-->

アクアリウム入門




去年、白いメダカを分けてもらい

同居人として ミナミヌマエビ を飼い始め

今年の春に別々の水槽に分けました

何となく
エビちゃんが落ち着けるようにと
水草と流木を入れていました

ミナミヌマエビは、たくさん赤ちゃんが生まれて

ツムツムつまつまする姿に
癒されています


そんな理由で、ここ半年は
水槽内のお掃除が出来ずに放置状態


マツモやアナカリスが伸び放題
トグロを巻いていた 




秋になり
お子達も少しは大きくなってきたので

お掃除を兼ねて
見た目にも美しい

アクアリウム に

挑戦してみようかと
着々と準備をするのでした

変わった形の流木を探しに
河原を散歩したり


水草の種類を調べたり


イメージだけは
果てしなく広がり

怪しく ほくそ笑む 日々 😎






エビは 無農薬の水草 でないと
死んでしまう

その辺のホームセンターのペットコーナーでは

農薬を使用した、リーズナブルな水草が多い





群馬県 邑楽(おうら)郡 にある

チャーム さんへ GO 🏃


邑楽ってあまり聞かない
地名かもしれませんが

館林市と太田市の間にある町です!




20171006171457d1a.jpg




店内に入ると小さな部屋には
小動物がいて

扉の外側には
観葉植物やエアプランツが
天井からもジャラジャラしてた



流木も細くて良い枝ぶりの物は棚に

ゴツくて重みがある物は
大きなカゴの中に、山積みされていて

グラム売り!



そして、水槽がたくさん並び

お高そうな金魚もおりました


いよいよお目当ての 水草コーナー へ

どの水槽内もキチンとお手入れされており

カラフルなエビが
ゆらめく水草の中を泳いでいる

この子達の元気な姿が
無農薬を証明してくれています





目を奪われたのが

ドワーフリシア

写真で見た事はありましたが
実物は素晴らしい!

この水槽の床一面に
気泡の花を付けた背の低い水草が
小さな真珠のごとく、光り輝いていたのです

時折、気泡がふわっと水面に消えていく

心奪われ・・

しばらく水槽にへばりついて
ながめていたわ


3✕5センチ位の板のサイズが
表示してあった値段
1000円 なのかと思ったら

ここからむしり取った
500円玉サイズの面積分が 1000円 😵

欲しいけど
高すぎて手が出ませんでした



無農薬の水草を選べる チャームさん は
楽園のように感じましたが・・

想定外に、けっこうお高め 👛



店員さんに

「 アクアリウム初心者用の
  ボリュームがある手頃な水草は? 」

色々お話しを聞くと

 ネットで申し込んでから
 送ってもらうか
 店頭受け取りがオススメ
 
 店には無くても
 近隣に置いてある事も

 会員登録すると、さらにお得

 水上草 というのが
 リーズナブル

 水草は、よく伸びるから
 切ったのを普通の植木のように挿すと
 そこから成長し

 それをまた水槽に戻して
 増やすといい

 水中で育つ物は、陸の上でも育つから!



ど素人のあたしは
水草は全て水中で育てるものだと
思っていました


岩や流木に根付く種類の
アヌビアスナナ は
店に無かったので
あとでネットで買おう


ウィローモス と
サニーレタスみたいな配色の
テンプルプラント を

お買い上げ〜

これだけで 4400円




帰宅して、すぐに会員登録して

教えてもらった 

水上草 や アヌビアスナナ を注文





そして、いぶきエアストーン35センチ
極小泡タイプ と

投げ込み式のブクブクだったけれど
水槽内をフルに使いたいから

外付け式のエアポンプ
コトブキパワーボックス も注文


ランドのハロウィンに、行くのをヤメた分で
アクアリウム用品の大人買いじゃ!




数日後・・

届いたエアポンプのデカさにビックリ!!

車のバッテリー並みのサイズ 😦





20171006171451c6b.jpg





ホースの太さにもがく然・・

こんなのを買っちゃって大丈夫なのかな?


取説を読み
必死に組み立てる


よく出来ている商品でして

2つのホース
太さが違うから
間違える事はない

ねじれたりよれたり
しない長さに切って接続
 
ノズルにレバーが付いているから
水量を調節出来ます

ビニール袋に入っていた
フィルター類を箱の中に置いて重ねて

フタをしてロックする

フタが手動式のポンプになっており
押してパコパコすると

ホース内に水槽の水が入り

ここでコンセントのスイッチオンすると

循環が始まりました


ちゃんと動いたものの
水もれしないのか?

しばらく心配で見ていましたが
大丈夫でしたよ


500ミリリットルのお茶が
小さく見えますね



早速、流木に ウィローモス と
アヌビアスナナ を巻きつけてみる






今回の 遊び心の実験くん がコレ!





201710061714539a3.jpg





河原で落ちていた木の根っこを見た時に

逆さにして、根の所に
ウィローモスを絡めて
水中で木のようにしたら面白そう 


よく洗い、アク抜きをして

根の部分の補強として
ヒモをほどいて少々巻きつけ


ピンセットでウィローモスをはさむ

水草用の石の丸い重しがピッタリサイズ





201710061714546e1.jpg





定着するまで、台所用三角コーナーの
ゴミネット で数日保護





水槽内の配置も決まり


エビちゃん達をゆっくりていねいに
水慣らし

数えながら移動してみると

数匹のミナミヌマエビから
ひと夏で 60匹以上 に増えていた





20171006171455ce6.jpg





アクアリウム完成 🙌


百均の グレーのPPシート に
水色の色画用紙を貼り付けて
水槽の壁紙にしました

何となく深海ぽい色合いで
気に入っています


遊び心の 逆さ水中木 ですが

ウィローモスが
はがれて流れるかと思いきや・・

以外とからまって
定着していたのにビックリ



エビちゃん達も見晴らしがイイのか(?)
居心地良さそうね

いいアクセントになっとります




サイダーの泡よりも
細かくて美しいエアシャワー

遊び心の 水中木

流木と水草の森 

可愛いエビちゃんの姿

いつまでもウットリ見ていられるわ 🎵



魔法が使えるなら
小さくなって一緒に泳ぎたいなぁ





スポンサーサイト

ひと手間の小物たち




あたしの楽しい工作時間を
束ねておいた記事


お出かけに間が空きそうな時にでも
アップしようと思っていましたが・・


そんな 空き時間 もなく

数ヶ月 下書き状態 で
眠っておりました


やっと、日の目を見るのじゃ!





     〜    〜





去年も布を買ってきて
のれんを作ったのですが

またまた作りたいデザインが浮かんでしまい

作業に突入






流木のれん




材料

・ カーテンのハギレ 
  150×200センチ 390円

・ 百均のクリップ

・ 流木





201705081506021ba.jpg






布をタテに3つに切り

ハシを三つ折りにして
ミシンでジャーーッ



それらをヒモを付けたクリップで止めて

流木に吊るすだけ





2017050815060319e.jpg





こんな感じ





20170508150605fa7.jpg





わざと幅と丈を違くしました


のれんポールにも通せるように
上は輪にしてあります


うん ♥ 満足









洗剤の箱




あたし液体洗剤は、好きじゃなくて
粉のタイプを愛用しています

使用済みの箱

けっこう丈夫に出来ているから
可愛くデコレーションして
小物入れにすると
収納&オシャレなインテリアになりますよ


浜の番長が宣伝している
横浜名物のお菓子


この紙袋を広げて、箱のサイズに合わせて切り
ノリやボンドで貼り付け

後ろ側に穴を開けて
ヒモかワイヤーを通して
吊るせるようにします





20170508150607a5f.jpg





もう1つあるから
百均の水性ペンキで
塗ってみました





201705081506086ee.jpg





ずいぶん、雰囲気が変わるものですね

ちょっとビックリ




紙袋貼り付けバージョンは
古くなってきたハンドタオルを
4つに切り、たたんで入れておき

使い捨てウエス用 にしています

1つ取り出して、水に濡らしてしぼり
ササッと気になる所をふいて
ゴミ箱に ポーイ




クマのペイントバージョンは
お手洗いに置いて
エチケットボックスにしました




マーケットの 
ビニール袋をたたんで入れたり

洗濯ばさみ入れとか


あなたのアイデア次第!








帽子のアレンジ




かぶり心地が良かった
リーズナブルな帽子





20170508150634559.jpg





これで 黄色 だったら
ピカピカの1年生 みたいなデザイン


大人ですから、ちっとはオシャレに
オリジナルにしないとね



押入れタンスの引き出しに入っている
ハギレの中から選んで
ミシンで縫い付けて
ワンポイントで、ボタンを付けました


ついでなので、ヒモを通して


ヒモ止めは、カーゴパンツの
スソに付いてた物を再利用




 
20170508150636332.jpg






これで 園児帽子 には見えなくなったわ

日焼けに気をつけなくちゃ
いけない季節



お出かけ時に サッ と選んでかぶれるように

エアプランツを飾ってた流木を
帽子掛けにしちゃいました





201705081514154c1.jpg





オシャレな麦わら帽子の
お気に入りを見つけたら
ここに掛けたいな








お手洗いのタンク



洋式のタンクの上は
手が洗えるように水が流れますよね

その先に、短いビニールホースを
テープで巻いて固定

水はそのままタンクに戻る


金属色とビニールの色が、雰囲気を壊すので
包帯でグルグルに巻きつけて

その上に
以前使った残りの リースをほどいたツタ を
無造作にからめる



百均で売っていた 
桐のまな板2枚にニスを塗り
余っていた金属で固定して

植物を置いてみました





2017050815063705f.jpg





どーよ 💓

何気に可愛らしいわ


ちなみに、手を洗う水道は
お手洗いを出た所に、ちゃんとありますので




あっ  そうだ とひらめくと

体が動いちゃって
止まらなくなる人種だから  

寝る時間を削る事になるのよ〜 😝



お肌に悪いから
程々にするように

気をつけます 









珠栄(たまえい) トンボ玉作り体験




染め物などの 体験 を検索していたら

栃木県 足利市 の
ガラス工房にて トンボ玉作り体験 を
見つけてしまい

絶対にやってみたい!

親友のR子ちゃんに声をかけて
2人分の予約を入れました


指折り数えて ワクワクイヒヒ 😙



当日、お昼前に彼女と合流

あたしの車で 足利方面 へ



キャピキャピと
はしゃいで盛り上がる中


何を言うかと思いきや

「 今日は何を体験するの? 」

「 はぁ? ちゃんと言ったわよ!
  トンボ玉作りで参加費が
  3千円かかるけど行くって?
  確認したよね・・ 」

「 そうだっけ!?
  遊びのお師匠さんが
  行こうやろうと言うものは
  楽しいに決まっていて
  間違いないからいいのよ! 」


おいオイ・・ 😅

あまり過信せんでくれよ〜





まずはランチじゃ

アピタ裏手にある、行列の出来るそば屋

明治庵 へ



着くと人気がない

遅いお盆連休の張り紙が 😱


噂のそば屋へ、初来店するハズだった彼女 

ガッカリ顔・・


「 まぁ、仕方ない
  近いんだから、また連れてくるから! 」


一応、こんな事もあるかと
リサーチしておいて正解でした


第二候補の店を、ナビにピッピと



10分走り

レストラン ゆり へ


ここはあたしもお初の店



ウラ通りにある、昔の喫茶店風



中に入ると、なつかしい雰囲気

ファミレスが出来る前は
とこでもこんな感じでした



ランチメニューはなくて
昼も夜も同じメニューだそうです


それぞれ定食で注文




恋話に旅話に飯話
そして、植物話




来ましたよ





201708242256127fc.jpg





あたしが
ミニハンバーグ定食
( どこがミニじゃい? )





20170824225614711.jpg





彼女がチキンステーキ定食




付け合せのポテト

冷凍物ではなくて
ちゃんと生ポテトを揚げてあり

ニンジンも同じく
シナモン味に煮てありました

ブロッコリーも・・


サラダもトマトの皮が
キレイにむいてあったり

シャキシャキ


とことん素材や調理に
こだわっているのが
ビシバシ伝わってきた


デミグラスソースもさっぱり味で

大当たりのお店だ 💮



レジでお会計をしつつ
奥の調理人が気になるあたし達


どんな人が、こだわりの調理をしたのか?

見えないのよ・・


「 ご馳走さまでした! 美味しかったです 」


そう声をかけると
中から白髪の男性が顔を出して

「 ありがとうございました 」


見れた!!

大満足で店を後にしました





体験は15時からの予約なので

神社仏閣巡り


まずは 厳島神社 美人弁天 へ

町中の小さな公園位の敷地





20170824225615831.jpg





日曜日だと社務所が開いて

有料にて 美人証明書 がもらえるらしい 








そして、次

いつも下の道を通りながら
山の上を見上げてばかりいました

いつでも来れるからと
一度も登った事がなかった


おりひめ神社


駐車場に止めて

山道の階段を登る



振り返ると
町が見下ろせる





201708242256186ee.jpg





朱色が鮮やかでまぶしい



御朱印女子のR子ちゃん 
にっこりとゲット!






そして 鑁阿寺(ばんなじ) へ


日本100名城

足利氏宅跡として国の史跡に
指定されている


外周にお堀と石畳があって

カルガモ飛び出し注意 の看板





20170824225616021.jpg





境内には 国宝指定の本堂 もある





樹齢550年といわれる 

天然記念物の 大いちょう の木





201708242257149e9.jpg





高さ 30メートル
周囲 9メートル





20170824225715a4b.jpg





3ヶ国語の案内が流れる
彼女が日本語のボタンを ポチッ と押すと

「 ウワァーッ  」

音量がデカ過ぎて驚いた




さて、そろそろ行かないと

本日のメイン会場へ





通りからは見えない裏手の奥にあったのが

ガラス工房

スタジオファースト 珠栄(たまえい)





20170824225720ce5.jpg





中に入ると、1人の男性が出迎えてくれました

スリッパに履き替えて2階へ



作業用のテーブルとイスが並び

壁ぎわのショーケースには
美しい模様のトンボ玉が光っていました



作業台上の工具やバーナー
作業中も撮影禁止


終わって、出来上がった作品のみ
写していいそうです



最初に参加費 3千円(2個作成) を払い

簡単に作業上の注意点を聞きました



 バーナーを使うから
 座って作業が始まったら
 終わるまで席を立たない

 前かがみになると
 前髪やまゆが焦げる

 
「 2つ作れるから
  1つ目は、練習のつもりで 」


イヤイヤイヤ・・
張り切って、最初からガチでやるわよ



色とりどりのガラス棒が並ぶ棚から

本体の色と、模様の色2色を持って着席


環境にもやさしいガラス
鉛の入っていない物を使用



バーナーに火がつくと
顔に熱を感じる


バーナーの炎の先っちょで
右手に持ったガラス棒を温める


20秒程したら
炎の真ん中であぶり
 
くるくると回して
均等に熱を加え溶かす


左手に細い金属の棒を持ち
溶けた部分を回しながら
左の棒に巻きつける

ここだけは、先生が後ろから
手助けをして下さいました



後は自力作業



しばらく火の中でクルクル

形が整ってきたら


模様のガラス棒も炎であぶり

先が溶けてきたら

トンボ玉にくっつけて
ひいて切る


わざと伸ばしたり


水玉模様のように

テン テン にしたり



変に体に力が入ってしまい

思い通りに模様の長さや太さ
ガラスが伸びない

付かない

たれそうになる



あー! とか わー! とか

ひとりごと連発



右手と左手

片方を見てると、片方がおろそかになる



ワケがわからないまま
1回目が終了


先生が棒を回収して
冷却の箱の中へ




さっき見ていた
ショーケース内のトンボ玉の
見方が変わりました


こんなに難しい作業だとは・・


あんなに美しくて
均等に丸い形を作るって

大変な事だし
技術がいるし

奥が深い・・



さらにやる気にスイッチが入り


2回目用のガラス棒の色選び

さっきとは目つきが違っていた




おーし!

今度は 色重ね してやる〜

ガルルルル




さっきよりは冷静に

トンボ玉を回したり

色付け出来ました




2つ目、終了

冷やしている間に

先生の作品を見せてもらいました


んまぁ!

帯留め ペーパーウェイト
ネックレス タイピンセット など


古典的な模様から
シックな色柄

魔法使いが、水晶の中に
お花を咲かせたような
デザインのアクセサリー

( 魔法ではなくて技ザマス )

こういうデザインで
小指の爪サイズのトンボ玉を数個と
スワロスキーを形状記憶ワイヤーにつなげて
キラキラ可愛いブレスレット
欲しいなぁ〜


いつまでも見ていられます






プロフィールも貼ってあり

読むと・・



齋藤 肇 

2006年
アメリカへ渡り、バーナーワーク様式
ペーパーウェイトの技術を習得

数々の工芸展に入選や
部門賞を受賞

2008年
地元足利市に工房を開設 

数年前には、パリコレで
ルイビトンのバッグチャームの出品


先生の作った物が
ランウェイを歩いたんだ

すっ スゴイ😲


名字の 齋 の字
むずかしくて書けないや・・



「 先生の作品はどこに行けば見れますか? 」


「 海外の取り引きが多いから
  国内には出回っていない 」




あの・・

今回の トンボ玉作り体験 は

観光地に良くあるような
ちょっと ガラス細工技術 のある人が

何となく チョイとこんな感じ と
作らせてくれるようなイメージで
いたんですね


まさか、こんな
世界で活躍されている先生の
ガラス工房だなんで

全くの想定外でして

こんな チャラいノリ で
来てしまって良かったのかな?

そんな気持ちになりました




生徒さんの作品のアルバムを
見せてもらい

指差しながら


「 これステキね 」

「 キャ! 可愛い 」


パラパラとめくり

最後のページ



「 えっ?! 弁天屋 」


ニャンと つりぼり弁天屋 と
巨石群と川の写真が


「 先生! 弁天屋に行くんですか? 」


あまりの食い付きの良さに驚きながら


「 ここの川にキラキラした物が
  砂の中にあるの知ってますか?

  ウンモ という鉱物で
  焼き物に使うのです
 
  生徒さんに、ビニールに入っている
  ウンモを見せてもねぇ

  やはり現地で自然の状態を見ることも
  大切かと

  今度、みんなで名草に行ってみようと
  話しが出ています 

  神社の上に登って
  そこで ぼーっ としてるのが
  僕は好きなんです

  落ち着くというか・・ 」


先生は、名草の自然の良さを
理解しておる

素晴らしい 



去年の8月にふらっと巨石群を見に行って
気に入って足しげく通い
弁天屋にたま〜にいて
ちょっとしたお手伝いをして
楽しい時間を過ごしている事を
伝えました

先日、2人でバーベキューしたしね!




去年と今年
8月の名草つながりの
不思議なご縁を感じました





出来上がったトンボ玉

そのまま持ち帰ってもいいし

別料金で
チョーカー・ブレスレット
チュラビーズなどをチョイス

ヒモに通してアクセサリーに
仕上げてもらえます





201708242257178fa.jpg





小さなチュラビーズ
どの色が合うのか、色合わせ



出来ました!





20170824225718372.jpg





タテの右半分がR子作
上が1回目
下が2回目


左半分足袋子作
下が1回目
上が2回目







ジョイフル2 新田店 にて
月に2回

トンボ玉教室 が行われているそうですが

行きたいけれど、土曜日はムリだ〜




気さくな齋藤先生

工房での貴重な体験でした 🙏








桐生川源流林 鳥肌の森林浴



 
近くで森林浴が出来る
良い場所はないものかと調べていたら

見っけました



しか〜も!

・ 森林浴の森 100選
・ 水源の森 100選

にも選ばれていると


こりゃあ行かなくちゃ



身も心も 緑色に染まりたい 

そんな思いで出かけました




栃木県 佐野市 を抜けて

田沼町から山道へ



林道ですから

もし途中で、土砂崩れなどがあって
進めずにUターンする事も
想定内に入っています

ガッカリしない為に


細い道、対向車が来ない方が良い

ゆえに、早起きしたのよ


66号線をひたすら進む


いよいよ道幅は狭くなり
クネっている上に、葉っぱが生い茂る

小さく短くクラクションを鳴らす


老越路峠


途中、おサルの群れがいました




20170730222306b6e.jpg





下りつつ、道が広くなってきて

梅田湖に到着


橋の手前に車を止めて
橋の上から パチリ




20170730222307f3c.jpg





橋を渡って右折

さらに上に進むと


群馬県 桐生市

梅田ふるさとセンター に着いた!


登山靴に履き替えて、あたりを見回すと

歩行者専用の遊歩道みたいな物はナシ

今来た道沿いを歩いて上の方へ


道路の横に 桐生川 が流れて
とても雰囲気がいい




201707302223101f0.jpg





小さな茶畑が左手に見えて


民家が点在している



こんな山奥に住んでいて

どんなお仕事をされているのだろう?

お台所には、大きな冷蔵庫があるのかな?


そんな事を考えた




道路はあたし1人

車なんて通りゃあせん




20170730222309615.jpg





川のせせらぎと
セミと、うぐいすの鳴き声
それしか聞こえない






右手に看板が見えてきた

千代の滝、千代が渕

ゴツゴツした大きな石の間を
水が流れて、小さな滝になっていた


滝よりも気になる物が・・

数台停められる駐車場に
1台の車があって

男性が運転席にいるようでした

こんな早朝に、車内で何していたんだろう?

釣りをするでもなく
写真を撮るわけでもなく

変な人・・


関わらない方がいいみたいだから

数枚写して、その場を離れました



上に歩く



少し行くと、小さな赤い鳥居があった




20170730222312ec0.jpg





ふーん、もしかしてこれが 河童神社 かな?



道が細くなってきて

民家もなくなってきました



後から車の音が・・


はじにより、振り向くと

さっきの車が
こちらを見ながら

ゆっくりと追い抜き、走って行った



何か・・ イヤな予感がした 

立ち止まり  

進むのをヤメてUターン






しばらく、テクテク歩いていると
 
車のエンジン音



道のスミによっていたら

さっきの車が、道の向こう側に止まった



コワイ! 😨

瞬時に身の危険を感じ


ものすごい早歩きで
サカサカすたすたと

ハクセキレイの早歩きのごとく

梅田ふるさとセンター へとダッシュ 



もし、さらに追跡されたら

その辺の民家に飛び込もう




必死に登山靴で小走り

恐ろしくて後ろを見れない




センターの建物が見えると

裏手に車が数台止めてあり

従業員が、開店準備をしていました




ホッとして、ペットボトルのお茶をゴクリ


時計は8時を周り

工事関係者や通勤の車が通るようになり


人の気配が嬉しかった



ふるさとセンターは、9時オープンなので

今度は下の方を散歩してみよう



せせらぎと、カエルとキリギリスの鳴き声




20170730222407bfc.jpg





和紙工房があるようです




野外活動センター の看板の横に

親水公園 があり

石の階段を降りると
川辺に降りれました




20170730222408593.jpg





釣りをする人が多いようで

テグスが散らばっていた





201707302224119e5.jpg





川辺の石の上に座って

さわやかな川風に吹かれていると

白い鳥が1羽、川面を飛んでいた


カラス位の大きさで
真っ白でオウムとクジャクのハーフみたいな
見た事がない美しい鳥でした

頭に冠をかぶったような
気品がありました


野鳥?

それともペットが逃げて野生化したのかな?




20170730222411f8d.jpg





ふるさとセンターの中へ


野菜類は少しだけ

あとは、日持ちのする商品や
民芸品が多かった


店の人に、周辺の地図かパンフレットを
もらおうとしたら

品切れ
残念 😅





小腹が空いたので

あずきモナカアイスをかじる





何かスッキリしない

キレイな風景よりも

コワイ思いをした事の方が
強く残っていて・・


こんな気持ちのまま
家に帰りたくなかったので


峠道を抜けて

30分ほど走ると
 
つりぼり弁天屋 へ到着




ピピちゃんや、オーナーの顔を見て
ひと安心

今朝の出来事を聞いてもらいました




2017073022241266e.jpg




山の斜面に キツネノカミソリ が
咲き始めましたよ



夕方まで、いつものように
色んなお手伝いをして

楽しく笑って過ごして



夕方、帰宅して
お風呂に入って


寝る前に、早朝の映像が
頭の中でグルグル周っていて

精神的な衝撃が大きかったんだなぁ・・
 

事件にはならなかったけれど
一応、桐生警察に連絡した方が
いいのかなって思い

電話番号を調べて
かけてみました


警察の方に
一部始終を語り

車の特徴を伝えてから

「 お話を聞いて頂けて
  ありがとうございました
  胸につかえていた物がとれて
  これで、眠れそうです 」

お礼を言って、電話を切りました





弁天屋のオーナーに

「 1人でどこでも行っちゃう人なんだから
  あまり人気のない所は危ないんだよ!
  実際、1人山歩きの女性が
  事件だが事故だが分からないけど
  行方不明になってる事もあるし

  後からスタンガンで撃たれて
  シビレて動けない間に
  首しめられて、金とられて
  土の中に埋められちまうぞ! 」


そう言われて

何も答えられず


今日ばかりは、この言葉が胸に染みました


そうだよね・・

なかなか友人らと休みの日が合わないから
どうしても1人お出かけが
多くなりがちですが


今度から、そこそこに
人の往来がある場所や時間を選ぶ事にします 





  



水草 リシア




水草・リシア

自然界では、水面に浮遊して
生息しているが

水中で気泡を付けた時の美しさから
アクアリウムなどで
ムリヤリ沈められている植物 🌱


根を持たないので
液肥などの投入が効果的で
光量が不足すると
鮮やかな緑色が失われるらしい





2017051908472290b.jpg





近所のペットショップでは
入手出来なかったので

通販で購入 1パック700円





わが家のアイドル
ミナミヌマエビ と
相性が良いんだとサァ〜


せっかくだから
どのタイプがどんな成長をするのか?

遊び心で実験くん開始





20170519120335775.jpg





四角いのは、リシア専用の容器
アミの中にリシアを広げて
オモリになっている底を パチン とはめるだけ


丸いのは モスドーム型
本来は ウィローモス を広げて
育成させる物

目を細かくする為に
黒い木綿糸でリシアが
浮き上がらないように補強しました


そして、流木に糸で巻きつけた物


計3パターン







しばらくすると

流木にエビちゃんらが集まり
混み合いました

ベランダの発泡スチロール箱に
放置して浸けてあった
アク抜き流木

微生物が付いていたのかしら?


すずなりのエビ達は
運動会のよう!

誰がたくさん ツムツム 出来るのか?

ツムツム合戦が止まらないのでした

( この時、見とれていて写真写し忘れた )


小型の 赤ミナミヌマエビ は
四角い容器のアミ目から
中に入ってしまい

通過し出てきた 😅








脱皮後の抜けがら

実にリアルだなって見ていたら


フワッとエビがやって来て
かじりついた!





201705191203379a9.jpg





初めて見る光景でした 😲








毎日、何度も水槽を見つめて
卵を抱えているママエビを
観察していました


あれ?

卵が半分なくなっているぞ・・


生まれているみたい



赤ちゃんエビを、肉眼で見てやろうと
水槽にへばりつく時間が増えました


数日後・・


見っけた!!





201705190847252f2.jpg





1センチもない
色がついてない透明な体の
チビちゃんがいました



他にも何匹かいるようですが

みんな葉っぱの影に隠れているから
見れません



小さな ツムツム が、カワイイ

少しすると ヨタヨタ と
ぎこちないけど、健気に泳ぐ




もう1匹
卵を抱えているエビがいるので

水槽から目が離せません 










めだか園たむら と 部屋の衣替え





多忙だったGW

ヒィヒィ言いながらも
健康を害する事なく乗り越えたぞ 👍





久々のお休みの日

すっかり陽気も良くなり
汗ばむ季節になってきたし

あんな事やこんな事を
まとめてやっちまえ〜 😄





冬の間、めだかとミナミヌマエビを
同じ水槽に入れておきましたが

春めいて来た頃に、別々に

めだかは、稚魚を食べてしまうので
エビの子を守る為に

めだかの子用の、睡蓮鉢も準備OK





201705081800521f3.jpg





1匹だけ ママになるエビ がいますよ





1番欲しかったのが
今いる ミナミヌマエビ よりも
赤くてひと回り小さい

アカミナミヌマエビ


これを買いに行きます








お寝坊して起きてから、お出かけ 



栃木市 栃木市 つがの里 近くにある

めだか園 たむら へ


田畑の中を迷路のように進んだ先にあり

近くに来ると めだか のハタが目印





20170508175837918.jpg





めだかがメインのお店

色んな種類が
黒いケースの中で泳いでいる

数ミリの 赤ちゃんめだか もいて
んま〜! かわゆい





20170508175839453.jpg





以前から気になっている
ツノガエル もいました





2017050817584086f.jpg





ぷっくり加減が、巾着か水風船みたい


店の人に

「 このカエルは、これ以上大きくなりますか? 」

「 はい! まだ成長しますよ 」


見かけによらずデリケートなようで
水換えは、まめにしてあげて
暑くても寒くてもダメらしい

ぐぁ〜 😓

夏は温室のようになるわが家では
飼えない子なんだ・・





ゴーストザリガニ や 金魚 も販売していました





アカミナミヌマエビ の飼い方について
聞いてみると


 水を替えすぎると、逆に死んでしまうから 
 取替えない方がいい

 コケが生えている位が
 エビにとって住み心地が良い

 エビとめだかを一緒に入れていても
 稚魚は育ちますよ
 水草がたくさんあって
 身を隠せる場所があれば大丈夫

 ほら! この水槽
 両方入っているけれど
 どんどん子供が育っていますよ

 流木のウィローモス
 エビがいた方が育つ




えーっ・・

ネットで調べた情報を元に
水槽の水を少しづつ入れ替えていたし
別居させたし

どっちが本当なのか?

水槽の環境で
どっちも本当なのでしょうね



写真撮影とブログで紹介の了解をもらって
映させて頂きました



8匹で1000円 と書いてありましたが

サービスで 10匹 に!



ホームセンターのペットショップなどでは
アミでザクッとすくって
ビニール袋に真っ逆さまに落とし入れる

命ある生き物なのに
物のように雑に扱われ
イヤな気持ちになる時がありますが

こういう個人のお店だと
繁殖させて販売しているから 
扱いがていねいでやさしく
オスメスをキチンと見て、選んでくれるのも
うれしいですね




エビが酸欠にならないように
寄り道しないで帰宅






バケツの中に入れて

時間をかけて水槽の水を少し入れる
水ならし





20170508175841a47.jpg





赤色が濃い子や、茶色っぽい子
色素が色々も個性ね



それをしながら

植木の植え替えをして

コタツを閉まって

扇風機を出して

ガラス窓やサッシを拭いてから
夏用のカーテンを付けました




窓辺は暑くなり
水槽の温度が高くなりそうだから


日の当たらない壁際に移動





20170508175842a03.jpg





夕方、60センチの水槽に
ニューフェイスを入れてみると・・


早速、流木や水草の上

小っちゃい体で
ツムツム ツマツマ

愛らしい仕草をしていました



赤エビは、お掃除用のスポイトに
スッポリ入ってしまうサイズだから

よく見ながらやらないとね





仕事から帰り
この子達を見つめていると

疲れた心を癒してくれそうよ 😆






お部屋のイメージがかわり

快適で 開放的な

室内裸族の季節到来ざます


ヤッホー 💃










コウモリ返し





陽気が良くなってくると
部屋の中が蒸し風呂状態にならないように

留守中でも
西側のお手洗いや風呂場の小窓
東側のベランダのサッシ上の
小窓を開けておきます


帰宅すればサッシは開けて網戸に


 

お手洗いの小窓のワクは木なので
蚊とか入らないように
お手製で木枠を作り
そこに張り替え用の網戸のアミを買ってきて
合うようにカットし、固定してあります



問題は、お風呂の小窓

ワクが金属なのね 




20170503121850868.jpg




去年、コウモリ乱入事件が発生 ❕

コウモリにとっては、秘密の入り口


夜中に室内で捕獲し
外に逃がす事に・・

コウモリは好きだから
ベランダを寝ぐらにするのは
好きにして状態なのですが

室内飛来は、カンベンしておくれ〜


んな理由で
悪知恵は良く思いつく脳ミソで
真面目に知恵をしぼり

何とかコウモリや蚊やコックローチの
侵入をはね返すべく

網戸的な物作りにチャレンジなのだ!!




2017050312185275b.jpg




百均で購入した材料

物置にあった板切れとアミが材料





ナンチャッテ設計図を書いて

ノコギリで切る



  ー  ギコ ギコ  ー




201705031218537e0.jpg




ワクが出来た!


内側にアミを張り

薄板で押さえ付けるようにクギを打ちます




20170503121854fdf.jpg




ちっとくらい、曲がったりズレていても
ド素人の日曜大工ですから
個性と愛きょうなのだ



はめ込み式の網戸 

コウモリ返しの完成じゃーい 👍




20170503121856e0c.jpg




手前に引くノズルが強風でバタバタして
アミに当たり破けないように
少し フワッ とさせました



これで乱入事件はなくなり
静かな夜が約束されました


めでたし メデタシ


コウモリ君、ベランダでお会いしましょうね






ゆらゆら流木 着々と増殖成長中





わが家の白メダカや、ミナミヌマエビは
無事に冬を越しました


エビちゃん達の土や水草を 
ツマツマ・ツムツム する
可愛い仕草や素早い泳ぎなどは、愛きょうがあり
見る度にあたしの心を
癒やしてくれています





201704122114227d2.jpg





仕事から帰ると、真っ先に
水槽の照明を付けて

エビちゃんを探して
元気な姿を見て安心し

それから、メダカがいる睡蓮鉢を見るのが
日課となっています


飼い始めた頃、あたしの勉強不足から
失敗もあったりして

金魚やメダカを育てるよりも
エビの飼育は難しい事を、思い知らされたから・・


水槽の水も落ち着き、馴染んだようです 😄


水槽の右側だけは
ガラス内の掃除を控えて、わざと藻を生やし
うっすら緑色にしてあります




見慣れない白いエビがいるぞ!
何だ? って見ていたら

脱皮した抜けガラでした 😅


何度か脱皮もしており

カラはエビ達が食べるから
そのままにしておいた方がイイ
みたいな記事を読みましたが

うちのエビちゃんらは、かじる事もせず
放置されていて

時と共にバラけて散らかったので
スポイトで吸い上げ、お掃除いたしました





伸びた水草を切っては
小さい穴の空いたペットボトルに貯めて
水槽の中に沈めておきました

ある程度、量が確保出来たので
本気でマキマキしてみたよ


細切れにしたウィローモスを
アク抜きスミの流木に
ピンセットで薄く広げて

木綿糸でグルグルに巻きつけて

水槽の中に入れて1ヶ月半





20170412211420922.jpg





これから糸を解きます



ゆっくり

ていねいに

糸を引っ掛けて、水草がはがれないように




ドキドキしながら
水槽にいれてみると





201704122114234fa.jpg





大丈夫! 定着したようで
はがれませんでした ✌


次に チョキチョキした水草 が
ガッツリ溜まったら

1番大きな流木に
巻いてみたいと思います







流木にウィローモスを合体




今日は、本格的に ゆらゆら流木 を作ります

チョキチョキし ✂ 貯蓄しておいた
ウィローモス

ペットボトルに小さな穴を開け
水槽のスミに吊るした物に
入れてありました


中で育ち伸びたのもあるので
さらに小間切れにします





20170212185722ea1.jpg





水で湿らせて
ピンセットで薄く広げて貼り付ける





くぼみの所をどうするか?
それが問題でした


色々作戦を考えて
牛乳パックを切り
凹んでいる部分に当て押さえて
固定してみる事に





20170212185724502.jpg





木綿糸でグルグル巻きに








ロカボーイ コンパクトサイズ の
ブクブクですが、ちっちゃい割に
水面の水はねが激しいので
ペットボトルを逆さにして
その中に メダカのろ材 を入れて
水はね防止を作りました





20170212185725048.jpg





少し前ですが
窓辺の日当たりの良い所に
60センチの水槽を置いていたら

ウィローモスも育ちましたが
アオコが発生して
水の透明度が悪くなり

アオコ除去剤を買ってきて
液体を中に入れたら 

フィルターが吸収してくれて
水は透明になりました 


冬でも、ガラス越しの日光は
ダメなんだと学び
壁の方に移動しました







小さい水槽の中に入れて 
ウィローモスが育つのを
見守りたいと思います


成長させる為に
あえて日当たりの良い所に置きます



ありゃ・・
この流木は、アク抜きしてないヤツか?

水槽の中に入れたら
プカプカ浮いちまう


まぁ、いいや



スキンダイビング用の重りに結いて
沈めてしまえ〜 





201702121857273bc.jpg





生き物がいない水槽だから
アク抜きと水草の定着と育成
3つ同時進行の実験くんじゃ 😅


ムチャぶりもはなはだしい

勘違いからの方向転換






1ヶ月後
糸を外すのが楽しみだわ







アク抜き流木




以前、ウィローモスを小間切れにして
お試しの練習で、石と小さな流木に糸で
ぐるぐる巻きにしたヤツ

石は表面がツルツルしていたせいか
ウィローモスは定着する事なく
はがれてしまいました

しかし、流木の方は
しっかりと着いた!





20170206214313e5e.jpg





奥のV時形の流木の物から
伸びた所をチョキチョキ床屋さんして
手前のふたつに

うんうん😄 よろしい♪








まだまだ、勉強が足りない事がありました・・

ホームセンターで買ってきた水草

軽く洗って、金属の重しを外して
石の輪の重しに入れ替えて
水槽の中に入れて

緑が目にやさしく、水槽内が華やかになり
ニンマリと満足して寝ました


翌朝、水槽を見ると
小さめの ミナミヌマエビ が
ひっくり返っていた 

原因は何?

変わった事といったら
水草を入れた件しか考えられない


すぐにググってみたら
 
ホームセンターなどで安く売られている水草は
輸入物で農薬残量が高く
エビやザリガニなどの甲殻類には
危険だと・・


あわてて水草を撤去

大きいミナミヌマエビと
メダカには影響ありませんでした



国産の水草かどうかは
表示してない店も多かったので
ネットで 国産のカボンバ を購入

数日後、普通郵便で茶封筒が届き
開けてみると、ビニール袋の中に
濡れた新聞紙に包まれ
10本ありました

枝が長いし、フサフサしてて
濃い緑色の美しい物でした










拾ってきた流木

アク抜きをする事、1ヶ月

入れ物に水を張り
浮かないように落としフタをして
重しを乗せて

水を取り替えたり
時には、沸騰しているお湯を入れたり
繰り返しました





2017020621431477c.jpg





大きくて枝ぶりのいいのを
水槽に入れてみましょう
 



1度水の中の物をどかして
お掃除スポイトで
ソイルの上をきれいにしてから

流木や水草を置きました



エビ達は、ブクブクの後ろに避難して
この日はジッと動きませんでした



翌朝、見ると
 
まぁ!
 
木に止まっているセミのように
みんな流木の上にいました





201702062143159ad.jpg





なぜか、ウィローモスの
ゆらゆら流木には止まらず

ただの流木にだけ集まっている



木にしがみつき

止まり心地が良いのでしょうか?
つかまりながら

ツムツム・・ ツマツマしてる





20170206214317afd.jpg



  

ハエが手足をこするように
後ろ足で背中を カキカキ もしています


たくさんある足で 犬かき のように 
(エビかき?)
ヒューンと素早く泳いで
上昇したかと思うと

落下傘部隊のように
フワッ〜とソイルの上に着地したり



本当にエビちゃんの動きを観察していると
可愛らしいし、飽きない





20170206221125a53.jpg





エビ座りして
落ち着いちゃっている子もいます

何か笑える 😀



お風呂上がり、寝る前に
ちょっと見ているつもりが

あっという間に1時間経過していて

「 寝なくちゃ! 」 と

あわててベッドに入る時もあります





 


現在の60センチ水槽



 

20170206214318401.jpg





ジャングルみたいになっている
小さなあたしの水族館


今度、赤いミナミヌマエビを
入れたいなと思っています







プロフィール

足袋子(たびこ)

Author:足袋子(たびこ)
北関東在住 
趣味は外出! 水族館・動植物園・遊園地・プラネタリウム・お祭り・花火・ドライブ・買物・工場見学  
何気に、高い所・爬虫類・冷凍菓子に抹茶好き 
乗り物の中にいれば
ゴキゲンです🎵
本題に入る前の雑談として ―気奥のかけら― 始めました 心の奥にある思い出、気になった事をリアルに語ります  
年令という年輪を重ねても、好奇心は加速するばかり・・ 
これからも ▶仕事キッチリ遊びバッチリ◀ で、エンジョイ人生 🐾

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

かっちゃんの雑記ブログ

バイク少々……されど乗る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
679位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
260位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome! 足袋子共和国の  入国ゲートへ
リアルガチ!のバラエティーブログにいらっしゃいまっし〜
秋も冬も人恋しくなる事なく 気ままにさすらう足袋子にワンポチ🐶を

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR