-->

お主も悪よのぅ





コマーシャルで

 “ 美味しいものは脂肪と糖で出来ている ”

というフレーズがありますが・・

その通りでございます


皮肉な事に好きなものこそ
体質的に食べちゃイケないものだったり
する場合も多々ございます


世の中、ヤッテはイケないことや
ひと目を盗んでコッソリすることが
メチャ楽しかったりするものです 



例えば・・





コップに入ってる牛乳に
ストローさして
ブクブク .。o○ やったり



マヨネーズ容器の底に少しだけある・・
星形のチューブ先を口にくわえて
チューチュー吸って ニンマリ したり



カステラの紙についてる茶色い所を
指でナスって集めた ひと口 が
たまらなく美味かったり



ショートケーキに巻かれているセロハン
内側についている生クリームを
ペロッとなめたり
 


お弁当箱のフタに付いたご飯粒が
1番うれしかったり



親戚の家に遊びに行った時
大人連中が外出時に、その家の子供と一緒に
こっそり引き出しを開けて・・
口紅をひいて、お互いの顔を見て
フフフ と笑う

ティッシュをはさんで
唇の内側についた余分な口紅を落とし
ティッシュの赤い唇のあとを見て
大人になったような気分になったり

口だけ赤い自分の顔を鏡に映して
しげしげと見るのもつかの間

いつ帰ってくるか、わからないから
あわてて拭いてバレないように
ティッシュをゴミ箱の奥に突っ込みました




丸い形に導火線が出ている花火で
火を付けると ピンク とか 緑色 の
煙がモクモク出る エンマク と呼んでいた物

真っ昼間に坂の上、点火して
「 エイッ 」と足で突っつく
コロコロと坂を転がりながら
火花と煙を吐き続ける

コロコロとモクモクで、どこに転がるのかは
予測不可能で キーキー と
盛り上がりました

下で待ち受ける子がいて
足で踏んづけてキャッチ

しばらくして冷めてから手で持ち
バケツの水の中に ポチャン 入れます

この花火は夜やらずに、隠しておき
昼に遊ぶのが面白いのです




農家のいとこの家の広〜い庭で
( 学校の25メートルプールが
  3個入る位の面積 ) 
たき火の中に、竹を入れて
危ないから遠巻きに観察してて
節の中の空気が膨張して
突然 バーン と爆発するのを面白がったり

これを夜やると、爆発した火の粉が
花火のようで美しかったり

当時、田舎では燃えそうなゴミは
全て たき火の中 に放り込んで
灰にしてました

特別な事ではなく、どこの家でもやっていた
日常の1部だったのです 



押しボタン式の信号機
渡らないのに押して、走って逃げる 

ピンポンダッシュと同じです



お花好きらしいオシャレな民家

道に面した花壇に 赤いサルビア が
たくさん咲いていました

サルビアは、花びらが スポイト状 になっており
1番上の スポイト を摘んで
口の中にふくみ チュッ と吸うと
わずかに花の蜜が入ってて 甘〜い 🎵

手が止まらなくなり
摘んで チュッ ポイ  摘んで チュッ ポイ

夢中で繰り返し、花壇の最後の方に来た時に
ふと我に返って見回すと

摘んだ花びらが、地面に散乱してました・・

「 ヤバイ  」

ダッシュで姿を暗ました



白い犬にマジックで ゴルゴ のような
眉毛書いて、息が出来ないくらい
笑い転げたり



オニヤンマの胴体に、やさしく糸で結き
ブンブン飛ばして遊んだり



バケツで水をくんできて
アリの巣に流してみたり



アリの巣にドロダンゴでフタをして
どんな風に元に戻すのか観察したり





例えばってさぁ・・

全て自分が、ガキの頃にやっていた事じゃないのさ

もう時効ザマスよ



あ〜 😱
どんな事があったのか、思い出していたら

お子様あるある のようになってしもうた


あっ、カステラとお弁当箱のフタだけは
現役かも



やっぱり、年輪を重ねても
中身や性格や本質的な事など
やることなすことは、変わらないようです

年相応のオテンバにしとかないと
痛い目に合うわ・・

歩きすぎて、足首ねんざして
「 こんなハズではなかった!
  こんなヤワな体じゃなかったのに〜 」 と
悔しくて地団駄踏んだら・・

その衝撃が原因で、骨粗鬆症からの
足首複雑骨折 😭 なんて
マンガみたいな事にならないように 

はいっ 🙋 気をつけます 






悪ガキ  あるある

みなさんも、いくつかの項目で
「 あ〜っ! 」 と共感できたものが
ありましたか?


えっ?! ナイですか? 😅


んな事ないでしょ・・


ひとつぐらいは、ありますですよねぇ・・


頼むよ 

「 ある! 」って、言って〜な〜 🙏



女の子らしい 
人形遊びが大キライで
男の子らと、外を飛び回っておりました

戸籍と体は、一応 女 となっておるが
中身は、いかがなものか?

本人もよくわかりゃあせん
しゃあないなぁ・・


世間では 女っぽい男 を オネエっぽい と言う

では・・

あたしのような女は オニイっぽい になるのか?
鬼じゃあナイですよ

世間では、あまり使わないですよね


まぁ、いいか




こんな 得体の知れない足袋子 ですが
これからも、よろしゅうにお頼申し上げまする〜 






スポンサーサイト

フライパン?




     フライパン?




今までフライパンは、2千円位の
テフロン加工のを使用していました

しかし、使っていてテフロン効果がなくなってくると
餃子はへばり付き、台無しになると
また、買い換えていました 

高いものを買って、上手に使いこなせなくて
サビさせたりして ガッカリ するのではないかと
なかなか踏み出せませんでした

旅行や遊びに関しては
お金に糸目をつけないのですが・・


1生物の製品はないものかと調べ
勇気を出して、通販で購入いたしました


新潟県燕市、アサヒさんの商品
銅製のフライパンです



清水の舞台から飛び降りる 

そんな思いでしたので
取り扱い説明書を、何度も真剣に読みました

・ 初めて使う前に、加工時の油分を取るために
  洗剤で洗い、野菜クズを入れたお湯を煮立てる

・ 調理後は、そのまま入れて保存はダメ
  他の容器に移し替える

・ 銅製の調理器具を使うと、体に必要な
  鉄分を自然に取ることが出来る
  ( 鉄鍋と同じ効果 )

・ 銅製品は、熱の伝統率が優れていて
  熱の対流が循環するので
  芯まで柔らかくなる


ほう! お料理が ウキウキ 楽しくなりそう 🎵

想像していた程、手入れが面倒くさくなくて
ホッとしました


しかし、以外な落とし穴?が・・

天ぷら 煮物 はOK

ストーブ上での調理 と
炒めものには使用しないで下さい

えっ!?

形からしてフライパンとして購入したのですが
炒めちゃ・・ ダメですか?

まぁ、炒めものは他の器具でやりましょう
( う〜っ! わかっていたら
  もちっと深い鍋タイプを
  購入していたのに・・ 😅 )


遊び心でお湯を沸かして紅茶を入れました
したらね! 美味しいのよ〜

水の角がないと言うか 
なめらかで、柔らかいの 😌


どうして?

科学的根拠は、あるのかしら?

調べたら、銅には 銀イオン作用 という
水に混ざるだけで
驚異的な殺菌効果を発揮するそうで
微生物の発生を防ぎ
あの Oー157 に対しても
極めて高い抗菌効果が認められたそうです

お水が清らかになっていたのね


あぁ、喫茶店などで 赤茶けたポットで
お湯を沸かし珈琲を入れていたのは
より美味しくお出しする為で
オシャレや雰囲気作りではなかったのね


このフライパンは いい子 なんだわと
すっかり ヤカン としての
活躍が多くなりました 😜


時間があると、1度沸かした水で
お米を炊いたり
お味噌汁などに使用しています


何でも購入して、使ってみないと
わからない事ってありますよね


今更になって 
もっと早くから買えば良かった なんて
しみじみと思うのでした



実験くんの好きな足袋子です

少年のような心を持っていると
思って下さい ( はぁ? )


“ 炒めものはダメ ”
試しに、茹でたパスタを炒めてみました




20160122192409875.jpg




は〜い! 所々フライパンにひっつく 😥


時には キャンプ飯 のように
このままテーブルに置いて
食べるのも ワイルド でいいかも

ちなみに、持つ所は25センチあり
熱くなるからタオルで包みます



ん〜、まだ納得できない

形はフライパンなんだからさぁ
野菜炒めなら大丈夫なんじゃない?




20160129112143f38.jpg




こりないアタシでしたが・・
フライパンの底が抵抗するかのように
焦げ目が チラホラ

「 ダメだって 😬 言ってるでしょ!! 」

フライパンに 注意・警告 された心境でした

申し訳ありません
今後、炒めものはいたしません 

取説に書いてあった言葉は真実でした






後日、シチュー
フムフム いい感じでございます




20160125092823178.jpg




水が優しいのと、具材が芯からホクホク
柔らかく出来ました

もちろん、撮影後に別鍋に移しました





そうそう、ひとつ思い出した話しがあります

畑を所有している友人がいて
「 使ってもいいよ 」 といわれて
以前、さつまいもを植えさせてもらっていました

極楽畑 でして、彼女の兄貴が農家の人で
機械で畑を掘り起こしといてくれたので
 
クワを借りて、植える所を山にした後に
苗を植えるだけ

後は、収穫の時期に来て
お芋掘りを楽しみ
( 掘るのをやりたいだけ )

ひとりでは食べ切れないので
友達や職場の人々に
さつまいもを無理矢理、配布していました



せっかくだから、紫芋の苗も植えた年があり
収穫した芋で シチュー を作りました

白いルーで作ったのですが
色が溶けて うす紫色・・

見た目が不気味 😰
 
魔女のシチュー と命名しました

目をつぶって食べれば
普通のシチューのお味なのですよ

紫芋を配った友達に
「 面白いから 魔女のシチュー 作ってみぃ! 」 と
熱心にすすめるのでした



後日、教えを守った友人から
「 本当に 魔女のシチュー の名前にふさわしいね 」
メールが届きました


みなさんも 魔女のシチュー 作ってみてや〜
出された時の家族の反応が面白い
ドッキリ料理かも 😸





さらに後日、ホットケーキの粉があったので
重曹を入れて焼いてみました




2016012909160727e.jpg





バターを入れて弱火にして
いい感じにポツポツ空気穴が見えてます



ひっつく事なく、ひっくり返し
形はそのままにお皿へ




2016012909160849d.jpg





想像した程、膨らんでな〜い 😰

バランス良くお野菜を添えて 
ハチミツをかけて パクリ

うーん・・
やっぱりホットケーキやパンケーキ
お店で食べた方がウマイやね

まぁ、焼き物はOKなり





以上、初めての 銅製フライパンレポート でした








船生かぶき村 特別公演




   船生かぶき村 特別公演
                    



先日、川治温泉に行った時に
土産店に置いてあった
割引券やチラシ類

その中で目が止まった1枚

それがコレ



20151024202548e30.jpg



船生と書いて ふにゅう と読むそうです
私、読み方がわかりませんでした

以前はこのようなお芝居の一座が
けっこうありまして、全国を旅しての巡業

また、浅草などにも芝居小屋があって
時々見ていました


時代の流れで、芝居小屋も無くなりました


現在、有名なのは 梅沢富美男さんや
( 2回公演を見た事があります )
早乙女太一さん が活躍されています


人情味のあるお芝居と
きらびやかな着物をまとい
曲に合わせて舞う舞踊

魅力的で大好きです


このチラシを見て 栃木県 塩谷郡塩谷町 に
固定での芝居茶屋があるのを、初めて知りました

21周年記念として、隣町の矢板文化会館で
特別公演をするようです

日時を見ると、偶然私の休日と重なっていました

「 あっ! 😃 見に行ける 」

ニンマリとほくそ笑み、チラシを持ち帰り
電話でチケットの問い合わせと手配


そんな偶然と、グッドタイミングで
今日のお出かけになりました



久々・・ 久々ひさヒサのお芝居!!

ワクワクしながら下道で、北へとドライブ 


早めに出発


宇都宮あたりで渋滞にハマってもいいように

途中で、寄り道してもいいように




まだ街道沿いは紅葉してなくて
柿の木は鈴なりの実がついており
色つや良くて美味そうじゃ



目的地に近づいた時、反対車線に
りんご園発見! 

「 あ〜! リンゴ買う〜 」

Uターンして入ったのが スズキりんご園


車から降りると、お母さんがいました

あいさつすると
すぐにリンゴの皮を向いて、試食用にくれました

食べてみると、みずみずしくて美味しい
別の品種もむき始めていて
「 コレも食べなさい 」 とくれました

両手にリンゴ

ノドがかわいていたから、パクパクとたいらげる

そして、もう1切れ差し出しながら

「 コレはね、水分が多いから年寄りに人気があるのよ 」

思わず笑っちゃいました


年寄り好みのリンゴ なんて言葉
初めて聞いたから・・

3つの種類を味見いたしました



「 お母さん、ショートカットに
  ピンク色のメッシュがオシャレですね!
  どうやってソコだけピンクなのですか? 」

メッシュも、ソコだけ染めるか
色んなタイプの装着種類があります

「 あっ、コレね・・ 美容院で付けたのよ! 」

髪をかきあげて、エクステの
接着部分を見せてくれました

「 わぁ! いいなぁ・・ 
  あたしも付けてみようかな 」



テーブルの上にあるビニール袋入りは
どれでも1つ1000円



201510242023216a8.jpg



同じ種類だけが入っていたので

「 試食したの全部美味しかったから
  少しずつ色んな種類を
  袋に入れてもらいたいな〜
  ワガママ言っても大丈夫かしら? 」 

にっこりほほえんで、奥にあるカゴから
詰めて下さいました

マーケットで買うよりも、お得で新鮮




間もなく 道の駅・やいた に到着



わりと新しい建物

敷地内に エコモデルハウス があります
珍しいわ

道の駅でエコモデルハウスがあるのは
ここだけ! とアピールしてあります

中に入ってみると
たかはら材という木を使用

木の香りがして、窓が広くて天井が吹き抜けで
暖炉がステキ!



20151024202322e57.jpg



マキの暖房って、あたたかいのよね〜

あこがれの理想のお家ね!



農産物直売所は、地元農家の野菜や果物
加工品や やいたブランド に認証された
商品も並んでいました



農村レストラン つつじ亭

斉藤昌夫さんが作った、リンゴジュースを使用した
リンゴのソフトクリーム 350円



20151024202324ac3.jpg



カチッとした固めのソフト
口の中でとけて舌に残る味が・・

何だかハチミツみたいなの

甘さひかえめでサッパリ味

どちらかと言うと、シャーベットに近いわ



12時から公演がはじまるので
早めのランチを食べておきます

もちぶた が名物

ソバも良さそうだけれど
熱い汁物がいいから


やいたマンマ 720円



20151024202325e7d.jpg



米粉のすいとんと、お野菜がたっぷり入ってる
美味しいのですが、具が多すぎて
もちっと汁気が欲しいな

ミニかき揚げも、サクサクに揚げてありヨロシイ


体が温まりましたよ〜



道の駅と文化会館、カインツホームセンターと市役所
道を挟んでお隣さんになります




文化会館に行くと、カラオケが聞こえていました

時間割は

・ 10時〜11時50分 地元の皆さんのカラオケ祭り
・ 12時〜 初代座長ごあいさつ
       第一部 芝居 鶴八鶴次郎
・ 14時〜15時 地元歌手の歌謡ショー
・ 15時〜 第二部 舞踊 勢揃い華の舞踏絵巻


今日はお芝居と舞踊を見に来たので
カラオケと歌謡ショーの時間は
席を外します



客席は八割の入りでして、客層はお年寄りが多いわ


パンフレットの言葉から、かぶき村の紹介をします


  初代座長の 三咲てつや は
  ㉗27才の時に大衆劇団の世界に飛び込み
  12年の修行を経て、那須ヘルスセンターにて
  劇団暁 を旗揚げしました

  日本国内を旅暮らし

  そして12年後、旅から旅への羽を休めて
  塩谷町に船生かぶき村を建てました

  当時私は 51才 
  家族やお弟子さんを含めて10名でスタート
  とにかく苦難の出発

  何しろ、ひとつの劇団で劇場を賄うのは
  業界のタブー

  劇場にしろ、ヘルスセンターにしろ
  毎月劇団を入れ替えて、初めて成り立つ世界

  地元、船生の皆様が見守り続けて下さったから
  かぶき村の今日があります



時間になり、初代座長のごあいさつ

その後に、お芝居が始まりました


お年寄りが多いせいか・・
ちょっとマナーが・・

携帯のベルはあちこちで鳴るし
アリーナ席の人達が、お喋りしてるし



マイクの調子が悪い時があり
音声が全く入らなかったり、途切れたり

内容が分かりにくい所がありました



いつもとは違う、大きな舞台

緊張しているのか
短いセリフをカミカミの娘がいました



鶴八鶴次郎のお芝居が終わり
歌謡ショーの1時間は、脱走いたします


歩いて道の駅へ


手ごねメンチカツ 120円 が気になっていました

張り紙に

 肉がピンク色なのは、玉ねぎとの化学反応で
 ど~のこ〜の
 生ではありませんよ! 大丈夫

みたいな内容の事が書いてあった


どの位ピンク色なのか、確かめないと



20151024202327bad.jpg



おソースをかけて、ひと口かじるたびに
中身をチェックすると、所々ピンク色でした

手作りしたのがわかるお味
外はサクサク 中はフワッとひき肉


3時のお茶菓子のノリで食べつつ
お茶を3杯飲みました

うん、けっこうなお手前よ


さて、そろそろ戻りましょう





舞踊が始まりました

歌入りの曲に合わせて
きらびやかな衣装で舞います



クルクル ヒラヒラ
センスが生きているチョウチョのようです



スソの長いお着物
変に歩くとスソを踏みつけてしまいます

見事なスソさばき



ワンフレーズ終わって前の方で踊っていると
ファンがご祝儀(お札)をピンで
着物の合わせの所にはさみます




この男性は、踊りにキレとメリハリがあって
上手いなぁ! もっと見ていたいのに
こういう方はとても人気者でして・・

踊っている時間よりも
ご祝儀を頂いてる時間の方が長いのです



和傘を使って踊る男性



数人でテンポの早い
流行りのポップス系の曲に合わせて
今どきのダンス風にアレンジしていたり



ソロの女形 着物のソデを持ち
顔を半分隠して恥じらうようなしぐさ

色っぽく妖艶に踊る姿には
ウットリしてしまいます



小さい子供が大舞台に立ち演じている姿は
健気で愛らしくて、たくさんの拍手をもらっていました



牛若丸が持っていそうな楯を使い
グルグル回したり、素晴らしい楯さばき



若いお兄さん、運動能力がすごくて
お着物なのに舞台から客席に ピョン と
飛び降りたり

客席を少し回って戻る際
客席から舞台へ、助走ナシでその場から
ピョン と涼しい顔で戻る姿には
「 おーーっ!! 」 どよめきの声が響きました

この身体能力は、新日本プロレスの 
オカダカズチカ選手 のようです



入れ替わる事に、音楽と衣装と
踊り手のオーラで、雰囲気がガラッとかわります



主にアリーナ席の人達がご祝儀をあげていました

同じ人が何度も差し上げています

同じ人や違う人にも・・


いったい、いくら持ってきたのかしら?
お金持ちの人なのかな?


中には紙袋を渡している人
美味しいお菓子をプレゼント



さらに驚いたのが 
着物を包む和紙 (たとう紙) を数枚
プレゼントしている方もいました

あの中には、どんな舞台用の
お着物が入っていたのでしょうか?

気になるし見てみたいわ

っていうか、着物だってサイズがありますよ・・
寸法を事前に聞いたのかしら?

全てがナゾだわ・・



薄暗い舞台に
スポットライトが常に使われているので
白光りしてしまい、カメラに上手く写りません

後ろの方の席なので、望遠全開だから
なおさらです


最後の方で舞台が明るい時があり
シャッターチャンス



20151024202417804.jpg



そして、一度幕が下がり

出演者一同が揃い、幕が上がるとフィナーレ


さっき幕が下りて、もう終わったと
席を立って帰ってしまった人もいたので

素早くアリーナ席に駆け降りて
近くから写しました



20151024202418e8d.jpg



笑顔で手を振る出演者達
拍手の中、幕が下りました




この後、出口には出演者らが立ち
お見送りをしてくれました


お客様と握手、交流をしていました




外にも数人いらして

お兄さんに

「 すみません! 写真いいですか? 」

声をかけたら、バッチリ 
カメラ目線&ピースサイン を頂きましたよ



20151024202419683.jpg



「 ありがとうございます! 
  今度は、かぶき村に見に行きます 」

握手をしてお礼を言いました



外に出て・・ ビックリ!

大型バス数台 マイクロバスも数台
止まって待っているではありませんか


かぶき村の後援会?とか、塩谷町の人達が
バスをチャーターして来ていたのですね

スゴイな


あぁ、この人達が10時からのカラオケに
参加していたのですね

なるほど!



外は暗くなってきました


高速道路で帰りましょう



スイスイと順調に走ります



上河内サービスエリアには
寄らないとイケマセン

高速道路では、ここでしか売ってない
りんどう湖ファミリー牧場の
ソフトクリームを食べとかないと
悔しくて眠れなくなっちゃう



201510242024210a1.jpg



ウフフ!

ジャージー牛乳のソフト
シンプルで濃厚で、安心して食べられるお味ね

これで本日のミッションは全てクリア



土産を見ていたら・・
目が金縛りになりました


ちょっと、見て下さい



20151024202423480.jpg



左の方ね
これ、どんな味なのか怖いんですけれど


何じゃかんじゃと、食べてばかりの1日でした

明日からお仕事で、本日分の摂取カロリーを
消費いたします





次回は、かぶき村での大衆演劇鑑賞を
心から楽しみにしております


最後に・・


    ごめんなさい 

ピースサインで撮影に応じて下さった方
パンフレットを見て、どの人だったのか
探したのですが・・

初めて拝見した一座でして
皆さん、白塗りでりりしく卵型のお顔で
メークとカツラをつけていらっしゃるので
ハッキリと 何さん とわかりません・・

今度、かぶき村に行った時に受付の方に
写真をお見せして 何さん だったのか
お聞きしたいと思います





栃木 蔵の街 和の装い




       栃木 蔵の街 和の装い




小さい頃から、着物を着るのが好きだったようでして
七五三の時など、いつまでも喜んで着ていたそうです



また、いとこのE子ちゃんが七五三で
身内のおばさんらと、お祝いを持って訪問した時
彼女の着物姿を見た瞬間

「 これを着るんだ! 」

私は泣き叫び、転げ回っておさまらなかったそうです

その時、私は七五三に関係のない年令でした

E子ちゃんのおばさんが 
「 写真も撮り終わっているし
  可愛そうだから、もう脱いで着せてあげなさい 」

泣いたカラスがもう笑ったで
着せてもらいゴキゲンになったそうです

今にしてみれば、失礼極まりない行為でした
E子ちゃん、ゴメンナサイ 

彼女の着物が、よほどステキで
気に入ってしまったんだと思われます


小さい頃なので、全く記憶にありません






よく、時代劇で悪代官が 「 良いではないか! 」
おなごの帯をほどきにかかり
おなごは クルクル と回り 「 アレーッ! 」
というシーンがあります

1度はやってみたいと思う、殿方も多いと思いますが
あの クルクル は、おなごの協力がないと
回れません



着物は帯で胸を潰して着るものです

着映えを良くする為に、また
体のくぼんでいる所を埋める為に
けっこうタオルなどで、厚み調整をしています


特に帯の所 詰め物 をしてないと
着たばかりの時はいいのですが
少し時間が経つと、くぼみます 凹


成人式の晴れ着などは、帯が太いですから
もっと、はさんで 詰め物 が多くなります


えーっ、ですから結果から言うと
帯をほどき クルクル アレーッ 

そして、はさんで詰めておいた
タオルが ボトーッ 落下
現実は、あまり色っぽくありません


叶姉妹が晴れ着を着るのなら
バスタオルが必要なのではないのでしょうか?


時代劇の クルクル アレーッ! 
すぐに色っぽい長じゅばん姿に・・

ある意味 良いとこ撮り の演出です





浴衣は、既製品から仕立てた物まで
何枚か持っています

この浴衣が1番最初に仕立てた物です


反物の柄を見た瞬間 ひと目惚れ

「 長い間着られる柄ですね 」 と
縫って下さった方に言われました



地元のお祭りなどは、時々着て出かけますが
以前から 蔵の街 に
浴衣で訪れてみたいものだと
常々思っていました

今日がその日です!


栃木県 栃木市 蔵の街

うずま川沿いの
よくドラマや、旅番組で使われる場所です




20150824180502b6d.jpg




川船の船頭のオジさんと、お話ししました

こちらの船は何度も乗って
水辺からの写真も、たくさんあり
お気に入りの場所である事など


船の受付の敷地内、風情のある休憩所になっており

「 ゆっくりしていってね 」
 
声をかけてもらえました


お言葉に甘えてひと休み




20150824180504faa.jpg




時おり、お客様を乗せた船が通り
船頭さんの語る声や歌が
おだやかな川風と共に、流れてきます


先ほどの船頭さん
不思議そうに、遠くから私を見ていました

「 どうして正面から写さないの? 」

「 はい、ブログに載せるからわざとです 」

「 あぁ! なるほど・・
  ワシもテレビの撮影で船を漕いだけれど
  同乗していたお客さんに局の人が
  了解をもらっていたなぁ
  今は、色々うるさいんだよな〜 」


最後に笑顔で

「 たくさん写して、蔵の街を宣伝して下さい 」


日も傾いて、店じまい

川沿いに、ビラビラしていた旗を回収して
船を橋の下へ移動していました


お洋服で歩いていたなら
言葉を交わす事なく、すれ違うだけですが
浴衣を着ていたからでしょう
近所の通りすがりの方々が
声をかけて下さいました




201508241805057eb.jpg




髪は4つのブロックに分けて
後ろは、ポニーテールにして
サイドは編み込んで
前髪の上は、フワッと立てて

リボンとおだんご用のアミが付いてる
バレッタを付ければ、簡単なアップヘアーに



浴衣やかすりの着物は、半帯だから
小学生の高学年の頃から
自分で着て帯も結べました


今はマジックテープ式の
形になっているリボンの飾り帯を
利用する人が多いようですが・・

下手でも1本の帯で結ぶべきだと思います



結び方も色々あるようですが

この形が1番好き!


おリボンを作った後に、帯の下を通して
舞妓さんの帯風にたらします


前で結いて仕上げてから
キュッ キュッ と後ろへ回せばOK

あと、いつもよりちょっとだけ
眉を太めにかきます




201508241805068d4.jpg




浴衣とか好きなだけで、専門の知識はないです

着方も誰に教わったわけでもなく 
我流 です


浴衣を着る時期なども
昔と今では違っているようです

今は、三社祭の頃から
9月のお祭りや花火まで
着ている方が多いみたいですね


また、雰囲気を盛り上げる為に
浴衣で入場の人は 半額 なんて
嬉しい割り引きをしているイベントもあります


ちょっと前の聞いた話しですが
近隣の街でお祭りがあり
男性数人で遊びに行き歩いていたら
浴衣の女の子が話しかけてきて
「 えっ! 逆ナンパ? 」
喜んでしまったようです

彼女の言うままに飲む事になり
あるお店に入ると、彼女は店の娘でした

お祭り便乗型の客引きだったのですね

今は地域によって、規制が厳しくなりましたが
気をつけて下さいまし




鏡に映っている私

これほど普段の私と真逆なイメージはないぞ!

旅先で、初対面の人に 「 学校の先生ですか? 」
よく言われますが、それをはるかに上回ります


自他共に認める オテンバな私 ですが
浴衣を着ると、歩き方からして変わってしまい
それなりの おなご に豹変いたします

着物の魔法かしら・・


ん〜 やっぱり 女は魔物? なのかな・・ 




古き良き日本の、情緒あふれる

着物や浴衣の、和の装いが似合う街







茨城県 古河周遊

  
    - 気奥のかけら -



     おなご2人旅  


ずいぶん前の事ですが、車を購入した時に偶然
キャンペーン期間中で  ペアで1泊の宿泊券が付いていた

決められたエリアの中から選べたので、鬼怒川の宿を予約して
友人のA子を誘って出かけました

寄り道をしながら、ドライブをしており
ドンパッチ という、口の中に入れるとパチパチ弾けるアメ
これをサルにあげたらどうなるのか?


イタズラ好きな2人は、とある猿山に行き
ひと気がない時をねらって パラパラ と中身を落としました
顆粒状のお菓子だから、気が付かないかと思っていましたが
少しすると1匹のサルが来て、指の先にお菓子をなすり
ジッと見てから口にした
私達は 「 あっ、食べたよ! 」 静かに注目しました

しばらくしてサルは 「 ん? 」 みたいな顔を・・ 
周りで見ていたサル達は、安全な物と認識したようで
次々に寄ってきて、指でなすり食べていた

期待していたリアクションは ナシ ・・・


それから山道を走っていると、野生の猿がカーブの所におり
A子は 「 あっ、あのサルにもドンパッチをあげてくる 」
助手席から出てサルに近づき、口を開けた袋ごと 
ポイ と投げた
投げた時、手が上に行った事にビックリしたのか
サルは ビクッ として、後ずさりした 

少し見ていたけれど、A子は
「 何だ、食べてくれない・・ お菓子回収 」 と
地面にあった袋を取ろうとしたら、サルが 「 キキィ~ッ! 」
イカクして走り寄ってきた・・

慌てたA子は 「 ギャーッ! 」 と、両手を上にあげて
マンガのように車と反対方向に走って行った
面白いから、もう少し見ていたかったけれど
後で怒られると思い、車を走らせてA子を回収した

旅館に到着し、部屋に行くと
置いてあった浴衣が、カップル用だった
宿の人は、男性用を手にして 
「 すぐに女性用を、もう1つお持ちします 」 

お料理を食べた後、露天風呂に入り
風情のある景色を、湯船から見る事が出来ました

2人で入っていると、蝶類が苦手なA子の所に
てのひら程の大きくて白い ガ が、飛んできた

ヒラヒラと舞う姿に ギャアギャア 大騒ぎして
室内風呂に避難します
蝶が好きな私の所には、飛んで来ない
( ガ は好ましくないですが )

少しして、また露店風呂にA子が来ると
“ A子ちゃん遊ぼうよ ” と、言わんばかりに
また ガ が、ヒラヒラ飛んで来て ギャアギャア・・

「 もう、外のお風呂はキライ! 」


今日1日
サル と ガ に、イカクされたA子でした

ククク・・ お疲れちゃまでした 



  


    茨城県 古河周遊



お天気のいい、お休みの日
ちゃっちゃと掃除・洗濯をかたづけて  車で外出 




渡良瀬遊水地

ここは 足尾鉱毒事件 で、知られる “ 足尾鉱山 ” から
流れ出した鉱毒を、沈殿させて無害化する事を
目的として造られた 超巨大遊水池 



s_007.jpg



途方もなく広い  緑地の半分がヨシ原
たくさんの 野鳥 植物 昆虫 がいて
大変貴重な場所



s_004 (4)



ラムサール条約に、登録されています


その一角のある、谷中湖の公園をお散歩すると
イチョウの葉は、黄色になり
地面には、ギンナンがいっぱい落ちていました



s_002 (2)



犬のお散歩やジョギング、家族でお弁当を持ってのんびり・・
楽しみ方は色々です

この近隣の駐車場を利用する、多くの人は
車から自転車を降ろし、中には本格的に組み立てたりして
広~い池  サイクリングで走ります

展望台や、レンタサイクルもあるよ


数年前、私も 普通のチャリ で来て
一周した事があります 



土手沿いに
きたかわべ という、道の駅



三国橋を通過
ここからの景色はいいのですが、わき見運転に注意


この橋の下にある、池沿いのゴルフコース 

数年前の大きな台風の後、水位が上昇し
完全に水没しました 

1か月くらい、営業出来なかった事があります





ネーブルパーク という公園に来ました

関東平野の、ほぼ中央に位置し
人間だと ヘソ にあたる所から、名付けられました


広々とした公園には、アスレチックなどの遊具の他に
手打ちソバの店 パン屋 
有料で バーベキュー つり掘り 引き馬のポニー 工芸館 
宿泊施設で、別荘タイプのログキャビンと、研修施設があります



第9回 古河菊まつり の、イベント
11月23日まで開催されております

入口では、着物姿の 菊むすめ が、歓迎してくれました



s_010 (2)




会場には、丹精込めて育てられた
数々の菊の花が、咲いています



s_012 (3)



花火みたいな形や
ぼんぼりのような、まんまるフワフワとか



s_016 (7)



花の色を楽しんでから、公園を散歩しました

ネーブルパークのまわりには
キャベツ畑が多い





ここから少し離れている場所に
古河総合公園 が、あります

3月中旬から 桃の花が咲きます
1500本 5種類
ももまつり期間中は、シャトルバスも出ます

もも色ピンク うれしい春の訪れですね





それから、古河ベイシア内にある オチャバセイキチ へ
抹茶ソフトを、食べに行きました

お茶屋さんの店です

しかし・・・ 機械の故障が続くため
冷凍保存のきく、カップ入りの物しか商品がないという

まあ・・ 仕方ないですね 
機会だって  人間だって  時には壊れますもの 




この街では B級グルメ みたいな
“ 古河 七福 カレーめん ” が、あります

街おこしとして始まったものでして
地元で調合されたカレー粉と、7種類の食材を使う事が条件で
市内23店舗が参加しており、駅などで地図が置いてあります

毎月7日が、 カレーめんの日 だそうです

そば うどん ラザニア グラタン 焼きそば スパゲティ
店によって、種類も色々の カレーめん が、味わえます


今日のランチは、駅前にある 喜楽飯店
七福カレーめん を、注文しました   840円

ちょうど12時を過ぎたところで
背広姿のサラリーマン客が、多いわ 

他のメニューも、美味しそうです


来ました  御到着~ 



s_022 (2)



おこげがのっていて
青菜 うずらの卵 エビ 長ネギ なると 牛肉 ニンジン 

メンはたっぷり 1.5人前くらい入っていました

カレーラーメンの豪華版ですニャ 

本格中華店だから、ダシがしっかりしてて
トロッ としたカレー味のスープ
おいしいわ~

スープは残して完食しましたが、お腹がクルシイ・・




移動して、少し歩きましょう 


古河歴史博物館

このあたりは 小京都 として承認されており
万葉集にも、登場しています

主要観光地が集まっているので、歩いて周れます


石畳と古風な建物で、落ち着いた 
和 のたたずまいが、感じられます



s_028 (2)




付近には、記念館や画室もあります


ときおり石畳の上を、車が通り
噴水の水の音と、竹がサワサワとゆれる音が、耳に心地いい



s_025 (2)



市役所の観光課だったでしょうか・・
事前に電話をすれば、名所案内をお願いできます 

職員が1人付いて、一緒に歩きながら
古河の歴史など、ガイドしてくれる
無料のサービスがあります

ただ、2人以上の人数が利用条件です

例えば、私が1人利用で申し込み
男性職員だったら・・・  ねえ・・・
カップルみたいになっちゃって、マズイでしょ

職員は、女性になるか、男性かは
その時の都合で分からないと、以前
駅前の観光案内の所で聞きました

1度は利用したいのですが
条件が クリア できない~




夕方、いつもの美容院へ行き 
おめかしと、お喋りをして帰宅



夜、だいたい7時頃には夕食をとりますが
満腹感が支配している

でも、このまま食べないで寝ようとした頃に
ググ~~ッ  と、腹の虫が鳴くでしょう

8時半すぎに、ひかえめな量を食べました











埼玉県 羽生観光


    - 気奥のかけら -


       占い  


女性は占いが好きな人が、多いと思います

私はそんなに興味はありませんが
話しを振られれば 「 そうなんだ 」 と
当たるも八卦、当たらぬも八卦 的な感じです

お友達が
「 こういう占いがあって1人じゃイヤだからお願い 」
頼まれてお付き合いで行った事は、何度かあります

見てもらった占いの共通点は
私の口元に、ほくろが1つあるせいか
「 あなたはどこに住んでも食べ物には困らない 」
と言われます

以外な事が分かった時もありました
「 あなたのお母さんが出産の時に、あなたかお母さん
  どちらかが生きるか死ぬかの、瀬戸際だった事があり
  そういう生まれ方をしたあなたは、とても強い運を持っています 」

母親とは物心ついた頃から、一緒に暮らしていないので
わずかに冷めた記憶だけで、会話や思い出がないから 
ピン と来ませんでした

数年後、お彼岸のお墓参りで身内が集まった時に
ふとその話しを思い出し、母親に聞いてみると

「 あぁ、そういえばそんな事があったわ 」

田舎の小さい病院で、その夜は先生が1人で看護婦さんは不在
母のお産の後、生まれた私は先生がへその尾を切ったり世話に追われ
母だけ分娩代に放置状態になり
産後の体内に残っている胎盤などを出す処置が
遅れてしまい、危なかったそうです

へーえ、偶然だったのか・・ ちゃんと見えていたのか・・
まんざらテキトーな話しでは、なかったんだと




日帰りバスツアーで、山梨方面に行った時の事です

お手洗い休憩をしながら観光地を周っていて
よく山梨は来ており、お決まりの場所は
わさび漬け店と、ハーブ庭園

今回、初めて寄る 
“ ありんす 象牙美術館 ” という、山の高台にある
パッと見が、どこかの宗教団体かと思うような建築物です

その名のごとく、象牙を使った
巨大だったり、繊細な彫刻の美術品が展示されていて
「 えっ、これ本当に象牙? 」 と
驚いてしまうような物ばかりでした

本業はハンコ店

名前で色々見て占ってくれるという
自分と身内2人までの氏名を紙に書き
画数で判断するらしい・・

物のついでだからと、軽い気持ちでおりました

名前を呼ばれてテーブルに着き、紙を出すと
何やら名前の横に数字を書きはじめて
「 この人はこういう性格で・・・ 」
色々詳しくお話しが続きました

私本人なら、目の前で顔を見て
色々言えると思うのですが、身内2人に関しては
名前の情報だけしかないのに、性格とかその他
何ひとつブレる事なく、ドンピシャで当てており
衝撃的にビックリし、言葉を失いました

私は聞きました
「 性格って、育った環境とかで影響されるし
  決まるのではないのでしょうか? 」

「 いいえ、名前です、姓と名の画数で全て決まります 」

すぐには受け入れられない言葉でした

いくら画数的に良い名前だとしても
ちゃんとしてない親に、放置的に育てられたら心はゆがむし・・

けれど、私と身内2人の事は見事に当てている・・・

信じられない部分とリアルな現実

もし、お友達でこれから結婚と出産の人がいたら
遊びついでに ありらんす へ
連れて行ってあげようと思いました
将来のお子の良い名前候補の参考になれば

美術館を訪れた人は、無料で見てもらえます 

その後に、開運のハンコを作りませんか? となり
作る・作らないは自由で、強要される事はありません
近くに来たら、是非、足を運んでみて下さい

象牙の美術品、立派で美しかったですよ







     埼玉県 羽生観光



この周辺は、実に入り組んだパズルのようです

・ 埼玉県羽生市
・ 茨城県古河市
・ 栃木県佐野市
・ 群馬県内 館林市・板倉町

この県が、4つ葉のクローバーみたいになっています 


都心にも近いし、ちょっと移動すれば色んな遊びや観光が出来る
とても魅力的な地域だと思います



館林は 城沼 があり、その周りには
群馬県立つつじが岡公園 があり
春には、桜並木が美しく 
4~5月は、見事なつつじが見れます

GWの頃には、こいのぼりが沢山泳ぎ 
花菖蒲園もあります

夏にはハスの花が咲くので、乗り合い船で
お花見が出来ます


ガバ沼 には、冬になると、シベリアから コハクチョウ が飛来し
1月には 白鳥まつり が、あります 


地元出身の 向井千秋記念子ども科学館 や、館林うどん

茂林寺に伝わる伝説からの 分福茶釜 に、ちなんで
市内では、あちこちで タヌキ を、目撃します 
看板だったり、置物だったり・・・



s_003 (3)




今日もお天気がいいので、ふらりとお散歩しています
水辺のこの風景が好きで
目にもやさしく、心も満たされます 




ツーリング日和のようで
ライダー達が、さっそうと走り抜けて行きます 


川を渡ると、埼玉県  道の駅・羽生 で、ランチ
売店の奥が食堂になっています

本当なら チャーハン・ラーメンセット を、注文したい所ですが
この後に、予定があるので
空腹の欲望に、惑わされてはイケマセン 

塩ラーメンの単品の食券 590円 を買い
カウンターに出して、待ちます

番号が呼ばれて、受け取りに行き
麺は黄色くて、まっすぐの細いメンで
どうも茹で時間が、ちょっと足りなかったようで
少々固い・・・
スープは、まあまあ良かったです


食休みを兼ねて、直売所の店内を見ました
羽生の製品だけでなく
秩父プリンや、佐野のカンロも売っていました

カステラのはじっこと、とうがんを購入



そして、羽生駅前の
美味しいアイス屋 と、ウワサのお店へ

すぐに到着、西口駅前にある
羽生みるく牧場 



s_005 (3)



老舗精肉店4代目の 染谷さん
隣りの “ 館林が暑い街 ” 
そこに、着目して作ったそうです

しっかり固めのソフトクリーム 直線部分は10センチ
シャリッ とした、根性のあるサッパリ味のアイス

固めなのは、暑さですぐに溶けて流れないようにとの
染谷さんの愛情なのかもしれません

コーンは、一般的な物よりも小さめサイズを使用しており 
250円 と、リーズナブルな料金が、うれしいですね




羽生コスモス畑へ

先日の、台風2連チャンの影響で
倒れぎみでしたが、色とりどりの花は美しい

見頃が過ぎて、自由にお花積みを楽しむ人々
花束を手にして、みんないい笑顔です



s_006 (1)


          どの娘もキレイだよ





自宅から1番近い距離にある水族館が
さいたま水族館  大人410円

川魚がメインなので、色は地味ですが勉強になります


秋の特別展 古代魚展 を、やっており
生きた化石 ( こんなあだ名がつかないように気を付けよう )
と、言われる種類の魚が見れます


それから、川の上流に住む
ハヤ ヤマメ イワナ ニジマス サンショウウオ

中流の ウグイ オイカワ ムツ イモリ

下流の タナゴ コイ スズキ


そこの利根川に、こんな巨大な魚がいるの? と
ビックリしてしまうサイズだったり・・

ソウギョ アオウオ は
1~1メートル50センチに、成長するという 

外来種の バス レインボー類


タッチプールには、カメとザリガニがいて
チビッ子らに人気でした 




ムジナモ 
水生植物 そして 食虫植物

タヌキなどのシッポに似ているから、この名前が付いた
根がなく水面下に浮いている  7~15センチ
 
ミジンコなどの小動物を、捕まえて食べる 



s_010 (1)



冬の間、水底に沈んでいて
春に水温が上がると、葉を広げて浮上

新芽が出て、成長すると自然に分かれて、新しい株に

白い花が咲いて ( 5ミリ )
水中で結実し、種子を作る


隣接する 宝蔵寺沼 は
日本に唯一残る ムジナモ の、自生地として
国の天然記念物に、指定されている





水郷公園をお散歩 

ときおり、そよ風が吹いて
葉が サワサワ と、心地よく揺れる

野鳥が鳴き、子ども達の歓声がひびく



三田ヶ谷池の横にある木に、花が咲いていました



s_013.jpg


        ジュウガツサクラ と、名札が



公園をひと回りした所に 
“ 体験カヌー ” の、看板が
カヌーが1時間 1550円  ひとつの船に対しての値段だから
1人でも、3人で乗っても、同じ料金 
  
「 んま! 安い 」

以前から興味があったカヌー
野田ともすけさんの、カヌーで旅する本を読んでいたので
“ 機会があれば是非1度は、乗ってみたい ” と
思っていました

「 あの、1人ですが 乗れますか? 」

係りのオジサンは 「 1人で漕いで、進むかな!? 」

「 はい! 頑張ります 」

お金を払って、3時からの予約をしました


ボートは漕げるし・・
ランドの ビーバーブラザーズ の、カヌー探検は
何度も乗っているし・・
先日の、長瀞ラフティングでパドルは使っているし・・

運動神経は、悪くはないと思っているので
何とか前に進むであろうと、変な自信はありました


お手洗いを済ませて 
乗船前に、簡単な説明があります
何と 3時からの部 参加は私1人
池を貸切じゃ


若いお姉さんが
パドルの持ち方と、漕ぎ方を教えてくれました

「 カヌーは、杉の木で出来ている
  カナディアンカヌーです
  軽いから進みやすいのですが、安定性に欠けて
  転倒しやすいので、気を付けて下さい 」

ほう・・・ 疑問を抑えきれずに

「 あの、ちなみに今までに 沈 した人は、いるのですか? 」

「 今年・去年はいませんが、その前の年に
  おじいちゃんとお孫さんで利用していた方が・・・
  お子さんが暴れてバランスを崩したようで 」

フムフム 気を付けよう


荷物は無料のロッカーを利用出来て、とても良心的です

カメラだけ持って ライフジャケットを着て
パドルを1つ持ち、川辺に行くと
もうハイテンション 

ニカニカ顔で 
「 うわ~! 木のカヌーだ  野田さんだ!
  カヌー犬はいないのか~ 」

はしゃいでいる私を見て、オジサンは笑っていた


乗船する際、しっかりと押さえていてもらい
ビニールで包んだ座布団の上に座り
足はまっすぐ伸ばしても、あぐらのように曲げても
自由でいいそうです

ただ、体勢をかえる時に両手でカヌーのフチを持ち
体を浮かせたようにしないと 沈 の可能性が・・


オジサンがカヌーを押してくれて
後は、自分の力で前進のみ


パドルを左側に1回漕ぐと、前に進みますが
船の先が、少し右側に向いてしまいます

今度は右側を漕ぐと、船は左を向く 

なるほど、だから2人で乗って左右で漕ぐと
ちょうどいいバランスで、前に進むのだな・・

パドルで遠くの水面を浅く漕ぐと、方向がブレやすく
船の真下を漕ぐと、そんなにブレないのが分かりました

ヤンチャなバイク少年のように、最初は蛇行運転でしたが
だんだん慣れて、深めに2~3回ずつ左右に漕いで
安定するようになり
緊張も消えて、楽しくなってきました 

細い水路から、さっき見た 三田ヶ谷池 に出ました

ちゃんとエンジン付のボートで1人 
お目付け役の人が、転覆や悪さをしてないか 
遠くからお仕事しています


池の真ん中まで行き、色々実験しました

水深はどれくらいかと
パドルを垂直に沈めてみましたが
底に当たる手ごたえがありませんでした
かなり深いかも・・

前に漕いで、わざとパドルを水中に立てて、ブレーキをかけたり

パドルでの方向転換

後ろに漕いでみたり

そして、来年またラフティングに行った時に
ボート同士での、水の掛け合い合戦
パドルで、いかに多くの水を相手にひっかけられるか

そんな事を、夢中でやっていると
風に流されていて、いつの間にか池のスミに来ている


池を1周したり、ハスの葉がある向こうに水鳥がいるから
近寄って見てみたり 

いいアングルの所で写真撮影したり 



s_015.jpg




風が吹いたり水の流れがあると
簡単に流され、向きを変えます 

ほんのチョッピリですが
野田さんの本に書いてあった内容の1部が
何となく分かった気がしました


エンジンの音がして、ボートが近づいてきました

「 もう、時間ですか? 」

「 残り 15分 です 」

カメラを渡して写真をお願いして
ボートから離れて、何回かポーズをしました

そのまま、乗船口へ進みました


オジサンが待機しており
カヌーを岸に寄せてくれて、下船

「 いやー、楽しかったです!
  今度は、ハスの花の咲く頃に乗りたいですね 」

3月~11月の土・日・祭日に
体験カヌーは、営業しているそうです


お礼を言って、ライフジャケットとパドルを返却
お姉さんから、カメラを受け取りました

 
ウヒヒ 
将来、沖縄に行った時にでもカヌー体験しようと
考えていましたが、ひょんなタイミングで
夢がひとつ叶っちゃいました


夕暮れになり、ススキの写真をと予定していましたが
風に吹かれすぎて、ススキが悩んでいるようにしか見えないし
ピンボケになりそうで パス・・ 残念



羽生キヤッセ
( “ 来やっせ ” から名前を付けた
 地ビールやレストラン、直売所 ) 
に寄りましたが、すでに閉店していました



もう1度、コスモス畑を歩いてから
羽生パーキングへ


いつものように、一般道からです

行ってみると、何と警備員が2人いて
広いお客様専用駐車場へと、誘導してくれたのです 
すごーい!

降りて歩くと、警備員が笑顔で
「 いらっしゃいませ 」 歓迎されたのです

どうも、こっそり入るドキドキ感覚ではありませんでした
( 何を期待していたんだか・・ )


入口には

          ようこそ 
   羽生パーキングエリアへ ( 上り線 )
        鬼平 江戸処へ
     営業時間 7:00 ~ 22:00


と、書いてあります


おぉ、入口からして、時代劇の雰囲気が 

「 出あえ、出あえ、くせ者じゃ! 
  悪代官と、金の菓子 
  若い悪党から この小娘が と、言われる
  年上なハズの、永遠の小娘 由美かおる 
  スケさんカクさん、こらしめてやりなさい
  エイッ  ヤアッ  カキ―ン  ドスッ
  もういいでしょう
  このインロウが目に入らぬか
  ひかえ ひかえっ
  ははっ~!   
  1つ、人の世の生き血をすすり 
  2つ、フラチな悪行三昧
  3つ、みにくい浮世の鬼を
  退治てくれよう あ桃太郎~ 」

色んな関連言葉が浮かびます

   - はい、大丈夫です -  





建物の中には、飲食店やお土産、軽食がありました



s_024 (3)




飲食店に席はなくて、購入した物をトレーで運び
客席 という所で、自由に座り食べる
フードコート形式です


関西ではおなじみの 冷しあめ も、売っていました
以前、飲んだことありますが  ん~ 苦手 



小腹がすいたので 文楽焼本舗 の
お好み鯛焼き を、買いました  220円



s_025 (1)



アンコは入っていません
お好み焼きが、タイヤキの形になった物で
美味しかった~

ハシを使う事なく、片手でおにぎり感覚で食べれるから
こういう場所にピッタリの商品

そうこうしているうちに
すっかり夜になりました



s_027 (2)




家の近くのファミレスで、ハンバーグセットを食べて
撮影写真のチェックをしました

お姉さんにシャッターを頼んだ写真は、カヌーと私が豆粒&
手ブレぎみだったので・・・ ナシです
まあ、こういう事もあります

まったりとしてから、帰宅しました






 
プロフィール

足袋子(たびこ)

Author:足袋子(たびこ)
北関東在住 
趣味は外出! 水族館・動植物園・遊園地・プラネタリウム・お祭り・花火・ドライブ・買物・工場見学  
何気に、高い所・爬虫類・冷凍菓子に抹茶好き 
乗り物の中にいれば
ゴキゲンです🎵
本題に入る前の雑談として ―気奥のかけら― 始めました 心の奥にある思い出、気になった事をリアルに語ります  
年令という年輪を重ねても、好奇心は加速するばかり・・ 
これからも ▶仕事キッチリ遊びバッチリ◀ で、エンジョイ人生 🐾

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

かっちゃんの雑記ブログ

バイク少々……されど乗る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
972位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
375位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome! 足袋子共和国の  入国ゲートへ
いつも癒やされているメダカやエビ達の赤ちゃんに期待する春ザマス😉
桜のようにいつまでも色づいていたいものだと心がけている足袋子にワンポチ🐶を

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR