りがあります

お抹茶様は、1つひとつ
茶せんで立てるとニュースで言っていました


味噌汁は、白味噌で
ネギとほうれん草


わらび餅
やわらかくて
ウフフ!


使用されているお抹茶は
愛知県西尾市の老舗

あいや西条園 のもの

特別な 花崗岩 で作られた
直径33センチの石臼と
こだわりの製法で
1時間に40グラムしかひけない



おや?!

朝からボックス席で
ダンゴを焼いてる人らがいるようよ
香ばしい醤油の焼けた匂いが
押し寄せてくる

コレだ





20170326231316b6a.jpg





お友達と来て
おしゃべりしながら焼いたら
メチャ盛り上がりそうねぇ





20170326231217226.jpg





こちらはランチメニュー


普通のコメダ珈琲店は
ウチの近くにもあるのよ

早くこの おかげ庵 が
北関東に出店してくれるのを
心より願います


女心を ガッツリ つかんで放させない
また来たくなる ステキなお店 でした







バスと電車を乗り継いで
関内駅にて下車

海の方に歩きます





20170326231317e76.jpg





赤レンガ倉庫が見えてきました

こちらの1号館
2階と3階が会場



2階に行くと、入り口に王様風の男性がお出迎え


思い出した事があります

子供の頃、夜の時間に
世界を旅する番組があって
眠い目をこすりながら見ていました

陸続きで違う国 国境 

高い壁があったり

線が書いてあったり

何も表示がなかったり

世界って不思議だなと・・

マサイ族だけは、自由に行き来を
許されていた事を覚えています


そんなマサイ族

大人になってから、旅行記で

近隣の大きな街のホテル前で
棒を持って立つ

観光マサイ がいて
住み込みで働いている

そういう記事がありました





201703262313187d0.jpg





ですから、こちらのお出迎えの方々は

ウェルカム王様 ですね


近年、マサイ族も携帯電話を持ち歩き

家には電化製品があったりと
時代は変わりつつあります




パンフレットをもらい見ると
アフリカの地図と首都名があり

・ 北アフリカ (エジプト、スーダンなど)
・ 西アフリカ (ガーナ、ナイジェリアなど)
・ 中央アフリカ(カメルーン、ルワンダなど)
・ 東アフリカ (ケニア、ナイロビなど)
・ 南アフリカ (ジンバブエ、マダガスカルなど)

大きな大陸は5つに分かれていた

国旗もあり、数えてみると54個



大使館コーナーもあります





20170326231320e3c.jpg





この階は マーケット で
工芸品や特産物が買える





201703262313221e8.jpg





部族の人が身にまとうような
独特の鮮やかな色彩





201703262314112d0.jpg





この石は ソープストーン で
白・ピンク・マーブル・グレーと
ケニアで採れる天然石

石の切り出しから彫刻まで
手作業で行う

お水に弱いので、食器には使えず 全てインテリア





1番気になったブースが
 
ティンガティンガアート

タンザニアの首都 
ダルエスサラーム郊外にて誕生した
独特の絵画スタイル

建築の際にあまったベニヤ板や
ペンキを使って描いたのが
始まりと言われている
 
動物や精霊、人々の暮らしなど
アフリカらしい色彩で
描かれているのが特徴

創設者である
エドワード・S・ティンガティンガ の
名から ティンガティンガアート と
呼ばれている

エドワード氏は亡くなりましたが
弟子達が画法を忠実に受け継いでいる





20170326231414ead.jpg





マイケルレヘムさん

タンザニア連合共和国 マクワ族出身
小さい頃から絵が得意で
13才の頃からペインターとして活動
コンペで優勝したのをきっかけに
国外でも活躍

数々の受賞歴があり
現在は兵庫県姫路市在住

奥様は日本人だそうです



ハンカチサイズの布に
ピンク系の色を使い
部族の柄が気に入ったのですが
お値段が・・

手が出ませんでした


イベント情報など 
ホームページURL tinga2.org





3階は、ワークショップ ステージ
フードコート 



お腹がすいたので
フードコートへ

エジプト・タンザニア・ガーナ の
店舗がありました


ケバブは食べた事があるので

ガーナの ピラウ弁当 500円
マンゴージュース 300円





20170326231413fd1.jpg





ピラウって何?

調べたら、肉やスパイスをきかせた
炊き込みご飯だそうです が 
ちっともスパイスは感じられず
日本人の味覚に合わせたようです

特別美味くもなく
かと言って、マズくもなくで
完食いたした






 
500円の参加料で
パロゴダンス が
体験出来るので、申し込みました


ガーナの民族舞踏みたいです


太鼓のリズムに合わせて
先生の踊りをマネします





20170326231415c44.jpg





本格的なダンスは難しいから
やさしくアレンジしたステップ


15名程が参加してました


いや~! 
楽しかった 💃







それからステージに行き

今、ダンスの先生だった ボイ・ブラザーズ の
 
太鼓演奏


先程は、笑顔を浮かべて
パコパコ軽く叩いていましたが

表情が一変

速くて激しい手の動き

指先には テーピング がしてありました





20170326231417d1a.jpg






腕が太いのは・・
遺伝なのか?
太鼓筋肉なのか?


あっ!
あたしが通う整体院 
からだの音・ホリスティックリトリート の
山口智大先生がお若い頃
趣味のアフリカの太鼓で
肩を痛めたとお話しされていました

どんだけノリノリで叩いて
痛めたんじゃ〜い 

そう思いましたが・・

激しく力強い生演奏を目の当たりにして
これじゃあ、痛くもなるわ!
納得しちゃいました




アフリカを満喫したので
ランドマークタワーへ





2017032623144014d.jpg





いい景色が続き
整った歩道を歩きます


ベンチに座って
ぼんやり海を見たい所ですが
風が冷たくて風邪ひきそうよ







アローズ・パレット

ヨーグルトジェラード店

今まで食べたヨーグルトの
ソフトクリームの中では 1番うみゃい のよ

カップ入り ミニ 270円





20170326231441d7c.jpg





コレを食べる為だけに
テクテク歩いてきた 

価値のある冷凍菓子ザマス




東急ハンズの雑貨を見て

電車で移動

横浜駅のデパ地下で買物をして

予定終了



電車の窓から夕焼けを見ながら
ガタンゴトンゆられて

日がドップリ沈んだ頃に帰宅




アフリカの文化と握手して
よく歩いた1日でした









スポンサーサイト

栃木の桜蔵(さくら)





季節の変わり目
3寒4温を繰り返すこの頃です



やわらかい風にのって
沈丁花の香りが届き

モクレンが大きな花を咲かせ

ユキヤナギも、ちっちゃな花を
たくさん開きはじめました



黄緑色の新緑が
日に日に大きくなり


空から大地を見つめたら
カラフルに色が増えていく


わくわくする季節 😆







久々にお気に入りのジェラード店

桜蔵 に

行ってきました




ガラガラガラッ 🚪

ドアを開けて

「 こんにちわ! 」

中に入ると、売り子のお姉さんが

「 あら! こんにちわ〜 」

何度かお喋りした事のあるお姉さんでした




北関東エリア ダントツの美味さ の
抹茶アイスを食べに来たのですが

ショーケースの中は
まぁ~、色とりどりに
みんなステキ ♥


12種類もあり目移り




2016111413193221d.jpg




( いつものカメラを持っていなくて
  携帯で撮影しました
  カップ入りのアイスは
  ちゃんとコピー出来たのですが
  このショーケースの写真だけ
  画質が粗くなってしまい・・ 😅
  使えなかった
  
  なので以前に写した物を使いました
  色とりどりのイメージは
  同じです m(_ _)m )
  




お姉さんは季節商品の
桜や苺アイスをすすめるのであーる



桜味は、桜餅のような
ソフトな甘さと、もっちり感があったのを
覚えています




あぁ・・

どちらもいい子で
選べない



わがままを言って
ダブルで盛ってもらいました

450円




2017032221443056f.jpg





・ ぷれみあむみるくの旬苺

・ 宇治の特上抹茶




ザクザク切りの苺が
バニラアイスと混ざって
時折シャリっとして
ムフフと笑顔になっちゃいます 🎵


お抹茶さまは
いつものアノ味

上品で上等で特上で
濃いけれど苦味のない
大人の至福のジェラード


このダブル盛りコンビは
最強であり
 
ある意味反則だわ!




今度、スタッフの勉強や研究を兼ねて
近隣のアイス店の食べ歩きをするという

いいなぁ

楽しそう!


でも、美味しく食べたアイスは
目と舌で記憶して
後々、参考にする理由だから

うみゃい ウミャイ 😋 と
満足だけしていられない

それはそれで大変だなぁ〜 なんて
感じました



新商品を期待していますぞ ✌






栃木県 栃木市

市役所がある通りの
みずほ銀行のとなりにあります


10:30〜18:00
火曜定休日




ポカポカ陽気から
ジリジリ太陽がアチーとなると
チベたい物が ごちそうオヤツ です


桜蔵の こだわりのジェラード を
お試しあれ 








大回り乗車の旅 パート2






みなさまのご訪問
いつも感謝しております

ありがとうなり 


年中無休で元気な足袋子でございます





初めての 大回り乗車の旅 を

去年の6月に体験



けっこう楽しかったので

また行っちゃうぞ!




     ルールのおさらい

 東京近郊区間 こちらに記載されているルート内
 ひと駅分の切符で自由に選んで乗れます

 1筆書きのようなルート選択で
 わざと距離を稼ぎます

 駅からは出られません

 同じ駅や同じ区間をダブってしまったら

   アウト 


 高額な乗車料金を払う事となり 
 大回り乗車 ではなくなりますので
 居眠り厳禁ザマス




人間ウオッチングとか
電車の乗り心地とか
窓や駅のホームからの景色を楽しんじゃって

1日電車に乗っていられる
安いのにメチャ遠出出来ちゃう
心ウキウキのプチ旅行なのよ








     大回り乗車の旅 パート2
   



とある平日の朝

お天気予報は1日曇り空 ☁
少し肌寒い



栃木県 佐野市

JR佐野駅から、となりの岩船駅までの
200円の切符を買い
反対方向の左回りでスタート!


6:26 高崎行きに乗るつもりで
あと5分あるからとお手洗いに入り
ホームに降りたら
電車は走って行ってしまった

えっ?!
まだ時間前だよ

時計を何度も見た


あーっ、そうかぁ・・ 😫

この時間やルートを調べたのは
ちょっと前

ダイヤ改正があって、時刻が変わったようです





20170317183045356.jpg





しばしホームのベンチに座り
駅前のロータリーをぼんやり見る


次々と車が止まり
中から制服姿の学生達が降りて
送ってくれた家族に手を振り
改札に急ぐ

へーえ、何年間も
家族は毎朝送迎するんだ・・

大変だなぁ


朝の駅前風景を観察しつつ
次の便に乗る





6:57 八高線 高崎行き



ガラガラの車内

窓の外には、休息中の畑と
何か植えられている緑色の畑が
ジグザグの大きなモザイク模様


ガタン ゴトン


振動が心地良い



桐生駅到着前で
わたらせ渓谷鐵道の
乗り継ぎのアナウンスを聞き

また、トロッコ列車に
乗りたくなりました


発車のチャイムは

♪ トッピキピー トッピキピー ♪

お祭りの曲

心が小躍りしてしまい
お祭り女の血がさわぎました



ランドセルを揺らして走る小学生達

もう、登校時間なのね



前橋駅は

♪ 咲いた 咲いた チューリップの花が ♪ 

でした



8:20 高崎着


乗り継ぎの時間があったので
構内をウロウロ

上越新幹線・北陸新幹線・新幹線

3つの新幹線が止まる大きな駅





201703171830466d5.jpg





だるまが有名なので
だるま駅弁も

ハローキティのだるま駅弁もカワイイ
巾着袋入りのようです

今日の路線は、車社会のエリアだから
都心の通勤ラッシュのように
ギュウギュウな車内にはならなかった





8:55 八高線 高麗川(こまがわ)行き





20170317183048ca4.jpg






他のホームの先っちょにある





20170317183049a45.jpg





レトロな車両が見えてきました



へーっ!
発車のベルが鳴らないんだ





201703171830503fe.jpg





電車のドアの前に立ち
外側に付いてる古めかしいボタンを
しげしげと見つめていた


ちょうど運転手さんが2人通りかかり
お若い運転手さんが

「 開けますよ! 」

紳士的に笑顔でボタンを押して
ドアを開けてくれました

乗り方がわからなくて
立っていたと思われたようです

「 あっ! 珍しいから写真でも撮ろうかと
  ながめていました 」


もう1人の運転手さんが

「 お前、よけいな事をするんじゃないよ! 」

笑いながら注意しました

「 スイマセン 」

頭をポリポリしながら
私と先輩の両方の顔を見て謝りました

私は 「 大丈夫ですよ! ありがとうございます 」 

笑顔でお礼を言いました



中に入ると

「 うわー! なつかしい運賃箱だ 」

思わずきれいにペンキで塗られていた
表面を触りました





2017031718313289b.jpg





いろんなタイプの席がある





20170317183133ea4.jpg





もちろん前がよく見える席に座り
発車するのを待ちました



静かに動き出し

本当に プルルル とか テリレリレリ とかなく  

黙って発車しました


何か不思議な感じ



 
そこそこに揺れます

つり革も同じリズムで仲良く
お行儀よく揺れます



終点まで乗る安心感からか

ちょっとお昼寝タイム 😴





10:35 高麗川駅着



ぐゎっ! また30分待ちます

出発の時から計算すると
90分時間がズレている





11:00 八高線 八王子行き



今風の列車になりました

さて、予定通りのルートを行くか?
時間が押しているから
短縮ルートに変更しようか?  

予定では

八王子 → 橋本 → 茅ヶ崎 → 東京駅

だったのですが・・


腹の虫が 飯をよこせ  と言わんばかりに
グーイング ? さわぎ始めたので
素直に短縮ルートじゃ





拝島駅で下車

青梅線直通の 快速東京行き に乗る






列車がホームに入ると
窓に黄色い3本線が続き

「 コレ何? 」

電車が止まると、3本線は見えなくなった

降りて見ると  

転落防止の可動式のバーでした


 


20170317183135fb0.jpg





このデザインは初めて見るよ

最新式っぽいわ

何か・・
走り高跳びのポールみたいなデザイン



途中の駅で 特別快速 に乗り換える







イヒヒ!

東京駅 に着いたぞ



ごはん ゴハン 🍚

東京駅の改札外は、目移りする程お店が
いーっぱいあります

キッチンストリート
北町ダイニング
八重洲地下街
エキュート
味の散歩道 など


しかし、東京駅改札内のレストラン
GRANSTAのパンフレットによると
4店舗しかない

・ リゾット店
・ 寿司店
・ 牛たん店
・ タイ料理店


お菓子やスイーツ類は、㉘28店舗
弁当・惣菜は、21店舗

手土産や弁当類には困らない


うーん
4店舗の中の

マンゴツリーキッチン タイ料理店へ


タイカレーを食べようと思ったら
辛さの目安

とうがらしマークが3つもある 😓

ヤメて 豚肉のガパオランチ に

豚肉のなら辛さヌキがあった





20170317183136c5e.jpg





目玉焼きの アリかナシか 選べます

あーた! 
久々に長細いタイ米のパラパラ飯よ

お肉の味付けは、お醤油ベースで
食べやすくて美味しかった


お会計 800円 を払う





13:30 山手線



日暮里駅で乗り換え





13:55 常磐線 水戸行き



座らずに進行方向、左側のドア付近に
立ち続けます

この場所は、絶対に譲れません 



前回、目撃だけに終わってしまった

カップヌードルのオブジェ撮影 📷



そろそろ

いよいよ

見えて来るハズ



ん〜っ?!



「 見えた! 」

あんな遠い場所だったっけ?



あわててズームにして パチリ





20170317183137f73.jpg





モクモクと煙突から
イヤ・・ カップヌードルから
かなり激しく出ているわ


人間の記憶なんて、あいまいなものです

線路の近くにあると感じていたのは
帰宅してネットで調べた写真

それをそのまま新鮮に覚えていたから・・



ちょっと油断したわ 😅


とりあえず1枚写せたので良しとしましょう 👌

任務を終了したので座りました



友部駅で下車





15:41 水戸線 小山行き



ここの発車メロディは

♪ しあわせなら手をたたこう ♪


小山駅で下車





17:25 両毛線 高崎行き



日も傾き
カラスも寝グラに帰る頃です

気温も下がってきました





201703171832231b1.jpg





17:48 岩船駅 ゴール



風はなく
草木も写真のように静止している





20170317183225698.jpg





無人駅ですが ピッ の機械はあります

使用後の切符は
1般家庭にあるような
銀色の郵便ポストの中に入れます 📮




切符の自販機はあり

悪さをしないように
防犯カメラが数台設置されていました





20170317183226ea5.jpg





歴史を感じる木造の駅舎

駅前はお店やコンビニなど何もなくて

薄暗くて細い道があるだけでした






本日回った方向





20170317183228b03.jpg



 

ピンクが予定していたルート
ブルーが回ったルート









   前回の 大回り乗車の旅 を振り返ります


右回りで小山駅をスタート

友部・我孫子経由で千葉方面にすすみ
新松戸・大宮・高崎を周り
栃木駅がゴールでした

ルールを守っての大回り旅ですが

自動改札機でブザーが鳴ったり
(1定時間を過ぎてしまうと
正しい料金区間でもゲートが閉まり
駅員のいる通路から出る形になる )

駅員が 大回り旅 を理解していたのか?
知らないのか?

ちょっと小言風に言われ
イヤな気分になってしまったので

今回のゴールは、あえて無人駅にしました

旅も 終わり良ければ全て良し の
意味は大きいのだ!



もちろん パート3 また行きますぞ 








続きを読む

沖縄貧乏旅行 NO.3 魅力的な楽尚(らくしょう)編




目が覚めると、外は曇り空

テレビを付けてチェックすると
今日は雨っぽい ☔


買っておいたコンビニの
朝ごはんを食べる 🍙


荷物をまとめて
チェックアウト



松尾1丁目バス停に向かう

飛行機に乗る前に、行きたい所があります



都ホテル前のバス停で下車

雨が降ってきました
傘をさして歩く

坂道を登る途中にあるお店



楽尚(らくしょう)





20170308204005692.jpg





近所の空きテナントの軒先で雨宿り

開店時間まで、少し待ちます








前にこちらに来たのが
前々回の沖縄旅行の時です


当時はパソコンなんて
知らないし出来ないし


旅の情報は、書店にならぶ
旅行雑誌だけでした

沖縄の本の中に 楽尚 の記事と
紅型の小物類の写真にひと目惚れ 😍

これは絶対に行かなくちゃと 
地図を書き写し

国際通りから テクテク 
歩いてきました

バスが出ていたなんて知らなかったのです 

真夏の炎天下 ☀

日傘をさすも汗ダク 💧


この辺にあるハズなのに・・ 

それらしいお店が見あたらない


誰かに聞こうとするも
人もネコも歩いてない

1時間以上ウロウロしてました


仕方なく 都ホテル のロビーに行き 
フロントの人に聞くと

店は移転しており
この道の上にあると


やっとの思いで到着し
入った店内のクーラーが涼しいのと

可愛くてキレイで美しい
紅型の小物があふれていて

ここは天国だ  と感じたのを
今でも鮮明に覚えています


その時は、ヘビの指輪と携帯ストラップを買い
今でも愛用しています



今日はどんな小物達を見れるのかな〜








シャッターが開いて、開店準備のお姉さん

私と目が合うと、時間前でしたが

「 いらっしゃいませ! どうぞ 」

中に入れてもらえました





201703082040078e3.jpg





パイソンや牛革に
沖縄の色彩を取り入れた
紅型や草木染めなどをして

お守りとしてのマース(塩)が入った
ストラップやキーホルダー





20170308204008a66.jpg





指輪やブレスレットやお財布

スマホカバーなどもありました



目の保養になります

相変わらずカラフルで美しい





2017030820400973d.jpg





ひと通り見てから

「 すみません! お財布につけるような
  キーホルダーというかストラップを探しています 」

そう伝えると、奥から色々出してくれて


アウトレット品のキーホルダーが
2割り引きだと聞き、目が輝く 


パッと見て2点気に入ったので
購入しました



来て良かった 💕



バスとゆいレールで空港へ


真っ先に搭乗手続き
ちゃんと飛ぶのね

ヒヒヒ!
A列の非常口座席ゲットじゃ

あたしの指定席みたいよ 😉



レストランで ちゃんぽん丼 の
ランチを食べて

土産店を見て 



13時30分発の飛行機に
おとなしく乗りました 




ずっと

窓から下をガン見し続けた


しかし、ホイップクリームのような
分厚い雲が、地球にフタをしているみたいで
 




20170308204010501.jpg





富士山を見ることなく

羽田空港へ着陸となりました



ウーン・・

いつかは見たいものです 🗻







20170308204042614.jpg





今回のお土産

楽尚でのキーホルダー2点

小さいヘビ柄のストラップは
サービスでもらいました

拾ったサンゴ
 
もらったキットカット

雪塩ちんすこう(コレは美味しい)
他の味のちんすこうは・・・
マズッ 😫

イヤ、あたしのお口に合わないだけですぅ 😅








帰宅して、すぐに染め物に
アイロンをして水洗いし干す





20170308204044999.jpg


            洗う前





20170308204045791.jpg


         ジャーン! どうよ 




青い色をもう少し多めに使えばよかったな

あと、色を混ぜて茶色も出せたなぁ

次回の課題になりますわ



初めての紅型染め物体験
大人のぬり絵

また行かなくちゃ 





最後に

スカイマークの飛行機代  

行きは  9990円
帰りは 10990円 


今までの沖縄旅行で
1番安い旅費となりました ✈





職場と自宅を往復する毎日



ふとした時に

心の中で カケル君の歌声 が流れて





20170309230433866.jpg





沖縄を思い出すこの頃です 😌










沖縄貧乏旅行 NO.2 観光バスと自己満足編





今日は、観光バスに乗ります


リウボウDコース 5800円

・ 美ら海水族館
・ 今帰仁城跡(なきじんじょうあと)
・ ワルミ大橋
・ 古宇利(こうり)オーシャンタワー

などをめぐるのだ!





8時30分に、国際通り
松尾1丁目バス停からの乗車


市内の飲物の自動販売機
さんぴん茶が多く置かれていて
ジャスミン茶が好まれているようです



早めにバス停で待っていると
沢山のバスがウインカーを出して
運転手があたしの顔を見る

他に乗客はおらず

あわてて 

「 乗らないです! 」 

バイバイと手を振りアピール



しばらく バイバイ を繰り返す 



リウボウバスが来て乗車

女の子と相席でした


ほぼ満席の44名



まずは、注意事項の紙を手渡され

① 出発時間の5分前にはバスに戻る
② バスは各見学地を定刻に出発します
③ 時間を過ぎたら出発します
  次の見学地までの交通費は自腹になります

3ヶ国語で書かれていました




バスガイドさんのあいさつ

そして、窓から見える景色の観光案内や
沖縄県民性などのお話しが


 沖縄は先祖崇拝の方が多く
 お墓の前で親族が集まり宴会をしたり 
 ピクニックのように1日過ごす


 現在のこの世は、仮の住まいで
 あの世こそが永遠の家と考え
 立派なお墓を建てる

 その際に、神人に占ってもらい
 縁起や相性の合うものにすると

 また、嫁入りの条件として
 立派なお墓がある事なども入るそうです


 沖縄復帰から45年経つけれど
 いろんな基地問題もある

 飛行機で沖縄に到着する時に
 低空飛行が続きますが
 コード300メートル以内が義務付けされており

 600メートル以上は
 アメリカが使う区域だそうです

 海を見せるサービスの為の
 低空飛行ではなかったのですね


 県花はデイゴ
 満開の年は、台風が多いと言われている


 リゾート地で耳に飾るハイビスカス 🌺

 右耳に飾るのは 独身

 左耳に飾るのは 既婚者

 両耳に飾るのは オカマ
 ( ジョーダンです )
 婚約中の方

 頭の真ん中に付けるのは 恋人募集中


 沖縄にはダムが11個あるが
 高い山がないので、水不足になりやすい

 海水を水にかえる技術があるので
 近年、断水は少なくなってきた


 沖縄の水は硬水でカルシウムが多い
 おおらかな人が多いのは
 水のおかげかもしれない


 海の透明度は、肉眼で25〜30メートル


 プロ野球12球団のうち
 10球団が、沖縄でキャンプをする


 沖縄に杉の木はないので
 花粉症だという人を聞いた事がない





最初の立ち寄り先が近くなると
録音テープで、数ヶ国語の案内が流れる




美ら海水族館 に到着


団体入場なので、中までガイドさんに付いて行き
ここからは3時間のフリータイム


館内は以前に全て見ているので
今日は入りません


早足で海辺に向かいます





2017030717565567d.jpg





海に用がある



白いビーチのスミに場所を決めて

三脚とカメラをセット


まずまずのお天気です




何をやりたいかって?

クフフ 😸

よくさぁ、イメージビデオなどで
女性が海辺で布を持って
風に ビュ〜ン と
なびかせてるシーンあるじゃない?


それをやってみたかった 🎵


とりあえず試し撮りをしましたが
太陽の光が反射して
ちゃんと写っているのか?
よく見えないのよ〜

おまけに 無風 ・・ 😱



風待ち



観光客がアングルに入ると

サンゴ拾いをしたり



ひたすら風待ち



吹いてきたかなって
10秒タイマーを押して

「 9・・8・・7・・ 」 と
カウントダウンしながら走り

立ち止まって上着を高く持ち上げるも
風は失速



ちょっとあーた!

おわんにへばりついた
味噌汁のワカメのように
あたしの背中に引っ付いて失敗

イイ感じにたなびかないの



何度もカウントダウンしつつ走り
ピトッとワカメ状態・・ 


ピュ〜ン とは、なかなかならない 



数撃ちゃ当たるだろうと
チャレンジしていましたが
 
だんだん飽きてきて

「 もう、いいやぁ 」

三脚をたたみました





2017030717565739a.jpg





数撮った中で、マシな1枚

まぁ、こんなもんだ 

自己満足の世界ザマス





それから浜辺を横断して
サンゴ拾いに専念するのでした


ん!
サンゴを何に使うのかって?


ウヒヒ 😀
作りたい物があるのよ〜 ♥


そのうちにわかるわ 








お腹が空いたので
屋外の建物で軽食を食べて





20170307175658e57.jpg





公園内の植物や花を見て歩きました





20170307175700648.jpg





ガジュマルの木

神秘的だわ







あっという間の3時間が終わり
バスに戻る




定刻に全員揃って出発




のどかな風景をながめつつ


今帰仁城跡 到着

ここは初めて訪れる場所です





2017030717570137f.jpg





ゴツゴツした石畳や土の道

桜の名所だそうですが
すでに桜まつりは終わっていて

河津桜のようにピンク色が濃い
わずかに咲く花びらに・・

ナント!
クロアゲハ蝶がヒラヒラと
たくさん舞っていた 


お城跡の石垣よりも
桜にクロアゲハ蝶の方が
はるかに衝撃的でした



関東では、絶対に見れない光景





201703071758016bf.jpg





逆光で写りが悪くてスミマセン



さとうきびジュースの掘っ立て小屋店があり

「 1つ下さい! お父さん写真撮らせて 」

中に入り、昔ながらの機械に
長いさとうきびを1本入れると
下から汁が出てきた





20170307175804027.jpg





冷蔵庫から冷えた汁を少し足し
カップをもらいました

300円


ひと口飲み

「 うわー! 甘くて美味しい 」

グビーッと飲み干した



記念撮影場所で、三脚を立てて準備し
順番を待っていました

先客に

「 写しましょうか? 」

声をかけ、シャッターを押してあげた



すると、後ろに並んでいた人達が

「 あたしも! 」 と

笑顔でカメラやスマホを
次々と手渡すので
しばらくカメラマンをやり

落ち着いてから
ハイ! チーズ





20170307175802dfa.jpg





集合時間を過ぎているのに
戻って来ない外国の方がいました

ガイドさんは探しに行き
置いてきぼりにする事なく
遅れて出発となりました




とても興味深い話を聞けました

沖縄では ハブ 🐍 がたくさんいて
特にフルーツ畑に多く

捕まえると高値で売れるそうです

小さいので 3千円
中くらいで 5千円
大きいので 8千円

時期になると、本業そっちのけで
捕まえてお小遣い稼ぎを
する人がいるそうです

あたしが沖縄に住んでいたら
間違いなく、ハブ捕獲で飯を食い

そして ハブ御殿 が建つでしょう 




さて、最後の立ち寄り先へ

これが見たくてこのコースを申し込んだのよ

ワルミ大橋 

もちろんお初の場所 




いよいよ渡ります





20170307175805556.jpg





橋の下には停止せずに山を登り

古宇利オーシャンタワー で降りて

ここから見れました





20170307175807665.jpg





んま〜!

絶景で美しい


絵になるわぁ



憧れていた景色を見れて感激 😆




高速道路を走り帰路となる



乗車した場所が近くなると 
ガイドさんは

お別れの歌として、三味線片手に

♪ あさどやマンタ ♪ 

という沖縄民謡を歌って下さいました



愛しい人よ、また逢いましょう という意味



バス停で降りて
サンゴを置きに宿へ戻り

いそいそと夕暮れの街へ
しっぽをブンブン振って歩く



ニシシ 😋
雪塩ソフトクリームの時間ですよ〜

ポイントカードのスタンプが10個たまったので
今度1つタダでもらえる 🍦





国際通りの 沖縄民謡ショー がある居酒屋
お食事にプラス料金でお手頃に聞ける所は
何店舗も行きましたが
お料理メニューが少ないのよ


オリオンビールも飲むけど
ちゃんとご飯も食べたいの!


前回、県庁前駅 ホテルまるき に泊まっていて
ふらっと入った、目の前の居酒屋

あがかーら は

品数豊富でリーズナブル料金
しかも、毎日20時から無料で
沖縄民謡が聞ける 


ウルトラお気に入りのお店なの!

沖縄に来たら

・ 雪塩ソフトクリーム
・ 国際通りのお買い物
・ オリオンビール
・ あがかーら 

これは絶対に外せない
お約束なのよ



まずは
ジーマーミ豆腐と軟骨唐揚げ
オリオンビール小 で

カンパーイ 





20170307175837fee.jpg





グビッ! 

オリオン最高 ✌




得意の グレープフルーツサワー はないので

シークァーサーサワー
飛びイカの餃子とソーミンチャンプル





20170307175838c5d.jpg





ヒェッ・・
やっぱりチト酸っぱい

オリオンビール小おかわり




時間になり、三味線片手に
若いお兄さんが入って来ましたが 

2階へ行ってしまった



アレッ?

店の人に訪ねたら
上で宴会が入っているので
そちらで演奏が終わったら
ここでも聞けると聞き、良かった!




お2階のお父さん達、地元の方みたいで
一緒になって歌って楽しそう

手拍子や笑い声

いい雰囲気です



2回分の演奏が聞けて
お得だわ



志村ケンさんが替え歌で流行らせた

♪ ハイサイおじさん ♪ の演奏がはじまり

正しく歌わずに

「 変なおじさん! 変なおじさん! 」

大合唱してて、笑っちゃいました


大盛り上がりで終わり

お兄さんが降りてきて
民謡がスタート



自己紹介し

カケル君 19才 だそうです




数曲歌った後に、リクエストタイム

ハーイ (^o^)/ と手を上げて

「 海の声 聞きたいです 」

他に、島唄の声が





201703071758407f3.jpg





生歌に生演奏

これらの曲に思い出や、思い入れはないのですが
カケル君の歌唱力に

何か・・

ジーンときてしまい・・

ちょっと目がウルウルしました 😿




その場で起立して、みんなで
手踊りの カチャーシー をして


最後に オリオンビールの唄 で
盛り上がり


楽しい楽しい最後の夜を
過ごしました


お会計 3520円 を払い



店を出た瞬間

シャキーンとして


スタスタとスキを見せずに
国際通りを早歩きして

犯罪に巻き込まれる事なく
宿へと戻りました



シャワーを浴びて

いい1日だったなと振り返り
笑顔のまま

夢の中へ 🌜












沖縄貧乏旅行 NO.1 大人のぬり絵編





衣食住 という言葉があります

人が生活をしていく基礎



旅にも 衣食住 があります


衣は移動、交通機関

食は食べること

住はお宿

移・食・宿 なのだ!




前回、沖縄に行ったのがちょうど2年前

沖縄・ホエールウォッチング

としてレポート、飛行機と宿のパックツアー利用でした




今回は 移 と 宿 をもちっと

お手頃に行きたいものだと
格安航空券 を予約してみました

そう! もしも欠航になったりしたら

    パーッ 

変更などの保証はないヤツ

そして、お宿も素泊まりに

寝るだけの滞在ですから
これで十分

浮いた銭は、飲食や遊びに使いた〜い 



年末からお正月と休みナシで
頑張ったあたしの、遅いお正月休み

どーか天気が荒れず飛びますようにと ✈
この時ばかりは、天にお祈りするのでした 


気持ちだけは早くも沖縄上陸、潜伏しつつ
国際通りをルンルンで徘徊しており

♪ デイゴ〜の花が ♪

なんて、うっかり仕事中に鼻歌を歌いそうになり

   イカン 🙊 シーッ・・

1人であわててしまうのでした



さてさて、格安航空券で笑いクセになるか?
はたまた、痛い目にあうのか?


2泊3日の旅ですが、書きたい事がいっぱいあり
いつものように 長〜く なってしまうので
3回にわけてアップいたしまする


必要最小限の荷物を持って
運試しの旅がスタート 










前夜、仕事が終わりダッシュで帰宅
ササッとシャワーを浴びて
高速バスにて都内へ

東京駅構内で、遅い夕食を済ませ

お泊りしに
羽田国際ターミナルへ と向かうのじゃ



前回同様に、早朝のフライト便
朝イチの高速バスじゃあ
間に合わないのだ 


宿として空港に泊まるってさぁ〜

何か、非日常のような・・
不法滞在者になったような・・
やっちゃイケない感があり
変なスリルを感じちゃったわ 



寝心地が良かった 展望室前の長イス に行くと
すでに満席

仕方なく、下の階の到着ロビー長イスに落ち着く


お仲間がたくさんいらして
みんな寝床を探してウロウロしている


防犯対策としてガードマンが
常にパトロールしてくれているのは
心強い限りです



暖房が効いているので快適

靴を脱いでイスに寝転がり
コートをかけて寝る

照明は明るいままなので
フードをかぶる




   💤 😪 💤




気が張っているせいか、ときおり物音で目が覚め
浅い睡眠を繰り返す





アラームが鳴る前に目が覚める
体内時計は正確に動いていた




空港間の無料シャトルバスが
5時から出るので

そろそろ起きよう

 


乗り場に行くと
すでに40人程並んでいた

あたしと同じ手口! イヤ・・ 作戦の人達だわ


第1ターミナルで下車
北ウイングへと急ぐ


スカイマークの窓口で、座席の手続き
欠航せずに飛ぶようです

ヤッター👍

「 非常口座席でいいから、窓側に座りたい 」 

聞いてみると空いてました ♪


前回からの宿題

写真のお師匠さんから教わった
上空から富士山の写真を写すという
ミッションがある

しかし、A列だった・・

Aは進行方向左側
 
F列の進行方向右側でないと見れない

残念 😥

帰りの便に期待しましょう





搭乗手続きを済ませて 
サンドイッチを食べる




20170303195204825.jpg




あっ! 
あたし好みの飛行機に乗れるんだ

あられちゃんが キーーーン と言って
走るときの手のように
翼の先っちょが上を向いてる型のやつ


うひょひょ 

お安い運賃・窓席・翼ピュン と
うれしさトリプル〜 

極上の天空席だわ 



搭乗開始

機内は真ん中の通路をはさんで
左右に3席づつある


おぉ! 窓の先には赤いハートマークが


ほぼ満席で
滑走路に向けて動き出す


整備の人が頭を下げて
手を振っていたので 

あたしも手を振ると

こちらを見てほほえみ
さらに大きく手を動かしてくれました



ブザーが数回鳴り、離陸

ゴーーッ という音と振動が大きくなり
程よい重力が体をイスに押しやり
ななめに流れていく景色を
ニッカニカ顔で見るのでした 


カッコよく旋回して
白い雲の中を通過すると、雲の上
青い空と雲海が広がるのでした



向かい風の為に到着時間が少し遅れるらしかった

うむ! 苦しゅうない 




20170303195205280.jpg




翼の先に、太陽があるので
逆光気味の写りばかり
イイ感じのハートは撮れないなぁ



このメーカーの飛行機、初めて乗りますが

なんと! キットカットとホットコーヒーの
無料サービスがあり、驚きました


普段、コーヒーなんて飲みませんが
この時ばかりはもらって

おちょぼ口で 雲海カフェ をするのでした 




20170303195206a95.jpg




低空飛行でキレイな海を見ながら
着陸態勢に入り



なめらかに滑走路へ降りました



乗客が降り始めて
反対側の翼の模様も見ようと
窓からのぞき込むと
違うマークでした

何か意味があるのでしょうか?




20170303195208c3f.jpg




ゆいレールに乗り、いつも同じ事を感じます

   緑が濃い 🌲

関東の6月位のような葉っぱ 🌿 フサフサ




空気が澄んでいて、やさしい暖かさ





県庁前駅で下車


国際通りに入ると
先に到着していた 気持ち 
今着いた体と、やっと1つになったようでした


ウェルカムアイスじゃ 




20170303195210a31.jpg




愛してやまない
塩屋(まーすや)の 雪塩ソフトクリーム

滞在中、毎日食べれる環境にある
この上ないヨロコビ





うっ 😂 うみゃい


パクリとたいらげ
通りを歩く



大きな土産店前にて
国際通りのパンフレットをもらう



キャリーバッグを預けるために
浮島通りにある 

民宿 泊青荘(はくせいそう) へ


民宿と聞くと、古びた平屋の木造住宅みたいな
イメージですが

こちらは、マンションの3階をリフォームしたお宿



お身軽になりランチタイム


タコス屋 という店で
素直にタコスを食べる




20170303195308f38.jpg




少し土産店をブラついて

松尾1丁目からバスに乗り
首里高校前で下車

歩いて数分

首里 琉染(シュリリュウセン) へ




20170303195309e35.jpg




染め物体験が出来る所です


・ サンゴ染め体験 

・ 紅型染め体験

2種類から選べます




サンゴ染めとは

サンゴの石の上に布を置いて
塗料を染み込ませた てるてる坊主 みたいのを
ポンポンとたたき
サンゴの模様を写し出す




あたしが予約したのは
紅型染め体験です



入り口で名前を伝えると
2階に案内されました


すでに染め物を楽しんでいる方々が
おりました


3種類の柄からひとつを選び
筆を使って色を付けます


テーブルに着いて
塗料をパレットに出して

柄をよく見て、何となく色の配置を決めてから
黙々とぬり絵開始 




20170303195311e7c.jpg




青い所がノリで
白い所に色をつけていきます





店の人は

「 向こうにいますから、何かわからない事など
  ありましたら呼んで下さいね 」

ほっといてくれるので
特に制限時間などなく

ゆっくり、気が済むまで
マイペースで色付け出来るのがイイ




子供の頃、ぬり絵は大好きで
よくやっていた事を思い出しました





無になって
絵筆を持ちます





木のイス

お尻が痛くなってきました


時計を見ると、店に来てから90分たっていた




20170303195312523.jpg




塗り残しがないか確認してから


「 終わりました 」

声をかけると、店の人が来て
作品を新聞紙に包んでくれて

「 帰宅して、新聞紙の上からアイロンを
  2分程あてて色止めをします
  それから水の中につけ込み
  ノリを落とします
  布を乾燥させて出来上がり 」

なるほど!

3階で染め物の作業をしており
見学出来ると勧められました




20170303195336bc2.jpg




まぁ!
ステキな反物がたくさん
 
奥の部屋では水の音がして 
作業されていたみたい



 
20170303195313777.jpg




こちらが サンゴ染め の作品






1階は売店になっていて
染め物体験代 3240円 を払い
店を後にしました


あ〜 楽しかった ♪

また来たいわぁ






バスに乗り、国際通りへ戻ります




 

お宿にチェックイン

素泊まり、トイレとお風呂は共同

1泊2200円×2日分=4400円を払い
カギをもらう


6畳の和室
お湯や冷蔵庫は廊下にありました


お布団をセットしてから
お外へ



裏道から市場までは5分程で着く
便利な立地




壺屋やちむん通りを歩く
 



20170305215332f5e.jpg




焼き物店が点在





牧志公設市場にも入ってみる 


水槽の中でクルクル回る海ぶどう

カラフルなお魚や
巨大なエビが並ぶ鮮魚店

豚さんの顔の真空パックがあるお肉屋さん 

ここで買った食材は
2階の食堂へ持っていくと調理してもらえる


沖縄らしい食材が並ぶ

何度も見ているので
カメラは出しませんでした





ドンキホーテもパトロール



移動優先で、まともな食事をしていなかったので

花笠食堂 で夕食

オリオンビール入ります


 

20170303195337b73.jpg




普段、ビールはあまり飲みませんが
オリオンビールだけは美味しく飲める

のどごし軽く、苦味がなくて
風土に合っているのでしょう


沖縄に来たら

雪塩ソフトとオリオンビールを
口にしないと始まらないのよ 



明日、元気に活動する為に
今夜は早めに退散


シャワーを浴びて

オヤスミなさい 







さがみ湖イルミリオン バスツアー




うっふっふ 😀

やっと行けるのよ〜 ♪


さがみ湖イルミリオンを見たくて
去年、バスツアーを申し込んでありましたが

人数が集まらずに中止だったの 😢



今夜は キラキライルミ が見れるのね
うれしいわぁ




10時過ぎに家を出て、最寄り駅に向かいます

良い天気で気持ちがいいわぁ

遅めの集合時間



定刻前にバスが来て乗りました

本日の参加者は22名ということで
ゆったり座席なのよ

バスの真ん中位の席で
相席ナシのお気楽シート 💺
いつもこうならいいのに



添乗員さんのあいさつ
そして、1日の流れを聞き

DVDで団体旅行の注意事項を見せられる

・リクライニングは使用禁止
・車内禁煙
・携帯電話はマナーモードに 
・シートベルト
・大声で騒がない
 
あたりまえの事ばかりですが
常識のない人が多いから
こんな物をワザワザ見せられるのだ



 

東北自動車道から圏央道に入ります



私の前の座席は、70才代の
男女グループ参加組 

昨日はうれしくて眠れなかったと
会話もはずんでいる

20年後のさんまちゃんみたいな殿方が
通路を挟んだ席に座っているご婦人方に
身を乗り出して話しをしてる


笑い声は、車内に響き渡り
実に楽しげで良い雰囲気です


いくつになっても
会話で楽しませる事の出来る人は
モテるんだろうなぁと思いました




本当に、にぎやかで楽しそうです




殿方のジョークに反応して 
大喜びして笑い転げるご婦人が
1人いらっしゃいます

私の前の席の方・・・


すでに
耳にタコが出来るような笑い声



クワッ ( ゚д゚ )

前の席に 笑い袋 があるんだと
思うようにしました





途中 狭山SA で休憩

ランチは、14時過ぎの遅お昼になるというので

ソフトクリーム  入りま〜す





20170224071801f53.jpg





改装工場中なので
建物はシートで覆われていました


周りは 茶畑 が広がる




バスに乗り込むと
ほのかに シップのニオイ が
気になります



中央道に入り、深い山の谷間を走ります


お杉さんがオレンジ色になっているのが
たくさん見えます
 




下道に降りて、最初の立ち寄り先

金多留満(きんだるま)本店 へ

小さな和菓子屋さんですが
明治44年創業だそうよ


雨がパラパラ降ってきた 


えっ?!

お天気予報は晴れだったから
雨具なんて何も持って来てない

添乗員さんに聞くと、晴れマークだったと

店の人に天気を確認すると
午後からくずれると 😱

 
せっかくイルミを見に来て
雨で歩けなかったらイヤだから

目の前にあるコンビニに
傘を買いに向かいました



少し向こうにドラッグストアが見え
行ってみたら傘類は置いてなかった  



コンビニに戻り、ビニール傘を買って
店内のお菓子を見ていたら

ありゃりゃ?
 
私が乗ってきたバスが動き出している

時計を見ると、集合時間まで
まだ10分もあるのに

ナゼ?

あわてて外に出て
走り出したバスを追いかける

すぐに停止して、ハザードランプをチカチカさせて 
ゆっくりバックしてきました


ドアが開いたので、運転手さんの顔を見ながら

「 まだ集合時間前ですよね? 」  

添乗員さんが ヒラ謝り を繰り返す   


乗客数を数え間違えて
「 全員おそろいになりました 」 と
運転手さんに言い、走り出した様です


私は笑いながら 

「 大丈夫ですよ! バスが見えなくなっても
  添乗員さんの携帯番号を聞いていたのですから
  戻って来て〜! と電話していましたから 」

しかし、バスツアーで 置いてきぼり にされたのは 
初めてだわ 😓



青空が広がったり
重い雲に包まれたり
 
めまぐるしく変わる空模様


道ばたに山肌に、残雪が白く光る
 


笑い袋は、なかなか電池が切れずに
絶好調  ザマス





河口湖畔を見ながら


14時過ぎ シルバンズ に到着

30種類のバイキングランチ

有料で地ビールも飲めます





20170224071802c16.jpg





雰囲気を楽しむ感じ

このピザ、エラいしょっぱいの

おいしくてお替わりしたくなるような物は
ありませんでした


チョコレートファウンテンもありましたが
鬼のような異次元糖味
 
味覚がマヒするので、見てるだけ〜


フルーツポンチの上に、ヨーグルトをのせて
さらにセルフのソフトクリーム機があったから
くるくるポン とトッピング

またアイス食べてるって
あきれないでや〜





201702240718047db.jpg





満腹になり、お庭を散歩して
雪だんごを作ってニンマリ 





20170224071805964.jpg





集合時間となりバスに乗り込むと 
運転手さんが、あたしの顔を見るなり
ニヤける 
 
さっきの 置いてきぼり事件 を
思い出し笑いしているみたいよ 😉




添乗員さんが人数を数えていて
 
「 あと2名おそろいで出発です 」

実際は、まだ3名が来てない事がわかり

運転手さんやみんなから

「 大丈夫? 本当にそろったの? 」

イジられるのでした


今回の添乗員さんは、少し
おっちょこちょいさんみたいです






山中湖 交流プラザ に到着


お天気は良いのですが
冷たい風が吹き抜ける





2017022407180736c.jpg





雲のあい間からの ダイヤモンド富士 を待ちます





20170224071937f98.jpg





寒さをガマンしながらの
富士山鑑賞





20170224071938124.jpg






富士山は下の方しか見えない



冷え切った体、急ぎ足で背中を丸めながら
みんなバスに戻ります



バスの前で添乗員さんが 「 お帰りなさい 」 と
笑顔で声をかけます

「 前の席の方々、ちょっとにぎやかですが
  大丈夫ですか? 」

「 かなり気になりますけれど
  壊れた笑い袋があると思っています 」

そう答えると クスッ と吹き出して
うなずいていました






あと何名戻ってないとの報告
また数え間違えており

すっかり信用をなくしていましたが
愛嬌のある性格ゆえに
みんなもあたたかい目で見ているようです





1時間20分程走り

メインイベント

さがみ湖イルミリオ〜ン


元々は さがみ湖ピクニックランド だった場所
 
最初は100万球でスタートしたので
イルミネーションとミリオンをかけて
イルミリオン となったそうです

年々増えていき、現在は600万球

すっかり暗くなって
灯りが映えます

星が見える夜空
傘が必要なくてよかった!



駐車場から階段を登った所に
入場ゲートが   

山の斜面を利用した観光施設

中に入ると自由行動、好き勝手に散らばる





20170224071939f8a.jpg





山頂までは、往復600円のリフトでないと行けない

250メートルの斜面
アンヨをブラブラさせて
はしゃぎながら景色を見渡す

降りてくるリフト
アベックがイチャついておる 


天の川をイメージしたイルミが
リフトの下に


頂上に着いて、下を見下ろしたら


  「 ・・・ 」 


何も見えやぁせん 😅

そういう地形のようです



大空天国 と 極楽パイロット という
遊技物と





20170224071942ec9.jpg





光の花畑 があるだけ



帰りのリフトからのながめが
1番イイ感じだし、オススメだわ





20170224071941f86.jpg





光のナイアガラ





20170224072030485.jpg





光の大宮殿

高さ15メートル
音楽と噴水とのイルミ





20170224072033bc1.jpg





順路にそって歩きましたが

通路の傾斜がハンパなくて
雨の日とかスベるし

足腰の弱い方にはキツイ場所でした





20170224072032a5b.jpg





早めにバスに戻り
写真をチェックしていたら

みんなの笑い声が聞こえて

顔を上げて見ると


運転手さんが車内後方に歩きながら
人数を数えていました

半分ジョークでやっていたのでしょう



1緒になって笑っていたら

お手洗いから帰ってきた添乗員さんが
あわてて数えていました



高速道路をスイスイ進み
佐野SAで20分の休憩


温かいうどんを急いで食べる



下道に降りると
1日を振り返ってのごあいさつ


22時過ぎ、みなさんにお礼を言って
家路に向かいました






コカ・コーラ 工場見学




子供の頃、まわりの大人達から

コカ・コーラを飲むと骨がとけるよ!

そんな事を言われました



アメリカの方から来た飲み物みたいだし
不思議な色の印象でした


何から出来ているのか?

体質的に強い炭酸がニガテでして
しゃっくりが止まらなくなる事も
しばしばありまして・・

コーラに関しては、何もわからないまま
時が過ぎて大人になりました



ただ、テレビのコマーシャル
音楽や映像がステキで魅力的だった事は
子供心に強く刻まれていました


お年頃になり、お酒なんかも飲める頃には

あの ウィスキーコーク なんぞが
メチャ美味くて飲んでいたぞ




そんな 謎めいてる存在のコーラ の
真相を知りたくて工場見学を申し込みました





こちらの工場は、先着順

早く電話した者勝ち 


親友のR子ちゃんとお出かけなのよ







東京都 東久留米市 

コカ・コーラ 多摩工場




正門の警備員に名前を言うと
工場見学名簿を確認し、中へ通される



建物へと歩いていると 
向こうから案内のお姉さんが来ました


あいさつをして一緒に歩きます



今回参加の 11時30分 からの部は

ニャンと 私達だけ貸し切り だと


お互い顔を見合わせニンマリする 

ヤッター 





20170202181359dfd.jpg






入り口からしてイカしてる 🎵


案内のお姉さん イコール 
あたし達の専属カメラマン  となる








中に入ると階段があり、登った所は
広いコミュニティーホールになっていた






20170202181400076.jpg






巨大なビ〜ンのオブジェ




このエリア内、撮影OKとの事で
デジカメやスマホを代わる変わる
お姉さんに手渡し、遠慮なく
シャッターをお願いするのでした






20170202181402117.jpg






ホールに置かれている
カッチョイイ、テーブルやイス
ネットで販売されていると


さっそく値段を調べたら

テーブルが 48000円位
イスが1つ 16000円位 でした






201702021814016dc.jpg






レトロなお部屋
 



最新のタッチパネル式の自販機の中から

見学記念品として、好きな物を1つもらえます






2017020218140465d.jpg






ゲームボトル というのがあり
そのボトルをタッチすると
3種類のゲームがランダムに出てくる


R子ちゃんの時は

反射神経を試すヤツで 
パッパと出ては消える数字を
押すゲーム



私の時は
ボーリングゲーム でした 




泡が出る画面が2台

前に立つと、モニターカメラで写り
コーラの中にいるような映像が楽しめます






20170202181437aa2.jpg






片方は、カメラの前で手や体を動かすと
激しく泡が出る仕組みになっている


ウヒョー! 

彼女がこっちを見てないのを確かめてから
ちょっと踊ってみました 💃


動いてる場所から シュワッ と泡がはじける





さて、お時間になったので席に座り
 
お姉さんのお話しを聞きます

あらためてごあいさつと
見学来館の感謝の言葉

お土産のミニハンカチをもらいました




会社紹介のビデオを見る



アメリカ生まれの コカ・コーラ

日本に初めてやってきたのは、なんと大正時代 


当時は ハイカラな飲み物 として
著名人らが飲んでいた


およそ60年前からは、日本でも作られるようになった




はじめの頃は、お店でしか飲めませんでしたが
ビンに詰めて販売されたので
どこででも飲めるようになった


この頃、類似した飲み物が出始めた為に
ビンの形に工夫を加えた

独特な形をした コンツアーボトル

暗闇で触ってもわかるようにと
カカオ豆をヒントにデザインされたと

この形は 立体商標 として認められている





コカ・コーラの中身

純水・糖類・カフェイン・カラメル・香料

保存料や合成香料を一切使ってない


200を超える国で
毎日19億杯以上も飲まれている





コカ・コーラの秘密


・ コカ・コーラは、アメリカの
  ジョージア州アトランタ生まれ


・ コカ・コーラの茶かっ色は
  糖類に水を加えて熱した物
  ケーキやプリンにも使われている
  カラメルの色


・ コカ・コーラ1本に含まれる
  カフェインの量は、同量のコーヒーの
  3分の1
  お茶なら半分


・ シロップを運ぶ樽を全て赤く塗り
  アメリカ中を沸かせた事が始まりで
  コカ・コーラの赤が、ブランドカラー
  コークレッドとなった


・ コカ・コーラを飲んでも骨や歯はとけない
  
  砂糖やデンプンや酸性度の高い物など
  どんな物でも長時間口の中に含んでいれば
  虫歯の進行に大きく影響したり
  歯がとける原因になる事がありますが
  コーラを飲み込むと、素早く口の中から
  消えてなくなります


・ コカ・コーラには、クセになる
  中毒性になるような物は、入ってません
  毎日ごはんを食べるのは、習慣性があるからではなく
  美味しいからで、コーラも同様です


・ コカ・コーラが 赤い服を着た初老の紳士 という
  サンタクロースのイメージを定着させた

  1800年代、サンタクロースとして
  人々が共通して思い描くイメージは存在せず
  小人や妖精、恐ろしげな小鬼と様々でした

  1931年コカ・コーラの広告アートを担当していた
  ハッドン・サンドブロム氏により、描かれたのが
  バラ色の頬、白いあごヒゲ、笑いジワと温かみのある
  キャンペーンポスター
 
  そのイラストが人々の心をとらえて
  たちまち世界中に広く定着していった




ほ〜う!

知らなかった事がてんこ盛りじゃ

コカ・コーラってスゴイのね 
  
  





こちらの多摩工場

昭和38年 5月から稼働

53年目


東京ドーム6個分の敷地

290名が3交代で、㉔24時間動いている



環境衛生にも取り組んでおり

ペットボトルで作ったユニホームを
工場の人達が着ていたり

工場内で出るゴミは
ほぼ100%リサイクルしたり

使用した水は、ろ過洗浄してから
河川に流したり

製品を運ぶ車は、低公害車を使うようにしたり


水資源保護活動の
森に学ぼうプロジェクトを展開したり

東北復興支援で
地方自治体と災害協定を結んでいて
たくさんの製品を無償で届けたり

スクールバスを5台プレゼントしたり



コカ・コーラって こんなに素晴らしかったんだ と
しみじみ関心させられました



現在850種類の製品を販売
 
年間40種類は、期間限定として出荷されている









いざ! 製品ラインへ




無菌室の製造ライン

殺菌洗浄したペットボトルに中身を詰め
1分間に600本詰められる


1度扉を開けてしまうと
12時間後でないと稼働出来ない





カンフィーラー


ミツビシ製の周る機械
1秒に25缶詰められる

離れた場所から4人で操作されている

巻き閉める缶とフタ
接着剤などは使われていない





ペットボトルの赤ちゃん


レジンという物質から作られる
透明で指のサイズ位の試験管みたいな物が
ペットボトルの素
 
ヒーターで温めて金型をハメて、エアで膨らます

ペットボトルの底が花びらのような形で
凹凸があるのは、炭酸の圧に
負けないようになっているからだった

ちゃんとした理由があったのね・・



すごい早さで流れていく製品
目視検査員がいるという・・

動体視力が良くないとなれないわ〜



ラインの所々に、昔の電柱の
街灯傘みたいな銀色の丸いのの下に
海の家のシャワーが付いていた

もしも、作業中に薬品とかを
浴びてしまった時の緊急用シャワー
洗眼器もある

そう、作業服のまま
その下に立ちボタンを押すと
上からシャワーの水がドバーッとなる


しかし、今まで1度も使った事はないと




部署により作業員は、特殊な耳栓をしている

80〜90ホーンの音の中
(ガード下と同じ音量)
機械の音はシャットアウト
人の声だけ通すそうです


そんな耳栓があるんだ

ちょっと欲しいかも





最後に、お約束の制服撮影






20170202181438ba2.jpg






あーた!
カッコ良い コカ・コーラ の文字を見せにゃあねぇ





こちらは売店がありませんでした

全ての見学が終了
 




お姉さんは、黒いスカートにハイネック
黒のタイツと靴で
ブレザーだけが、コークレッドの赤

ヘッドマイクに
初めて見るタイプの、変わった形のスピーカー

ひと目見た時から、気になって仕方がなかった



出口でお別れのあいさつが終わったので
すかさず質問

「 すみません、お聞きしたい事が・・
  あちこち工場見学をしていますが
  スピーカーは、ポシェット型の利用が多いのですが
  こちらは、ウエストバッグ型ですよね
  私この型は初めて見るのですが
  いつ頃から、コレを使われているのですか? 」

「 3〜4年前までは、ポシェット型を使っていて
  それからは、ずっとこの型です
  子供達からは、仮面ライダーの
  変身ベルトみたいだと言われます 」

そう言って微笑んでいました



確かに、お子様受けするわ〜







工場見学が終わって

子供の頃に言われていた事の
ナゾが解けた

少量の酸味料が入っているから
歯がとけると思われていて
 
コーラの色はカラメルで
安心安全な飲み物だったし

大正時代から日本にあった事や

サンタクロースの素は
コカ・コーラの広報デザイナーが
今のサンタスタイルを定着させた事など

知れば知る程
奥が深かったし

もっと早くに知りたかったわ



今までの工場見学の中で
見学前と見学後のギャップというか

イメージの違いが大き過ぎナンバーワン 
本当に来て良かった と思える
貴重な時間でした




20170202181440106.jpg




サンキュー ❤

コカ・コーラ 







流木にウィローモスを合体




今日は、本格的に ゆらゆら流木 を作ります

チョキチョキし ✂ 貯蓄しておいた
ウィローモス

ペットボトルに小さな穴を開け
水槽のスミに吊るした物に
入れてありました


中で育ち伸びたのもあるので
さらに小間切れにします





20170212185722ea1.jpg





水で湿らせて
ピンセットで薄く広げて貼り付ける





くぼみの所をどうするか?
それが問題でした


色々作戦を考えて
牛乳パックを切り
凹んでいる部分に当て押さえて
固定してみる事に





20170212185724502.jpg





木綿糸でグルグル巻きに








ロカボーイ コンパクトサイズ の
ブクブクですが、ちっちゃい割に
水面の水はねが激しいので
ペットボトルを逆さにして
その中に メダカのろ材 を入れて
水はね防止を作りました





20170212185725048.jpg





少し前ですが
窓辺の日当たりの良い所に
60センチの水槽を置いていたら

ウィローモスも育ちましたが
アオコが発生して
水の透明度が悪くなり

アオコ除去剤を買ってきて
液体を中に入れたら 

フィルターが吸収してくれて
水は透明になりました 


冬でも、ガラス越しの日光は
ダメなんだと学び
壁の方に移動しました







小さい水槽の中に入れて 
ウィローモスが育つのを
見守りたいと思います


成長させる為に
あえて日当たりの良い所に置きます



ありゃ・・
この流木は、アク抜きしてないヤツか?

水槽の中に入れたら
プカプカ浮いちまう


まぁ、いいや



スキンダイビング用の重りに結いて
沈めてしまえ〜 





201702121857273bc.jpg





生き物がいない水槽だから
アク抜きと水草の定着と育成
3つ同時進行の実験くんじゃ 😅


ムチャぶりもはなはだしい

勘違いからの方向転換






1ヶ月後
糸を外すのが楽しみだわ







アク抜き流木




以前、ウィローモスを小間切れにして
お試しの練習で、石と小さな流木に糸で
ぐるぐる巻きにしたヤツ

石は表面がツルツルしていたせいか
ウィローモスは定着する事なく
はがれてしまいました

しかし、流木の方は
しっかりと着いた!





20170206214313e5e.jpg





奥のV時形の流木の物から
伸びた所をチョキチョキ床屋さんして
手前のふたつに

うんうん😄 よろしい♪








まだまだ、勉強が足りない事がありました・・

ホームセンターで買ってきた水草

軽く洗って、金属の重しを外して
石の輪の重しに入れ替えて
水槽の中に入れて

緑が目にやさしく、水槽内が華やかになり
ニンマリと満足して寝ました


翌朝、水槽を見ると
小さめの ミナミヌマエビ が
ひっくり返っていた 

原因は何?

変わった事といったら
水草を入れた件しか考えられない


すぐにググってみたら
 
ホームセンターなどで安く売られている水草は
輸入物で農薬残量が高く
エビやザリガニなどの甲殻類には
危険だと・・


あわてて水草を撤去

大きいミナミヌマエビと
メダカには影響ありませんでした



国産の水草かどうかは
表示してない店も多かったので
ネットで 国産のカボンバ を購入

数日後、普通郵便で茶封筒が届き
開けてみると、ビニール袋の中に
濡れた新聞紙に包まれ
10本ありました

枝が長いし、フサフサしてて
濃い緑色の美しい物でした










拾ってきた流木

アク抜きをする事、1ヶ月

入れ物に水を張り
浮かないように落としフタをして
重しを乗せて

水を取り替えたり
時には、沸騰しているお湯を入れたり
繰り返しました





2017020621431477c.jpg





大きくて枝ぶりのいいのを
水槽に入れてみましょう
 



1度水の中の物をどかして
お掃除スポイトで
ソイルの上をきれいにしてから

流木や水草を置きました



エビ達は、ブクブクの後ろに避難して
この日はジッと動きませんでした



翌朝、見ると
 
まぁ!
 
木に止まっているセミのように
みんな流木の上にいました





201702062143159ad.jpg





なぜか、ウィローモスの
ゆらゆら流木には止まらず

ただの流木にだけ集まっている



木にしがみつき

止まり心地が良いのでしょうか?
つかまりながら

ツムツム・・ ツマツマしてる





20170206214317afd.jpg



  

ハエが手足をこするように
後ろ足で背中を カキカキ もしています


たくさんある足で 犬かき のように 
(エビかき?)
ヒューンと素早く泳いで
上昇したかと思うと

落下傘部隊のように
フワッ〜とソイルの上に着地したり



本当にエビちゃんの動きを観察していると
可愛らしいし、飽きない





20170206221125a53.jpg





エビ座りして
落ち着いちゃっている子もいます

何か笑える 😀



お風呂上がり、寝る前に
ちょっと見ているつもりが

あっという間に1時間経過していて

「 寝なくちゃ! 」 と

あわててベッドに入る時もあります





 


現在の60センチ水槽



 

20170206214318401.jpg





ジャングルみたいになっている
小さなあたしの水族館


今度、赤いミナミヌマエビを
入れたいなと思っています







プロフィール

足袋子(たびこ)

Author:足袋子(たびこ)
北関東在住 
趣味は外出! 水族館・動植物園・遊園地・プラネタリウム・お祭り・花火・ドライブ・買物・工場見学  
何気に、高い所・爬虫類・冷凍菓子に抹茶好き 
乗り物の中にいれば
ゴキゲンです🎵
本題に入る前の雑談として ―気奥のかけら― 始めました 心の奥にある思い出、気になった事をリアルに語ります  
年令という年輪を重ねても、好奇心は加速するばかり・・ 
これからも ▶仕事キッチリ遊びバッチリ◀ で、エンジョイ人生 🐾

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

かっちゃんの雑記ブログ

バイク少々……されど乗る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
548位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
202位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome! 足袋子共和国の  入国ゲートへ
いつも癒やされているメダカやエビ達の赤ちゃんに期待する春ザマス😉
桜のようにいつまでも色づいていたいものだと心がけている足袋子にワンポチ🐶を

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR