-->

水草 リシア




水草・リシア

自然界では、水面に浮遊して
生息しているが

水中で気泡を付けた時の美しさから
アクアリウムなどで
ムリヤリ沈められている植物 🌱


根を持たないので
液肥などの投入が効果的で
光量が不足すると
鮮やかな緑色が失われるらしい





2017051908472290b.jpg





近所のペットショップでは
入手出来なかったので

通販で購入 1パック700円





わが家のアイドル
ミナミヌマエビ と
相性が良いんだとサァ〜


せっかくだから
どのタイプがどんな成長をするのか?

遊び心で実験くん開始





20170519120335775.jpg





四角いのは、リシア専用の容器
アミの中にリシアを広げて
オモリになっている底を パチン とはめるだけ


丸いのは モスドーム型
本来は ウィローモス を広げて
育成させる物

目を細かくする為に
黒い木綿糸でリシアが
浮き上がらないように補強しました


そして、流木に糸で巻きつけた物


計3パターン







しばらくすると

流木にエビちゃんらが集まり
混み合いました

ベランダの発泡スチロール箱に
放置して浸けてあった
アク抜き流木

微生物が付いていたのかしら?


すずなりのエビ達は
運動会のよう!

誰がたくさん ツムツム 出来るのか?

ツムツム合戦が止まらないのでした

( この時、見とれていて写真写し忘れた )


小型の 赤ミナミヌマエビ は
四角い容器のアミ目から
中に入ってしまい

通過し出てきた 😅








脱皮後の抜けがら

実にリアルだなって見ていたら


フワッとエビがやって来て
かじりついた!





201705191203379a9.jpg





初めて見る光景でした 😲








毎日、何度も水槽を見つめて
卵を抱えているママエビを
観察していました


あれ?

卵が半分なくなっているぞ・・


生まれているみたい



赤ちゃんエビを、肉眼で見てやろうと
水槽にへばりつく時間が増えました


数日後・・


見っけた!!





201705190847252f2.jpg





1センチもない
色がついてない透明な体の
チビちゃんがいました



他にも何匹かいるようですが

みんな葉っぱの影に隠れているから
見れません



小さな ツムツム が、カワイイ

少しすると ヨタヨタ と
ぎこちないけど、健気に泳ぐ




もう1匹
卵を抱えているエビがいるので

水槽から目が離せません 










スポンサーサイト

めだか園たむら と 部屋の衣替え





多忙だったGW

ヒィヒィ言いながらも
健康を害する事なく乗り越えたぞ 👍





久々のお休みの日

すっかり陽気も良くなり
汗ばむ季節になってきたし

あんな事やこんな事を
まとめてやっちまえ〜 😄





冬の間、めだかとミナミヌマエビを
同じ水槽に入れておきましたが

春めいて来た頃に、別々に

めだかは、稚魚を食べてしまうので
エビの子を守る為に

めだかの子用の、睡蓮鉢も準備OK





201705081800521f3.jpg





1匹だけ ママになるエビ がいますよ





1番欲しかったのが
今いる ミナミヌマエビ よりも
赤くてひと回り小さい

アカミナミヌマエビ


これを買いに行きます








お寝坊して起きてから、お出かけ 



栃木市 栃木市 つがの里 近くにある

めだか園 たむら へ


田畑の中を迷路のように進んだ先にあり

近くに来ると めだか のハタが目印





20170508175837918.jpg





めだかがメインのお店

色んな種類が
黒いケースの中で泳いでいる

数ミリの 赤ちゃんめだか もいて
んま〜! かわゆい





20170508175839453.jpg





以前から気になっている
ツノガエル もいました





2017050817584086f.jpg





ぷっくり加減が、巾着か水風船みたい


店の人に

「 このカエルは、これ以上大きくなりますか? 」

「 はい! まだ成長しますよ 」


見かけによらずデリケートなようで
水換えは、まめにしてあげて
暑くても寒くてもダメらしい

ぐぁ〜 😓

夏は温室のようになるわが家では
飼えない子なんだ・・





ゴーストザリガニ や 金魚 も販売していました





アカミナミヌマエビ の飼い方について
聞いてみると


 水を替えすぎると、逆に死んでしまうから 
 取替えない方がいい

 コケが生えている位が
 エビにとって住み心地が良い

 エビとめだかを一緒に入れていても
 稚魚は育ちますよ
 水草がたくさんあって
 身を隠せる場所があれば大丈夫

 ほら! この水槽
 両方入っているけれど
 どんどん子供が育っていますよ

 流木のウィローモス
 エビがいた方が育つ




えーっ・・

ネットで調べた情報を元に
水槽の水を少しづつ入れ替えていたし
別居させたし

どっちが本当なのか?

水槽の環境で
どっちも本当なのでしょうね



写真撮影とブログで紹介の了解をもらって
映させて頂きました



8匹で1000円 と書いてありましたが

サービスで 10匹 に!



ホームセンターのペットショップなどでは
アミでザクッとすくって
ビニール袋に真っ逆さまに落とし入れる

命ある生き物なのに
物のように雑に扱われ
イヤな気持ちになる時がありますが

こういう個人のお店だと
繁殖させて販売しているから 
扱いがていねいでやさしく
オスメスをキチンと見て、選んでくれるのも
うれしいですね




エビが酸欠にならないように
寄り道しないで帰宅






バケツの中に入れて

時間をかけて水槽の水を少し入れる
水ならし





20170508175841a47.jpg





赤色が濃い子や、茶色っぽい子
色素が色々も個性ね



それをしながら

植木の植え替えをして

コタツを閉まって

扇風機を出して

ガラス窓やサッシを拭いてから
夏用のカーテンを付けました




窓辺は暑くなり
水槽の温度が高くなりそうだから


日の当たらない壁際に移動





20170508175842a03.jpg





夕方、60センチの水槽に
ニューフェイスを入れてみると・・


早速、流木や水草の上

小っちゃい体で
ツムツム ツマツマ

愛らしい仕草をしていました



赤エビは、お掃除用のスポイトに
スッポリ入ってしまうサイズだから

よく見ながらやらないとね





仕事から帰り
この子達を見つめていると

疲れた心を癒してくれそうよ 😆






お部屋のイメージがかわり

快適で 開放的な

室内裸族の季節到来ざます


ヤッホー 💃










コウモリ返し





陽気が良くなってくると
部屋の中が蒸し風呂状態にならないように

留守中でも
西側のお手洗いや風呂場の小窓
東側のベランダのサッシ上の
小窓を開けておきます


帰宅すればサッシは開けて網戸に


 

お手洗いの小窓のワクは木なので
蚊とか入らないように
お手製で木枠を作り
そこに張り替え用の網戸のアミを買ってきて
合うようにカットし、固定してあります



問題は、お風呂の小窓

ワクが金属なのね 




20170503121850868.jpg




去年、コウモリ乱入事件が発生 ❕

コウモリにとっては、秘密の入り口


夜中に室内で捕獲し
外に逃がす事に・・

コウモリは好きだから
ベランダを寝ぐらにするのは
好きにして状態なのですが

室内飛来は、カンベンしておくれ〜


んな理由で
悪知恵は良く思いつく脳ミソで
真面目に知恵をしぼり

何とかコウモリや蚊やコックローチの
侵入をはね返すべく

網戸的な物作りにチャレンジなのだ!!




2017050312185275b.jpg




百均で購入した材料

物置にあった板切れとアミが材料





ナンチャッテ設計図を書いて

ノコギリで切る



  ー  ギコ ギコ  ー




201705031218537e0.jpg




ワクが出来た!


内側にアミを張り

薄板で押さえ付けるようにクギを打ちます




20170503121854fdf.jpg




ちっとくらい、曲がったりズレていても
ド素人の日曜大工ですから
個性と愛きょうなのだ



はめ込み式の網戸 

コウモリ返しの完成じゃーい 👍




20170503121856e0c.jpg




手前に引くノズルが強風でバタバタして
アミに当たり破けないように
少し フワッ とさせました



これで乱入事件はなくなり
静かな夜が約束されました


めでたし メデタシ


コウモリ君、ベランダでお会いしましょうね






ゆらゆら流木 着々と増殖成長中





わが家の白メダカや、ミナミヌマエビは
無事に冬を越しました


エビちゃん達の土や水草を 
ツマツマ・ツムツム する
可愛い仕草や素早い泳ぎなどは、愛きょうがあり
見る度にあたしの心を
癒やしてくれています





201704122114227d2.jpg





仕事から帰ると、真っ先に
水槽の照明を付けて

エビちゃんを探して
元気な姿を見て安心し

それから、メダカがいる睡蓮鉢を見るのが
日課となっています


飼い始めた頃、あたしの勉強不足から
失敗もあったりして

金魚やメダカを育てるよりも
エビの飼育は難しい事を、思い知らされたから・・


水槽の水も落ち着き、馴染んだようです 😄


水槽の右側だけは
ガラス内の掃除を控えて、わざと藻を生やし
うっすら緑色にしてあります




見慣れない白いエビがいるぞ!
何だ? って見ていたら

脱皮した抜けガラでした 😅


何度か脱皮もしており

カラはエビ達が食べるから
そのままにしておいた方がイイ
みたいな記事を読みましたが

うちのエビちゃんらは、かじる事もせず
放置されていて

時と共にバラけて散らかったので
スポイトで吸い上げ、お掃除いたしました





伸びた水草を切っては
小さい穴の空いたペットボトルに貯めて
水槽の中に沈めておきました

ある程度、量が確保出来たので
本気でマキマキしてみたよ


細切れにしたウィローモスを
アク抜きスミの流木に
ピンセットで薄く広げて

木綿糸でグルグルに巻きつけて

水槽の中に入れて1ヶ月半





20170412211420922.jpg





これから糸を解きます



ゆっくり

ていねいに

糸を引っ掛けて、水草がはがれないように




ドキドキしながら
水槽にいれてみると





201704122114234fa.jpg





大丈夫! 定着したようで
はがれませんでした ✌


次に チョキチョキした水草 が
ガッツリ溜まったら

1番大きな流木に
巻いてみたいと思います







流木にウィローモスを合体




今日は、本格的に ゆらゆら流木 を作ります

チョキチョキし ✂ 貯蓄しておいた
ウィローモス

ペットボトルに小さな穴を開け
水槽のスミに吊るした物に
入れてありました


中で育ち伸びたのもあるので
さらに小間切れにします





20170212185722ea1.jpg





水で湿らせて
ピンセットで薄く広げて貼り付ける





くぼみの所をどうするか?
それが問題でした


色々作戦を考えて
牛乳パックを切り
凹んでいる部分に当て押さえて
固定してみる事に





20170212185724502.jpg





木綿糸でグルグル巻きに








ロカボーイ コンパクトサイズ の
ブクブクですが、ちっちゃい割に
水面の水はねが激しいので
ペットボトルを逆さにして
その中に メダカのろ材 を入れて
水はね防止を作りました





20170212185725048.jpg





少し前ですが
窓辺の日当たりの良い所に
60センチの水槽を置いていたら

ウィローモスも育ちましたが
アオコが発生して
水の透明度が悪くなり

アオコ除去剤を買ってきて
液体を中に入れたら 

フィルターが吸収してくれて
水は透明になりました 


冬でも、ガラス越しの日光は
ダメなんだと学び
壁の方に移動しました







小さい水槽の中に入れて 
ウィローモスが育つのを
見守りたいと思います


成長させる為に
あえて日当たりの良い所に置きます



ありゃ・・
この流木は、アク抜きしてないヤツか?

水槽の中に入れたら
プカプカ浮いちまう


まぁ、いいや



スキンダイビング用の重りに結いて
沈めてしまえ〜 





201702121857273bc.jpg





生き物がいない水槽だから
アク抜きと水草の定着と育成
3つ同時進行の実験くんじゃ 😅


ムチャぶりもはなはだしい

勘違いからの方向転換






1ヶ月後
糸を外すのが楽しみだわ







アク抜き流木




以前、ウィローモスを小間切れにして
お試しの練習で、石と小さな流木に糸で
ぐるぐる巻きにしたヤツ

石は表面がツルツルしていたせいか
ウィローモスは定着する事なく
はがれてしまいました

しかし、流木の方は
しっかりと着いた!





20170206214313e5e.jpg





奥のV時形の流木の物から
伸びた所をチョキチョキ床屋さんして
手前のふたつに

うんうん😄 よろしい♪








まだまだ、勉強が足りない事がありました・・

ホームセンターで買ってきた水草

軽く洗って、金属の重しを外して
石の輪の重しに入れ替えて
水槽の中に入れて

緑が目にやさしく、水槽内が華やかになり
ニンマリと満足して寝ました


翌朝、水槽を見ると
小さめの ミナミヌマエビ が
ひっくり返っていた 

原因は何?

変わった事といったら
水草を入れた件しか考えられない


すぐにググってみたら
 
ホームセンターなどで安く売られている水草は
輸入物で農薬残量が高く
エビやザリガニなどの甲殻類には
危険だと・・


あわてて水草を撤去

大きいミナミヌマエビと
メダカには影響ありませんでした



国産の水草かどうかは
表示してない店も多かったので
ネットで 国産のカボンバ を購入

数日後、普通郵便で茶封筒が届き
開けてみると、ビニール袋の中に
濡れた新聞紙に包まれ
10本ありました

枝が長いし、フサフサしてて
濃い緑色の美しい物でした










拾ってきた流木

アク抜きをする事、1ヶ月

入れ物に水を張り
浮かないように落としフタをして
重しを乗せて

水を取り替えたり
時には、沸騰しているお湯を入れたり
繰り返しました





2017020621431477c.jpg





大きくて枝ぶりのいいのを
水槽に入れてみましょう
 



1度水の中の物をどかして
お掃除スポイトで
ソイルの上をきれいにしてから

流木や水草を置きました



エビ達は、ブクブクの後ろに避難して
この日はジッと動きませんでした



翌朝、見ると
 
まぁ!
 
木に止まっているセミのように
みんな流木の上にいました





201702062143159ad.jpg





なぜか、ウィローモスの
ゆらゆら流木には止まらず

ただの流木にだけ集まっている



木にしがみつき

止まり心地が良いのでしょうか?
つかまりながら

ツムツム・・ ツマツマしてる





20170206214317afd.jpg



  

ハエが手足をこするように
後ろ足で背中を カキカキ もしています


たくさんある足で 犬かき のように 
(エビかき?)
ヒューンと素早く泳いで
上昇したかと思うと

落下傘部隊のように
フワッ〜とソイルの上に着地したり



本当にエビちゃんの動きを観察していると
可愛らしいし、飽きない





20170206221125a53.jpg





エビ座りして
落ち着いちゃっている子もいます

何か笑える 😀



お風呂上がり、寝る前に
ちょっと見ているつもりが

あっという間に1時間経過していて

「 寝なくちゃ! 」 と

あわててベッドに入る時もあります





 


現在の60センチ水槽



 

20170206214318401.jpg





ジャングルみたいになっている
小さなあたしの水族館


今度、赤いミナミヌマエビを
入れたいなと思っています







流木拾い 水草用





    新しい年になりました

   足袋子のブログに遊びに来てくれて、ありがとう 

   今年もヨロシクお願いいたしまする 





年末からお正月の
お仕事戦闘モードも終わり

インフルやノロなど 悪い菌 に 
かかわる事無く、元気に乗りきれて良かったよ〜

やっとひと息つけます 😩




ちょっと時間が空くと近隣の川へ
ルンルン気分で流木拾いに行くこの頃 

宝物探しのひと時よ 



去年の今頃の流木拾いは 
玄関前を流木で飾りたいのと
何かしら工作をしようと
とりあえず、色んなサイズの物を持ち帰りました



しか〜し! 今年は違います 

流木に ウィローモスという水草 を巻きつけて 
ゆらゆら流木 を作るという目標があり

しっかりした、形やサイズのイメージが
あたしの頭の中で決まっておる



棒のような物でなくて
枝や根の部分

曲線美というか、流れのある流木が欲しい 👍




んな理由で、去年とは装備も違います

絶対的な必需品は ノコギリ


そう! ノコギリを持って歩きます 



ワーッ  違いますよ 

大きなトートバッグに入れてるよ(持ち手は出てますが)
手に握りしめて歩いてませんから・・


あーた!
長靴はいて、ノコギリ握りしめて
ニヤニヤ河原を歩いていたら・・

間違いなく通報されて
お巡りさんが飛んで来て、ヤッカイな事態に 





必要ない直線の木の部分を ギコギコ 切り落とす

こんな感じに ↓





20161219181706b00.jpg






この日は コレだ〜 と
言える物は見つかりませんでした






      ー そして別の日 ー




浅瀬を探して ジャブジャブ と川を渡り
中州に行きました


河原に遊びに来た人達
こういう所まで、運動靴では来ないでしょう?


ひなたぼっこをしながら
冬のひだまりを楽しみます ☀


長靴でジャリの上を歩くのって
けっこう足のウラが痛いのよ

「 イテテテテッ 」 なんてつぶやく




とても深い水たまりがあり
澄んだ中をのぞくと、小魚が泳いでいたり

水草がびっしり生えていたり

流されてきた木が、そのまま根付いていたり

自然ってすごいなって思いました




あっ! コレいい ♥

ついに ひとめぼれ した流木を見つけました




20161219181708c9c.jpg


         真ん中の上 と 右側






アク抜きした後、水草を巻き付けるのが
楽しみだな 


今日は 大漁 じゃ〜 🎵



日も影ってきたし、トイレの
タイムリミット時間になるから退散

あぁ・・ こういう時、女ってめんどい 😱



中途半端な河原だと困るのよ!

車で犬の散歩に来ている人がいるから

うかうかと茂みで、しゃがめやしない





人気のない山の中だったら 
ねぇ・・

開放的な気分で出来ちゃうのにサァ 😜


って、何のこっちゃ 😧




流木の宝探しは つ・づ・く 








お魚のお引越し





最初は ジュエルオーキッド の温室にと 
大きな水槽を購入したのですが

あれよアレヨと、利用方法が七変化して
現在にいたっておりまする

カップから出して、健康状態を確認すると 

横から新芽も顔を出し
茎や根もしっかりしていて
根腐れなどはなくてよかった!





20161223203406db1.jpg


        子株をねじって分けました





表面の水苔が乾いたら
霧吹きで シュッシュ していますが
このやり方を継続でいいみたい

安心して水苔でフワッと包み 
肥料を混ぜてカップに戻しました


すくすくと育ってます 






先日、ウィローモスという水草を
細切れにして、試しに巻き付けた流木と石

水槽に沈めて少し経過しましたが・・

もやもやと、ワタアメみたいな
細〜い緑色の糸が、出てきています

これがウィローモスの新芽?

だんだん太くなるのかな?



拾ってきた流木、水に漬けたりのアク抜きを
1ヶ月以上してからでないと
巻き付ける作業は出来ませんが

どう考えても、今の水槽に ゆらゆら流木 を
入れるとなると

  
 絶対にムリ 


乗車率300%の新幹線になっちまうので
素直に大きい水槽の方へ移動じゃ!


 
ソイルをひいてから
少し控えめに水を入れました

スーパーパウダーソイル という物にしたので
エビちゃんが極小の土の粒を持って 
ツマツマ ツムツム するのが見れるかな〜


60リットルの水槽に、しっかり水を入れてしまうと
重すぎて水平移動さえ出来ません


カルキ抜きをして
ブクブクで水を循環させて  


水草類を先に入れ
1週間以上置いてから

小さい水槽の水を何割か入れて
温度差がないようにしてから


まずは メダカちゃん を移動

しばらく様子を見て、問題ないようなので


ミナミヌマエビ も入れました


エビちゃんが飛び跳ねて、水槽の外に出てしまい
☆になっている事があるらしいので





201612232034105c0.jpg





目の荒いメッシュの 洗濯ネット大 を切って
そこに巻物お寿司に使う 巻きす を
ほどいた竹を通して 飛び跳ね防止&通気性 で
半分のガラスフタの所にかぶせました

( 足袋子は何でも分解してしまう  )





20161223203439158.jpg





ネコの胸毛ボンバーに
エビちゃんが遊びに来ています





以前、ベランダにスイレン鉢で
メダカを飼っていた事がありますが

ゴハンをあげる時に、上からしか見れません

やはり水槽で室内に置いて
横からメダカ達を見る方が楽しめますね!





大きな水槽だけで、かなりの重さ
2つの水槽を置いてしまうと
木のテーブルに負担がかかるので
小さい水槽は、テーブルの下に置く事に


以前、棚として使っていた板を切り
100均で購入した20キロまでOKの
角型花台キャスター付 に麻ひもで結き固定
( 1つ200円 )

出し入れを便利にしました





20161223203408bdd.jpg





あえて長さを50センチにして
春になって窓辺が暑くなり
涼しい玄関の方に大きな水槽を
移動する時にも使えるようにしました





2016122320341117b.jpg





ラックにビニール袋をかぶせ
ペット用のあんかを入れた簡易温室 →

寒い夜だけここが寝床
10度以下にはなりません


空き家になった小さい水槽
これは将来、ゆらゆら流木と
赤ちゃんメダカの育成室として使おうかと
水を入れたまま置いておきます ←





20161223211254e0c.jpg





分岐を買ってきたので、1つのエアーポンプから
ブクブクとエアシャワーに!

小さい水槽は、ガラス板が4枚張り合わせてある
昔ながらの物

大きい水槽は、3面が1枚のガラスになっているから
つなぎ目がなくて美しい

こういう事も全く知らずに、購入していました 😅





20161223203438ef7.jpg





夕食が済んで、食器を洗い終わると
部屋の照明を全て消し

水槽のライトだけにすると 
ちょっとだけ、ステキな空間になります



寝るまでの時間

ぼんやりと見ながら

 魔法が使えたら
 親指位に小さくなり
 一緒に泳げるのになって・・

子供のような事を考えてしまいます 😌





この空間は 

あたしの小さな水族館




 



     ー 今年の終わりに ー
  



  おサル年が終わろうとしています
  みなさんは、どんな1年でしたか?

  私は、病気もせずに仕事が出来て
  普通に平凡に暮らせている事が
  1番幸せな事だと思っています

  来年も、あちこちにレッツゴー 









ゆらゆらの流木と石作り




注文していた 大きな水槽 が
遅れて届きました


ジュエルオーキッドを育てるための
温室として使うためです


その湿気をとるための 小さい水槽 で

せっかくだからと メダカ を
その後に ミナミヌマエビ を入れ
悪戦苦闘したのは、前回書きました


当初は バックインバック のように

水槽イン水槽 にするつもりでやってみました




20161209201139461.jpg





二重ガラスの中、メダカちゃんを見ていると
目のピントがおかしくなってしまい

やっぱり出すことに  


ジュエルオーキッドの湿気は
切り花などをたくさん置きます




201612092011407cf.jpg




水草いじりですが

ウィローモスの巻き方 で検索したら
伸びた物を 1センチ 位に切り刻み
流木や石とかに、テグスや綿の糸で巻きつけ
1ヶ月もすれば、定着するらしかった

先日の 胸毛ボンバーネコ は
箸置きで表面がツルツルしてるから
引っ付かないかもしれないので

自分でアク抜きをした流木や石に
細切れウィローモスを、ぐるぐる巻きにしてみました




20161209201141396.jpg


         流木と石 2個づつ





大きい方の流木だけ、緑色の綿糸で
他はテグスでの実験です


伸びはじめたら、3ミリ程残し
何度か チョキチョキ 切らないと
密度が出ないそうです



草が枯れる冬は
河原での流木探しシーズン

手のひらサイズの枝ぶりの良い流木を
たくさん集め

芸術的な水草付きの ゆらゆら流木 を
作るのじゃ〜









ミナミヌマエビ 失敗談




  私のような失敗をしてほしくないので
  知識と勉強が足りなかった
  失敗談をあえて書きます



金魚やメダカやエビなどは
みんな同じ感じで
水草とジャリとブクブクして
ゴハンをあげていれば大丈夫なんだと
思っていました




白いメダカの水槽に
お掃除役のお友達として
ミナミヌマエビを入れました

しかし、翌朝
底でひっくり返り
手足だけをバタバタ動かすだけ・・

「 何? どうしちゃったの? 」

弱っていくエビ達を
悲しい気持ちで見つめていました



もう1度、水槽内をちゃんと整えてから
ミナミヌマエビを迎え入れたいので
原因を知りたくて調べてみると
該当するらしい項目は
 
① 水合わせが出来てなかった 

② pHが高い

③ カルキ抜きが不十分だった



① 水合わせはちゃんとやったつもり

② pHって聞いた事あるけれど
  説明出来ない

③ ブクブクに付いてたカルキ抜きを入れたし
  水道水をバケツにくんで
  数日した物を使いメダカは元気だから
  何も問題ないと考えていた



pHを測るには
紙の物と測定器があるが
紙のは、数値があいまいらしかった




子供の頃、目の細かいアミで
川や沼で土ごとすくってよく見ると
ドロの中に ピチピチ と
小さなエビが跳ねていました

すぐに逃がしましたが

その時の印象が強くて
ドロの中で生きているから
わりとタフな生き物なんだと
思っていました

今回、色々調べて
金魚やメダカよりもかなり
デリケートな生き物なんだと知りました


マーケットで乾物の 桜えび を見るたびに
懺悔の気持ちになります 





測定器 カルキ抜き 善玉菌 バクテリア を
通販で購入し

届いたので、早速測ってみると
PH8 高い数値でした

水素イオン濃度のことで
数値が高いと アルカリ性
7が中性
低いと酸性


エビは6.5〜7がいいと


さらに調べていると
金魚用の白い石の成分が
水の中で溶けてアルカリ性が高くなるから
底で活動するエビには向いてないと・・


ソイルという土がいいらしい

(栄養分豊富な天然の土壌を特殊な
 軟焼結製法で加工し、ろ過効力に優れた物
 シュリンプや弱酸性を好む生体や
 水草などの育成に適しており
 長期間に渡って水質安定効果があり
 透明な水を維持させる)

 ↑ プラチナソイルの袋に書いてあった




ソイルには種類があり


・ 吸着系

 水中のアンモニアや亜硝酸を吸着しやすく
 白い濁りが収まりやすく
 水質が安定する


・ 栄養系

 水草の生長に必要な有機物を含んでいる


さらに粒の大きさも色々で

・ ベーシック
・ パウダー
・ スーパーパウダー



どれにしようか迷ったので
購入者のレビューを読んだら

ベーシックだと粒が大きくて
小さなエビは隠れてしまうとあり
今回は 吸着系のパウダー を選びました



届く日に、あらかじめ
くんでおいたバケツに
水槽の水を半分入れてから
白メダカをアミですくって移動

金魚用の石をザルにあけて
水槽を洗いました

これは植木にでも使いましょう


夕方届いて、早速水槽にひいて
(洗わずに使える)
静かに水を入れました

水槽の半分まで水を入れて ブクブク させて
濁りは間もなくおさまりました

カルキ抜き 善玉菌 バクテリア を入れて
ひと晩そのままに


翌日、バケツの水とメダカを水槽に戻すと
今までよりも、元気に動いている気がしました


胸毛ボンバーのネコも
流木を枕に寝ている状態で置きました


pHを測ると 7.3

ソイルのおかげで、だいぶ下がりました


私なりに、やれることは全部しました

後は、今度のお休みの日に
ミナミヌマエビを、とりあえず数匹程購入し

時間をかけて水合わせをしてみます


     

    ー 数日後 ー



ミナミヌマエビを5匹購入し
なるべく揺らさなように運転し運びました

静かにバケツに入れて
この環境になれさすために
1時間そのままで

それから少しづつ、水槽の水を入れて

神経質過ぎるような感じで水合わせをしました
 

日が暮れた頃に、水槽に入れようとしたら
小さめの2匹は、横を向いていた・・ 😢

3匹を入れて様子を見ると
水槽の周りを歩き
メダカ達が、珍客を見に集まっていました
 




そして、よく朝

おそる恐る水槽をのぞいてみると
姿がない

よーく探すと、水草に登っていました

元気で良かった! マジでよかった〜 😄



やっと、エビちゃんが住める
環境になったようで
ホッと胸をなでおろす


それからは
仕事から帰ると水槽をのぞいて
エビちゃんが元気にしているのか
探し見るのが日課となっています




20161209195721aef.jpg




pH だの ソイル だの・・

知らなかった単語の意味も
分かるようになりました



いやされる水槽の中の生き物達

大切に育てていきたいです 







プロフィール

足袋子(たびこ)

Author:足袋子(たびこ)
北関東在住 
趣味は外出! 水族館・動植物園・遊園地・プラネタリウム・お祭り・花火・ドライブ・買物・工場見学  
何気に、高い所・爬虫類・冷凍菓子に抹茶好き 
乗り物の中にいれば
ゴキゲンです🎵
本題に入る前の雑談として ―気奥のかけら― 始めました 心の奥にある思い出、気になった事をリアルに語ります  
年令という年輪を重ねても、好奇心は加速するばかり・・ 
これからも ▶仕事キッチリ遊びバッチリ◀ で、エンジョイ人生 🐾

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

かっちゃんの雑記ブログ

バイク少々……されど乗る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
737位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
266位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome! 足袋子共和国の  入国ゲートへ
葉の緑色が目に心に美しく染みる季節🌲 お外時間を楽しみましょう
赤ちゃんエビが生まれた! 水槽にへばりつき微笑む足袋子にワンポチ🐶を

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR