-->

大谷資料館&子ども総合科学館

   

     ー 気奥のかけら ー


       桜蔵 



2月の中旬
小春日和の今日は、来客が多く
店内は、にぎわっていました 



20150216184606aa8.jpg



いつも紅茶を飲んでいるので
気になっていた みるくティー と
大ファンの 特上宇治抹茶 ダブルを注文
400円



20150216184604486.jpg



普通は、紅茶のペーストで作る店が多いのですが
こちらでは、みるくと相性の良い 
アールグレイ の茶葉を使用 

さわやかな ベルガモット の香りと
コクが味わえます

変な香料とかがなくて、甘さひかえめ
自然だけれども、奥が深い仕上がりになっている
いい感じよ!

私の愛する お抹茶様 は
いつもの最上級の美味しさ 
すばらしいザマス



え〜、もう1丁 😋 おかわりじゃ 

マンゴーばりえ と チョコレート
400円


2015021618460738a.jpg



マンゴーばりえ は
みるくジェラードと、マンゴーピューレで作ったもの
少しは、クリームチーズが入っているのかと思う程
クリーミーでしたが、入ってないそうです


この チョコレート・・
カカオ55% 
みるくとの、ちょうどいいバランスで
味わえるなめらかさ

舌に、わずかな苦味が残りますが
心地良い濃厚さゆえの ヨイン
贅沢な 大人のチョコレートジェラード ですね


カカオといえば、良いことだらけの優等生

ポリフェノールを多く含み
抗菌作用・腸内をキレイにするデトックス効果
少量ずつ継続して食べると、高血圧や動脈硬化に効果あり

そして、食欲をそそるそうです

とうに成長期は、通過しているハズですが
カカオに頼らなくても、私の食欲は年中無休

見えない何かが、スクスクと育ちざかりかも・・ 

ベタ褒めされる、カカオ君



子供が、こんな上質のジェラード
食べちゃダメですよ 
口がこえて生意気になり、ファミリーパックの
安いアイスは食べなくなり
親は、後々困る事になるわ


マーケットなんぞでお高めの
美味いアイスあるじゃない
ハーゲンダッツとか・・
その空容器に、この チョコレートジェラード 詰めて
友達に出しても、全然疑われないレベルの味
こだわりが伝わってきます


私的にイチオシの お抹茶様 と肩を並べる
チョコレートジェラード ですね

どちらもハマり、体が覚えている
忘れられない味よ〜





       大谷資料館&子ども総合科学館




栃木県 宇都宮市 大谷町 へ、ドライブ!
餃子の街で有名な所です


9時前に大谷資料館に到着 
朝イチでの入場 700円 を払い
ガラガラドアの向こうに進みます

手すりと照明のついた、大谷石の階段を降りて行きます



20150223103348eb5.jpg



急に広すぎる空間が現れて
「  おっ! 」 と立ち止まり、息をのみます



20150223103349361.jpg



地下30メートルに広がる、採石場跡地

静寂な暗闇を、壁ぎわのわずかな灯りが照らします

神秘的な音楽が、静かに流れる


私の足音が、空洞のすみずみまで響きます



20150223103350958.jpg



機械化になる昭和34年以前の道具は
ツルハシと、石を運ぶための背負子ぐらい

石の切り出しから、仕上げまで
1日に加工出来るのは、1人あたり10本
石を1本掘るのに、4000回も
ツルハシを振ったという

かなりの重労働 

機械化以降は、1人あたり1日50本の
加工が出来るようになりました



20150223103352a35.jpg



柱を除けば、東京ドーム1つ分の広さ
深い所では、地下60メートルにもなります


以前、NHKで特集があり
巨大な大谷石の真ん中をくりぬいて
部屋としている映像が、印象的でした

室内は、真っ暗な洞窟のようではなく
小さい窓もついて、独特の雰囲気でした

お母さんのお腹の中に、いるような部分もあって
とても、落ち着いて快適そう
 
映像を見ながら
知りたい事が、いくつか浮かびます

・ 雨音は、どんな音として室内で聞こえるのか?
・ 夏は涼しくて、冬は暖かいのかな?
・ 歌ったら、いつもより上手に聞こえるのかな?
・ 湿度は、程よく保たれるのかしら?


ひと晩、お泊りして体験してみたいものだわ




昭和54年より
近代産業遺産として、1般公開して
展示会・演奏会・ドラマ・映画など
数々の芸術の発信地となってきました

この舞台は、安室奈美恵ちゃんが使用したそうです



20150223103438536.jpg



非公開の教会もあり、結婚式が挙げられます



201502231034369b4.jpg


    正面の岩の切れ目から 太陽の光りが差し込みます
     その光の中を通って 神様が降りてきそうです



水が溜まって、地底湖になっている所もありました
暗すぎて撮影不可能 



坑内の年間平均気温は、8度
今日は、2度  天然の冷蔵庫

徐々に体温が奪われて、鼻先・指先がチベたい



どやどやと、団体様が入ってきました
まるで、巣穴に向かうアリンコ行列のようです

ハタを持った隊長は、張り切って説明をし

いくつもの部隊が列をなして
奥に奥に、行進のように歩いて行きます

姿は見えないけれど、各隊長の声が
アッチからも、コッチからも発生し
グワングワンと、こだまします

その様は、数台の選挙カーが交差点で
かち合ってしまったかのようだわ

もう少し、ゆっくりしているつもりでしたが
どうにも、けたたましく
イメージが豹変しつつあるので、早めに撤退



20150223103439989.jpg



地上へと向かっていると

 “ 現実に戻る階段です
  あともう少し、頑張って昇って下さい ”

こんなプレートがありました



常温の地上に戻り ホッ とします
寒いけれど美しい、地下宮殿の異次元空間でした 


ちなみに・・
坑内に、お手洗いはありません
チケットを見せれば同日なら、再入場出来ますよ

デートでお越しの男性方
入場口に、貸し出し用のブランケットがあります
そっと借りて、さりげなくうしろから
彼女の肩にかけてあげれば
男としてのカブが、あがりますよ
キャー 😆 ステキ 





数分移動

この辺りは、岩壁がそそり立ち
日照時間が短そう


参拝客用の無料駐車場に止めて、歩いて 平和観音 へ



20150223103441137.jpg



おじいさんが、観音様を見上げながら
手を合わせ、長い時間お祈りをしていました





それから 大谷観音 
入館料300円を払い、中へ

外は撮影可能ですが、中はダメ 



20150223103534c55.jpg



堂内の岩壁に、厚肉彫に彫刻されている
千手観音がありました


外に出ると、資料館があり数々の出土品や
縄文最古の人骨が、ガラスケース内に保存されていました

その先は、日本庭園があり
池の中央には、弁財天が祭られてます





ランチの時間だから、鹿沼市へ移動

私のお気に入りの、おそば屋さんの1つに
旧粟野町、現在は下永野町になる
ドライブイン大越路
山の中のお店です

ここのソバが大好きなの!

この店が まちの駅 新・かぬま宿 に出店
町中で あのソバ が、食べられるなんて
こんなにうれしい事はないわ〜
 
ありました
券売機で ざるそば 550円  

着席してワクワクして待ちました

テーブルに到着したソバを見て



20150223180732095.jpg



「 ・・・ 」


見るからにバサつき、顔色が悪い
ツヤや、みずみずしさがない

優作様じゃないけれど
「 何じゃ! コリャあ〜 」
そう思いました

とりあえず、食べてみました

やっぱり 「 何じゃ! コリャあ〜 」 でした

昨日打ったソバを、1日冷蔵庫に放置し
今朝軽くゆでておいて、注文が入ったから
もう1度、ゆで直したような 失礼な味

マーケットで売っている
ビニール袋入りの 流水麺
ザルで流水に1分さらして、お手軽に食べれる
この子の方が、よっぽど美味しいですよ


山の中の下永野町にある 
ドライブイン大越路 のイメージを
壊すような事は、ヤメテほしいです 

砂漠のようなソバに、ため息まじりで店を出ました



直売所を見ると、トマトの種類が豊富 

プチトマトの赤・黄色・オレンジ・赤紫
普通のトマトも色々
そして、ピーマンみたいな形の赤い
イタリアのシチリア地方産の物

プチトマトの、カラフル詰め合わせセットは
彦摩呂風に
「 トマトの宝石箱や〜! 」 

ふざけてません
宝石箱という名前で、正式なご贈答用




ちょっと移動
鹿沼市内にある ハニービー へ 

新年アイス特集号に登場した、黒田養蜂園のレストラン
定休日と知らずに訪れてしまい
隣りのはちみつ店にいた、オーナーらしきイケメン兄さんが
遠方から来た事を知ると、撮影用に用意してあった
ジェラードを、特別に出して下さった経緯があります

駐車場も店内も、混んでいました

窓ぎわの小さいテーブルに案内されて
メニューは、パスタ・ドリア・ピザがメイン料理

平日限定の 
ハニーメープルホイップのフルーツサンド 紅茶付き
1300円 を注文



201502231035363e7.jpg



デザートのジェラードを決めるために
ショーケースをのぞきます
あー、目移りする



20150223103537014.jpg



おままごとサイズのカップには、野菜スープが

後から来た紅茶に
ガラスのミルクポットに入ったハチミツが付いており
「 お好みで紅茶にどうぞ! 」 ですって
んな、飲み物に混ぜるなんてイヤだ〜

お皿にたらして、パンにつけて食べました

サッパリしたクリームとフルーツの相性がいい
パンも、ほんのりとハチミツが香ります
うーん、オイシイ

盛り付けも、可愛らしい



20150223103539172.jpg



そして クリームチーズ と ハニーリッチ 400円
千本松牧場の牛乳で、作っているジェラード


ニコニコ笑顔で、納得のお味ですわ

どれも美味しくて
さっきのガッカリな気持ちを
吹き飛ばしてくれました





宇都宮市内へ移動

大きなロケットが目印の 栃木県子ども総合科学館 へ

この道は、よく通るのに入った事がない場所でした 



2015022310363134c.jpg


     ロケット模型 ( 実物大 )
  全長 51メートル  外経 4メートル
       総重量 100t



キレイな建物の中に入り、券売機を見ると
プラネタリウムもあるので
展示室の入場料 540円
プラネタリウム 210円 を購入

入口で券を渡して、写真撮影は大丈夫か確認をとる
「 他のお客様が写らないようにお願いします 」 


歩き出すと、受付姉さんが
「 あの、すみません・・ 学校とかの視察の方ですか? 」

振り向いて
「 いいえ、1般人ですが 」


「 あぁ、そうですか・・ もし、視察の方でしたら
  無料でお入り出来たので、お声をかけました 」

「 あっ! シマッタ・・ そうですと言えばタダだったのね 」

受付姉さんは、笑っていました




内心 またか・・ と思いました

旅先や出先で、なぜか私は先生のイメージがあるらしい

その時のファッションが
カチッとしたスーツでも着て、パンプス履いていたなら
そう思われても仕方ないわねと、納得します

しかし、今日は冷蔵庫の中で写真を写す為に
ミシュランのタイヤボーイのような、モコモコ服

防寒ズボンに、フリーズ上着 ベンチコート
防寒第1で、オシャレは家に置いてきた
屋外野球観戦帰りのようです

なのに、先生の視察なんて・・ 七不思議よ
人並みの学歴がないから
よけいに変な感じで、違和感を覚えます


高い天井から、糸で吊るされた銀色の玉
フーコの振り子が、ユラユラ


中は 宇宙・地球・生命 とテーマ別に分かれており
パネルやボタンを押したり、体験出来るコーナーも
種類豊富にありました



20150223103632f23.jpg



奥の方でクレーンが動き、気になったので近寄りました

宇宙での船外活動を、イメージしたシュミレーションで
身長が、130センチ以上の人なら乗れると・・

子供だけとか、そういう余計な言葉はありませんでした

急にうれしくなって
「 すいません、大人もOKですか? 」
確認すると体験出来るという

「 入口の受付で、搭乗券をもらってきて下さい 」


急いで受付に行くと、搭乗券利用のシュミレーションは
船外活動・飛行機・ヘリコプター 3つあると聞き
「 全部乗りたい! 」 即答し、搭乗券をもらいました



201502231036337be.jpg



プラネタリウムの後は、忙しいぞ 


館内、やたらと従業員がいます
無茶な扱い方をして遊んでないか、監視してるのかな?



時間なので、プラネタリウムへ 

280名収容
星になったチロ という1般向けの物

前半は、冬の星座で
後半は、天文で活躍している藤井氏と
愛犬チロの実話の物語


福島県にある チロ天文台 
チロを通した、家族や星仲間の交流は
ほのぼのとした、心温まるものでした



上映が終わると、急ぎ足で1階へ

まずは 船外活動

ゴンドラに乗り、シートベルトをしめると
途中までは、係の兄さんが誘導してくれます

目の前にある、灯りのついている標的に
上下左右にレバーを操作して
制限時間内に、ゴンドラのライトを多く当てる

初めてだから、初級コースに挑戦

ゴンドラは、かなりユックリ動きます
1つクリアすると、別の標的が光り
そちらにゴンドラを動かします

ナマケモノ のような速度だけれど
なかなか楽しい

余裕で終わりました



20150223103635745.jpg



次は、飛行機

初級コース
操縦席に座り、シートベルトをして
お姉さんの説明を聞きます

レバー類、そして気分が悪くなってしまったら
赤いフタを開け、中のスイッチを入れると
機械が止まるそうです

私には、必要ないなと・・

目の前のスクリーン

空にフラフープのような輪が出てくるので
その中をうまく通過出来ると、得点になります


エンジンスタート

ガイドに従って大空へ離陸!

輪が見えてきました

最初の何個かは、くぐり抜けたのですが 

その後は、空中を蛇行運転  暴走〜
いくらレバーを輪の方向に向けてもダメ
そのままタイムオーバー

く〜っ  くやしい!



これは難しいわ 30点
同時に、本日の最高得点 120点 だって

お姉さんに聞くと 100点 いけば上手な方だって




次、ヘリコプター

どこにも機体が見当たらなく
何と部屋の中に、プロペラのない機体がありました

おぉお! 本格的なヘリ内に感動よ 
富士重工業製か・・
初級コース



2015022310365873e.jpg



ここにも、気分が悪くなった時に押す
緊急停止ボタンが付いてます

シートベルトを閉めて
ガイドの案内の誘導で、レバーを動かし
スタート 上昇!

バタバタという音とともに、振動も伝わってきます
ワォ〜 😄 最高〜 


ここの科学館上空の映像が流れ、町中を抜けて山の方へ

大きな山頂が現れて
「 危ない! 上昇するんだ 」

湖が現れて
「 湖面にそって飛ぶぞ 」

深い山間を
「 ぶつからないように操縦だ 」

その都度、ガイドの指示に從い運転し
最後はヘリポートに降りて終了



2015022310365986f.jpg



これスゴイ!
旋回したりする時に、キュンキュンという音と同時に
ガクガクと斜めの振動がするの〜


3つのシュミレーション、無料です
こんなに楽しい事がわかったから
今度は、1日いるつもりで来ます

飛行機シュミレーション
30点以上確保のリベンジしなくちゃ


月に色々なイベントが、催されています

1部有料もありますが
星を見る会や、天文台公開などは無料
時間がとれたら、是非参加してみたいです

 
大人も楽しくてためになる科学館でした 





スポンサーサイト

上野国立科学博物館

   
       - 気奥のかけら -


        ランチセット 



群馬県 館林市内に
お気に入りのラーメン屋がありました 
そこそこ人気のお店です

常連ですし、店主とも顔見知りでした

ある日、ランチメニューの
半ラーメン・半炒飯のセットを、注文しました

ラーメンは美味しかったのですが、炒飯が・・・
メチャメチャ塩が多くてショッパかった・・

お腹が空いていたから、水飲みながら食べちゃったけれど
どう考えても、いつもの味ではなかった 


納得できなかったので、その近くに住んでいる
食べ歩きの好きな K子 に、この話しをしました
すると 「 どんな状況だったの? 」

 いつものように店に入ると店主が
 「 いらっしゃいませ 」 と言い ニコッ としたから
 私も笑顔で軽く会釈して、カウンターに座ったの
 そしてランチセットを注文して、ラーメンは店主が
 炒飯は女の人が作ったのよ

K子が言いました

 分かったわ!
 女の人は、店主の奥さんでものすごくヤキモチ焼きなのよ
 以前、同級生がパートで働いていた事があって
 店主はけっこう女性に、ちょっかいを出すと言うか
 きわどいようなメールを、パートさんにも送っていて
 私、そのメール見せてもらった事があるの
 そんなだから、奥さん心配でヤキモキしちゃうようで・・
 だから店に入ってきた時に、何気なくニコッとした事に
 ジェラシーがあって、それで奥さん イラッ として
 塩を ドバッ と入れて炒飯を作ったんだと思うよ 
 たぶんね・・

真実を知り、アゼンとしました 

私、店主目当てなんかじゃなくて
本当に美味しいから、利用していただけで
名前もメルアドも、お互いに知らないし・・・

それから恐ろしくて、そのお店に行ってません
お料理に何を混入されるのか、分からないからです 

客商売で、いちいち女性客にヤキモチ焼くなよ~
アホか  





       ジェラテリア 桜蔵  



栃木方面に用があったので、寄りました
本日が3回目のパトロール ( 来店 )

看板娘がいて、新年のあいさつをし
「 乙女のみるくは  出来たかね ? 」
( ジェラードに苺が練り込んである商品名 )

「 まだなんです、今月の下旬には出来ます・・ 」

そうなんだ、残念 

「 あっ、ナンチャッテ苺アイスが、今日から出ました! 」

突然何を言っているのか、分からず ポカン 

「 もしかしてブログ見てくれたの? 」
「 はい  」

2回目のパトロールの時に
アイス特集に載せるから、興味があったら見てと
メモを渡してありました

しかし・・・
自分の店のジェラードを、満面の無邪気な笑みで
” ナンチャッテ “  と言うな~  

では、オススメの ナンチャッテ苺ジェラード の
ぷれみあむ みるくの旬苺 400円



2015011523002385a.jpg



あらかじめ細切りにしてある苺を
バニラジェラードとコネる

フフフ・・
まろやかで美味しい
この時期だけの、ご馳走です 

お抹茶様も、気になりますが
君の魅力は十分知ってる、分かっている
また今度ね 







     上野国立科学博物館




年末からお正月の多忙時期も終わり
ホッとしましたよ 


ヒートテックに身を包み
ウルトラライトダウンを、コートの下に重ねて完全装備
電車で東京に向かいました 

折りたたんでおいた翼を シャキーン と伸ばし
早朝の寒さも何のその
バッサバッサと、初お出かけじゃ 


朝焼けが広がって
枯れ草色の大地が、寒さと共に深い眠りについています


目の前に女子高校生が座りました

寝ぼけ顔のスッピン
カバンから鏡を出して髪をとかし
眉毛をかき、二重にするアイテープを貼り
リップをぬってメーク終了

キリリとした女に変身し、下車しました

床には細くて白い
アイテープをはがした紙が落ちている・・・

まったく
ゴミは持ち帰ろうね



上野で友人と合流、今日の予定を確認

西郷さんの横を通って
まずは、国立科学博物館へ

このあたりの観光名所、人気ナンバーワンの場所
初めて訪れます

よくアメ横は来ていたのに
この場所だけスルーしていました

「 見ごたえがあるんだって!
  1日かかったりしてね 」


途中、ものすごい行列が・・
何に並んでいるのか、野次馬根性で見に行くと
進撃の巨人展でした


博物館の入り口に入ると
レストランに来たみたいで、笑っちゃいました
カレーの香りが充満していたの 

横に軽食コーナーがありました

インフォメーションのお姉さんに
館内の撮影は大丈夫か確認すると

「 1部を除いて、ほとんどOKです 」

素晴らしい❗


まずは、地球館

近代的な新しい建物で
改修中のエリアもあります


植物や昆虫類

カブトムシやクワガタの標本は
子供の頃の 虫とリ の話しが出ます


美しい蝶々
光沢のある青い羽は、生きた宝石



20150115230024f86.jpg



緑豊かで花が咲き乱れる川辺を
この蝶々がヒラヒラと飛ぶ様を想像し
イメージと妄想が膨らみ ウットリ 


1階のフロアをじっくり見ていただけで
お昼過ぎ・・・
レストランでランチを済ませてから
ゆっくり回ることに


運良く窓側の席に座れて
1階の展示物を上から見れます

メンチカツセット
衣がサクサクで、美味しゅうございます


お腹が落ち着いたところで
見学スタート


あの・・・
見た物が多すぎて、内容が濃すぎて
私の脳ミソの容量を、はるかに越えており
見た順番さえ、ごちゃごちゃ


印象に残っているものを書きます


草花のエリアに
サガリバナ という造花がありました

沖縄のはるか南にある
八重山に咲く花で、シダレ系
大きなブドウの房みたいな部分は、60センチもあり
ひと粒の所に、ひとつの花が

タンポポの綿帽子のような
ネムノキみたいな、ホワホワした風にそよぐ花で
白やピンク色

6月下旬から8月
1夜だけ咲き、甘い香りを放つも
朝には散ってしまう
はかないわ・・

西表島の川辺では、散った花が水辺に浮かび
幻想的な風景を、カヌーに乗り見に行くツアーが
人気だそうです

あぁ、いつか行ってみたいわ 



世界各地の マツボックリ が
ドングリのミニサイズから
パイナップルの特大サイズまで

子供の頃、たき火に入れて遊んだなぁ



懐かしいスポーツカー RX-7 の模型と
デザインの原画がありました
 
当時、まだ免許もなくて
車の事は サッパリ 分からない私でしたが
この RX-7 は、衝撃的でよく覚えています 
ライトが パカッ と、上に開きカッコいい

生まれた時から、乗り物好きな私は
先輩にお願いして、乗せてもらいました

白い RX―7 は、座る位置が低く地面を滑るような
乗り心地のいいゴーカートのようでした

先輩が
「 どこか少し改造して、ライトがウインクしたら
   面白いのにな 」
そう言って、笑っていました

空気抵抗のない、流れるようなボディーラインは
サメやイルカが、スイスイと泳ぐような
しなやかな流線型で、実に美しい 



屋上に、赤外線センサーで人が近づくと
パラソルが開くと、パンフレットに書いてあり
楽しみに上がったら、全て故障・・・

1つぐらい修理しといてや~


お天気も良くいい眺めだわ



201501152300275ec.jpg



さて、日本館
ここの建物は、昭和の香りがします

子供の頃見た、高島屋とかの百貨店みたいだ 

アンティークな階段や手すり
壁の中に アンモナイト の化石がありそう



ヨシモト コレクション

 ハワイの実業家
 故 ワトソン・T・ヨシモト氏 から寄贈された
 大小の動物の剥製

 彼が学生の頃、両親が亡くなり兄弟を養う立場となる
 食料を得るために、始めたハンティング

 働きながら独学で建築を学ぶ
 後に会社を設立

 レジャーとして、ハンティングを楽しむ

 野生動物の少ないハワイの人々に
 剥製にして紹介しようとするも
 彼のコレクションは、あまり重要には扱われなく
 自身が経営していたボーリング場を改造し
 博物館として、展示を実現しました

 1997年にハワイでの展示を取り止め
 こちらに寄贈されました



2015011523002563e.jpg




20150115230138761.jpg



剥製って、社長さんやお金持ちの
玄関や居間にある装飾品のイメージ

子供心に、限りなく不気味・・ 
だって、壁から鹿の首から上だけが ニョキ と
出ていて、上から見下ろしていたのよ

変にリアルだから、不自然で気持ち悪かったわ 





上の階に行くと、巨大生物の骨組みがいっぱい



20150115230136ae7.jpg



マンモスやリュウ類が、床から天井から
何だかワクワクしてきました 



20150115230138f96.jpg








201501152302398bd.jpg


フタバスズキリュウ
ネッシーなどのもとになる生物かな?



20150115230140cd7.jpg



珊瑚が栄えた海の所に 小ちゃいカニ が
たまらなく可愛いすぎる 

本物を見てみたいな

白い楕円のプレートは、手のひら程



縄文人などの暮らしを再現してある裸族
当時は、裸でも快適に過ごせる気温だったのかしら
それとも、体が野生に順応していたのかな?

人形だけれど、体毛・髪・汗・皮膚・シワ・まつ毛
血管が浮き出ている感じなど
今にも動きそうな程、本物ソックリ



江戸時代の女性のミイラ
座って両足を折り曲げている
保存状態が良くて、そのままの姿です

ガラスに “ 撮影禁止 ” と、貼り紙があるのに
シャッターを押す人がいました

貼り紙が小さいから、気がつかない人もいるみたいです

現代の科学の力で、ミイラを分析したら
女性は、わりと若くして亡くなり
歯周病を患っていたと・・

CGで女性を立たせると、身長は140センチ位で
当時としては、標準なのか・・ 小柄なのか・・

肩から下は布で覆われおり
顔は骨ですが、長い髪が後ろに結われています



動植物に詳しい雑学王のような友人で
各展示物の前で、さりげなく
色々なエピソードを聞かせてくれて
まるで “ 歩く音声ガイド ”
楽しくて勉強になりました 


吹き抜けの白い壁
窓からはステンドグラスを通して
やさしい光が届きます



20150115230240727.jpg




アナウンスが流れました
「 あと30分で閉館です 」

あら、入る前に言ってた冗談が本当になっちゃった


あわててお土産コーナーを見ました

動物園・水族館にありがちな、ぬいぐるみ
Tシャツ・小物類・星や地球グッズ・書物・実験セット
小さい化石や鉱石の原石・宇宙食類
充実した品揃え

ひと周りしましたが、特に欲しい物もなく
外に出ました



おぉ  クジラのオブジェが 
美ら海水族館の前にあった物よりデカイぞ




201501152302412ee.jpg


     うれしくなって クジラのポーズ




夕暮れで寒い・・
しかし、行かねばならない場所がある

アメ横方面に歩きながら キョロキョロ ソワソワ
「 あっちかな ? こっちかな 」
落ち着きのない挙動不審な私たち
警官がいたら、職務質問をされていたかもしれません

あっ・・
そういえば二十歳前、上野駅構内のレストランで
ランチをしようと歩いてて
どの店に入ろうか迷い ウロウロ していたら
背広姿の男性2人に、声をかけられ
私服警官で、家出少女と間違えられました 

カチンときて 「 免許証  見せましょうか? 」
すると警官は、苦笑いして去って行きました

まったく失礼な  



話しを元に戻します



「 あった ! 」 茶の君野園

お茶屋さんの抹茶アイス 350円 




20150115230243ee4.jpg



渋味や苦味はなく、ふんわりと
クリーミーで食べやすい
寒くて冷たいけれど、美味しいわ




電気屋で買い物をして
西郷さんの横のイルミネーションを パチリ




20150115230301260.jpg




居酒屋で食事をして
ワイワイと、旅の話題で盛り上がり
夜は更けていく 


カラオケもする予定でしたが
次回にとっておきましょう

まだまだ、お喋りしていたいけれど
電車がなくなってしまうから
お開きに・・



駅で解散し
電車の中で、楽しい1日を振り返りました






JAXA 宇宙ステーション見学


   - 気奥のかけら -


      正露丸  


バレンタインシーズン
デパートで色々なチョコレートが並びます

真面目な物から、受け狙い商品まで・・

その中に 正露丸のチョコレート を見つけました
購入して、自宅で商品をよ~く見ると
外の箱には これはチョコレートです と記入がありました

箱だけ家にあった本物とすり替えました


ある日、友人に
「 ねえ、この正露丸新しい商品なんだって 」
手渡すと、しげしげと見つめて
「 ふ~ん 」
興味なさそうに返した

「 ちょっと食べてみない? 」
「 何言っているの、お腹も痛くないのに
  お薬を飲むなんて、体に悪いのよ 」

正論を言う友人と、しばらく
ああじゃない こうじゃない と言い合い

ビンから出して、口の中に無理矢理入れてやりました

ビックリした顔になり 凍りつきました

私は耐え切れず クックックックッ・・ 
肩で笑っていました


独特の臭いニオイがしない事に気が付き
モゴモゴ噛むと甘く、友人は
 まったく 何よ 

メチャメチャ悔しそうな顔になりました

「 チョコの正露丸、うまいじゃろ? 」
ゲラゲラ笑いました


誰でもかまわずに いたずら している理由じゃないのよ~
ちゃんと、冗談が通じるだろう 選ばれた心広い人 なのです


一応 スイマセン と書いときます
反省する事なく、また何かやらかします
おそらく たぶん きっと・・・


       人生に笑いを  

    




     JAXA 宇宙ステーション見学



事前にネットで、見学を申し込んでおきました


茨城県 つくば市へ
自宅から車で2時間のドライブです


まずは、エキスポセンター
裏の駐車場に車を止めて
公園を通り、正面入り口へ



s_001 (5)




今日は、お天気も良く風もなく
お外にいても気持ちのいい陽気です



2回目のプラネタリウムのチケットを購入
入館料込みで 820円



まずは、売店へ
サイエンスミュージアムショップ

色んな種類の宇宙食に、釘づけになりました



s_002 (3)




テレビでしか見た事がなかったので
1つ1つ手に取って、じっくり読みました



s_004 (6)


     カンパンとは違い ふわふわのパンが入ってる缶



技術の結晶ですから、お高めのお値段ですが
お土産でもらえたら、うれしい1品ですね



科学実験セットも、種類がた~くさん



s_006 (4)



ソーラー物や、2色の液体を混ぜると光る ホタル液

家庭でも星空が見れる、プロジェクター

光る文具

大人が見てても楽しいな~



人気商品は
・ 1位 宇宙食             380円~650円
・ 2位 消えないシャボン玉       160円
・ 3位 オリジナル4色ボールペン    100円
・ 4位 バルーンスライム        310円
・ 5位 星の砂             110円


宇宙食部門では
・ 1位 バニラアイス          650円
・ 2位 たこやき            510円
・ 3位 スペースカレー         540円




1度ここを出て、ランチへ

車で5分程走った所にある ヒマラヤ というインドカレー店

11時開店に入ると、濃厚なお顔の人が
「 イラッシャイマセ~  ドージョ! 」

ナンとライスが、食べ放題というランチセット
チキンカレーにナンで注文しました 

手でパコパコと、ナンを伸ばしてる音が聞こえます
釜で焼き立ての、皿からはみ出ている
お約束のナン と カレー が来ました



s_007 (1)



うん、カレーの量も良心的です

オママゴトに使うような、手のひらに収まるような
小さい銀色の皿に、カレーを入れる店がありますが
あれは量が少なすぎ・・
カレーがなくなってしまい、ナンだけかじる事になります

カレーも食べ放題なら、いいのですがね

パクパクと食べていると、濃厚兄さんが来て
「 ナン オカワリハ? 」
「 半分の量で、大丈夫ですか? 」
「 ハイ 」


数分すると、焼き立てパリサクが来ました

んふふふ 
美味しい物を食べると、幸せな気持ちになれます

1枚半のナンを食べ終わっても
お皿には、カレーが残っていました



うん、ここの ヒマラヤ はエライ
完食して 780円  笑顔のお会計です 





インドカレー店は、都内そして北関東エリアも合わせて
かなりの回数と店に通いました

そんな中で、信じられないお店が 

群馬県太田市内の店なのですが
やはりナンが食べ放題で、ちぎって食べていると
指先がベタベタ・・・  「 えっ どうして? 」
ナンの表面が光っていました

ナンを焼く所が席から見えるので、観察していると
焼きあがったナンに、ハケで油のような物を塗っていました

ベタつきの正体はそれ 

こんな事をする店は初めてでした

色ツヤを良くみせる為でしょうか?

ベタつかせてナンの枚数を
食べさせないようにしているのでしょうか?
だったら最初から、食べ放題になんかしなければいいのに


食べ終わった時には、スプーンもコップもベッタベタ・・ 

まるで、食べる前に油の入ったフィンガーボールで
指先を付けたような感じです

カバンのモチ手を、げんこつの形にして触れないように持ち
お手洗いでシッカリ洗いました

ちなみに私は、潔癖症ではありません 

カレーもナンの味も、悪くなかったのに
イヤ~な印象で店を出ました

店側のどういう理由にしろ
私は2度と行かない店です





もう1度 エキスポセンター に行き、再入場
チケットを見せれば、1日何回でも入場できます

館内には、体験型の展示物が多くあります

テレビで でんじろう先生 がやっていた
エアバズーカ―があり、体験しました

スイッチを押すと下から煙が出てきて
充満した時に、箱の側面を同時に パン と叩くと
ポワ~ン と煙が向こうにゆっくり飛んで行きました 

水蒸気の竜巻装置 

巨大シャボン玉の中に入れる装置

大人も楽しい実験ばかりですよ



そろそろ時間
12時50分からのプラネタリウム

撮影禁止です

世界最大級 25.6メートルのドーム
ジェミニスターⅡ によって投影され
38万個の星と、全天周デジタル映像だそうです

本日のプログラムは オリンピックと星空

中はきれいで広いな~

ありゃりゃ・・ 小学生の団体が入ってきちゃった・・
とたんににぎやかになり、席の半分はチビッ子

席を移動しました

室内が暗くなって始まりました



オリンピックが始まったきっかけから
ときおり当時の夜空が写り

1度はオリンピックが途絶えて
また復活して現在に至っている

そして、未来の夜空

リオデジャネイロのオリンピック当日の夜空
南半休だから、聞いたことがないような
カメレオン座 極楽鳥の星座が新鮮に感じました

東京オリンピック開催の夜空


私が子供の頃見て覚えている映像とは
全く違いますね

素晴らしい技術の進歩です
美しい本物の夜空のようでした




車で移動  15分程で JAXA に到着

ゲートを左折すると、駐車場がありました

車から降りて建物に行くと
展示館の スペースドーム がありました



s_026 (4)




中に入ると、大きな半円上の物が
ドリームポート・ドリームビジョン で
100万分の1スケールの模型

人口衛星に関する物や
ロケット20分に1サイズモデル
月惑星探査

1番奥に、ひときわデカイ きぼう 日本実験棟



s_011 (3)




ひと周りして、隣りへ

売店の プラネットキューブ
JAXAや宇宙関連の商品が置いてあり
軽食も食べれます 

宇宙食も置いてありましたが
プラネタリウムの方が、種類が豊富でした


外に出て ロケット広場へ

ビルとロケットを撮影



s_015 (4)




事務所に行き 宇宙ステーション見学 の受付を
ネット予約のコピーと、顔写真入りの身分証明書

きぼう 運用管制室の、セキュリティー上の理由で
公的身分証の提示が必要らしい

そして、ツアーカードがもらえます
これは、見学終了時に返却するそうです



時間になると、日本語のグループと
英語のグループに分けられました

日本語の私達は、記者会見室へ
ミニテーブルの付いたイスに座り

担当の20代の女性があいさつして、航空写真のパネルを持って

  ここの敷地は、東京ドーム12個分 
  この中で2千人が働いている
  少しビデオを見て下さい


最初に宇宙飛行士の 野口さん のあいさつ

宇宙ステーション補給機 こうのとり の紹介

宇宙では日の当たる所と、日陰では
200度の温度差があり、過酷な環境である

大地・森林の観測
生態系の観測
人口衛星はカーナビに応用されている


そして、群馬県館林出身の宇宙飛行士
向井千秋さんが登場し

「 無重力の中で生活していると
  地上の老化現象が表れます 」 と

JAXAは24時間3交代で勤務するから、眠らないと



ビデオは終わり
外のバスに乗り きぼう の運用管制室へ

もう1つゲートがあり、この先は本当に関係者しか入れない


すぐに到着して、建物の前で下車 

自動ドアが開いて中に入ると
地べたの床の上にプラスチックの箱2個あり
「 その中へ、携帯やカメラを入れて下さい 」 と
案内人は言いました

中を見ると、何もひいてません

「 ・ ・ ・ 」  私は カチン ときました 

地べたの箱に何もクッション性の物がない中に
みんな大切に使用している携帯やカメラ類を
ガサガサと入れろと・・・ 

携帯とデジカメを持っていましたが
ケースに入っている、カメラしか入れませんでした
箱でも自分のバックでも、出さない写さないのだから

せめてもの反抗です

さっきまで、おだやかな気持ちだったのに
いきなり 暴風域 に・・・ 


男性が戸惑った様子で 
「 あの、この中に? 入れるのですか? 」

「 はい、そうです 」 義務的な答えでした

この男性も、私と同じ気持ちだったのだと思います


こういうエリート的なお方達の
一般常識はいかがなものでしょうか?

あなた方が私達の立場になり
カメラや携帯を、地べたの箱に入れろと言われたら
何も抵抗がなく 「 は~い 」 と出来ますか?

せめて、パイプイスの上に箱を置くとか・・
中にタオルを敷くとか・・


もう、気分を害してしまい
見学なんてどうでもいい心境でした 


入口で立ったまま、テレビのビデオを数分見て
それから目の前の、ガラス窓の所へ

案内人は、赤いファイルの虎の巻を見ながら
マイク片手に読み上げて、説明していました

男性1人が後ろから、盗撮とか
不審な行動をしていないか、お目付け役のようです

2重窓の向こうに管制室が見え、壁にいくつもの画面と
手前には、パソコンが設置してある机が並んでいました
時計のような物や、英語の文字が

左の画面には きぼう のカメラから、機体の1部と
宇宙空間と、地球がリアルタイムで映っていました


運用管制室を公開しているのは きぼう だけ
こうのとり は、1年に1回 特別公開の日だけ
普通は 非公開


イタリアと同じ時間で生活するので
日本は今 15時40分 だけれど
きぼう の中の人達は、起床した頃らしい


何となく分かりました

この宇宙ステーションの見学コースは
午後3時からの1回のみです

きぼう は、起床時間
右の機内画面に、何も写らない
安全パイの時間帯なのである

わずか10分位でした

バスの中で待機している 
英語グループの人達と交代しますから
バスに乗って下さいと、促されました


しばらくバスで待ちました

全員が揃い、元の場所へ戻ります

そして、展示室のスペースドームへゾロゾロ歩き
何か所かの展示物の説明を聞き

案内人は
「 御清聴ありがとうございました
  ツアーカードを集めます
  これで解散になります 」


いろんな見学に行っていますが
来場記念品とか、お土産をもらえない所は
ここが初めてです

まあ、土産を出す出さないは、会社の方針として

さっきの 箱 
何だか上から目線で 見学させてやってるんだ 
みたいな印象  

そして、見学コースならではの
プレミアム的な撮影場所は、全くありません ゼロ です

撮影可能なのは、誰でも入れる場所のみ
だから ワクワク感も ゼロ ないです 


皆さんには、道の駅に寄るような感覚で
スペースドームと、売店に来る事をお勧めします

1つめのゲートは、見学予約していなくても
誰でも自由に出入り出来ますから

それなら、そこそこに楽しんで
いい気分でお帰りになれると思います



s_024 (6)


        観光地でお約束の顔出し記念写真


顔の下の宇宙服は本物です

宇宙服は、重さが50キロとかあるけれど
無重力だから問題ないそうです

このタイプは2ピースで、下はズボン式で
上はウエスト部分から入るそうです
着るのに2人ががりで、時間もかかるそうよ

もう1つ、違うタイプの宇宙服があって
つなぎのワンピースタイプで
背中に冷蔵庫のようなトビラがあり
開けて簡単に1人で入れるんだって




西大通りの並木が、紅葉してきれいでした


夕暮れの道を走り、無事に帰宅しました 





このままレポートを終わりにしてしまうと
イヤな気分を引きずってしまい
私のブログまで、台無しになりそうだから

気をとり直して
お土産の報告をしますね



s_027 (3)


       宇宙食の バニラアイス と おもち
       触れる 割れない シャボン玉



これはね
プラネタリウムの売店で買った物よ 


バニラアイス
 
バニラビーンズの香りがしました
かじると、マシュマロのフワフワをなくして
高野豆腐風にしたようで パリッ 
5回噛むと、口の中で溶けてしまい
バニラアイスの風味だけが残ります

スキムミルクを、やさしく固めたみたいな物です

ウエーハースのお菓子の中に入っている
薄くて甘い物と同じ成分ですね



お風呂の中で シャボン玉 遊びました 
液は、ネバリがあります

フ――ッ とやると たくさんシャボン玉が誕生し
お湯に触れて割れる時に パリン と、小さな音がします

指で触れると、指先に何秒間かくっついていました

童心に帰って フー フー しましたよ 






プロフィール

足袋子(たびこ)

Author:足袋子(たびこ)
北関東在住 
趣味は外出! 水族館・動植物園・遊園地・プラネタリウム・お祭り・花火・ドライブ・買物・工場見学  
何気に、高い所・爬虫類・冷凍菓子に抹茶好き 
乗り物の中にいれば
ゴキゲンです🎵
本題に入る前の雑談として ―気奥のかけら― 始めました 心の奥にある思い出、気になった事をリアルに語ります  
年令という年輪を重ねても、好奇心は加速するばかり・・ 
これからも ▶仕事キッチリ遊びバッチリ◀ で、エンジョイ人生 🐾

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

かっちゃんの雑記ブログ

バイク少々……されど乗る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
750位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
281位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome! 足袋子共和国の  入国ゲートへ
海も山も川も街中も、暑さと変な人には気をつけましょう!
子供は嬉しい夏休み! 正月・お盆は仕事に追われる足袋子にワンポチ🐶を

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR