-->

伊豆の動物達と横浜花火 ② お花とリスザルのふれあい





廊下のエアコンが
ドアのすき間から入ってきて
快適な温度でした


夜中にお手洗いに行った時に
各部屋の前に置いてあった
スリッパを見ると
1/3は宿泊客がいたようでした


カプセルホテルで1番の恐怖が

いびき ❗❗


昨日のチェックイン時に

「 壁が薄いですから
  もし音が気になるようでしたら
  入り口に耳せんがおいてあります
  無料ですからお使い下さい 」

そう言われておりました



ウシガエル か トド みたいな
爆音いびきの人がいたら地獄なのです 😱




が、しかし・・


みなさん無呼吸症候群の方はおられず

メンバーに恵まれた
とても静かな夜でした



目が覚めて
物音をたてないように部屋を出て

シェアラウンジで荷造りをして
受付のポストにカギを入れ

チェックアウト



登り坂をガシガシと歩く

駅前のモーニング店は
9時からの所がほとんど

唯一、6時30分から開店の

朝マック


温かい飲み物
胃の温度が上がり、元気玉に火がつく


今日も元気に歩くわよ〜 ☺


駅前からバスに乗る

車内で雨傘1本500円で販売していた!


景色を見ながら
地理を把握しつつ


バスもエンジン音を響かせて
登り坂を走る





来宮(きのみや)神社





20180615120931457.jpg





樹齢2000年以上といわれる
大楠は、日本で2番目

本州では1番の パワースポット





20180615120933614.jpg





この角度から見える幅よりも
奥行きの方がかなりありました

幹に触る事は出来ませんが

願いを唱えながら
幹を1周すると、叶うらしい



この神社の素晴らしい所は

鳥居前と、大楠前に
カメラ台が設置されている!


あたしのような1人旅の者には
メチャうれしいおもてなしなのよ〜 ♪


早朝のために
休憩所や社務所は閉まっていた




さて、次の目的地に行くのに
違うルートの路線バスに乗るのですが

わざわざ駅前に戻らなくても
さっき通ってきた海岸線のバス停から乗れる

まっすぐ海を目指して歩けば行けそう

楽チンの下り坂を進みます



  テク  テク



10分チョイで、銀座町のバス停に
ドンピシャで到着


時刻表を見ると30分後


海辺を歩く





20180615120934f99.jpg





ムラサキ色の花を咲かせた
ジャカランダ

背の高いヤシの木


青い空と海


絵になるわぁ





時間通りにバスが来て

アカオハーブ&ローズガーデン 下車

入園料 1200円 を払うと

マイクロバスにて山頂まで
連れて行ってくれるサービス


降ろされた所から
下りながら歩くシステム


小高い場所なので
初島も見えます



山の斜面を段々のお花畑にしてあり

平地が少ない

バラの花は、見頃を過ぎていたようです





20180615120935f69.jpg





日本庭園があったり

オーシャンガーデン

ハーブガーデン など

各エリアに名前がついていました


色んなお花や
香りも楽しめました が・・

常に階段があるので
足元を気にしないと転んでしまう


何だか・・
あまり ウットリ気分 で
見れなかったのが残念でした



あっという間に降りてきて
駅に向かうバスに乗りました



のり巻き弁当を買って
伊東線に乗る


リゾート21の車内

海辺の窓に向いた座席





201806151209375d9.jpg





普通運賃、普通の車両がコレ!!

何度乗っても心躍ります



移動時間にランチを済ませる





伊豆高原駅下車


バスが来るまでの時間

駅前にある足湯に浸ったり

湧き水を飲んだり



バスに乗って
傾斜のある坂道を進む

おしゃれなお家が多くて
別荘だったり、住んでおられたり

何よりも カフェ・パン屋・レストラン が
割りと多くて

そんなに利用客がいるのだろうかと
不思議に感じました





伊豆シャボテン動物公園



少し前にリニューアルした事を
テレビで見て気になっていたの


入園料 2300円
 
歩行者ゲートから中に入ると 



サクの中に カピパラ がいて

中に入り触れます





201806151210482ac.jpg





おだやかな性格の鳥や動物は
放し飼いになっていた




向こうからクジャクが歩いて来た
お邪魔にならぬよう
しゃがんで道を譲り待っていたら

急に体を震わせて
羽を広げました!





2018061512104970b.jpg





何てサービス精神旺盛なんでしょう!
(偶然じゃ)

光輝く美しい羽
綺麗だわ〜!





201806151210505f8.jpg





目の前に 大室山 があり
リフトに乗って山頂まで行けます




バードエリアで クジャクの親子 を見つけ

ずーーっと、距離を保って見ていました


ママクジャクが地面に座ると
子供達は、お腹の羽の中に潜り
パッと見は1羽しかいないように見えます


ママが立ち上がり歩くと
ピヨピヨと後を追う姿が可愛すぎて
胸がキュンキュン





20180615121052d0e.jpg





カルガモ親子は
ニュースでお目にかかりますが

クジャクの親子は新鮮でした






リスザルのお家に行きましたが
(放し飼い)

みんな遊びに出かけていたようで
無人ならぬ、無猿でした





お目当ての ジャングルクルーズ へ

ボートツアー料金 1000円



他の参加者がいなくて

ニャンと 貸し切り〜! で

思わず ガッツポーズ




こりゃ やりたい放題 になっちまうぞ



軍手とバスタオルを持たされて


船頭のお兄さんと一緒に
気合の合言葉を大きな声で叫んで

いざ出航


川の中洲や両岸に
種類別のお猿の島があり


色んなお話しを聞かせてくれます



ワオキツネザルのボスは女で
群れの中にオスもいるけれど
ただイカクするだけで
マスオさん状態らしい





黒っぽくてスマートなお猿




20180615121053119.jpg




男性の船頭のボートが近くを通ると
気に入らなくて、歯をむき出して吠えて
イカクしまくっていた


しかし、女性の船頭だと
歓迎ムードになり
露骨に態度をひるがえすそうな

女好きのボス猿



そんな話しを聞いちゃったら
今度は女性船頭さんの船に乗りたくなります





201806151211558f5.jpg





赤ちゃんを抱いたママ猿も多い





ペリカンが川でひと泳ぎ



最後にリスザルの島に上陸して
お猿にオヤツをあげてふれあえる


船が近づくと
お猿が船に飛び移って来た


お洋服に 💩 が付かないように
バスタオルを肩にはおる





20180615121156cc7.jpg





ヨロコビの襲撃!

もっといらしてイイのよ 😄






お猿が飛び乗って来ると
勢いでタオルが落ちるのだ


前で止めれるように
結けるヒモを付けるとか

選択バサミかクリップでも
用意してくれればいいのに

今ひとつツメが甘いのよね


クルーズ終了





シャボテン温室に入ったら


あぁ・・ この景色は
昔見たのと同じだなって
記憶が蘇りました



こちらの名物 サボテンのアイス





20180615121157622.jpg





さわやかな甘さで
クランベリーのような風味
美味しゅうございました





アニマルショーがあるので
大講堂へ


お客さんも集まって来ました



15時

動物と3本対決 


1つ目は ネズミと徒競走

同じ距離を、走るのですが
ネズミはロープ上がコースで
クネッたロープのスラロームを抜け
ゴールを目指すタイムレース


手を上げて参加した
小学生のお兄ちゃん

人間は コーンのスラローム を走る


スタートすると、ネズミの早い足に
みんな驚き、ネズミ君の勝利!





2つ目は グルグル棒


司会のお姉さんの 「 やりたい人? 」

誰も名乗らない

カップルで見ていた彼女が
彼氏の手を無理矢理上げて
強制参加させていました


インコとの対決で

インコはグルグル回っても
目を回すことはなかったのですが
足の短さで時間がかかり

フラつきながらタッチした
彼氏の勝利!





3つ目は 野菜拾い

オモチャの色んな野菜を地面にバラまき
どちらが多く拾い集めたかの勝負で
犬の ビズィー が相手


お姉さんの問いかけに
誰も手を上げない

困った顔になっていたから
しぶしぶ 「 はーい(^^)/ 」

舞台にのぼりました


ルールは、30秒間 

ビズィーは口でくわえて

あたしは、片手だけを使い
拾って離れた所の
カゴに入れるゲーム



「 片手なら1回に何個持ってもいいのですか? 」

確認しつつ、ガチでやりますよ!

ワンコに負けてなるものか



ヨーイドン 

ずんぐりしたトマトや
カボチャなんぞはスルー

つかみやすい細長いキューリやナスばかりを狙い
指の間に挟んで、1回に3個をつかみ

拾っちゃあ走ってカゴに入れて
すぐにダッシュで戻りと

4往復したところで終了


カゴの中を見比べたら
楽勝でしたが

一応、グラム測定

先にあたしのカゴを測りにのせる

それから、ワンコチームの
カゴをのせた時に、ワンコが両足も
測りの上にのせて
体重をかけるのがオチでして

客席は大ウケ 


あたしも 「 オイオイ! ダメだよ〜 」
ワンコの足をどける仕草をしました


勝者の証として
対戦相手のワンコがプリントされている
バッジをもらいました

参加者が勝ちの時は、大きい物を
負けた時には、小さなバッジでした



1人旅なので
この時の写真が撮れなくて残念




夕暮れになり

駅へと向かいました


伊豆高原駅 から 伊豆熱川駅 へ





本日のお宿

伊藤園ホテル熱川


チェックインして
素泊まり 4334円 を払う


旧館の7階へ

カギを開けると

「 まぁ! 広〜い 」




12畳の和室

お手洗いと、昔のタイル風呂も付いてます


目の前に大島が見える





201806151211592db.jpg





お店が見当たらないんですけど・・

食事出来る所があるのかしら?



フロントで聞くと
ホテルの裏手に1軒ありますと
地図と割引券をもらう



さっそく行ってみると

隠れ家的な 今半


中に入ると、ボトルキープの棚があり

常連さんらしいご家族が
カウンターにいらっしゃいました


あたしもカウンターのスミに座り
メニューを見る


小料理店のような雰囲気

割引券をテーブルの上にあるのを
女将さんが見ると

「 海鮮丼なら、割り引きで召し上がれますよ 」

そう言って下さったのですが・・

「 あの、丼物だけでお腹いっぱいになるのは・・
  色んな種類をたくさん食べたいのです 」

そう答えました


あたし好みのお酒がなくて
オレンジジュースの焼酎割りを頼んだり


板さんも 「 今日はヒマだから 」 と
快く少量ずつ、色々出して下さいました





2018061512120034d.jpg





1枚だけ、了解をもらって写し
この後は、もうカメラを
出しませんでしたが

鶏皮餃子・味噌チーズ
コハダとご飯とアラ汁 を
ウルトラ美味しくいただきました


お会計 4200円 を払い

「 わがままを聞いてもらって
  ありがとうございました!
  色々食べれて美味しかったです 」

お礼を言って店を出ました





ホテルに戻り、大浴場の露天風呂

みなさん、バイキングの夕食中のようで

湯船を独り占め

ちょっとだけ、泳いじゃいました 





風呂も部屋も広いのだ!

布団に入り ミノムシ のように

おやすみなさい




   ー つづく ー







続きを読む

スポンサーサイト

伊豆の動物達と横浜花火 ① あこがれの新型車両




沖縄から帰ってきて1週間程ですが
行事やイベントは、続くものです


どうか、あきれないで下さいまし 


遊びのプランはキッチリ楽しまないと
イケンのじゃ!






5月 31日 木曜日

半日仕事してから、そそくさと帰宅


荷物を持って、高速バスに乗り都内へ



    ー  ー



新宿駅、小田急線の窓口に行き

話題の新型車両の便があるのか
お問い合わせ


テレビのコマーシャルで見て
絶対に乗りたかったのよ〜


調べてもらうと

「 はい! 14時20分があります 」

えっ・・ 今から40分後・・


ルミネでタイ料理のランチしてから
乗車するつもりだったから
昼飯食べてないのよ 


さぁ、どうする?


「 大人1枚下さい 」


タイランチは、今度ね



デパ地下に急ぎ
ジューススタンドで、フレッシュジュースと
サンドイッチを購入

急いで改札を通る



ホームで電車をお出迎え

おぉ! 入ってきた





2018060820254839a.jpg





よっしゃあ 👍

はりきって乗車





20180608202550de6.jpg





田舎者丸出しで

キョロキョロ 👀


うわぁ〜! 
新車の匂いがします


広い窓の中央にワイヤーが2本
なんじゃコリャ?


上を見たら、日よけがあって
それのレールだった

景色を邪魔しないように
考えられているのね





201806082025517a5.jpg





イスの上に、芸術的な物体が

よく見たら、側面に点字があって
目の不自由な方が
座席番号を読めるようになっていた





201806082025536cc.jpg





ミニテーブルは
自分のひじ掛けの所から出るので
 
前のお客様が
背もたれを倒しても 
問題ない設計



お手洗いは広くて
半円形がスライド
車イスの方も利用出来る




窓からは、田んぼに水がひかれて
早苗が揺れている


咲き始めた、小さなあじさいの花



都心から、だんだん緑が多くなっていく



昼飯をパクつき
あぁ! 快適 ♪ ルンルル〜ン



ロマンスカーは全座席指定で
立って乗車不可なので
いつも気持ち良いし


飲み物やお土産をカートに積んだ
売り子さんもやって来る


走るスピードも
景色を眺められて
ちょうどいい





って、もう小田原到着のアナウンス

もっとゆっくり走っていいのに




東海道本線に乗り換えて


夕方に 熱海駅 下車


黒い雲が広がり
小雨がパラつき肌寒い

駅前商店街を散策


駅前の居酒屋 笑笑 に入り

早めの夕食





2018060820205816c.jpg





お酒を頼んでないのに
テーブルチャージ的に 枝豆 を出された 😅

そういう当店のシステムだそうです


まぁ、駅前の観光料金ですなぁ

チャッチャと食べて 1445円 払い

お宿へと歩く





容赦ない傾斜
レンタサイクルは役に立たないゾ

急坂を下ります



15分程歩いて、銀座通りにある

ゲストハウス マルヤ 到着




熱海は、お宿の物価が高い

8千円・1万円が普通なんです


チェックインして
素泊まり代 3888円 を払う

すると、カギを渡された・・

「 えっ、カプセルホテルなのにナゼ? 」


不思議に思いつつも、奥の部屋に入ると





20180608202059988.jpg





素板のドア?
物置が並んでいるような感じで
面食らってしまった 😱

普通、カプホテって
カーテンかアコーディオンカーテンか
上からすだれ式のような境界線のドア
なのですよ・・




カギを開けて中を見ると
シングルの布団1枚分の敷地
 
コンセントが2個とライトと
小さな扇風機のみ


空調口はなかった
 
廊下のエアコンが
ドアのすき間から入ってくる形



先にシャワーを浴びよう 🚿


さっぱりしてから

部屋に布団を広げていると
電球の熱で、あっという間に
狭い室内の気温上昇

慌てて電気を消して脱出



シェアラウンジのソファに座り
カメラや携帯電話の充電をしながら
フリードリンクの紅茶を飲む





20180608202101fa5.jpg





夜にライトアップされている海岸線を 
散歩しようと思っていましたが 
変にウロついて風邪引いたら
旅が台無しになるからやめましょう!



20時過ぎ
部屋に入ると

内装はキレイなので
思っていたよりも居心地が良く

カギが付いているから
安心して眠れました





   ー つづくー








沖縄旅 ④ また来る日まで




朝6時に パチッ と起きて

荷物をまとめてチェックアウト



シャッターの閉まった商店街を
美栄橋駅へと歩く

曇り空 ☁





ゆいレールからの景色を
名残惜しく見つめる


空港で下車すると
まっしぐらに おJAL のカウンターへ


お姉さんに予約番号を伝えると
窓席の空きは両側あると

イヒヒ! A側ゲット


サンドイッチとジュースの朝ごはん



そうそう、みなさん Rootビア って知ってます?

以前、缶入りのをお土産にもらって飲んだら

貼るシップを液体にしたような
味と臭いの飲料でして・・

独特の味
個性強過ぎ〜

あたしは飲み込めず (オエッ)
口に含んだだけで終わりました


けれど、コレの生は美味しくて
クセになるんだよと力説されました


あたしは、絶対にムリ 
罰ゲーム以上の驚異ザマス

パクチーがお好きな方でしたら
肌に合うかもしれないわ


空港内に Rootビア のお店があり
おかわり自由と書いてあったので

「 イランわい!! 」 と思いつつ
店の前を通過したのでした





那覇空港の展望デッキは
お金取られるんだったなぁと
一応行ってみると

なんと 無料 になっていた!

こりゃラッキーと
飛行機見物


南デッキは工事中 🚧 で入れない
北デッキのみ




201806061732560d0.jpg




しばらく見ていましたが
そんなに本数がないから退散

搭乗ゲートへ




飛行機の中に入ってビックリ

久々の大型機

いつもは、真ん中通路の両側3席なのに

今日のは、通路が2列あって
真ん中4席、両側3席!


窓から見える翼も長くて大きくて
1人で静かに はしゃぎ ニヤけた 😀



離陸の様子もテレビで見れた




201806061732577aa.jpg




雲が多くて上空になると
何も見えないので

初めて飛行機でお昼寝タイム 😪



あっという間に羽田着 ✈



何だか体力が余っていたので

東京駅の地下街でランチをしよう




サイアムオーキッド タイ料理店





20180606173258575.jpg





ガパオのグリーンカレー 980円



少し辛いけれど
ココナツミルク味のカレーが絶品





高速バスに乗車

見なれた街に帰って来ました




明日からいつもの日常だけれど

次のお出かけを楽しみに
健康で元気にお仕事がんばろう 🙋









沖縄旅 ③ オリオンビール工場見学


 

カーテンのすき間から
差し込む光で目が覚めた

音を消してテレビをつけると


  晴れ ☀


何よ! 50%の雨、出てこいやぁ〜

パラセーリング出来たじゃないのさぁ・・ 😱


もう 😫 天気予報に振り回されたのだ 😧


また来た時にチャレンジすればいい
沖縄は逃げないんだから

インドアプランを楽しむのよ〜 




昨日購入したワンディフリーきっぷで
松尾バス停からローカル線に乗車

町中をぬけて

基地の横を通り

海岸線へ



ビーチ名のバス停が続き
リゾートホテルが立ち並び

オキナワブルーの海が美しい


2時間ゆられて下車


オリオンビール工場見学


12時の予約


余裕で着いたから
ランチをしておきましょう



2階にある やんばるの森レストラン 

横には オリオングッズ の売店


軽めにソバを注文





201806051957484d9.jpg





わりと食べやすいお味でした





201806051957490da.jpg





昔の店先を再現





時間になり、沖縄美人のお姉さんと
工場見学スタート



全て撮影可能!


社名の オリオン は

一般公募にて 2500通、 823種類の中から
選ばれたそうです

オリオンは、南の星であり
沖縄のイメージに合うなどの理由が
決め手に


昭和23年に設立


ドーム1つ分の敷地


メバナのホップで作る





20180605195751a33.jpg





1回の仕込みに12時間かかり
1釜1万本分のビンの量







煮込んでいる部屋

ドアを開けて40度の中に
10秒程入ってすぐに飛び出る



酵母の粒子の映像を見る



平成14年からアサヒと提携


ビンのラインは稼働してなくて

缶の製造ラインを見学


低温で洗った缶にビールを注ぎ
素早くフタをして、巻きしめる


1分間で1200万本詰められる





20180605195752052.jpg





水をかけて常温にし
エアで水を飛ばしてから印字

6本入り紙カートンに収まる




最後のお楽しみ

出来たて生ビールの試飲





2018060519575418a.jpg





グラスビール2杯までいただけます が

この後の事を考えて
1杯でごちそう様なり


工場を後にしてバス停へ



この近隣にある

ネオパークオキナワ へ向かいます


マイカーで行くなら15分も走れば
到着する距離なのですが

路線バスだと、施設前の道路
バス路線から外れている


とりあえず近くのバス停まで行こうと

運転手さんにその旨を伝えた

すると
 
「 1キロ位歩くけど大丈夫? 」 と聞かれた

「 はい! それ位なら平気です 」


1番近いバス停からだと
徒歩ルートの説明が難しいからと
そこを通過して

大通り手前の所に臨時停車して

「 ここの道を左にまっすぐ進むと
  看板が出ているからね 」

そう言って降ろしてくれました


親切な運転手さんに感謝しつつ
上り坂の道をワシワシ進む


20分歩くと到着しました





20180605195852220.jpg





国際的に希少な野生動物の保護と
繁殖研究を目的とした施設


入園料 660円


入ってドアを開けると

フラミンゴの森 で

高い位置にネットが張られていて
放し飼いになっていた





2018060519585428d.jpg





あの・・

スマートなキョロちゃん
(アフリカクロトキ)が

クェッ クェッ と言いながら
歩いているように見えて
仕方ありませんでした

森永のまわし者ではありません





20180605195855eb9.jpg





おばあちゃんが
「 あー、どっこいしょ 」 と言って
ひと休みしているように見える
アフリカトキコウ





20180605195857f23.jpg





ホオジロカンムリヅル

名のごとく

金色のフワフワした羽が
動くたびにゆれて美しい


南国ムードあふれる樹木

ジャングル風エリアもありました





201806051958582fc.jpg





普通の動物園のノリで見てしまうと
物足りない気分になりそうです

保護施設というのを前提に
見学しないといけません




ふれあい広場 とか 保護動物エリア は
別料金で、各300円かかります

だったら 入園料1000円 にして
全部順路コース内で
見せてくれればいいのにと思いました






外に出て、また20分歩いて

バスに2時間ゆられて戻りました



1日、水分を控えていたので
ちょっと体が熱い感じ

ホテルに戻ると、狂ったように水を飲み

シャワーを浴びて、ベッドに転がる


血液がドロドロで
ちゃんと流れていないような気がした

往復4時間のローカル線だと
停車回数が多い分、体がゆれて
振動が疲労となってしまう


少しすると落ち着いてきた





夕食はどうしようかな?

パインが半分あるし
だるさが残っているので
デパ地下で何か買ってくるか


飲食店の客引きが目に付く
国際通りをテクテク歩いて
県庁前のリウボウデパートに


全品30%引き

色々買って
すぐにホテルへ戻る





20180605195915b6c.jpg





アグー豚のコロッケ
五目イナリ
サラダ

この3点で 436円


ワンタンスープも買いました



品数豊富な晩飯じゃ!

いただきまーす



食べ終わると、すっかり元気になりました



夜遊びする事なく

おとなしく寝ます


オヤスミなさ〜い 💤






沖縄旅 ② チュラ美人 と 三線ミキティー





沖縄上陸



空港を出て、ゆいレールに乗り
景色をながめつつ
来島のヨロコビがこみ上げてきたゾ!


美栄橋駅にて下車


雨は止んで薄曇り

国際通りへと歩く



 
ドンキホーテ前の

ホテル山ノ内 がお宿




キャリーバッグを預けて

観光協会の てんぷす へ


明日のバス停や
ワンデイバスフリーきっぷの確認
1日乗り放題で 2500円 

観光パンフを全部もらう



さっそく ウェルカムソフトクリーム じゃ!

こよなく愛する 塩屋 松尾店





201805280851287f4.jpg





ポイントカードが全部埋まったので
アイスゲット

タダだからミニサイズなのかと思いきや
レギュラーサイズ

とてもエライのだ 
素晴らしい



ほっほ
美味さは人を笑顔にいたします 😄

抹茶味の塩をふりかけて
ペロリと平らげる




お土産をたくさん持った
修学旅行の中学生が多い




関東の夏日のような気温

クーラーの冷気が心地よい





市場通り付近をフルーツチェック

今は スナックパイン が旬 🍍

ソフトボール位の小さいのが300円〜
大きいのは800円


牧志公設市場内は 観光プライス なので
少々高めのようです

お魚売り場は見応えがあるわ





201805280851316b1.jpg





以前から気になっているのが
黒光りした ヤシガニ

どんな味なのか食べてみたいのですが

1匹 5000円

うーん、高いから断念





お空は晴れて日がさしてます

降水確率60%はどこ行った?




花笠食堂 にてランチ



何度も来た事があるお店
 
傘を店内に持ち込み
イスに立てかけておいたら

店のオジサンが サッ と取り上げて

「 他のお客さんに当たったら
  困るから入り口の傘入れに入れます 」

あたしの返事も聞かずに勝手な事を 😬

無礼者じゃ 


カチンと来た瞬間に  戦いのゴングが鳴った 

「 あのね! 以前、盗まれた事があるから
  手元に置いておきたいんです 」

「 もし誰かにケガされたら
  うちでは責任持てませんから
  あなたが弁償する事になるんですよ 」

この後、本当は

「 あなたこそ、無くなってしまったら
  あのELLEの傘を弁償出来るのですか? 」 と

言ってやりたかったけれど ELLE が
通じないだろうと、大人になってヤメタ


スクッと立ち上がり

「 ハイ! いくらでも
  全額弁償しますからご心配なく 」

そう言い放って微笑み
傘を取り返して来て座り
足の間に挟みました


  カンカンカンカーン 


舌戦は終了





201805280851296e3.jpg





定食のご飯やスープ類
3種類の中からチョイス出来るのは良いですね


野菜チャンプルに赤飯、家庭の味を完食




対戦相手のオジサンに(社長)
お会計 800円 を払い

「 ごちそう様! 美味しかったです 」

ちゃんと和解し店を出ました

また、食べに来たいもの






みなさん! 世のおなご達は
美しくきらびやかな物を
身に着けてみたいという願望があります

似合うとか、似合わないとか
全くどーでもいい事なんです

そう! 自己満足の世界 を

14時に予約してあります

ウケケケ 😀


むつみ橋通り
花笠食堂のとなりにある チュラ美人

本日のメインイベント


受付を済ませると2階へ

色とりどりの衣装
黄色・ピンク・赤ベースの生地に
個性的な模様が描かれている


先に衣装を選んでから

髪をアップにしてもらいます


お喋りしながら
和気あいあいとした雰囲気



頭の真上に大きなおダンゴ

何だか、お供え餅のミカンみたいだわ
ミカンの周りに髪飾り


口紅だけならありますが
メークは付いてません

バッチリ決めたい人は
受付前に済ませてから来ましょう




そして、着付け



着物と同じで、すそ合わせをして
腰の位置にヒモで止めて

余った合わせ部分を
自然にたるませるだけ 


そで先が広くなっていて
風通しがいいデザイン

撮影スタート 📷





20180528085132f87.jpg





うふふ!
琉球のお姫様のような気分です





20180528085134489.jpg





色んな小道具を使う

数枚はお店の人が写してくれて
後は、同伴者が勝手に写す形になり
自撮り棒も貸してくれます





20180528085224c3c.jpg





あたしは1人だったので
他にお客様がいなかった事もあり
お姉さんが付きっきりで 
写して下さいました





201805280852269c7.jpg





お店の前に出て
通りをバックにパチリ

こういうの、お好きで大好物 ❤




撮影終了

着替えて、髪をほどきます


子供用、男性用もあるので
家族で変身出来ますぞ

別料金で、街に出歩けるコースもありますが

観光客らにつかまり
撮影攻撃に合うことは間違いない・・


空きがあれば、予約しなくても
その場で申し込めます


スタジオ内の撮影コース
2000円 を払いました


あ〜楽しかった 👍






沖縄は、お正月に来ても
ハイビスカスやブーゲンビリアが咲いていますが

今の時期は街路樹で
赤い花を付けた ホウオウボク や
月桃(ゲットウ)の白い花が美しい




市場通りの外れで
老夫婦が営んでいる露天の青果店

こちらで何度か買物をしています

スナックパイン400円 を購入


 
ホテルに戻ってチェックイン

7階の部屋に行くと
ゆとりのあるスペースの
シングルルームでした



シャワーを浴びて
室内裸族となる



いつも利用していた
県庁前の居酒屋 あかがーら

品数豊富で無料で島唄ライブが聞けたので
お気に入りの店だったのですが
閉店してしまったようで
 
もらったパンフレットを見て
今夜の乾杯場所の目星をつける





20180528085227039.jpg





スナックパイン
指先で簡単に取れるそうで
初めて食べます

ほじほじすると
とれました



甘くてうみゃい 😋

半分は、明日食べよっと





18時過ぎ、2軒となりの店

島唄ライブおばぁの家 海音 へ


毎日演奏をやっている所で
島唄ライブチャージが 480円 と
とてもリーズナブル


ステージ側がテーブル席

後ろの座敷では
地元の会社の方々が宴会をしていました



クーポン券を出して
パパイヤチャンプルがサービス





20180603002033efb.jpg






沖縄に来たら
オリオンビール飲まにゃあイカンよ!





20180528085229c41.jpg





19時
1回目のステージが始まった


マーフィン と ミキティー


ミキティーの声は
とても女性らしい音域で通る声

周りを包み込むような
おだやかで優しいオーラがありました



数曲終わると、リクエストタイム

海の声 島唄 など
馴染みのメロディーが心を通り抜ける


前列のお母さんグループや
宴会男性達は

音色を聞いて体が勝手に
動いてしまうようで
ステージ前に集まり
笑顔でチャカシーを踊る

おひねりを渡すのでしょうか?
割りばしにお札を挟んだ物を
手に持ちノリノリです





20180528085230190.jpg





最後に全員で輪になり
チャカシー

おひねりが帯を飾っていた



アンコールがあり
もう1曲披露してから終了


お2人は各テーブルを周って
お声がけをしていました


とても楽しかったので
次の部の演奏も見る事に



2回目のライブが始まり

今度はあたしも オリオンビールの歌 を
リクエストしました


1緒に歌って踊って
最高ですなぁ!





2018052808524892c.jpg




 
ブログに写真の掲載の了解をもらうと

ミキティーが名刺を下さいました


単に旅行者としてではなく
とても丁寧に目を見て
接してくれた事に感激しました




彼女のプロフィール

三線(さんしん)シンガー 與儀 美紀乃 

那覇市で産まれ育った 
島人であり、チュラッ娘

祖父母の三線の音色に
包まれて育つ

イベント、結婚式、宴会など
三線出張ライブもやっている

@よぎみきの





うーん・・

三線 と 三味線 って何が違うの?
分かんないから調べました

どちらも3本の弦は同じ
三味線より三線の方が歴史が古い

三味線は、ネコや犬の皮を使い
四角ぽい形

三線は、ヘビ皮で丸みを帯びた形


豆知識が増えて
ひとつ大人になったぞ ✌



今度来島する時には
メールでスケジュール確認して

ミキティーのステージを
また見たいな


あぁ、いい夜でした


明日の為に早く寝ます
オヤスミ






     ー つづく ー







沖縄旅 ① 梅雨神様の元へ






GW休みを、数週間遅れてとるため

2月の初めに、5月下旬の日程で
宿と格安航空券を手配しました



今回のメインイベントは

パラセーリング

そう! ボートで引っ張ってもらい
空中さんぽをするのじゃ

上がる高さによって
お値段は変わりますが

あたしが申し込んだのは

度胸試しコース

100メートルまで上昇するヤツ




出発1週間前から
週間天気予報をチェック

梅雨入りしていたけれど
梅雨の晴れ間に当たる事を願いつつ

1日に何度もチェックしてました



しかし・・

梅雨神様は、ソッポを向くことなく
ずっと微笑み手招きしておる


出発3日前
決断の時です


上空からマリンブルーの海を見たくて
申し込んだのに

降水確率60%だったら
空の色を映す海もグレー色

10分間の空中さんぽに
7000円も払うのよ!

ドンヨリした海なんて見たくない
イヤだ〜


今日までなら料金はかからないから
キャンセルしよう!


夕方、帰宅してからでは
営業終了で間に合わないかもしれないから


お昼休みの1時間が勝負

キャンセルの電話をしてから

代わりに何をして遊ぶのか?

手早く調べて
チャッチャと予約を入れた


あたふたとしていたけれど
何事もなかったかのように
涼しい顔をしつつ
午後の仕事につくのであった 😅


そして、夜
キャリーバッグに入れてあった
水着類をしまう


間際になって
こんなにバタつくのは珍しい


応急処置の遊びのプランは
楽しめるのかなぁ?




翌日

夕方、仕事を終えると
シャワーを浴び着替えて

アイちゃん達にご飯をあげてから

高速バスに乗る




あたしが飛行機に乗る時の
お約束コース

羽田国際ターミナルで
待合所の長イスにてお泊まり

割増料金ナシ
朝イチの便に乗るのです




すっかり慣れたもので

長イスにて爆睡 😪



体内時計は正常で
アラームが鳴る前に目覚める



5時から空港間を運行する
無料のシャトルバスにて

羽田第1ターミナルへ



スカイマークの窓口に行き
予約番号を入力すると
勝手にチケットが出てきちゃった・・
 
って、えーーっ?
座席選べないんだ・・ 😱


C列じゃあ、ど真ん中じゃないの

窓ぎわでなくちゃイヤだ〜 (子供か?)


カウンターのお姉さんに

「 すみません! 窓側の席が空いていたら
  交換して頂きたいのですが 」

調べてもらうと
 
「 はい! 大丈夫ですよ
  左右どちら側でも空いています 」


ウヒヒ!
抜け目なく、進行方向右側をゲット

楽しい空時間が約束されました ♪



ゲートの中に入り
サンドイッチとジュースの朝食を食べる



搭乗のアナウンスが流れて
足取りもかるく機内へ





6時30分発
定刻通り動き出す ✈




オモチャのような港町
旋回しながら上昇

朝日が翼を照らし光る



おぉ!
前方に富士山が見えました 🗻





20180525200919677.jpg





もう少し進めば
翼の下側に来て、シャッターチャンス 📷


しかし・・
モクモクと雲が濃くなって

あっという間に景色が見えなくなった


くわっ ( ゚д゚ ) 残念
ちょっとだけ見れたから
良しとしましょう




サービスのホットコーヒーや
キットカットをもらう



窓の外は、青空と雲の惑星が広がる




時々真下を スズメサイズの飛行機 が
東京方面に飛んで行くのであった



もう、気持ちは上陸していて
体の中に沖縄民謡が聞こえていた

準備万端




コードが下がり
海や入り江が見えてきました


窓に雨が当たり
薄暗く銀色に濡れた滑走路

やっぱ雨かぁ・・



静かに着陸


空港の外に出ると
湿気のある生暖かい気温


あわてて上着を脱ぐ



さて、どんな島時間になるのかな 😊





     ー つづく ー





おしらじの滝 と スッカン沢渓谷





去年から行きたいなと思っていた
渓谷さんぽ にお出かけじゃ!



お天気も良くて晴れ ☀

降水確率ゼロ%

早起きして、高速道路で ビューーン と

矢板インターにて下車

56号線で山の方へ



走りやすい道が続き
道沿いに ツツジ が咲く




山の駅・たかはら を過ぎて5分程走ると


おしらじの滝

看板が出ており
最近整えたばかりの駐車場
真新しい





20180513214102b4b.jpg





観光協会の方でしょうか?
歩きやすいようにと
岩をコンクリートで固めた階段が
所々にありました



熊笹やシダが茂り
黒土が少しぬかるんだ所も



10分程下ると
ありました





20180513214104cab.jpg





昨日まで数日間、雨が降っていたから
ザザーッと滝が流れているに違いないと
狙って来たのに

滝は流れてなかった・・




 朝のわずかな時間
 太陽が差し込むと
 滝つぼが美しい


そう書いてあったから
早朝なのかなと張り切って来た


時刻は8時過ぎ

山影になっていて
ちょっと薄暗い


太陽が真上に来ないと
光は当たらないぞ!



若いお兄さんが
カメラ片手に1人で来ていて

やはり今日が初めてで

「 お昼位にならないとダメなんですね 」

そんな会話をしました


数枚写して駐車場に戻る




ちなみに、ここの駐車場にも
おしらじの滝にも
お手洗いはありません

山の駅・たかはら に
必ず寄ってから向かいましょう!



さらに奥に走り



スッカン沢渓谷 へ


駐車場にとめて

雄飛の滝線歩道 を

熊よけの鈴を付けて歩きます





2018051321410504d.jpg





橋の横にある階段を降りる



右手に川を眺めながら
緑の中をゆっくり歩きます





201805132141075bd.jpg





キツツキが木に穴を開けている音

 グルルルルルッ・・

何だかうれしくなりニマッとほほえむ




シダの葉っぱが咲き

何とも可愛らしい自然の景色





20180513214108156.jpg





ここの名称は、変わった名前だなと
思っていました


鉱物と炭酸等の火山成分を含んでいて
かつてはこの沢の水が、辛くて飲めない

酢辛い沢 → スッカン沢

となったらしい



だから、青白い色をしている





201805132153019d7.jpg





歩いて30分

見晴らし台がありましたが

葉っぱがあるので
あまり良く見えなかった



さらに10分後

スッカン橋を渡るも

遊歩道は土砂に埋まり、通行止めに・・





20180513214211c8f.jpg





奥の滝まで行けなくて残念

引き返します






そうそう、聞いて下さい!

平日に1人で ハイキング に 
行くことが多いので

護身グッズを見たり


事件に巻き込まれないようにと

"1人山歩きの女性が気をつけるべき事" みたいな

記事を読んだりしました



それによると

明るい色とか、女性らしい
山ガール的なファッションはダメ ❌

体型が分からないよう
目立たなくて 地味 な方が
男性の目に止まらない

要するに ちょっとダサい 感じが良いそうな


ふーん・・

じゃあ、ゴルゴのような太いマユゲを描いて
黒い口紅でも付けて
目の下にアイシャドウで
クマをつくり
モンペでも着れば完璧か?

これじゃあ 仮想登山 になっちまう 😱



ちょっとアータ!

「 ソンビがいる 」 と通報され

自分自身がお騒がせの張本人の立場に・・



まぁ、そこまでやらなくとも

地味色の上着やシャツを
山さんぽ用に買っておくか


わざわざ ダサくなる事 を
意識して買物するなんて
前代未聞だわ



そして 140デシベル の
爆音防犯ブザーもそろえました


それがコレ ↓





2018051321421301d.jpg





どうじゃ?

お願いだから

「 いつもよりダサく見えるよ 」 って言って下さい






あー、駐車場に戻ってきました


ちなみに、ここの駐車場にも
遊歩道にもお手洗いはありません


つまり、そういう事です


お花つみ 

大自然の中の 青空トイレ ざます


ハハッ 😅 2回スリルを味わいました




先ほども書きましたが
山の駅・たかはら が最終トイレ 🚻



来た道を戻りドライブ




空を見上げると、太陽が真上にあった


どれ、もう1回行ってみるか!




また おしらじの滝 へと歩くのでした



時刻は10時30分


「 あれっ?! 」


今朝ここでお話したお兄さんがいて

「 まぁ! あたしスッカン沢を歩いてきて
  帰り道にまた来ちゃったの 」

お兄さんも、近くを散策していたらしい




三脚を持ったカメラマンが
わらわらと集まってきた


みんな、ちょうどいい時間を知っているのね




よく来る方から聞いたのですが

この滝が流れるのは
1週間に1回位だそうです


山の水の道からは
外れているのかしら・・





20180513214214e99.jpg





やっぱり、光が入ると美しいわ




また秋に りんご狩り に来る予定なので
その時に 滝が流れる風景 が見れたらいいな





山の駅・たかはら に寄る


もう、見頃は過ぎていましたが
ツツジがたくさんあって
その時期は渋滞するようです


建物の中には
木やツルの民芸品が販売されており
お食事処もありました





20180513214215f82.jpg





北海道ソフトクリーム 380円 をほうばる


けっこう歩いたので
今日はもうイイや・・



山を降ります








道の駅・やいた でランチ





20180513214216e3e.jpg





もちブタのカツ丼 830円 を
ガツガツと食べる

固い赤身の所がなく
どこを噛んでも柔らかかった



帰りは下道を走り

上三川の ジョイフル本田 や
小山の アウトドアショップ に寄り道しながら

元気に帰宅


本日の走行 220 キロ
チョイとドライブの距離でした 😄





大平山ハイキングコース




今年に入ってから
日帰りバスツアーを3件
申し込みましたが

どれも人数が集まらずに中止

バスに揺られて
快適なお昼寝タイムが出来るのは
いつの事やら・・





GWの祭日に
1日だけお休みが入りました が
ちっともうれしくない・・

何処もかしこも混雑渋滞 😥

かと言って、お天気がいいのに
家にこもるのもモッタイナイ

お外の空気を吸わないと
酸欠で心がサビそうな気がするのよ



近隣の穴場狙いで
ちまっと歩いて来よう!




車でよく通る道なのですが
この山は歩いた事がない 
ハイキングコース ざます



栃木県 栃木市

JR大平下駅近くにとめて

ぶどう団地入り口から
9時30分にスタート




線路に沿って歩き

信号とコンビニがある先を左に

小さな道しるべ 客人神社 があった




竹林と細い道路の間を
丸太の塀が続き

すぐに案内板が見えました





201805042032381b7.jpg





ここが 大平山登山口 となる




石段の上に鳥居があって

登山者が数名先に歩いていた





20180504203240de5.jpg






昨夜は雨だったので
足元はすべりやすい



土の香りが嗅覚をくすぐる




木漏れ日に小鳥のさえずりが
さわやかだ






薄暗い森の道



バキッ バキッ・・ 響く音に驚き、立ち止まる

熊かイノシシ出没かと緊張し
辺りを見回すと


登山者が落ちていた木を
杖代わりに使おうと
長さを整えていたのでした 😅





2018050420324125f.jpg






急に視界が開けて
葉っぱの丘を、雲の影がゆっくり歩く




車道を横切り
登山道を進む




なだらかな上り坂で
石段もゆるやかで登りやすい




途中、幹に樹液がたくさん付いてる木があり
テレビ番組でどこかの部族が おやつ だと
食べていた事を思い出した

つまんで食べてみようかと思いましたが
具合が悪なると困るのでヤメた



ウグイスやカラスの声も聞こえる





もみじ庵 というレストランに出て
お手洗いもありました


登山道の続きや
道しるべはナイ・・

たぶん上に行くのだろうと
ここから車道を歩く



すぐに 「 あっ! ここに出るのか 」

車で来た事のある場所で
茶屋が数軒並び、展望台のヤグラがあり
市内を一望出来る



お手洗いは、数ヶ所あります 


ダンゴや大根おろし付の
卵焼きが名物





駐車場がとても狭い

普段は対面通行だけれど
桜の季節だけ山のふもとから
一方通行になってしまう

ぐるーーっと うねうねクネクネの1本道

この渋滞にハマってしまったら
途中でUターンも出来ない

そう、何時間後に向こう側のふもとに
降りてこれるのか?
予測不能

絶対に行かないようにしている
場所なのですよ





道しるべに見放されつつあるなと

さらに歩くと


あづまや という茶店の横に
案内がありました



鳥居をくぐると
コンクリートの道

電信柱と電線が並行する


あぁ、民家があるのね





201805042034285f6.jpg





木かげに シャゲ が咲く




大平山神社 到着





20180504203419c40.jpg





そこそこにぎわっているわね





20180504203424a42.jpg






山頂へと続く小道へ





20180504203427f34.jpg





最初は右手に街を見下ろして
いい雰囲気なのですが


ゴツゴツした岩場とかで
歩きにくく
 
傾斜もキツくなってきた


観光やデートで来た人達は
この道に進まない方がいいかと・・



子供では登れないような高さの
石段を数歩登ると


やっと 富士浅間神社 着いた!





2018050420351861a.jpg





どこでもそうなのですが
メイン神社の奥にある神社は

チョット物置っぽいのよね(本音で失礼 




さらに奥に進み ぐみの木峠 方面に
行こうと思ったら

湿った土や落ち葉の斜面


木につかまりつつ
降りようとするも

つかまれる木もまばら

危ない傾斜

間違いなく サーーッ と滑り落ち
すぐに木の根本に引っかかるも
泥まみれになり
ケガをしてしまう可能性もあった


安全第1

予定変更で
来た道を戻ります





登ってきた時は感じなかったけれど
 
下り道は、ちょっとした傾斜でも

ズルッ とすべり
手をバタつかせるのであった


慎重にゆっくり降りる






201805042034281aa.jpg






ひんやりした風が気持ちいい





12時過ぎ、ぶどう団地入り口に戻り
いい運動になりました








さて、街中へ移動


栃木市の B級グルメ は
 
・ いもフライ入り焼きそば
・ 夕顔ラーメン
・ スープ焼きそば 

色々ありますが
食べた事がない スープ焼きそば を食べに


こまどり樓 へ



店内はモダンな雰囲気

カウンターに座り、メニューを見るも
お目当ての品がない

店員さんに聞くも
首をかしげていた

今はやってないみたい


あたしが見たのは
ちょっと前の情報だったようです


うーん、では カタヤキソバ を注文
900円





20180504203519467.jpg






おう! 来ました

本格的な中華店のお味

具材のダシが出ていて
ソフトな塩味のあんがたまりませんね

けっこうなお手前ザマス




デザートも食べとかないと

お気に入りのジェラード店

蔵の街通りにある 桜蔵



観光客がたくさん来ており
街の駐車場は満車



いつもの売り子ちゃんとあいさつすると
さっそく、オススメを言うのであった

苺のシーズンも終わるから
抹茶は今度にするか



パインヨーグルト と
みるくの旬苺 のダブル 450円





201805061950305f1.jpg





自社農園の苺をバニラジェラードと
その場でコネてくれます





2018050420351968f.jpg





「 GWの連休はもらったの? 」

「 いえ、定休日の火曜だけが
  お休みでまだです 」


次々とお客様が来店し
商売繁盛じゃ



パインヨーグルトは
甘さ控えめでさっぱり味

コネ苺ジェラードは、王道ですな ♪



食べ終わると

「 またね! 」

店を後にする





観光協会によって
山歩きマップをもらう

よし! これを持って
今日行けなかった場所へ
違うルートで今度行こう





20180504203521fbd.jpg





鯉のぼりも泳ぐ うずま川 をながめてから

駐車場へ戻る








仕事で通る道にある 民家 が
この所、車が多く止まり 
妙に活気がある

気になるので行ってみると

 
岩舟町の

大塚なえや という

農家の家の前


裏のビニールハウスの中に
種類別に色んな苗や花が  
地べたに置いてあり販売していました

その辺の ホームセンター などに比べると
お値段がメチャ安かった


お姉さんに話しを聞くと

 4月の第3週末から
 5月の中旬の間だけ
 家の裏で販売している

なるほど・・


知る人ぞ知る
農家直売の苗屋さんだったのね!


ホムセンでは扱ってないような
カラーパプリカ や ズッキーニ を購入

実が付けば儲けモン 的に 
お遊びで植えてみるわ


来年はホームページをチェックして
こちらで全部そろえましょう!




祭日でしたが、穴場狙いで
スムーズに移動が出来て 
満足出来た1日でした ✌







海鮮話食処しんランチ と 金山ハイキングコース




群馬県 太田市 にある

金山城跡 を目指して

山さんぽ




大光院 の駐車場にとめて

西山ハイキングコース を進む
  

朝8時スタート



小鳥のさえずりを聞きながら

ワシワシと登る






20180430180133005.jpg






土の段々を丸太で止めた階段だったり

土の斜面しかない所は
雨上がりには滑りそう


木の根が細かく浮き出ている場所も



イノシシ出没注意 の看板

朝と夕方が出やすいらしい






201804301801351fd.jpg






分岐点には道しるべがあり
迷うことはありません



ウグイスが間近で鳴き
木漏れ日が清々しい



ハイキングコースの道に
消化塔がいくつもありました



8時30分

40台程止められる駐車場に出た

お手洗いもあり
屋上が見晴らし台になっていた

これが モータープール なのかな?


下から歩かなくても
車で  城跡の入り口前  まで来れるのね






2018043018013629e.jpg






入り口から10分歩くと
岩が積み上げられた塀が現れる






201804301801376d4.jpg






歴史とか全くわからないのですが

この雰囲気は何?

今まで見た事、感じた事がない






20180430180139b92.jpg






さらに10分歩くと

山頂に到着

標高239メートル






20180430180241da6.jpg






自然の地形をそのまま生かした 山城

山城としては珍しい 石垣の城

日本100名城のひとつ






2018043018024486a.jpg






もちろん、修復整備された所もあります


時の流れ というか

どんなお殿様が暮らしていたのかなぁって
遠い過去に思いをはせる



頂上にも、お手洗いはありました





目と鼻の先にある

新田神社 へ



神社横にある 大ケヤキ

樹高は 17メートル で
それほど高くないけれど

枝張りが 40メートル 
推定樹齢 800年






20180430180243404.jpg






この木は、おサムライさん達を
見ていたのね






来た道を戻ります


ごく1部ですが、ヒザよりも高い
階段の1段が存在しまして

登る時より、降りる時の方が
ヒザや足首に体重がのしかかる


手すりなんて無いから
慎重にゆっくり降りました




登って来た方々と山のあいさつをする


おじ様Aは、息を切らしつつ

「 おや! もう周ってきたの?
  早いなぁ〜 」

「 はい! 初めて来ましたが石垣が立派でした 」

「 石垣との間にナマリが入れてあるんじゃよ! 」





次にすれ違った おじ様B は

「 この山には20種類以上のスミレが咲いて
  それらの写真を写したり
  スミレの由来を調べるのが趣味なんだ 」

「 まぁ! ステキな趣味ですね 」


何気ない会話も楽しいなぁ!



みんな両手には、登山用の杖
トレッキングポールを使用していた

それって便利なのかな?




モミジの木が多いから
秋には紅葉を見に来たいわ







低い山だけれど
人の往来もあるし

お手洗いも整っていて

とても 魅力的なハイキングコース でした


あー、お腹空いた









太田に来たら しん でランチ♪





開店1番のりで入り

お母さんに

「 相席大丈夫ですから 」 と伝える






20180430180245851.jpg






本日のメニューに コロッケ定食 はなかった

しかし 得丼プラスコロッケ2個付 があったので
これを注文 1350円






20180430180314103.jpg






どーよ! 

トロサーモン アボガド
炙りタコ しらすの沖漬け



いただきまっす!



サーモン、本当に トロッ としてて
臭みがなく体内にとけていくみたい



タコを炙った物はお初なのよ

うわっ! プリッぷりで
噛みしめる程に甘みが出てきて・・
こりゃウマイ



しらすを沖漬けに?

あ〜
ねっとりトロミがあって
やさしくて淡い味の塩辛のような・・

びん詰の酒盗のような・・

これをつまみにお酒飲みたいわ

合いすぎて飲み過ぎちゃいそうだな


小鉢のオクラの胡麻和えも
いいわぁ〜



そしてそして
オレンジ味のフルーチェみたいな
具の色と、やわらかさのコロッケ






20180430180315c29.jpg






ほらね!



ウフフッ

最高にうみゃいコロッケだわ

あたいのハートを鷲づかみにして
放さない

何度でも食べたい


まだ2回目の訪問ですが
来るたびに、驚きの食感と美味さの発見がある


大将! ええ仕事してまっせ〜



お会計をして
カードにスタンプを押してもらう

また来させていただきまする








ホームセンターをパトロール

またまた前回同様に
東毛酪農の バニラソフトクリーム を食べる


レッドビーシュリンプ が
お腹に卵を持っているので
水槽の中、緑を増やそうと

邑楽の チャーム に寄って
ネット予約しておいた
無農薬の水草を買う

植物・爬虫類・魚・水草・小動物 を
扱っているお店


以前から気になっていた
マンガみたいな可愛さがある

ツノガエル

店員さんに色々質問した答え↓


 今はチビだけれど、ご飯はあげただけ
 全部食べちゃって 😰
 あっという間に大きくなる
 寿命は5〜10年位
 冬はヒートパネルで温かくする必要がある



密かなたくらみがあって 😎
水は毎日変えないと
いけないらしいから

小さいプラスチック製水槽の
横や底に穴を開けて
陸と湿地を作り

それを60センチの
エビのいる水槽の中に入れ
(水槽イン水槽)
棒で固定して
水位を安定させる

水槽の ろ過装置 に
毎日の水かえをさせてしまう作戦でしたが
3シーズンは大丈夫だとしても

冬にパネルヒーターが必要かぁ・・

すぐに大人になるのかぁ・・

購入はやめておきましょう 







夜、湯船に浸かりながら
充実した1日をふりかえり
ほくそ笑むのでした 🌜







秩父観光





秩父には、ラフティングや宝登山神社
羊山公園の芝桜などで
来たことがありますが

今回は、お初の所へ観光します




早起きして5時過ぎに出発


下道の 140号線 をスイスイ走る



途中、道の駅で
お手洗い休憩しながら


山々の色んな緑色のグラデーションを
うっとりながめながら
ドライブ




通り道に 二瀬ダム があり

寄り道して歩く事に


山の斜面にジグザグの歩道があるので
登ると上から見れます

アーチ型で珍しいらしい




20180421204122ce4.jpg





この細いダムの上の道を渡って

山の向こう側へ行くと


さらに うねクネ道に



目指す神社

毎月1日にだけ売られる
白いお守りがあって

それを求めて
その日だけは 大行列の大渋滞 になるそうで


今通っている道に

そのことが書かれている

お手洗いはこの先ありません
とか・・



途中、簡易トイレが道端に置いてありましたが
使用禁止の紙が貼られて

1日にだけ使用するみたい



秩父市内から

かなりの距離を走る



山藤・山桜・ユキヤナギ
ミツバツツジ・シャクナゲが咲き

何だか春の花のいい時期ね

ラッキーだわ!




8時30分 やっと到着





三峯神社



えっ?

神社の駐車場が有料なんだ・・

仕方ないから 510円 払う



階段と坂道を登ると
白い鳥居が見えました





20180421204125f7e.jpg





木々が太くて高くて

ウグイスの声が響きます





20180421204128fd1.jpg





とにかく大きい





20180421204130659.jpg





手水舎 でさえ、このきらびやかさ





201804212041309c1.jpg





神殿前の大杉は 樹齢800年 だそうで
2本とも触れます

みんなが触っている所は
ワックスをかけたように
テカテカ色ツヤが良い





20180421204220037.jpg





美しくて立派な彫刻や色彩を
1つひとつじっくり
吸い込まれるように見ました



神社を出て
来た道を戻ります







大血川渓谷 を

歩く予定でしたが

思いのほか時間がかかってしまい

今回はスルー







秩父市 荒川日野 にある

水芭蕉園 へ



140号線から外れた裏道で
看板も出ていない

住宅が点在し、フジ畑が見える
静かな場所にありました


臨時の駐車場があり
そこから歩く事5分







民家の裏側に木道があって

アミで囲われた中にありました



 水芭蕉園にお越しの皆様へ

 有害鳥獣対策により
 設置されています
 恐れ入りますが、通行の際には
 ネットを開閉してください


チェーンを外して中に入り、閉める





20180421204221a44.jpg





コンパクトな山陰に
段々畑のような水田があり
フサフサと葉っぱが茂る


キャベツ畑のようだ!

たくさんの水芭蕉を見て

モネの睡蓮のような
絵画の世界みたいだなと
ため息が出ました


日向のは、花が終わっていましたが

日陰の水芭蕉は、咲いていました





20180421204222d76.jpg





木道も、所々傷んで途切れたり
朽ちていた所もありますが


こういうひっそりとした
穴場的な場所はステキね


オタマジャクシがたくさんいて

辺りは ♪ ゲロゲロ ♪ と
カエルの大合唱 🐸


また来たいわ






お腹が空いたので早めのランチ


あらかわ亭 で

さるそば 700円


微妙に麺の幅が違い
細いけれどコシがあって
美味しゅうございました






秩父まつり会館



入館料 500円 

中に入ると 笠鉾と山車 が
とにかくデカかった

祭りは好きで、青森ねぷたから
飛騨高山など数々見ておりますが





20180421204224b86.jpg





秩父の山車は 二階建ての家 が
そのまま動いているような面積

高さは6メートル、重さは12〜14トン



笠鉾は 高さ12メートル、重さは10トン



高さも幅もケタ違い!


このホールで プロジェクションマッピング!

祭りの様子が壁や山車に映し出される





奥の部屋で3Dメガネをかけて
秩父の四季のイベントの映像



それから、順路に沿って歩き
展示物を見ました




駐車場の人が

「 2時間位なら停めておいて大丈夫 」 と

言っていたので

通り向こうにある



秩父神社 へ


境内には、大きなイチョウの木があって

街中なので、観光客でにぎわっていた





20180421204225055.jpg





秩父を後にして、長瀞へ




長瀞の 宝登山神社 へと続く道にある



阿佐美冷蔵 登山道店


秘伝蜜 抹茶あん  1200円





201804212042419c6.jpg





うつわに削っただけのかき氷

ミニピッチャーに秘伝蜜のシロップ
お皿に抹茶あん

シロップをかけてから
スプーンであんをすくって
ひと口ごとに氷と混ぜて食べるそうな



あんは ポテッ としてて
写真のように氷にのせてみるも
氷となじまない

甘さは控えめの あん ですが
口の中でも、氷だけ先に溶けてなくなり
あんだけが ポテッ と残る

バランスが悪すぎる





作る人は、とても簡単で手早くこなせる

氷を削って終わりで
別のトッピング類の物を
トレーにのせるだけの

立ち食いそば的なかき氷 🍧



秩父という 観光プライスの1200円

800円なら

「 まぁ・・こんなもんか 」 と納得も出来る
 

それなりにこだわったらしい シロップとあん 

ノドが乾いていた状態で食べたのに
美味しさや感動が全く感じられなかったので

あたし的には 高いな と思ったし
残念なかき氷でした






花園フォレストや
ホームセンターに寄り道しながら

日没の頃に、無事到着









プロフィール

足袋子(たびこ)

Author:足袋子(たびこ)
北関東在住 
趣味は外出! 水族館・動植物園・遊園地・プラネタリウム・お祭り・花火・ドライブ・買物・工場見学  
何気に、高い所・爬虫類・冷凍菓子に抹茶好き 
去年末にヒョウモントカゲモドキを迎え
アイちゃんのお世話をしながら楽しく暮らしている
爬虫類女子であります🐲

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも一覧

かっちゃんの雑記ブログ

バイク少々……されど乗る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
803位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
313位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome! 足袋子共和国の  入国ゲートへ
リアルガチ!のバラエティーブログにいらっしゃいまっし〜
今年の連休はどこに行こうかと心の翼を広げニヤける足袋子にワンポチ🐶を

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR