-->

つりぼり・弁天屋のピピちゃん






    ー 気奥のかけら ー


   
      雪ノ下 




栃木県 佐野市

プレミアムアウトレットの中に
雪ノ下という店が、新しく入ったので
出かけてみました


この店舗は、以前ファミレスが
入っていた所でした





20160926100342c6c.jpg






店に入ると、キンキンヒエヒエ
寒いくらいにクーラーがきいてる 😫

店員がお水とメニューを持って来た時に

「 すみません、この店は
  東京にある、あの雪ノ下と同じ系列なのですか? 」

「 はい! 銀座のお店と一緒です 」


ほほう!

雪ノ下が郊外に進出なんだ


近くで名店の味が、食べれるのはありがたい



メニューを見ると
やっぱり、お抹茶様に目がいきます



メニューを見ると
以前、読んだ事がある言葉が書いてあり
こだわりがつづられておる


 三重県多気郡のコケコッコ共和国の
 平飼い有精卵

 最高級北海道産小麦

 大美伊豆牧場の低温殺菌牛乳

 京都宇治の製茶問屋さんに作って頂いた
 雪ノ下オリジナルの抹茶を使用



メニューの種類は

かき氷
パンケーキ
大人のフレンチトースト
こだわりサンドイッチ
カレー
マカロニグラタン
クレームブリュレ

シフォン・ガトーショコラのカットケーキ



こ〜んなに寒い店内で
かき氷食べたって美味く感じないわ 😱



今日は

よつ葉チーズクリーム

宇治抹茶のグリーンティー
大美伊豆牧場牛乳割り を注文

セットで頼むと
200円割引きになります




焼くのに20分位かかりますと
声をかけられました





少し待ち、きましたよ





20160926100343517.jpg





いただき〜ます


上にのっているのは
アイスかと思っていたのに
これがチーズクリームだったのね

フォークを入れると
ほわ〜んと湯気が流れる

焼きたて♪


パンケーキは、抹茶が濃厚でいい色だわ

カステラの上と下がカリッとして美味しいように
このパンケーキも、ほんのり焼き目がいい

チーズクリームは、割とサッパリしているけれど
何か・・
パンケーキより、出しゃばってしまうような・・


食べ終わってしばらくしても
口の中にチーズクリームのヨインだけが
変に残っていました


もう少し量を少なめにのせた方が
バランスがいいみたいよ


ここのグリーンティーは
文句なしの最上級クラスだわ


お会計 1242円 を払い
店を出ました


今度は、スィーツじゃなくて
食事しに来てみよっと









    弁天屋のピピちゃん



台風連チャン
そして、秋雨前線の停滞などで
太陽を見ない日が続きました

久々に晴れた週末
午後から 栃木県 足利市 名草 へ
出かけてきました


もう 迷子のカルガモ・ピピちゃん は
羽が生えて、野生に戻ってしまったのかな?


車で走ります



つりぼり・弁天屋に到着すると
満車でにぎわっていました


空いてくるまで体を鍛えに
神社へ山歩き


青いもみじの葉っぱが落ちており
何でもない所から、水が少し流れていたから
ここ数日、荒れた天気だったのね・・


こんぴらさんを経験したいの後の山歩き

チョロい距離ざます





20160926100344075.jpg





神社の上にある巨石群



この辺りの大きなもみじの木は
青々していました





2016092610034675d.jpg



 

木漏れ日や、川のせせらぎを
満喫しながら降りる




売店で、かき氷を食べてから 🍧
つりぼりに行って

「 どーも! こんにちわ 」

あいさつして、お天気が雨続きで
観光業の人は困りますよね 

なんて話しをしました


まだ、釣り客がいるから
もう少し空いたらやろう




ナント! 
ピピちゃんがいましたよ〜


羽は生えそろったものの
親とはぐれて川に流された時に
痛めてしまったのか?

もともと障害があったのか?

羽が開いたままで閉じないそうです・・



後で空いたら小屋から出してくれると



上ではの団体様が
バーベキューを楽しんでおります


自然に包まれて
人々が休日を過ごしていて

おだやかで、心地よい風が吹いており
ここにいるだけで、癒やされます



大工をしているおじさんが来て
拾ってきた山栗を分けてくれました


木の実に詳しい方で
すぐそこに色々あるというので
教えてもらうことに



ネコにマタタビ の
マタタビの実があると、ツルと葉っぱを見て
たどっていくと

あった!



以前、テレビの動物番組で
ネコ科のライオンにマタタビをあげたら
どうなるか? 実験を見た事があって

大きいナリしてるのに

ゴロニャンと 百獣の王 の威厳がなくなり
笑っちゃった事を思い出しました 


その時のは、茶色の乾燥した物でしたが

これは、青い細長い実


へーえ・・
コレが、あのマタタビねぇ・・



大工さんの話しでは、旅人が疲れた時に
お酒に漬けたマタタビを飲むと
元気になって また旅 に出れるから
マタタビ になったと言ってました

摘んだ実のフサを取って
洗って水分を取り除いてから
ホワイトリカーに漬けて
1年以上たつと飲み頃だそうよ




ムカゴ って、聞いた事あるけれど
どんな実なのか サッパリわからない?

教えてもらい摘みました


水に漬けて、上に浮いたのは
中身がスカスカだから捨てる

沈んだのを茹でると、食べられるそうです




20160926100347d9f.jpg


   青いのがマタタビ  茶色がムカゴ





あたりを散歩して戻ると
釣りを開始


前回同様、お魚達はお腹が空いてないのか?
あたしの腕がないのか?

疑似餌を知らんぷり〜



全く食いついてきません





もう、薄暗くなってきて
店の人達もお片付けを始めたので終了



大工の人が釣った1匹をもらい
お会計をして、生で持ち帰りました




201609261004072fe.jpg





ピピちゃんに

「 また来るからね!
  元気でいるんだよ 」


声をかけて、手をクチバシのようにして
パクパクまねると
ピピちゃんもパクパクアマガミしました

ぜんぜん痛くないです



つりぼりのみなさんにも
あいさつをして

家路につきました




   〜 翌日 〜




ムカゴは茹でて食べたら
豆と栗のハーフみたいな味

今度詰んできたら
豆ごはん風にしたいな

1つぶ、白い根がモシャモシャ出ていたから
試しに土に植えたよ

どんな風に芽が出て伸びるのかなぁ?




マタタビは、ホワイトリカーに漬けました

冷蔵庫に入れて
しばらく放置

どんな味になるのか、楽しみです 

 






スポンサーサイト

ビッグスマイル小歩危(こぼけ)うどん県の旅 NO.3




      サブタイトル



  めざせ! こんぴらさんのてっぺん




目が覚めて
お湯を沸かし、お茶を飲む 🍵

昨日の徒歩疲労もなく
酒も残っておらず

胃腸も問題ない


あら!
あたしって、かなりタフかも?


テレビをつけて、お天気をチェック

雨のち曇り ☔☁
降水確率 70/60 29度


ありゃ〜・・

とりあえず行ってみるか!






荷物をまとめて
チェックアウト


ポチポチと小雨なので
アーケードを通って駅へ


途中、ドトールが開店したので
モーニングを食べる






高松築港駅

コインロッカーに、キャリーバッグを入れて

1日乗り放題のフリーキップを購入
1230円


琴平線に乗り、終点の
琴電琴平駅へ 🚋



電車の中に、駅や車内ルールの事が
さぬき弁のポスターで、貼ってありました

まくれるで!  ( 転びますよ )
ぶつりょる!  ( 漏れてますよ ) 音が
かいていたぁ! ( 抱えて下さい ) リュックなど

全く、わかりゃあせん 😱




昨夜、友人に

「 明日は、こんぴらさんに行く 」 と言うと

「 だいたいの人は 本宮 までしか行かない
  頂上の 奥の院 へは大変なんだよ 」

ふーん・・
そんなに大変なんだ

何時間登れば着くのだろう?
 
かなりの気合いと根性で
望まなければなるまい




2車両の列車、真ん中の接続部分は
アトラクションなみに揺れます


のどかな風景を見ながら 
終点の 琴電琴平駅 に到着




改札を出たとたん ニヤッ 

初日に目撃し気になっていた
うどんタクシーが入ってきた!

運転手はカギをかけて、お手洗いに行ってしまった
 

     チャンス  


あわててバッグからカメラを出して パチリ




20160923215013e1f.jpg




イヒヒヒ 🎵

願いが通じたんだと、偶然をヨロコビ
心は快晴で、こんぴらさんへ




駅前の地図と道しるべを見ながら歩くと
商店街を抜けて、表参道へ

雨が止んで、曇り空に






ここも1年中、観光客で
賑わっている場所なんだろうなぁ


飯屋 土産店 お茶屋
和洋のスィーツが、選り取り見取りですわ


燃料チャージの為に
寺子屋本舗のとうふソフトを購入

380円




20160923215015d6c.jpg




小学生の頃に、音楽の時間に歌っていた

♪ こんぴら船フネ追い手に帆かけて
  シュラシュシュシュ〜 ♪ の
 
こんぴらですぞ!


正式名は 金刀比羅宮(ことひらぐう)
こんぴらさん と呼ばれ
親しまれている




20160923215016ceb.jpg




さーて、初めの1歩!
時刻は 10時 ジャスト
スタートじゃ 


行きは寄り道しないで
ひたすら歩く事に専念します



しばらくは道の両側に
土産店や茶屋が並びます




パンフレットや地図も持たずに
歩いていたので
文と写真がズレていたら
ゴメンなさーい 






10時11分 大門 365段目

ここまで観光バスが入れるそうです

危険防止の為に、境内において
ゲームアプリ・ポケモンの使用は
ご遠慮下さい 

と書いてある



少しすると店はなくなり

木立の中を、石段と坂道が続きます






五人百姓 

特別に商売を許されており
加美代飴(ベッコウ飴)を売っている




20160923215017c73.jpg




空気もヒンヤリ






20160923215150c1e.jpg




旭社

旅行中のお天気予報が全て
雨マークだったから
帽子は持ってきてな~い 👒

薄日がさしてきたので
普段から愛用して持ち歩いている 手ぬぐい を
頭にかぶりました

涼しければ、首に巻けるし

ハンカチやタオル代わりになり
一晩で乾いてしまうし

もしものケガの時に
包帯のように手や足をしばれるし

頼りになる、お気に入りの小物


カッパのお皿じゃありませんゾ








20160923215019964.jpg




途中、この先お手洗いがないから
ここで入るようにと看板があり
素直に従う






10時23分 本宮 785段目

ここで、ほとんどの人は終わりにして
下って行くのね




20160923215152a52.jpg






先に登っている人々を、追い抜く事はあっても
あたしを追い抜き、歩く人はいませんでした

割りと歩くペースが、早いのかもしれません






10時30分 白峰神社 932段目




20160923215153c6e.jpg






イノシシ注意のカンバン


登る人は、降りてきた人に

「 もう少しですか? 」

山頂までの距離を聞くと

「 まだまだですよ 」

「 えーっ、まだかぁ〜 」 とつぶやきながらも

バラけて歩いてる仲間に向けて

「 頂上まで登って降りたら
  冷えたビールを飲むぞ 」 と叫び

ご褒美をチラつかせて
自分に喝をいれていました




私は歩くのが、楽しくて仕方なかった 😆

この次は、どんな景色が見れるのかな とか

この先に、どんな大きな木があるのかなって

見るものすべてが新鮮で
石段を登る大変さよりも
ワクワクする気持ちの方が強かった






10時55分 いづたま神社 1368段目

この先に道がない 

ここが頂上の 奥の院 って所?

周りの人に聞くと、そうだと言う・・


えっ?!
もう、着いちゃったの?


まだ1時間しか歩いてないよ

これが 大変な事 なの?


みんなが言う 大変 と
あたしの中の 大変 が違いすぎて
戸惑いました 😅



しばらく様子を見ていたら
あとから、死にそうなを顔して登ってきた人々が

「 着いたぞー! ヤッター 」

そう言いながら、記念写真を写し
降りて行くから、間違いないのだと確信しました




20160923215154331.jpg


 


そういえば、サンダルじゃった・・

山頂からの景色を見て
写真の撮りっこをしてから
下山しました




 

気に入った風景を撮影しつつ




20160923215156d56.jpg




雨上がりの石段と落ち葉で
滑ってコケないように
気をつけてながら




20160923215247f74.jpg




本宮には、白と黒のお馬さんがいました




20160923215248b77.jpg




こんぴらさんは、船の神様という事で
写真や展示物も飾ってありました




201609232152461b7.jpg






境内の中がざわついており
みんなの視線の先を見ると

おじさんが野鳥に、エサをあげていました

引き寄せられるように近くに行き

「 うわ〜! かわいい 」

手のひらに小鳥が止まり
エサを食べていたのです 🐦

まるで夢の世界みたいな事をされていて
しばらく憧れの眼差しで
後ろから見ていました


「 こんにちわ! いつも小鳥達に
  ごはんをあげているのですか? 」

こちらを見て 「 はい 」 優しく答えてくれました


その後、ダメもとで聞いてみました


「 あの・・ すみません
  お写真を撮らせて頂いてもよろしいでしょうか? 」

静かにうなずいて下さいました




2016092321525075e.jpg




何枚か写しているうちに
同じ種類の小鳥しか
来ていない事に気がつきました


「 この小鳥は、何ていう種類なのですか? 」

「 ヤマガラです 」

「 ヤマガラ・・
  ありがとうございました 」


お礼を行ってその場を去りましたが


どうしてスズメとかは来なくて
ヤマガラだけが来るのか?
いつからどうやって手のひらに来てくれたのか?
不思議・・

おじさんはヤマガラとお話しが出来て
心を通わせているんだなと思いました






20160923215252e68.jpg




参道にお店が並ぶ所に来ると
気温も蒸し暑い


これから本宮に行く人々で
参道は、かなりの人混み渋滞





商店街の 田中屋 という店でランチ

鳥めしチャーハン 500円




20160923215330373.jpg




ワンコインにしては
上出来のお味でした

パクパク食べちゃった

クーラーが涼しく汗が引きます




やたらと タヌキ の絵や置物があるのは 
さぬき と タヌキ を
かけ合わせているらしかった




20160923215332100.jpg




フリーキップで 瓦町駅 まで行き

そこから 長尾線 に乗りました

こちらは単線なので、駅で待ち合わせ




往復して、琴電琴平駅に戻り
お土産を見に JR高松駅構内の売店 へ


ここが1番の品揃えらしい


隣の商業施設のビル サンポート高松 へ
四国88 という土産店もパトロール


フードコート ちょっとカフェ で
蒜山(ひるぜん)ジャージー牛乳ソフト 198円




201609232153335b9.jpg




空いているイスを探し歩いていたら

「 良かったら座らない? 」

声をかけて下さったオシャレなご婦人

遠慮なく同席させてもらいました



ご主人が何かのオークションをしに
向こうの会場に行っており
ご婦人は興味がないからアイスを食べて
待っている所だそうです

通称 みどりさん で
本名ではないと言う


どこから来て何をしたなど
旅のお約束の会話をしつつ
 
女性の井戸端会議に発展し
初対面にも関わらず
何だか盛り上がってきたぞ!


そのうちにご主人が戻られて
オークションで落札した品を見せてもらい

3人でお喋り

午前中に、こんぴらさんへ行き
1時間で山頂へ着いた話しをしたら
ご主人は、ビックリ顔

やはり

「 普通は、本宮までしか行かないんだよ 」

友人と同じ事を言っていました


「 また何処かでお会いしましょう! 」

あいさつをして
みどりさんにハグしてお別れしました





琴電琴平駅のロッカーに、荷物を取りに行って

雨が降ってきたので
駅前の居酒屋 庄や に入り、夕食にします


メニューが 四国・中国編 となっているから
関東のメニューを持ってきて、見比べて見たいわ


気になったのは

・ 焼きママカリ(魚)の酢漬け
・ 松江おでん
・ カツオのハランボ焼き
・ ウツボの唐揚げ

注文したのは

広島府中焼き と 午後ティー  




201609232153358d5.jpg




後は、高速夜行バスの時間を待つだけです



居酒屋を出る頃には、雨は止み

あと1時間、駅前をブラブラ




バスの待合室で、四国の観光PRのビデオを見て

ぼんやりしてると、バスが到着


21時15分発

新宿バスタ行き


 
すぐに眠りにつき


 



翌朝、到着

台風16号が追いかけてくるから
下手に都内で遊んでて、交通機関が乱れたら
帰れなくなってしまうから・・

バスタから出ずに
そのまま地元行きのバスに乗車




昼前に自宅に到着



1ヶ月遅れの楽しすぎる
お盆休みの旅でした 😄









ビッグスマイル小歩危(こぼけ)うどん県の旅 NO.2




     サブタイトル 

   名所観光&うどん三昧




さわやかに目覚める

体にだるさは残っておらず
意外と元気 


四国に住んでいる友達に
事前に連絡をとってみると
案内してあげるとの事で
本日は、1日お任せの観光じゃ 😊

朝うどんに連れて行くから
朝めしは食べちゃダメだよと
念を押される


ホテル前にて合流
「 やあやあ! 」 とあいさつして
お迎えの車に乗り込み
モーニングうどんへ




会って1番に聞いたのが
昨日見た うどんタクシー 

やはり実在するらしかった





駅などの立ち食いそばでなくて
こだわった個人店で
早朝からやっているなんて・・

天下のうどん県だわ



着いた店が

手打十段 うどんバカ一代




201609222048272aa.jpg




行列は出来ていませんでしたが
店内は観光客でにぎわい
ほぼ満席


店の壁は、芸能人のサイン色紙で
埋めつくされておる

有名な店なのね!




まだ体温が上がってないので
温かいうどんと、ゆで卵の天ぷら




201609222048286d1.jpg




色ツヤ良く、ツルンとしてて
汁も美味しい

透明の汁だから味が薄いのかと思ったら
ちゃーんと良いお味

ゆで卵の天ぷら、お初の品です



名刺を頂くと

開業 H16.4.12
朝6時〜夕6時
年中無休
昨日より美味しいうどんを提供できるように頑張ります
 
と書いてありました







次の観光地へ

この字を くりばやし公園 と読んでました 😅
小学生レベル・・

栗林公園 (りつりんこうえん)
入園料 410円

広さは 23万坪


朝早いので、人がまばらで
のんびり歩きます



あれ・・

この公園は、普通の公園とは全然違う

私は植物好きですが
専門的な知識など何もなくて
ホンマモンのド素人ですが・・

スゴイ松ばかりが園内に生えているの

幹や枝の曲線が、実にバランス良くて
美しく芸術的なの

松の存在感とオーラがハンパない

そんじゃそこらの公園の松とは
レベルが違うんです!

このこだわりは何?




20160922204830155.jpg




ハスとオニバス




2016092220491960d.jpg




サルスベリの花が咲く先に
木のアーチ型の橋がかかっていたり






園内で1番気に入った場所が 吹上

園内の池の水は
すべてこちらでまかなっている


この水は枯れたことがなく
夏は冷たくて、冬は温かいそうです




20160922204831c0f.jpg




水草の青々したグラデーションが
小川の流れにゆれて神秘的だし
輝いてます




目の前の小さな山を登ると
園内唯一のビューポイントで
こちらのパンフレットの
表紙にもなっています




20160922204832500.jpg




まるで、お城の中庭のような
水戸黄門とかの時代劇に出てくるような

見事にお手入れされている


四季折々の花が咲いてたら
また艶やかなのだろうなぁ・・



日本三大庭園のうち

岡山後楽園以外の
水戸偕楽園
金沢兼六園は、行った事がありますが

こんなに感動しませんでした


栗林公園は
国の特別名勝に指定されている
文化財庭園だったのですね



後から知ったのですが
松の盆栽の生産量が日本一だと・・


そんな土地柄もあり、松園芸家や植木職人の
意地とプライドに守らて
見事な松が、たくさんあり
育っているのですね

栗林公園の松は
色気・妖艶さ を感じられる
とっても魅力的な場所でした



駐車場を歩いていると
大型バスが到着し
団体様がゾロゾロ入って行きました 


とても空いている、いい時間に見れました






少し移動 






山のふもとの入り口ゲートから
ウネウネと山道を走り
頂上に 新屋島水族館 がありました




201609222049206cb.jpg




眺めもいいぞ



山の上の水族館だから、サイズ的にも
アシカ位の生き物しか、いないんだろうなと
思っていました

建てられてからずいぶんと
時が流れているのが分かる建物

入園料 1200円 


中に入ると

えっ?! 
マナティがいるよ


しかも2頭




20160922204923725.jpg




うぇ〜、ビックリ 😲






カワウソのお食事タイム

100円を払うと
えさやり体験が出来るというので

断わる理由なんてナイざますよ!




201609222049223df.jpg




小さなお手手を合わせて
小魚のザク切りをキャッチ

愛らしい姿

モグモグ・・ カミカミ・・

よく噛んで食べる子達でした






タッチプールでお兄さんが
生き物についてのお話しタイム

ヒトデはどうやって歩くかとか

ナマコは海の底を
キレイにする働きがあるとか


特別にカブトガニが登場し
ひっくり返してエサをあげる

どこが口なのか?

驚いたことに
足がワラワラ生えている
ど真ん中が口でした




201609222049254e9.jpg



 
顔の先が口かと思っていました




 

外のプールに

えーっ! イルカがいるの?

しかもショーがある?


2頭だからジャンプや輪くぐり程度
なんだろうと想像してました



前の水に濡れるイスしか空いてなかったので
後ろで立ち見


飼育員のお姉さんが2人いて
あいさつと注意事項のお話し

前の2列は、海水がかかり濡れること
電子機器にかかるとサビます
ちびっ子など、前に出てこないでね!



ショーがスタート


お姉さんのお話しの途中で

「 ちょっと待った〜 」 と

奥から 世直し侍 が登場




201609222050156aa.jpg




この人、ものすごく表現力豊かで
ちょっとした劇団員のようです


キャラが私の 笑いのツボ に入ってしまい
ケラケラ笑っていました





みんなを笑顔にしたいと
いろんな事を言い
お姉さんと会話のやり取りをします


侍の問いかけに対して
水の中のイルカ達は

頭を大きく上下して
うんうん したり


別の問いかけに
左右に顔をふり
ノーノー 違うよと答えたり


そして、侍が ニヤリ と笑うと同時に
イルカ達も口を三角にして ニヤリ と笑う

ヤダ〜!
ウケる 



そして、リズミカルな音楽と共に
流行りのダンス 💃

ヒュー! と歓声が上がり
そのままプールサイドへ

侍がカツラを投げ捨て
プールに飛び込み

イルカの背中に立って
サーフィンのように
プールを一周すると
拍手喝采 


イルカが、大きくジャンプすると
客席にバシャバシャ水が飛び
キャーッキャーッと盛り上がる


最後は、シャボン玉のシャワー
夢のような形でショーが終了





あちこちの水族館で
イルカショーを見ていますが

こんな 
パフォーマンス&イルカライブショー 

ユカイで楽しくて笑えるプログラムは
見た事がなくて新鮮でした






世直し侍がお客様の
お見送りに来ていたので

一緒に撮影をお願いしました




20160922211959f1a.jpg






この後、アシカショー


さっきの 侍兄さん が登場し
アシカとアザラシの違いや見分け方などの
お話しをしてくれました






スミマセン・・
こちらの水族館を
ナメていたつもりはありませんが

だいたい、入園料金の額と水族館の内容は
比例するんですよ


中には例外もあって
何処とは書けませんが・・

都市部で駅に隣接していて
そこそこにお高い入園料で
面積が狭くて、ショーはあるものの
展示の生き物達を、アッという間に見終わり
何?これだけ? みたいな・・
土地代が高いのね! としか
考えようのない水族館もあります


こちらは 1200円 だったから
これくらいかなって・・

しかし、予想外に
動物の種類も多く、ショーがあったのには
本当にビックリしました

見てきた内容からすると
こちらの水族館

激安だわ 

家の近くにあったなら
年パスを買って
ヒマさえあれば通いたいです






屋島を下った所にある店でランチ


うどんのわら屋




20160922205021308.jpg




古き良き日本の民家



こちらも人気店でして
混んでいます




私は、よくメニューを見てないのに
何かを頼んだようです




来たのがコレ




20160922205020504.jpg




木のオケに入っているうどんを
見せたかったようです

巨大な陶器の汁入れ
湯煎にかけてあったようで
触ると熱い


ここのうどんは、ぬめりがあります

お汁もいい味です






屋島のふもと1帯が 四国村 
入ってみることに


四国各地から移築された民家33棟が
当時のままの姿で復元され
点在しているそうです




入村料 1000円


入ってすぐに かずら橋 があると・・

昨日見てきた 祖谷のかずら橋 の
小さいバージョンらしい




201609222051263cb.jpg




下は2メートル程で池になります



おや・・
ワイヤーの上にツタを巻きつけていたの?




20160922205127fcf.jpg




昨日見た 祖谷のかずら橋 も同じ造りだそうです 😥

安全の為にワイヤーを包む
シラクチカズラ、ツタのお飾り・・

な〜んだ!
真実を知って迫力が半減したよ

ターザンが作ったような橋じゃなかったのね

んなら遠慮なく、揺らしてしまえ〜



キャッキャ言いながら
飛び跳ねてユサユサ

さる山のおサルが
ロープを揺らしてハシャグのと
同じだわ 🐵



歩く部分の木のすき間が大きくて
大人でも踏み外したら
引っかかる事なく、池にジャボンするわ




村内 イノシシ注意 の看板

イノシシに突撃されると、牙でやられるから
太ももなど パックリ 切れると言う


クマ被害を聞くと、絶対にいない
逆に クマ注意 の看板を見てみたいと




わらぶき屋根の家や

石蔵

砂糖しめ小屋

歌舞伎舞台




私は何ともないのですが
坂道を歩く友人の足がもつれています

「 大丈夫? 」 と聞くと

「 ダメ! 普段こんなに歩かない 」



車に乗ると ホッ としたような顔でした







市内を出て、山の方にどんどん走ります

「 四国八十八箇所の最後にあたる
  大窪寺 に行くからね 」 と


走っていると池が目につきました

ダムが1つしかなく
雨が降りにくい地域だから
すぐに水不足になる為に
ため池が必要なんだとか



駐車場に着くと

停まっている車から
お遍路さんのカッコの人が降りて
お寺に歩いて行きました

最近では、車で周る人も多いそうです



お寺をぐるりと歩く



キューブ型の岩にコケが生えて
きれいな場所がありました




20160922205130b9c.jpg




この辺りのお寺は
幹が太くて背の高いモミジが多いから

どこのお寺でも
美しい紅葉が見れそうね




茶店みたいな所でうどんを食べると言う



はぁ?
空耳かなと聞き直すと
間違いなく うどんを食べる と言っている


何? 3時のおやつうどん?



八十八庵(やそばあん)


土産店を兼ねたお食事処

先に席に着いた友人は
勝手に何かを注文してるし・・




2016092220512935b.jpg




味噌味の煮込みうどん



猫舌の私は、フウフウしながら頂きました

サラリとした白味噌味で、美味しい



関東地区では、煮込みうどんは
冬のメニューとしている所が多いので
夏に煮込みうどんなんて、不思議な感じ



香川県産の小麦 さぬきのゆめ を
大窪寺のわき水で丹念に練り上げた
本物のさぬきうどんだそうよ



えーっ 

朝めし お昼 3時のおやつ

3食続けてうどんを食べたのは
人生初体験



うどんも店によって色々あり

ゆでた麺を水で洗ってしめるタイプ

ゆでた麺のヌメリをそのまま食べるタイプ

そして、1杯 250円からあるので
気軽にお外でうどんを食べれるのと
うどん愛 が形となり
うどんの消費量 日本一 につながるのでしょう






街に向かう途中、路地へ

私の 愛ラブアイス心 を満たすために
寄ってくれました



CAJU×果樹

5周年記念
ダブルのお値段(440円)で
トリプルが食べれると


お店の店員さんが、2人いらしたのですが
どちらもだいぶ・・
ぽっちゃり系のご婦人方でして

スィーツ店やケーキ店などで
ぽっちゃり系の店員がいると
この店の商品を食べると
こうなるのかなって・・

ぶっちゃけ、イメージとして
思ってしまう部分はあります 




20160922205222587.jpg




いちごミルク
ブルーベリー
フレッシュミルク




食べてばかりの1日
かなり歩いたからカロリーは、チャラかな?





方言を聞いたら

さぬき弁は、語尾に

・・やろ
・・けん


岡山は

・・じゃろ
・・じやけー
ぼっけー(スゴイ)


高知は

・・やっちゅー
・・がー

だそうです





街中の商店街で、お土産を見てから
居酒屋に入り

名物の鳥料理などを注文して

カンパ〜イ 


お喋りの花が咲きつつ
夜は更けて

日にちが変わる前に、店を出ました

 
1日案内してくれたお礼を言い
またね と手を振り解散


歩いてホテルに戻りました





大名行列のような
有名処の、いいとこ取りの
観光が出来ました

友人に心から感謝なり 







ビッグスマイル小歩危(こぼけ)うどん県の旅 NO.1 





ラフティングといえば埼玉県長瀞で
何度か楽しい経験をしております

が、しかし・・

こちらの川では、岩の上からの飛び込みは禁止

よじ登って ドボ〜ン したいのに出来ない



どうしてもソレがやりたいのと
激流なるラフティングって
どんだけ興奮物質が放出するんかい??

それらを確かめるべく
遅いお盆休みをとって
うどん県への旅を計画しました


あーた!
半年も前から楽しみにしてたとですぅ


パック旅行ではなく
全てバラで予約手配したよ


んな理由で
うきうきルンルル〜ン 

4泊5日の旅(車中㉑2泊)
出発じゃ〜い


3回に分けてのレポートざますが
いつも以上に長文の予感が・・

休憩しながらお付き合い下さいまし 








     サブタイトル 

   いざ! 徳島吉野川へ





この日は、半日で仕事から帰宅

ササッと、お風呂に入り
戸締まりをキチンとして

高速バス乗り場へ



新宿バスタへ向かいます



夜の時間に、ここから夜行バスに乗りますが

まずは地下鉄で、麻布十番駅へ



久々にこよなく愛する 塩屋の塩ソフト を
食べに来たよ




沖縄旅行の時は
夜な夜な国際通りに出没し
毎日食べていた程好きですねん

東京で塩ソフトが食べられるのは
ここだけなのよ

380円






20160919185146fa8.jpg





旅の門出を祝うアイスじゃ

うんうん!
いつもの変わらぬ美味しさ

濃厚でスプーンにからみつくよな
バニラアイス

そして、塩のジョッパさ加減との
美味しさのハーモニー


テーブルの上には、10種類のお塩があって
アイスにかけて試食して
美味しかったら買ってね〜
みたいな感じです




おかわりしたい所ですが
明日の事を考えてヤメテおきます




すぐに新宿に戻る




東急ハンズをパトロールして





夕食は、南口から歩いて5分程の
ターリー屋南新宿店

入ると

「 イラシャイマッセ〜ェ! 」

独特のアクセントで歓迎します



定食風になっており
ナンは食べ放題


2色カレー定食 830円
ラッシー    300円 を注文





20160919185147862.jpg





旅の門出を祝うカレーじゃ!

制服の学生さん達が
マックを利用しているかのように
カレーを食べていました


この後、ハーフナンをおかわりして
満腹ご満悦で、バスターミナルへ





    新宿バスタのトイレに意義あり

 ここのお手洗いは、設計ミスじゃないですか?
 私のキャリーバッグは、機内持ち込み可能なサイズですが
 お手洗いの中にガラガラと入れられません😱

 固定されたエチケットボックスが
 中途半端な位置にあり、ぶつかってムリ

 グループで来てるなら
 外にいる友達に見ててもらえますが
 1人旅の人はどうするのよ?

 大切な物が入れてあるのですから
 ドアの外に置いて入れないでしょう?

 仕方ないから、持ち上げて
 便器の奥に置いて、ドアを閉めました

 大きいサイズはダメ
 絶対に入れられない

 トイレの数も少なく混みます

 空港のお手洗いを見習ったらどうですか?

 新しい施設なのに
 利用者目線で作られていない
 残念な設計でした





㉑21時過ぎ、新宿バスタから 
夜行バスに乗車


東北の祭りや花火に、夜行日帰り旅行として
普通のバス車両で乗った事はありますが

夜行バスの専用車両に乗るのは初めて

3列独立シート

ゆったり広くて足が伸ばせるし
リクライニングシートもガッツリ倒せます

う~ん・・ 😸 こりゃいいや


よく眠れそう

トイレ付で安心


寝ている間に目的地に着くのだから
時間を有効的に使えるわ

早々におやすみなさい






     〜  〜





途中

足柄サービスエリア

淡路島南サービスエリア に

寄りました


下車のアナウンスが何度も流れ
次々に降りていきます

買っておいたパンをかじる



7時過ぎ、予定より30分早く
高松駅バスターミナルに到着


初上陸のうどん県

曇り空の中
ここから県庁前まで、歩きます




広い歩道内を、歩行者と自転車
2つに分けてあり
大きな街ならではの工夫に、感心しました





20160919185148410.jpg






 テク  テク






予約しておいた
ニコニコレンタカー店へ



電車だと、アクセス悪くてギリギリだから
車で移動


手続きの用紙を書いていると

「 すみません! 本日お客様が使うハズのお車が
  昨日、事故をしまして別の車になります 」

「 ・・・ 」


あーた! これから出かけようとしている時に
縁起でもない・・

本当の理由を伝えたのでしょうけれど
物は言いようで

例えば、整備不良が見つかった為とか
何か別の言い方がないですか?

ちょっとイヤな気持ちになりました


用紙を書き終わり、前金として

12時間以内の軽自動車代
(ナビなし) 2400円
保険代    1080円

計 3480円 を払いました

あとは、返却の時に
使ったガソリン代を払えばいい


最後に店員から、トドメのひと言

「 喫煙車になります 」

「 えーーっ! 禁煙車って言ったじゃない
  イヤだ! キライ! 臭い! 」

カチンときていたから
露骨に言ってやりました

何で書類とかを書く前に
全部まとめて言ってくれないかな?
ちょっとやり方がズルイよね!


ニコニコレンタカーの幹部の方
もう少し現場の実態を把握した方が
いいんじゃないかしら?
これじゃあ、安かろう悪かろうになりますよ



この車しかないと言うから
しぶしぶ了解したものの

「 クーラーかけながら
  窓全開にしなくちゃ走れないわ 」
 
捨てセリフを吐きながら

ちょっとイラつきながらも出発
まだ旅は始まったばかりなのですが・・  


小歩危のラフティングへ向います
13時の部に参加


ちゃんと調べて書いてきた
お手製の地図を見ながら走ります



細切れ睡眠でしたが
遊び気の方が勝っているようだわ


ひたすら32号線を進む



第1の立ち寄り先

道の駅 滝宮


時間が早いので開店してません




  
   





次は

空の夢 もみの木パーク

9時過ぎていたので開いてました

ここに、お目当てのアイスが!



ひまわりのタネアイス 200円

こーんな種類のアイスは、お初





20160919185150085.jpg





タネの色がアイスに溶けて
うす〜い茶色

くだかれたタネがたくさん入っており
歯ごたえとアクセントになり
これは うみゃい ♪

とても美味しいしリーズナブル料金
当たりのアイスでした





   





そして、次

たからだの里 


さっき2つ見てきた所より広くて
品数も多く、活気がありました




さっきから観光標識の
かずら橋 が気になる

出発前のリサーチだと
見たいけれど時間的にムリと
あきらめていた場所


けれど、バスが早く到着し
道に迷うことなく順調に来ていたので

行けるかも?

ずっと表示のキロ数を見る度に
頭の中で、往復距離と時間を計算していた



小歩危に近くなったら
かずら橋まで11キロ の表示

「 よし! GO 」

32号線から左折し
急にスピードを上げて
山道をかっ飛ばす


かけ足観光は承知の上


人が変わったような運転です



不思議な事に
このわずか10キロ内に
道の駅やドライブインが密集してる


観光名所なのでしょうけれど
ありすぎてお客様が分散しそう



目的地に着くと
駐車料金が必要でした 300円


下りの坂道を歩くと、ありました

ターザンか、ジャングル物の映画に出てきそうな
つるを編んだ吊り橋





20160919185151f77.jpg





うっひょ〜 😆

スゲーなぁ



嬉しくなって、橋のたもとに駆け寄ります





20160919185250c4e.jpg





えっ、渡るのに 550円
通行料がいるんだ・・

ふと、吊り橋を見ると

年配者が両端にしがみついたまま
動かない

そこへ、ヒールのお姉さん達が重なって 👠

さらに大渋滞


こりゃダメだ! 時間がない



見ただけで引き返しました




予定外に、実物を見れただけ
良しとしましょ





途中 道の駅・大歩危 で
かるく ざるうどん を食べて

小歩危に向かう





   





ウォンウォン走り

12時過ぎに到着


あー、余裕で間に合った〜 😅




ベース地から下にある駐車場に止めて
ひと休み



歩いてベース地へ行くと
アジア系の人達が迎えてくれました

私が1番のり〜!


お国を聞くと、やはりネパールでした

自己紹介で
北関東から、今朝夜行バスで着き
レンタカーで来たこと

埼玉県の長瀞でラフティング経験があり
激流体験と岩の上から飛び込みがしたくて
今回の旅行を立てたこと

長瀞でもネパールの人達がいて
フレンドリーだった事など

お喋りしました



みんな トーストボーイのマッチョ です


午後のお客様は、計15人の参加だと



次々にやってきて

13時
あいさつと流れの説明があり

料金の中に保険代も含まれており
ここまでは適用になるけれど
これ以上は適用外のお話し

そして、水温が低いからと
上下のウェットスーツを渡されて
マリンシューズを持ってきてない人は
レンタルシューズを借り
更衣室で水着に着替える


私はマイシューズを持ってきてて
防水カメラを首から下げて
準備OK


ヘルメットをかぶり
ライフジャケットとパドルを持ち
マイクロバスに乗り

道端で降りて
少し急な岩場を歩いてスタート地点へ



水量が少ないという事で
3つのボートに分かれて乗ります


流れのない所で、パドルの練習

前に漕ぐ 後ろに漕ぐ
ロープにつかまる 
ボートの中に座る

これらの動作を覚えてから
いざ出発!





20160919185251e8d.jpg





しばらくは、静かでおだやかな川の上を
水平を保ったまま、やさしく流れます


私が乗っているボートが先頭


この先、3つの瀬があり
 
ひとつ目が、2番目に大きい瀬

ふたつ目が、日本で1番大きい瀬

最後が、3番目に大きい瀬 だそうです


キャッ! ワクワク〜


時折 イチに イチに と、前漕ぎ


パドルを上に上げて 
「 オー! 」 気合を入れ仲間意識を高めます



ひとつ目の瀬が近づいてきました


 


2016091918525346c.jpg


 


白く波立ってる


ボートが吸い込まれ
波が顔にかかり
キャーーッ! 悲鳴が響きます





20160919185254fea.jpg





転倒、落ちる人もなく

また、平和な川の流れが続く



コレ、ちょっと以外でした

モチっと、まとまって
激しい瀬が連チャンなのかと
勝手に想像していたから・・



後ろのボートでは
男の子グループ参加者同士
小競りあい、ふざけあいの
落としっこ合戦中

楽しそうでいいなぁ





2016091918525651f.jpg





川の中に入り
プカプカ浮いたり

泳いだり

水の中が気持ちいい




 
岩にボートを寄せて
この上にジャンプする場所があると言い
とりあえず全員よじ登る

いざ、岩の上に立つと
ビックリする程高い場所だった


インストラクターから
お話しがあり


 飛ぶかやめるかは自由です

 パフォーマンス的な飛び方は
 絶対にヤメて下さい

 手を広げて飛ぶと
 水圧で肩が脱臼します

 足を広げて飛ぶと
 おしりに大量の水が入ります
 
 気をつけの姿勢
 手をピッタリ付けたまま
 足からドボンするか

 両手をクロスさせて
 反対側の二の腕を持ち
 足からドボンです


このお話を聞いた直後にもかかわらず
みんな腕を開いたまま
男性らはドボンしてました

インストラクターが

「 あ〜! 手が開いてたよ 」
すでに水の中にいる人に向かって叫ぶ



女の子達は
恐る恐る岩の先へ歩くも、下を見て
足がすくみ、ヨロヨロとしゃがみ込み
戻ってくる人が続出





20160919185511d79.jpg






ほら!
ボートの小ささで
かなり高い位置とわかるでしょ?



私はドボンをやりたかったけど
こんなに高い所は、望んでなくて
しかも、左肩を少し痛めていたので
ジャンプ後に病院直行じゃあ
連休が台無しになるからリタイヤしました


同じボートの女の子もリタイヤし
2人で岩をよじ降りました




ボートに乗ってからも
あたしの不満は残り
インストラクターのネパール人に
手頃な岩を指差して

「 あれくらいの岩だとちょうどいいのに! 」

訴えると、彼女も同じ気持ちのようで
別の岩を指差し

「 これくらいのからジャンプしたい! 」

しばらく 指差し訴え が、あっちだこっちだ!
交互にピーピー騒いでいると、インストラクターは

「 わかったから!
  この先の瀬が終わったらね 」

リベンジの約束をしました




日本1の瀬が迫ってきました





20160919185512c5e.jpg





波にのまれる落ち葉のように
ボートは激しく揺れて
波は頭の上をザブーンと通過して
景色がナナメになり、落ちそうになった

ロープにつかまっていたから
全員無事でした





20160919185514d5a.jpg





難関を乗り切ったので
後ろのボート達をニヤニヤしながら
「 落ちてしまえ! 」 なんてつぶやきながら
見ていました



ここの瀬で落ちていたら
危なかったそうです

水量が少ないから、岩にぶつかり
ケガの可能性があったそうな・・


また、ベタナギのような川の流れが続き
お約束のリベンジジャンプ



私と彼女だけが
さっきの半分位の高さの岩によじ登り

みんなが見ている中

先に彼女がジャンプ




そして、私も
喜びのキャーッ!と共にジャンプ





201609191855153d2.jpg






ドボン 





20160919185517f98.jpg





目標達成 ✌




よし!
これで笑顔で帰れる






最後の瀬

これも迫力ありました





201609191856021a6.jpg






ほれ!
あとに続くボートがナナメっておる



ボートの上からジャンプしたり





20160919185600d06.jpg





ロープで体を支え
インストラクターが限界まで引っ張り
急に放して落下

こんな遊びもありました





静かに流れながら
好きにしていいと言うので

川に飛び込み プカプカ漂流

ゴール地点の駐車場が見えてきました



スリルと迫力のあった
アドレナリンコース

はるばる来て良かったよ〜





20160919185603ff4.jpg





浜に上がると
インストラクターが1人でボートをかついで
陸にあげていました


歩きながら

「 すみません、長瀞はみんなで持ち上げて
  ボートを運んだのに、ここは
  手伝わないんですね? 」

「 長瀞のボートはデカイサイズだから
  1人で持てないのよ・・
  ここのは小さいから何とか持てるんだ 」

「 小さくても、水を含んでいるのだから
  かなりの重さになりますよね?
  こんなのを毎日やっているから
  みんなマッチョなんですね! 」

小麦色の肌に白い歯が見えました


ベース地に戻ると着替えて
インストラクターらが写した写真は
CDに焼いてくれるので
希望者は有料で購入出来ます



みんなにお礼を言って
寄り道せずにレンタカー店に走ります



充実した気持でハンドルを握っていたら
対向車線から、変なものが車の屋根に
乗っているのが見えました

何?

目で追うと・・

ナント!
タクシーらしき車の屋根に丼があって
その上に白い物で

う ど ん

と書いてあった


あっという間にすれ違い
あの車の正体が気になって気になって
仕方ありませんでした

滞在中、絶対にカメラにおさめてやるんだ!


18時過ぎ
レンタカー店に到着

使用分のガソリン代 1044円 を払う

禁煙車が喫煙車になったんだから
スミマセンの言葉だけじゃあなくて
何かサービスしろよと、正直思いました



歩いてほど近い
ワシントンホテルにチェックイン

5畳程の部屋に
セミダブルベッドが置いてあって
ユニットバスにテレビにエアコン

ありふれたビジネスホテルの部屋




荷物を置いて
夕食の店を探しに外出

目の前に 道頓堀 という
1杯横丁風の通りがありましたが

やきとりの煙がモアモアしてて
串カツ店が多く

ビビビッとくる店がないので
やめました


強行スケジュールで
まともな飯を食べれてなかったので
落ち着いて、ゆっくりしたかったから
笑笑 へ





20160919185605965.jpg





生グレープフルーツサワー
お通し枝豆
ハンバーグにカワハギ


この後、サワー1つのおかわりと
お茶漬けを食べて

早めに退散



ハードスケジュールの初日をクリア

シャワーを浴びて、おやすみなり 







琴平山ハイキングコース




     ー 気奥のかけら ー



      夜の訪問者 




明日は仕事がお休みだから
ゆっくりお寝坊しよっと!


まったりした気持ちで
眠りました


    



変な音で睡眠が浅くなり

目を閉じたまま

ん?

何の音だ?


夜中にシブシブ目を開けて
部屋の中を見回すと・・



ちょっと!

パタパタと
コウモリが飛んでいるのよ


あーた!
外国のホテルの
吹き抜けのロビーじゃないんだから


また、お風呂場の窓から入って来たのね



ベランダなら、どこでも自由に
寝グラにしてもらっても構いませんが

室内乱入はヤメテ〜 😱


フンをまき散らされたら困るのよ 💩




20160909064328f85.jpg




カーテンに着地して
ほふく前進のように這っていたから

ワシッとつかんで、外にポーイ

逃がしてあげました




秋の珍事ザマス








    クマ予防 



先日の鬼怒川温泉や
わたらせ渓谷鐵道の駅の近くなど
ちょっとした生活圏内の場所に

クマ注意 の看板を目にしました

吊り橋の先の遊歩道や
ハイキングの入り口にも

音のするもの・鈴を持って行って下さい と

必ず書いてあります


鈴がいいのか? 悪いのか?

とても疑問に感じたので

友人・知人にリサーチしました



北海道を旅した事のある友人が
現地の人から聞いた情報だと

「 人を知らないクマになら効果があるけれど
  人を襲ったクマなら、呼び寄せる結果になるから
  危険らしいよ! 
  ラジオを鳴らした方がイイって 」


釣りなどで山に入る知人は

「 人を攻撃してリュックに食料があるのを
  知っているクマだと、鈴は危ないよ
  オレらは、山に入る前にバクチクを鳴らしたり
  時折、大声でわめいたりしてる 」



なるほど・・

やっぱり鈴は良し悪し的な要素があるみたいね

早速、ラジオを購入しました


バクチクは、鳴らす場所を考えて
火の始末をちゃんとしないと
山火事の心配がありそうだから

百均などで売っている、散らからない
音だけのクラッカーなんかを持参し

時折 パーン と鳴らすのも予防になりそうね



そんな理由で
ラジオ実験ハイキング に
行ってきました








     琴平山ハイキングコース




栃木県 栃木市

街中から山の方へ
柏倉温泉につながる道を車で進みます


途中、右折すると 蔵の湯 ですが
そのまま、直進




しばらく行くと

フェスティカサーキット があります




登り坂の、Sの字カーブをいくつも走り
上の方に行きました




参道口を見つけ
数台しか止められない路肩に止めて
歩き始めました

標高315メートル




2016090906432920a.jpg




木陰の赤土の道


さっそくラジオのスイッチを入れて
どの辺がよく入るのか確認

NHKの外国語講座みたいのが
1番良く入りました



歩きながら、腕の所に当ててみたり

ウエストのベルトあたりにしたり

リュックの肩ひもの辺とか


どの位置が適切か?

試しました




電波塔と電線が見えます




20160909064330da4.jpg




真新しい東屋があり

歩きやすい道が続く




山の中、サーキットを走るゴーカート? の

ウオーーーン キュルルルル ウォォォーーン

エンジン音が響いてます




20160909064331343.jpg




間もなく石段があり



登り切ると建物の裏側でした

私は 裏参道 から入っていたのですね 😅



簡易トイレが2個ありました

くるりと反対側に行くと



琴平神社の正面

標高340メートル




20160909064333451.jpg




参道のまわりには献木が多く
送り主の名前が書いてありました




神社下は、恐ろしい程の
急で細かで長すぎる石段

しかも、コケがびっしり生えて

味噌っ歯みたいに欠けている




20160909064416743.jpg




これ・・ ちょっとバランス崩したり
踏み外したら

何十メートル下まで転がり落ち続けますわ



この先の道が、さらに悪い


雑木林で、枝や小石がゴロゴロ

道幅は狭くて

少しでも足を滑らせたら

右下のゆるやかな土の斜面に
ザザーッと落ちる

まぁ、崖じゃあないので
落ちてもその辺の木に
引っかかり止まりますが


ロープとか木のサクなどは、何もない



標高が、だいぶ下まで
来ているような気がします




この先の道が、さらにひどかった


度重なる大雨により
参道が川のようになったのでしょう

道がえぐられて

粘土質の土がVの字型にデコボコしており

まっすぐに歩けません
公園の すべり台 みたいな下り坂




201609090644182bd.jpg




土が乾いていたから
まだマシだったけれど



おまけに、所々
木や石があるので、油断出来ません

こんな道、野球のスパイクみたいな
靴でなくちゃ・・ 歩けやしないさ


歩く事がイヤになっちゃって 😭
心が折れそうになりました


いまさら、来た道を戻りたくないし


こんなに歩きにくい場所が
続くなんて・・



午前中、用をして午後から来たので
スニーカーなのです






間違いなく サーキット の場所に向かっている

音がどんどん近くなります





やっと鳥居が見えて

出た所が、やっぱサーキット場の前




20160909064419ca3.jpg




さっき車で通った所です

ここが 表参道 なのですね

サーキットまで0.3キロ の
看板が目印です



ワキの路地に 通行止め のフェンスがあるので
ここに車を数台とめられるスペースがありました





こりゃ、かなり県道を歩き進まないと
車の所に戻れないぞ




目の前で ウォン ウォン 聞こえるから
ちょっとお邪魔して、ひと休みついでに
見学させてもらおうかと事務所に入ると
クーラーがヒンヤリ

「 すみません! こんにちわ 」

誰もいない


売店も兼ねており、アイスが売っていた 😁


何度も声を出しましたが
返事がな~い


アイスも見学も、あきらめて出ました 😢


登り坂の県道を、ひたすら歩きます




20160909064421dc6.jpg




クネっとカーブ  またカーブ 

曲がっても、曲がっても
着かないけれど

アスファルトの道だから
さっきのようなストレスは
全くありません


快適に歩けてます 


まだ日も高いから問題ないわ



これが、夕暮れ時になってしまったら
焦るしパニックになりますよね

山歩きは、かなり時間に余裕を持たないと
ダメですね




201609090644221fb.jpg


        赤い実が鮮やかに生えます




3キロ位歩いて
やっと車が見えた〜!

出発してから2時間のハイキングでした






琴平神社に行くなら
裏参道からが近いし
道もちゃんとしています

表参道からは
絶対におすすめ出来ません

粘土質のすべり台道を、よじ登る形になり
悪路が長いから危険なのよ






この所、龍王峡や赤雪山のハイキング

土砂崩れや草ボーボーで行く手をはばまれて
まともに歩けてなかったから
とりあえず完走?クリアしたぞ!

苦戦したけれど、晴れやかな気持ち


畑には黄金色に色づき
重く頭を下げている稲穂が
風にゆれています 🌾

もうすぐ新米、秋の味覚の季節ですね






栃木市内に向かい

久しぶりに 桜蔵 へ行きましたが
定休日



冨士屋 に行き
カップ入りの小倉ソフトを注文 380円

コーンだと、上にだけ小豆がのっている

しかし、カップ入りは50円お高い分
下にも小豆がおります


北海道十勝産エリモ小豆使用




20160909064503ec0.jpg




小豆本来の味がにじみ出て

こだわりがお味となり
そして、幸せになるとです


ウヒヒ〜 うみゃい ♪



よく人は

スポーツの後のビールを
美味しく飲むために運動するんだ

なんて事を聞きますが


あたしの場合は ソフトクリーム なんじゃ






今回の ラジオ実験ハイキング では

ラジオはウエストバッグの所に
付けるのがベストと判断し

百均でラジオが入るサイズのケースを購入




20160909064505881.jpg




後ろに金具を縫い付け




20160909064508cd0.jpg




ラジオのスピーカーの位置を切り取り

使っていないメッシュの小物入れから
メッシュを切り取り失敬し

黒いリボンでフチを縫い




20160909064506fe9.jpg




ここに手縫いでチクチクと
縫い付けます




ウエストバッグにも、フックを付けて
(内部に付いていた物を切り離して使用)




20160909064509f0e.jpg




足袋子のラジオポーチ入れ

完成じゃ


    パチ    パチ




次回のハイキングが楽しみです 







松田川ダムと赤雪山と弁天屋




9月はじめの休日

ハイキングをしようと
車で、赤雪山方面に向かいました



293号線から
栃木県 足利市 名草の先を進みます



あまり得意ではない林道を
うねうね クネクネ


落石が道路に転がっていたり

かなり道幅が狭い所もありました

緊張しながら走ります




やっと道が開けた所に出たら
自然とため息をつき、ホッとする


栃木県 足利市 松田町
松田川ダム





20160903214149e47.jpg





56メートルの重力式コンクリートダム

初めて訪れる奥地



やぐらの見晴台があり
嬉しくなって登りました

お手洗いもあります






ハイキングコースの入り口を探して
キャンプ場の方などウロウロし

さっきの所がそうなのかなと
少し戻ると、ありました


登山口の駐車場

誰もいません





靴を履き替えて
リュックに鈴も付けて

いざ出発!



駐車場奥が登山口





20160903214150f02.jpg





張り切って歩き出しました が





見て下さい!





201609032141512c1.jpg





雑草が生い茂り
どこが歩く道なのか?


全くわかりません



ピカピカのハイキング1年生が
行くような環境ではないと判断し
わずか数分で戻ることに 😱


こんな見通しの悪い所をムリして進み
道に迷ったり、クマも心配です 

単独行動なのですから
イヤだなと感じた気持ちは
大切にしたいと思います



結果・・
赤雪山の登山口を見学してきたよ 
チャンチャン!



来た道を戻ります

くねくね ウネウネ





名草の厳島神社入口前に、車を止めて

さっきの張り切った気持ちが
収まらないので

神社への山道を登ろうと
歩き出しました



間もなく道しるべ





201609032141532d8.jpg





左側に行くと 行道山へのハイキングコース

途中まで行ってみるかと進みます



杉林の道は、伐採された木が
たくさん転がっている



こういう道はわかりやすく
迷子にならないから、初心者にはありがたい



あら!

可愛らしい花




20160903214154e74.jpg





傾斜が厳しい、丸太の階段



少しして、石の階段





20160903214258a39.jpg





息を切らしながらの登り道ですが
さっきの草ボーボーに比べたら
ありがたい道だわ


やっと山頂付近に出て
木のイスとテーブルがありました


ひと休みしてから

歩きやすい土の水平な道

尾根を快適に歩きます




葉っぱやドングリを踏む
ザッ・・ザッ・・ の音が響きます


かなり高さはありますが
木々があるから

写真を撮りたくなるような
開けた場所はありません





20160903214259c3e.jpg





地図とベンチが
何ヶ所か、ありました



しばらく進むと
今度は、急な下りの階段



時間的にも、距離的にも
行道山には行けないので
ここで引き返します




いい運動になりました





20160903214300608.jpg





下山して、車に戻り

汗を拭きながらジュースを飲み
横を流れる小川のせせらぎを聞いていると

車が1台入ってきた


弁天屋のお父さんです


「 おはようございます!
  これから釣り堀オープンですか? 」

振り返りながら

「 はい、そうです・・
  あぁ!! 来てたの? 」

笑顔で答える


あたしの いこいの場所 なんです 



お父さんは、カギを開けて
オープンの準備をはじめました

 
すぐに入ったら悪いなと
少しの間、車の中で待機


入り口に、迷子のカルガモ ピピちゃん が
ヨチヨチ歩いているのを見ちゃったら

思わず駆け寄り

「 まあー! ピピちゃん、大きくなったね 」


靴べらみたいなくちばしに
水かきが付いた足
つぶらな瞳が何とも可愛らしい

羽も生え始めていました

羽の内側が青っぽい色なので
多分、ピピは男の子だろうと





20160903214302610.jpg





水草の鉢がお気に入りで
中に入り、パクパクして
エサを探している





すくすく育って良かった気持ちと
もうすぐ野生に戻ってしまう寂しさ
みたいなのを感じました

それを1番実感しているのは
毎日世話をして育ててきた
お父さんだと思います


お父さんがピピちゃんを見つけた時

何が ピーピー 鳴いているのかと
見に行ったら

つかみ取りの池に
小さくて黄色いのがいたから
オモチャのアヒルが浮いてるのかと
思ったそうです


手のひらにのる黄色いヒナだった 🐤
ピピちゃん


今では、我がもの顔で
釣り堀の周りを歩き回る





2016090321430336e.jpg





口の前に手を出すと
カプカプと靴べらクチバシで
甘噛みします






グループのお客さんが来て
みなさん釣りを始めました



山歩きした体が
甘いものを欲しがっているので

外の売店でかき氷を食べながら
おばあちゃんと、世間話し 🍧



食べ終わり、つりぼりに行くと
今日は水温のせいなのか?

疑似餌での釣りは
全く引きがありません・・

けれど、みなさん頑張って
根気よく釣りを楽しんでいます


私はお祭りするのがイヤだから
このグループの方達が落ち着いたら
やろうと見ていました



少しすると
あまりにも釣れないから
釣りを休む人や

立って釣っていたのに
ベンチに座りながら
ダラケたムードに・・


ピピちゃんが池の周りを歩くと
みんなに可愛がられていました

弁天屋のアイドル!




そろそろ私もと、疑似餌のウキなしで
竿を振りました



あーっ・・

魚が底の方にいて
疑似餌を追いかける気配がない




お父さんが、グループの人達に
エサ付きの竿をすすめて、イクラを付けると

すぐに食い付いて
みんなで 「 釣れた釣れた 」 と、大喜び!


ねり餌に変更すると
ポチポチ釣れ出して盛り上がってきました



私も今日ばかりは、ねり餌に!


釣り上げて
針を外そうとしていたら

ピピちゃんが嬉しそうに近寄ってきました

「 ピピに魚食われちまうぞ! 」

お父さんが笑いながら言いました



ニジマスを3匹釣って、終了



グラムを計って、お金を払うと
外の売店で焼いてもらいます


時計を見ると14時
腹ペコなワケだ


本日のお魚ランチ





20160903214318251.jpg





いつも以上に
さらにおいしく食べようと
おにぎり🍙プラス、キュウリの漬物まで
持ってきちゃいました

ちゃっかり 





おいしく頂いてから
お父さんにあいさつをして
つりぼりを後にしました



これからも時間を作って
初心者向けのハイキングコースで
自然とふれあいながら
遊びと健康の体力アップじゃ 






訳あり鬼怒川温泉宿と龍王峡ハイキング 後半




   後半・サブタイトル ブラブラ寄り道しながら



明るくなった障子の光で目が覚めました

どれ、朝風呂に行くか!


スッパに浴衣を着て
いそいそと本館へ

絶対にバレません

途中で滝にでもうたれて
全身ズブ濡れにでもならない限り


朝日の中、露天風呂が快感ですね


程よくあたたまり
生まれたままの姿に(だいぶたちますが)
浴衣をはおり、スマして館内を歩いて
部屋に戻ります



まゆを描いて
バイキング会場へ

ちゃんと下着と洋服を着たよ



ビックリする程
たくさんの人が食事をしていました


商売繁盛ですな






20160902171829c1e.jpg






ガッツリいただきます


温かい飲み物は
お茶かコーヒーしかないので
牛乳で割り、ミルクみるくコーヒーに

この後、カレーライスも食べて満腹 😋








荷物をまとめてチェックアウト 🕣


鬼怒川有料道路の手前にある
花と緑の楽園 日光花いちもんめ へ







日本有数のベコニア園だそうです

初めて訪れますが
ベコニアって、花壇やプランターに咲き
街中でも、よく見かけるあの花 

そんなたいした事ないんじゃないかと
あまり期待もせずに
割引券を利用して入りました


入ったとたんに 

うわっ! 

シャンデリアのように、天井から
ジャラジャラ・ブラブラ

大輪の花を付けた、見た事がない種類の
ベコニアが、いーっぱい



 

2016090216535472c.jpg






これ造花じゃなくて本物だ!

私の知っていたベコニア達じゃあなかった





201609021653552bd.jpg






壁際のひな壇の鉢
ハイビスカスのように咲いているのも
球根ベコニアだそうです


ここのA棟は、年間を通して約200種類の
ベコニアとレックスベコニアが
咲くんだって


ソバやスイーツの売店もあります



うっとり 😍

花びらの形や色、枚数

葉っぱの形も様々で素晴らしい

背の高いベコニア






2016090217013145c.jpg






15年間咲き続けている花

葉っぱを楽しむタイプのベコニア
グローブみたいなの大きさ





20160902165357367.jpg






良い香りがする物など


見ていて飽きません




これ!
葉っぱが水玉模様で珍しい
気に入っちゃいました






20160902171015fb8.jpg







奥はB棟で
コチョウランや、フラワータワー






20160902165356860.jpg






うさぎとヒヨコのふれあいコーナー 🐤

もちろん、スキンシップしたぞ


外に出ると、アスレチックと
昆虫の家・ザリガニ釣りのプールがありました







またA棟に行き、見つめます

お花好きにはたまらない空間ですね



名物の ベコニアソフトクリーム 300円






20160902165359bae.jpg






美しいお花にかこまれて
食べるソフトクリームは
雰囲気最高!







売店のお姉さんに
あの水玉模様の葉っぱみたいな種類の
小さいベコニアを販売してないか聞くと

奥の在庫を見てきてくれましたが
全く同じ品種はなくて

葉っぱが長細いローズ色の
花をつけたものをひとつ買いました







時計を見たら、2時間もいたようです 🕚


ザーザーと雨が降ってきた




高速は使わずに
下道をアチコチ寄り道しながら帰ります 







栃木県 日光市 今市 

道の駅 ニコニコ本舗






201609021657133e1.jpg






中はデパ地下みたいな陳列で
道の駅らしからぬ印象

新しくてキレイ!








119号線 日光街道

巨大な杉並木を走ります



雨が止み、太陽が顔を出す



信号の所に、ロケバスと人力車とイケメン


誰だかわからないけれど
とりあえずヒザの上にあったカメラでパチリ






20160902165715d77.jpg






イケメンは私のカメラに気がつき
ほほえんでくれました


後で、写真をよく見ると
人力車にハタがさしてあり

木村拓也の上を向いて歩こう と書いてある

調べると、フジテレビのアナウンサーで
夕方の番組の撮影だったようです




 


栃木県 宇都宮市 

ロマンチック村


売店をのぞいてから
熱帯温室へ






201609021657162ce.jpg






いいなぁ!
こんなのれんみたいに長い
エアプランツ欲しいなぁ


 



20160902165718ada.jpg







また、激しく雨が降り出しました ☔








栃木県 栃木市

道の駅 にしかた

物産展や、農産物直売所
そして、農村レストラン






20160902165719a90.jpg






さっきの写真と比較し
このお天気の変わりよう・・





朝食をガッツリ食べたので
やっとお腹が空いてきました が
現在14時過ぎ・・
 
軽くウドンにしておきます




もう、ナビを見なくても
帰れる道




事故やケガもなくて
無事に到着






大好物が盛り沢山の
温泉旅でした ♨













プロフィール

足袋子(たびこ)

Author:足袋子(たびこ)
北関東在住 
趣味は外出! 水族館・動植物園・遊園地・プラネタリウム・お祭り・花火・ドライブ・買物・工場見学  
何気に、高い所・爬虫類・冷凍菓子に抹茶好き 
乗り物の中にいれば
ゴキゲンです🎵
本題に入る前の雑談として ―気奥のかけら― 始めました 心の奥にある思い出、気になった事をリアルに語ります  
年令という年輪を重ねても、好奇心は加速するばかり・・ 
これからも ▶仕事キッチリ遊びバッチリ◀ で、エンジョイ人生 🐾

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

かっちゃんの雑記ブログ

バイク少々……されど乗る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
245位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome! 足袋子共和国の  入国ゲートへ
葉の緑色が目に心に美しく染みる季節🌲 お外時間を楽しみましょう
赤ちゃんエビが生まれた! 水槽にへばりつき微笑む足袋子にワンポチ🐶を

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR