-->

紅葉の中禅寺湖周遊




10月末のお休み日

どこへ行こうかとアレコレ考えて

これだー! と言えるのがありませんでした



うーん、やっぱ紅葉見物と温泉がらみで
今市インターから下道を走り
女夫渕市営駐車場に車を止めて
ブナの原生林を歩いて登り
八丁の湯にでも入るか

しかし、鬼怒川方面はわりと行っているから
新鮮味がなくてツマラン 😫


そーだ! 中禅寺湖の方にしようと
前日になって決めました 👌



こっち方面は行ってない
なぜなら いろは坂 とかの山道が
チト苦手でした が

リベンジマッチで 小中大滝 に
足を運んだりしたせいで

クネクネ道も平気になっちゃいました

慣れって怖いわ〜


山ガールセットを持って、気が向いたら
温泉でふやけてもいいように
タオルも入れた






4時に目覚ましで起きて
軽く朝食を済ませて

食料もOK

出発じゃ!



お外は夜、真っ暗で

♪ おー星さーま キーラキラ 



本日は1人ドライブざます


栃木市内、3号線から293号線へ

小倉橋を過ぎると空が明るくなり
朝焼けの後、太陽が大地を照りつける





鹿沼市に入り


標識には

 日光まで  20キロ
 鬼怒川まで 30キロ 



1時間で 道の駅・日光 に到着
お手洗い休憩だけ利用


スーイスイ

ロマンチック街道を進む






さて、いろは坂に突入


うねうね クネクネ
何も問題ありません



明智平パノラマレストハウス で止まり

景色をながめてひと息




20161026201349609.jpg


       線は、ロープーウェイのワイヤー




ロープーウェイに乗り3分で到着
日光の代表的な展望スポットだそうですが

営業は9時から

まだ、やってません




中禅寺湖畔を走る



ボートハウス前で水辺に降りて撮影

無風

キーンとした空気が停止してる




20161026201350b80.jpg




少し走って
菖蒲ヶ浜キャンプ場前に寄り道

ステキな風景にウットリ

気温は4度、お手手がチベたい

こんなに冷えてるのに
テントでお泊りの人達がいる




201610262013528e9.jpg




望遠レンズのカメラを首から下げた
七福神みたいなお父さんが
エビス顔で湖畔の撮影をしていたから

「 おはようございます! 
  いい風景は撮れましたか? 」

愛想良くしてお話した後に

「 すみません、シャッター
  お願いしてもいいですか? 」




20161026201353432.jpg




笑顔でお礼を言いました

ゼリーのような湖だわ





中禅寺湖の先にある 湯ノ湖 へ


戦場ヶ原を抜けて
7時30分に到着




小さい湖だから
1時間で湖畔を1周出来るらしいので
車を止めて、登山靴に履き替えて
歩き出す



野鳥を撮影している人が、数名おりました



人がひとり通れる道幅の遊歩道で
中途半端な木立の中
ながめが悪いし、歩いてて
ちっとも楽しくなかったから 😥

15分程で引き返した




20161026201355012.jpg




途中、コレを写しただけ





走り出し、来た道を戻る




赤沼駐車場に止めて

戦場ヶ原自然研究路 を歩く

太陽が登り気温も上がってきたので
手を出していても大丈夫




ラムサール条約登録湿地


湯滝方面に進む


途中から幅のある木道になり

右手に男体山

左手には川が流れます




2016102620152735d.jpg




川は音をたてずに

透明で清らかな水は
静静と水草をゆらめかせ
落ち葉を運びます




2016102620152761f.jpg




木道のつなぎ目、わずかに段差があるので
景色に見とれて歩いていると
靴の先を引っかけて

オットット・・ となる


何度かやっちまった 😜




開けた場所に出て
黄色の世界が広がります




20161026201525b87.jpg




白樺が紅葉に映えるわ



こちらの道は、1周ぐるりと回れないので
この辺で引き返します



ベンチは団体様が使われていたので
歩きながらオニギリをかじる




広大な自然の中をポツンと歩くあたし

ちっぽけな生き物だ




201610262015295f7.jpg




倒れた木の根っこ

雨風にさらされて土が落ちて
オシャレなオブジェのようだ


お庭があるなら
コレ飾りたい

ランタンを吊るしたいなぁ





ここは ヘビとムカデの戦い があったそうで

むかし昔、中禅寺湖をめぐって
男体山の神と、上州赤城の神が
ヘビとムカデを引き連れて戦ったという伝説から
戦場ヶ原 という名がつけられた

「 赤沼 」 は大ムカデの血がたまった沼
「 菖蒲ヶ浜 」 は和戦会議で
勝負を決めた浜というように
奥日光には、この伝説にちなんだ地名が
いくつも残っているそうです






時計を見ると9時30分過ぎ

ニヤリ とほくそ笑む 😎



4キロ先にある 光徳牧場
もう開いている時間なのだ







車を走らせ、また戦場ヶ原を抜けて山の方へ

ここのアイスがうまいと
書き込みがあったので
初めての訪問




20161026201530b81.jpg




コーンのみ 300円

あの・・
そこそこのバニラ味なのですが
こんなにガチガチのアイスって

あーた! サーティー🐶 
じゃないんだからさぁ

牧場でチョクに購入しているのですから
なめらかさ とか クリーミー さが
欲しいのよ




食べながら放牧場へ行きましたが
牛のニオイがしただけで
ここからは1頭も見えませんでした 🐮

残念

本当に色んな意味で残念


せめて数頭は、観光客が近くで見たり
写真撮れるようにするべきじゃあないのかな?



売店奥のレストランは、観光バスの御一行様が
利用するような感じでした

なるほどね・・ 😱






中禅寺湖へ向かいます



反対車線は 竜頭の滝 を見るのに
駐車場空き待ちの大渋滞




平日ですが、続々と観光客が訪れています







お腹が空いたので
早めのランチ



中禅寺湖近くの県営駐車場前にある

手作りの味 タロー へ



中に入ると、やさしい笑顔のマスターがいました


メニューを見ると、ランチセットは3種類

豚肉の生姜焼きランチ 1250円 を注文



ゆずのお茶が先に来ました

温かくていい香り

さっぱり味で美味しい!


マスターに

「 早起きして、湯ノ湖や戦場ヶ原の遊歩道を
  歩いて来たのですが、この辺りで
  おすすめの場所はありますか? 」

「 あぁ! 半月山の展望台がいいよ
  駐車場は無料だし、男体山が一望出来て
  オシャレな大使館もある 」

ほう 😉 良い情報ゲット




2016102620164090f.jpg




来ました!

いただきま〜す



きんぴらゴボウ手作りよ

生姜焼きもいい味してる

甘すぎず、しょっぱ過ぎず



あたし、田楽ってキライなのね

子供の頃、カルキの抜けてないよな
固いコンニャクに、甘ったるい
味噌ダレのを出されて・・

マズくてウマくなくて、口に入れたものの
気持ち悪くて、飲み込むのをためらい
どうしたらいいのか困ったまま
いつまでも悩みながら噛んでました

そんなイヤな思い出の田楽


この店のは、見るからに柔らかそうだったから
タレを落としてから食べてみると

うわぁ〜!
ユズとショウガの味と香りが
ほんのりしてて
メチャ美味い 👌

こんなに美味しい田楽初めてよ


タローのお料理は、本当にこだわりが
お味となって心にも伝わります


食後の紅茶も、小さなガラスのポットに
茶葉がお湯に踊りながら来ました


全てパーフェクト ☺
おもてなしの心意気に頭が下がりました

マスター、美味しいお料理をありがとう!

こちらに来た時には、必ず寄らせてもらいます

だいダイ大満足の、大当たりのランチ店でした ♥




湖畔を走ると、すぐに 半月山 の
標識がありました


山道を登り始めると

「 この先、お手洗いはありません 」 の看板を
何個も見かける


てっきり道沿いにはないけれど
半月山のてっぺんに行けば、あるものだと思っていたら
 
展望台にも マジ ないっ 🚻 



マスターおすすめの場所

今日見た中で、山々を一望出来る素晴らしい景色




20161026201641a4c.jpg




サクによりかかり
じっくり見てました


居合わせた夫婦同士で、写真の写し合いをしてて
どこから来て何を見たのかと
旅のお約束の会話をしてて

何度かここに来ていたけれど
いつも雲が立ちこめていて
ハッキリ景色を見た事がなくて
今日初めて全体を見渡せて
嬉しい話しをしていた


んまっ!

私はマスターに勧められ
なんの気無しに来て
こんなに良い景色を1回で見れたなんて

ウルトララッキーなんだと 
しみじみ感じました


旅は道連れ 世は情け


満足して下界に降りました





せっかくだから、東照宮でも行ってみるか
 

となりの 二荒山神社 この字が読めませんでした
ふたらさん だそうです

ここに車を止めて、駐車料金 500円 を払う




20161026201643de8.jpg




タダだから 常行堂 という
建物の中に入りました

常行三昧という修行が行われていた所で
90日間、念仏を唱えながら
仏様の周りを歩き続ける

横になったり座ることは禁じられたそうです


花火三昧とか、ラフティング三昧などの
遊びの分野ならうれしいけれど

こんな修行ムリ〜 




201610262016441f6.jpg




石の灯籠の砂利道を歩くと
となりが 東照宮
 

拝観料 1300円



トンカンと工事の音が響き
一部修復作業中

通路の天井の絵




20161026201721984.jpg




見ザル言わザル聞かザル や
眠り猫 なども彫り直し中の為

全て レプリカ の代用品が
飾られていました

観光客が ガッカリ しないようにの配慮?


来年の春には終了するようです




20161026201645b0d.jpg




石の階段、1段の高さがとてもあるので
お着物の人や子供やお年寄りの方は
登り降りが大変そう




なかなか商売上手でして

眠り猫がある場所では、猫のお守り

見ザルのある場所では、おサルのお守りが
販売されている


「 ここでしか販売してないですよ 」 と
アピールしていました




201610262017202ae.jpg




ひと・・ 人・・ ヒト・・

今度来るときには 朝イチ がいいわね

静かに落ち着いた雰囲気の中で
見たいものだわ



どうも アイス魂 が満たされてない

ちゃんとしたソフトクリームを
食べとかないとお家へ帰れない 😥



大丈夫ですよ



大笹牧場の直営店が近くにあります




ナビにピッピと!


大笹牧場と、りんどう湖ファミリー牧場の
ソフトクリームは大好き




20161026201723c29.jpg




カップ入り 350円


んふふ・・ うみゃい

コレコレ! この味





これで心残りなくハンドルを握れます




水辺の美しい風景や、紅葉の山々を見れて

充実の1日でした



本日の走行距離 230キロ 

カワイイもんだ 








スポンサーサイト

のこぎり山へ! おなご2人旅




     ー 気奥のかけら ー



     あたし好みのカバン 



辛い季節に突入したよ 😢

着太りのシーズン到来

本当にイヤです

必ず 「 太った? 」 と聞かれます

んで春になると 「 やせた? 」


    うるさいわい 😬


外側が膨れてるだけで

中身は変わってないんじゃ 



つぶやきはこの辺にしておいてと・・





ちょっと出かけるときに

カギ・サイフ・携帯 を持つのに
いつものウエストバッグに入れて
上からコート着ると 魔人ブウ のような
シルエットになってまう

これはイカン

何とかしたかった


そうだ!

バイクのライダーが
ウエストからナナメにかけて
太もものあたりに落ち着く

ヒップバッグ 

これが良さそうだ!


さっそく、ネットで検索

革とかじゃなくて、軽い素材ナイロンがいい


目星をつけてレビューを見ると

・ 下が狭くなっているから
  長サイフと携帯だけでパンパン

・ 見た目は良いが
  あまり入らなかった

ちょっと、あーた!
5千円とか払うのに
こんな役に立たないバッグじゃ
イラナーイ



なおも捜査するけれど
納得出来る商品がなくて  

イライラ・・



じゃったら
自分で作るからいいわよ



庶民の強い味方

サンキ へ行き、メンズコーナーにて
流行りのナナメがけバッグ

これなら収納面で問題ないわ 😄

999円 で購入





2016101511463753e.jpg





上を チョキーン 


切った物の両端のミシン目をほどき

ヒモの長さ調整をしてから
縫います


それを本体に合体させて縫い


できた〜 👍





20161015114638067.jpg





次のお出かけにて
つけ心地をお試しじゃ










   のこぎり山へ! おなご2人旅


    


今年7月末 横浜スパークリングトワイライト で
登場した、親友の R子ちゃん とのお出かけです


以前から気になっていた場所でしたが
1人で行くのはイヤだなと思っていました

写真のとりあいっ子が出来ないから・・




数ヶ月前から休みの日を合わせて
楽しみにしており

数日前には、仕事帰りに合流し 
ファミレスで作戦会議をひらきました

・ のこぎり山をどのルートで登るか?
・ ランチはとこで食べるか?
・ 近隣の観光地はどこへ寄るか?

お互いの意見を交換し決めました



あとは、お天気になる事を願うだけ

オテンバのサンプルで代表選手のような
2人がそろってのお出かけです

何かおきそうな予感が・・








朝5時、待ち合わせの場所でR子を見るなり
驚いてしまった・・

「 何だその荷物は? 」

㉓2泊3日の旅行にでも行くよな量


何かあったらと詰め込んで来たそうです

嬉しそうな顔をして

「 カッパは3つ持ってきた 」

「 はぁ? あのね、3つ重ねて着るんじゃないよ
  ムレるから・・ 」


私の車に彼女を乗せて

高速道路まっしぐら

千葉の降水確率 
午前50% 午後70%

雨が降っていれば空いてて
行列がなくていいかもよ!

2人とも気持ちだけは快晴 ☀



都内を通過している時に
雲の切れ間から朝日が照らし
ビルに長い影を作る 

「 このまま晴れてほしいね 」

助手席をいいことに窓を開けて
朝焼けの都会風景をバシバシ写しとる


トラックが邪魔にならないように
左車線を走ったり

後続車がいない時は
少しスピードを落としたり協力しました




スイスイと進む 








1時間50分で、海ほたるに到着

いつもバスツアー利用で、限られた時間内に
景色の撮影とお手洗いと、土産を見てダッシュ・・ 

ゆっくりと見た事がなかった

今日は、行きも帰りも満喫するぞ!


早朝だから開いてる店は少なかったけれど
フードコートで、持ってきたオニギリをかじり 🍙
ひと息つく


まずはデッキに出て
手すりの上にカメラを置いて
2人で写していたら

1234アルソックのお兄さんが通りかかり

「 写しましょうか? 」

満面の笑みでお願いした





20161020180206a5a.jpg





10月末まで、映画公開記念という事で
シン・ゴジラ×海ほたるキャンペーン で
スタンプラリーの用紙がおいてあったので
持ってきたハガキに押す事に

のこぎり山に 石のポスト があって
そこにハガキを投函すると
オリジナル消印が押されると知り
試したくて持参していたのだ

彼女に、その事を伝えると

「 まぁ! 抜け目がないわ
  さすがお師匠さん 🎵 」

彼女は私の事を 遊びのお師匠さん と
認識しているようです 😅

喜んで色んなゴジラスタンプを押しました


ここまで来れば、渋滞の心配はなく
お気楽に走ります








登山マップをもらおうと、浜金谷駅に行きましたが
在庫がなかった


8時30分、ロープーウェイ乗り場に到着 

風があると運行中止になる事が多いらしいので
窓口に行き確認すると、今日は大丈夫だと





20161020180207935.jpg





車に戻って、山歩きの装備

9時始発便を待ち
往復930円の切符を買う


まぁ!
国鉄時代のような切符

パチンと M字形 に切るタイプ




時間前に、上の売店とかの従業員を乗せて動く






それから私達、お客は4名


スイス製のロープーウェイだそうで
4分で着いちまう!

モチっとゆっくり動いてもいいのに・・

お姉さんが1人乗ってドアの前に立ち
動き出すとアナウンスをはじめました


何か喋っていたようですが
景色に夢中だったので耳に入ってない


パラつく雨

雲が立ち込める港町を見下ろす






ゴンドラが止まり降りた所で
下の景色を写そうとしたら

ロープーウェイのオジジが

「 早く出て! 」

注意され追い出されました


シャッター押すの、わずか数秒でしょ?

15分おきの運行だし
下にお客いないんだし
あわてなくてもいいでしょうに

観光でメシ食っているんだから

更年期でイラついてるみたいな
イヤな感じでした 😬







外に出ると、ニャ〜ンと
パンダネコがいっぱい

キャーーッ ♪

ネコ好きな私達は
ヨロコビのオタケビと共に
接近するのでした



バラけていたから
リュックからお菓子を出して
ビニールのガサガサ音をさせると
一気に寄ってきました





20161020162749d29.jpg





「 今がシャッターチャンスよ 」


写し終わると

「 子供も動物もガサガサには反応するのね 」

笑いました



お手洗いを済ませて、カッパを着て
登山開始 






歩きだして間もなくゲートが見え
( 西口管理所 )
その横には、有料道路からの駐車場がありました

日本寺の拝観料を払わないと
地獄のぞきとかも、全て見れません

私は日本寺の大仏を見るのにお金は必要で
他の所は無料で見れるもんだと
勝手に思っていました


拝観料 600円 を払うと 
登山マップがもらえます





まずは 地獄のぞき へ向かいます





金をとるだけあって
山道は全てキチッとした石の階段になっており
手すりもあります




結構な傾斜を登ります

下ったり 上ったり 





20161020162750cdc.jpg





ステキな景色の所では足を止めて撮影会



曇り空で、時々パラッと降りましたが
木々が雨を受け止めてくれているから
持っていた傘は使いませんでした

暑くもなく寒くもなく
さわやかな気温だわ〜






着きました!


高い所が苦手らしい彼女は

「 雲があるから高さがわからなくてちょうどいい 」

変な事に喜んでいる





1番気になっていたのが
地獄のぞきの場所を撮影する反対側は
どれくらい離れた距離なのか?

疑問でした


したら、な〜んだ!

目と鼻の先じゃないの

3分で行き来出来る距離よ



カメラを渡して、私が先に

ここの先っちょに行くのには
手すりをつかまりながら
コンクリートでデコボコに固められた斜面を
サクにつかまりながら2メートル程登ると

ヒョエッ 😆 地獄を見ちゃったよ〜ん





20161020162751c6b.jpg





手を振りカメラ目線を送ります


雲が左から右へ サーーッ と流れては
緑を白に包んで、また雲の間から緑が見えてと
幻想的な景色が美しかった

仙人になったような気分



満足して戻ると
カメラをチェンジして、彼女が先っちょへ


へっぴり腰でヒザをついて
犬みたいなカッコで向かう

メチャ笑える 



頑張って立って、手を振り


すぐにヨロヨロと座り込み
また、赤ちゃんみたいにハイハイして
降りてました



この先にも、もう1つ
地獄のぞき風の 山頂展望台 がありました





201610201629080bf.jpg





左側に見えるサクの所が
さっきいた、地獄のぞきの先っちょ


大仏方面に歩きます




R子は、下り道は涼しい顔しているのですが
登りに弱いようで、鼻を使う事なく
口呼吸で ハァハァ・・ 息を切らす

時折振り向いて、待っていたり

お花をながめたりしてました


「 どうして息を切らさずに登れるの? 」

質問されましたが

「 時々山歩きしてるからかなぁ 」


岩のくぼみにお地蔵さんがいる場所が
いくつかありましたが





2016102016290913d.jpg





時の流れで

崩れてしまっているのもありました





20161020162910a59.jpg





開けた場所が見えてきて

売店の先に、日本一の大仏さんがおりました





2016102016291252f.jpg





同じカッコをして座ってみました

高さは 31メートル ですって





201610201629132ed.jpg





側面のあつみがありドッシリとした印象
これは見応えがあります




かなり下ってきたから
それだけ登る事になります

ハァ・・ ハァ・・ を聞きながら

休み休み登る


彼女に金比羅山を登らせたら
どうなるんだろう? 😎

何時間かかるのかなぁ?
途中でリタイアするのかなぁ?


そんな妄想を・・





西口管理所を出て
ロープーウェイの所に来ました

荷物をおろしてひと息
飲み物を グビッ と飲む


彼女が地図を広げて確認する

「 アーッ! 百尺観音見てない 」

騒ぎ出しました


ハァハァがすごいから
さっきの西口管理所の所
私はあえて知らさずに、スルーしたのですが

「 ここまで来たんだから
  絶対に見なくちゃ! 」

根性と情熱は持っているようで
またリュックを背負って歩く





さっきと同じ管理人だから大丈夫かなと

「 すみません、見忘れていた所があるので
  もう1回入っていいですか? 」

お地蔵さんのように、おだやかな顔で
うなずいて下さいました





ちょうど 地獄のぞき の下
側面の岩肌に百尺観音がいました





20161020163047a9b.jpg





百尺だから30メートルあるようです

ここから見る 地獄のぞきの先っちょ は
なかなかリアル





20161020163048b0d.jpg





あんな風に出っ張っていたんだ





そして、浅間神社へ

傾斜のある階段を登り続けて

着いた!





20161020163049227.jpg





のこぎり山、獲ったど~! ガッツポーズ
違うって   制覇したぞ〜 ✌



満足して西口管理所の人に、あいさつして出ると
駐車場には大型観光バスが並び
地獄のぞきへ アリンコ行列 が
続いていました



早く来ていたから
バスの団体さんと、かち合う事なく
静かな雰囲気の中であちこち見れて
とてもラッキーでした



ロープーウェイ乗り場に戻ると
上の展望台に目を引く人が・・

目ざとく見つけた私は彼女に

「 ねぇ! 見て見て
  あそこにピンク色の髪で、アラレちゃんに出てくる
  きのこちゃんみたいなヘアーの人がいるわよ 」

よく見たら、後ろに撮影スタッフやカメラマンがおり
俳優の山下真司さんもいました

旅番組のロケかしら?

ピンク色きのこちゃんは
ぺえ という芸名の人だと教えてもらいました

カメラを向けていたら、スタッフに 
「 ダメですよ 」 とやさしく注意されましたが
すでに1枚写しちゃったよー

掲載出来ませんが・・ 


「 今日みたいに雲がかかって、景色が見えない時は
  スタッフが後日、景色だけ別撮りしに来るんだよ 」と
R子にささやきました





売店で 石のポスト の場所を聞くと
建物の上、食堂のテラスにあるという

行ってみたらありました





201610201630507b2.jpg






張り切って投函

どんな消印か楽しみだなぁ 




ロープーウェイで下りながら
すれ違った方には
満員の観光客が・・

続々と人が来ている





あーぁ、お腹ペコペコ



ナビにピッピと入力して、ランチ店へ




保田駅近くの お食事処ばんや 


平日にもかかわらず
店内はお客でにぎわっていました


お座敷に座り、テーブルの上に置いてある
オーダーの紙に注文の品を書いて
店の人に渡します

彼女は丼物を書いたのに
まだ何か単品で頼もうと
メニューを見つめていたから

「 ねぇ、この後アイスとか食べるんだから
  ヤメたほうがいいんじゃない? 」

「 あっ! そうか 」



すぐに来ました





20161020163052b0d.jpg





彼女が 海鮮丼  1200円 
私が まかない飯 1300円 (手前)


どちらも酢飯

刺身のドラフトをしてから
パクパクと平らげて満腹に



外のひもの屋で
みそ汁のダシになりそうな小魚を買い

海辺で撮影会をしてから

次の立ち寄り先 
花つみ園・チーズの里 へ


近くだったのですが
畑の中にあり、看板も古くて
電気も付いてなく人の気配がない・・

入るのをヤメて、すぐに引き返した






次! ナビにピッピ

館山市へ向かいます




途中、ピーナッツのソフトクリームの
看板が気になっていたが
そのまま通り過ぎる




道沿いに学校みたいな建物
道の駅・保田小学校 を見つけ
寄ることに





201610201632035fd.jpg





やはり、小学校を利用した場所
キレイだなと思っていたら
オープンして1年目だそうです




ひと周りして、特に買う物もなかった





有料道路を通って


道の駅・南房パラダイス のとなり
アロハガーデンに15時到着

17時までの営業だから
2時間遊べます


雲が消えて、薄日がさしてきました

入場料 1300円 を払い中へ


広い敷地内

南国ムードがいいねぇ 





201610201632053ee.jpg





いくつもの温室が列車のようにつながっており
亜熱帯植物・フルーツ・サボテン・お花など
テーマごとに分けてある


彼女の遊び心が、ここに来て暴走しはじめ

「 アレと同じカッコをして 」

無茶振りをはじめた


私も面白がってやっていたのですが・・





2016102016320608c.jpg





彼女はシャッターを押しながらゲラゲラ笑う

カメラを受け取りながら
「 楽しんで頂けましたでしょうか? 」

何となく芸人 出川哲朗さん の気持ちが
わかるような気がしました

あえてこの1枚だけ採用しましたが
後は活字から想像して下さいまし 


バナナとハグしたり

ヤシの木の下でフラダンス踊ったり

風で花が落ちていたので
拾い集めて花束にして、乙女のポーズをしたり


色んなシーンに注文をつけて
激写し笑い転げるR子でした 😂


何度も楽しんで頂けていたようです 


私達以外の客がいない

貸し切り状態?

気分いいわぁ〜






奥には ふれあい動物公園 になっていて
うさぎ・エミュー・羊・やぎ・鳥 
カワウソ・カピパラ などがいました

オウムなどが放し飼いの温室もあり
お天気のいい日には1日遊べそう





アロハタワーに登る





20161020163207722.jpg





いい海景色だ!





20161020163209d77.jpg





最後に売店でアイス食べようと思ったら
閉店していた

残念!




後は帰るだけ

夕暮れの街を走ります


道沿いに生えているヤシの木が
黒いシルエットとなって
良い写真が撮れていました





さっき気になっていた
ピーナッツソフトクリーム店に寄りました





20161020163307a9c.jpg





美味いかマズイか分からないから
1つだけ買って食べてみる事に


パクッ・・

あーっ、ピーナッツバターをそのまま
ソフトクリームにした感じで
味が濃すぎてノドにひっかかる

もう少し薄味か
バニラとのミックスにしたら
ちょうどいいと思いました



高速道路で、一気に海ほたるへ






到着して、まずはアイスじゃ 🍦





20161020163309dea.jpg





IDEBOKスィーツ (赤いカップ)
ポルトガルカフェ



海ほたる内のソフトクリームは
400円前後

スプーンで分かち合いながら食べます

私は牧場系のバニラソフトが好きだから
カップに入ってる方が好みだわ


コーン入りは、チーズが入ってるような
濃厚な味でした




さて、まだまだ見るぞ!

川崎側の展望デッキで しあわせの鐘 の
ヒモを勢い良く引っ張ったら 

ガラ〜ン ガラ〜〜ン 

あまりの大きな音にビックリ!

うるせー! 

自分で鳴らしといて うるせーっ て
矛盾した事をしてる 



彼女はここで写したいと
カメラを渡し鐘の下に立つ

シャッターを押した途端

「 ヒャーッ! ハハハッ 」
腹を抱えて大爆笑


彼女は何事かと駆け寄り、写真を見ると
手ばたきして笑った

ライトアップの光が、もろに顔にあたって
カオナシみたい!
白いお面をかぶっているようだった





その先には等身大のゴジラの足跡が
デッキにペイントされていました が
夜だからカメラには写らない





20161020163310d00.jpg





夜の海ほたるも美しい




都内を抜けて


蓮田SAで休憩して



下道に降りて、ファミレスで遅い夕食



写真を見せ合いながら
楽しかった1日を振り返り


22時に解散 🌟

約400キロのドライブでした 





   〜    〜





そして、数日後・・

石のポストから届いたハガキ

もっとロープーウェイが大きく
デザインされているのかと思っていましたが

こんな感じでした




20161020163312348.jpg




ついでなので
懐かしい切符も一緒に!

帰りに改札の人に

「 記念に持ち帰りたい 」 と

言えばもらえますよ 




そして、リフォームしたバッグ
歩いてもバタバタせずに
使い心地がとても良かったわ!

今度は、もう少しオシャレな物を買ってきて
同じように作り直したいなと
思っております 






足袋子の姫ルーム




現在の住まい
わりと日当たりが良いのですが ☀

それも良し悪しでして・・

冬は天国 夏は地獄の間 となる

少しでも快適に眠りたいと
春先に、すのこベッドを買いました

ギシギシきしむ音はイヤなので
6本足

しっかりとあたしの重みを
受け止めてくれる




20161005194403976.jpg





ベッド用のマットレスは
たためないし邪魔になるのでキライ 

布団用に使う
薄くて折り畳めるマットレスを使用

寝室は和室だから
香りの良い ひのき素材 よりも
軽さ重視の 桐 にしました

畳に木の足あとがつかないように
工夫してあります




ベッドを購入後
夏は快適に眠れました


これから冬 ⛄
すのこの下を風が抜けないようにしないと

だから、ベッドスカートを作る事に




東京に行った時 ユザワヤ で購入した布

この辺にも ユザワヤ はあるのですが
品揃えが違うのよ





201610051944051eb.jpg





ベッドのサイズは 1メートル×2メートル



足の長さが30センチ

この部分のヒラヒラが長〜い




20161005194406413.jpg





直線縫いが続く




三つ折りが終わったら

白いキルティング部分と
大きなヒダを付けながら
折り折り合わせて、まち針で止めます





2016100519440795e.jpg





この 折り折り作業 が時間かかるぅ





したら、またミシンで ジャーーッ と縫う





んで 出来たぁ

どよ? こんな感じ





 20161005194409235.jpg





ベッドスカートが完成し
スイッチが入った 💡


通販で購入したカーテン
2枚組 178×200センチ

色が上品なピンクで
シンプルなお花柄が
気に入って買ったのですが
思いのほか、生地が薄くて・・





201610051945041ab.jpg





休日、お寝坊したいのに
明るくて目が覚めてしまい

ちょっとイライラ・・ 😬

寝室用には、不適切でした


普通のカーテンを
遮光カーテンにしてしまう
裏地として付ける 遮光用の商品 も売っていますが

それだけで、けっこうなお値段だったし
二重にして モサモサ と重たくなるのもイヤだから

遮光カーテンは、新しく買いました



このピンクの花柄カーテン
しばらく押し入れで放置されてました

ベッドカバーにしちまおうと
ヒダをほどいて


1枚は、そのままベッドのサイズに合わせ

もう1枚は、周りのフリフリ用に切ります 



ジャカジャカとミシンで縫い


出来ました!





20161010185111598.jpg





フローリングの部屋なら、言う事ないのですが
しゃあないなぁ〜




 

少し前の さんまさんのテレビ番組 で

夜眠るときには、部屋を真っ暗にするより
足元に少し光があった方が
脳ミソが安心して眠れると
エライ先生方がおっしゃっていたので

延長コードの先に
常夜灯の青いLEDライトを付け
それをベッドの下に潜らせて
青く光るようにしてあります


誰ですか? 
ラブホテルみたいとか言ってる人は?

まぁ、否定はしませんけれど 😜

これ シングルサイズ ですから 





これで終わるハズでした


これらの写真をR子ちゃんに見せたら

「 うわー! 本当に姫ルーム 
  ついでに天井から吊るすヤツをつけちゃえば 」

この言葉を聞いたら

う〜ん、悪くない 😎


材料はあったのだ!




ベッドカバーにしたカーテン
レースの花柄カーテンとの
セット商品だったので

そっちは欲しくもなかったけれど
付いてきた・・

それをほどいて使っちまおう




20161015114639b67.jpg




2枚組の物


ヒダをほどいて
そこの裏地に芯が入っていたので
切り取って三つ折りにして
ミシンで ジャーーッ




2016101511464143d.jpg




電気の取り付け金具にヒモを引っ掛けて

レースの片側を結いて団子にして

反対側も、同じように吊るして
1丁あがりぃ




20161015114643b48.jpg




なんちゃって姫ルーム の完成

夜はこんな感じ




20161015211823f80.jpg




女性のあこがれよね

毎晩ベッドに入る時、気持ちはお姫さま 

いい夢見れそう 




ちょっとした手間と工夫で
お部屋のイメチェン 

楽しいですね 








東京ディズニーランド・ハロウィン




年に1回、この時期だけは絶対に訪れたい

ハロウィン 🎃 
パレードが多く楽しめる ♪



空けておいた休みの日
お天気が悪かったら止めようと
何も準備していませんでした

3日前のお天気予報が、ニャンと ☀


すぐに高速バスチケットと
コンビニで前売り券を購入しました








当日の朝
早起きしてお弁当を作ってます 🍙

ランド内の売店やレストラン
お値段と味は 夢の国 ではないなと
感じているので 

リュックサックの中身は
ほとんどが、飲物と食物

準備OK 👌

高速バス乗り場へ



始発便で東京駅に向かいますが
途中、渋滞にハマり 30分 ロス 😫






東京駅到着後は、早歩きで京葉線のホームへ


電車に乗り込み、ひと息つく 🚊


窓の外に、朝日に照らされて
穏やかな海原がキラキラ光り
海はいいなぁ〜 と見つめる


そういえば、去年のハロウィンは
ディズニーシーで遊んだから
ランドは2年ぶりになるわ







舞浜駅で下車
高速徒歩でゲートへ


8時オープンでしたが
10分遅れでの入場


入ると相変わらず従業員らが
笑顔であいさつしつつ
走らないで! の紙を掲げていた

仕方ないからここだけ 中速徒歩 で通過
左に左に進み

スプラッシュマウンテン
(丸太船が滝から落下するアトラクション)の
ファストパスを取ってから
ビッグサンダーマウンテンへ並ぶ

これらの人気の乗物は、朝のうちに乗っておかないと




5分もしないで乗車
ムチウチに支障なくスピードとスリルが楽しめ
安心して乗れる唯一のジェットコースター

怖くもないけど キャーーーッ! ワメキます




201610140937554f0.jpg





もう1回並んで乗り またキャーーッ! 






またまた並び、3連チャン 





時間になったので、スプラッシュマウンテンへ



船に乗り込む時に、やたらと
イス以外の所が水に濡れてて
ちょっとイヤな予感がした

1番後ろの座席 💺


動き出して
外の景色や室内の人形が動くのを見ます




20161014093757f99.jpg




カンカンと坂を上がり始めると
いよいよ滝つぼへ

落下



1瞬のスリル



そして・・  激しくびしょ濡れ 

過去最高の濡れ方


オイオイ! 
水道の蛇口を開け過ぎじゃねーか? 😦
(滝部分の)


今日はお天気いいから、すぐ乾くけれど
これからの冬に向けてヤバイ

もちっと水量を、少くしましょうよ 






もう、乗物はイイや
満足しました


キャーキャー言い過ぎたのか?
声がハスキーになっておる







1日2回行われるパレード
ハロウィンポップンライブ が始まるので
スタート地点に座って待つ


小腹が空いたので待ち時間に
🍙 をパクッ



音楽が流れて、グーフィーを先頭に
キャラクターやダンサーがやってきました




20161014093757b32.jpg





最後尾の山車が、通過し終わると
即座に正面ゲートに向かいます







キャラクターとの記念写真撮影
その順番に並ぶために急ぐ




すでに3人がおりました

係のお姉さんが来て

「 何名様でしょうか? 」

「 1人ですけれど・・ 」

意味がわからなかった


聞くと、1年半前位から
参加する人に黄色の券を渡す
システムになったそうです

割り込んだり
グループの1人だけが並んでて
時間間際に仲間が来て入ったりなどの
トラブルを避ける為なのかな?

1時間待ちます


日差しがあるので
ジリジリと暑い〜

帽子や日傘がないと、頭が焦げる







おぉ!
ミニーちゃんが来ましたよ



今日のミニーちゃんは、当たりです

以前にも書きましが
キャラクターに 当たりとハズレ があるのです

数年前の事ですが、ミッキーがちっとも動かなくて
置物のように立っているだけでした

言葉を話さない分
手や体の動きで、来場者とコミニケーションを
するのがお約束なハズなのに
ただ棒のように立って、一緒に写真に収まる
置物ミッキーが過去に1匹いました


このミニーちゃんは、まずハグしてくれて
手をつないで歩き
撮影場所へと誘導しつつ

手を動かしたり、顔を斜めにしてみたり

「 腕を組んで写したい 」 と来場者が言えば

ウンウンとうなずいたり
何かしらのアクションがありました





さて、あたしの番

ハグしてくれて、首から下げていた
ミッキーを手にして 「 ステキね 」 と言う風に
手を口に当てて ウフフ としました

そのまま握手した形で パチリ




201610140937594ca.jpg





もう1番ハグして終わりました



これだけで感激です ♥






今度は広場に行って
シンデレラ城前での撮影に並びます


カメラマンがいて
「 有料でのフォト撮影もありますが
  いかがですか?」 と聞いてきますが

ノーサンキュー と断り

マイカメラでのシャッター押しだけを頼みます




20161014093800d83.jpg





次のパレードまで時間があったので

カリブの海賊 に並びました




地下の洞窟みたいな所がスタートで

横にはレストランがあり
暗い銅内、ぼんやりと灯る光が幻想的!

この雰囲気が好きなのですが
ここのレストランは、利用した事がありません




船のゴンドラで流れて行きます

海賊が設定ですから
船と陸からドンパチやっていたり
そういう展示物が見れるのですが

中の照明が極端に暗くなっていました

以前は、もう少し明るく
カメラを向けてもちゃんと写りましたが・・

老朽化してきた中を、ごまかす為でしょうか?

それとも、単にスイッチを
入れ忘れていたのでしょうか?

ナゾです






 
間もなく幸せを喜びあう
ハピネス・イズ・ヒア のパレード

これは1日に1回のみ


今までにランドに来た中で
今日は、1番人が少ない!

入場料を値上げしたからなのか?
たまたま空いてる日だったのか?

どちらにせよ ラッキー ざます 😉




リズミカルなメロディーと共に
キャラクター達が
たくさん出てくる




2016101409385028b.jpg





20161014093852174.jpg





201610140938537eb.jpg







少し体を動かそうと

ビーバーブラザーズのカヌー探検へ




20161014093855a01.jpg





2回目の、ハロウィンポップンライブ
最前列に座りたいから
早めに場所取り




ウガジャガ ウガジャガ の曲が流れて
パレードが始まりました




20161014094012a6a.jpg





さっきは青空でしたが

雲が広がってきました





20161014094013176.jpg





このネコ風の衣装
かわいいなと釘付けになりました



大人になったら何になりたいですか?
ちびっ子達に聞くと

「 ランドのダンサー 」 と
答えるのも納得ですねぇ


キレイで可愛くてステキな事に
女の子は憧れますし

夢見る生き物なのです 






このパレードが終わると同時に

エレクトリカルパレード・ドリームライツ 
夜のパレードを見るために
シンデレラ城がアングルに入る
お気に入りのイスに陣取る!



もう、絶対に動かない



長い待ち時間になりますが

人間ウオッチングしたり

夕暮れに影をつけるシンデレラ城を見たり

あれこれ観察して、のんびり過ごす



鳥達も寝グラに帰って行きます 





待ちに待った
その時がやって来たぞ!





20161014094015e28.jpg





201610140940169ed.jpg






20161014094018c00.jpg





このパレードだけは何度見ても
夢の国の魔法にかけられる






うっとりしたまま

おだやかな気持ちで

きらびやかな灯りのお土産店を通過し


舞浜駅へ



電車の窓から小さくなっていく
ランドを見つめ



楽しかった1日を振り返り
深夜、家路につきました









T&Mファーム 開店!




栃木県 足利市 名草町

夏に名草の つりぼり弁天屋 に行った時
帰りに ブルーベリー狩り をした

T&Mファーム が
ソフトクリームのお店を始めました 




20161010191401485.jpg




本当は、夏にオープンの予定でしたが
伸びてしまい

10月8日に、めでたく開店しました 




20161010191402c7b.jpg




オーナーの岩下さんは

 名草は自販機も何もない所だから
 ちょっと寄ってお茶が飲めるような所が
 あったらいいなと、前から考えており
 その思いが、やっと形になりました





普段は、畑をやっており

四季折々の果物や野菜を使った
ソフトクリームを作りたいと

夏にオープンしていたなら
ブルーベリーのソフトクリームを作れたのですが
時期が終わってしまったので
来年のお楽しみになりますね





開店記念という事で
棒にマシュマロを刺した物を手渡され
焚き火であぶって食べる

焼きマシュマロ 初体験


バイキングのチョコフォンデュ などでは
マシュマロが登場しますが・・


外国では、バーベキューなどで
よくあるメニューだそうです


キャンプの話しで盛り上がりながら
あぶっていたら、焦げてしまい

オコゲを摘んで捨てて
もう1度あぶりました



自分で焼いてる所を写すのは難しいので
オーナーに持ってもらいました




20161010191404d47.jpg




トロ〜リと棒から落ちそうになり
あわてて食べると

あたたかくて、甘くて伸びて
餅とかチーズとは違う

ん? 何だこの新食感は?

クリーミーなハンペンが
ビヨーンと伸びたようよ 👍

癒し系のスィーツ




201610101915181d9.jpg




オープンに向けて準備していたのが

栗のソフトクリーム 🌰


畑で取れた栗の皮をむいて
試行錯誤しながら作ったそうです




2016101019152062c.jpg




バニラソフトクリームの上に絞ってあるのが
手作りの栗クリーム




ほのかに栗の香りがして
栗クリームだけを食べても美味しいけれど
バニラソフトに混ぜたら
さらに うみゃい!

手間ひまかけて作った栗クリーム

「 こんなにタップリかけちゃって
  モチっと少くしたら?」

なんて言ったら、オーナーは笑っていました


最初のひと口と、最後のひと口
同じ美味しいさが続きました

少量販売だからこそ出せる味 


一般的に使われる
業務用のペースト(モンブランや紫イモなど)を
使用したソフトとは、全くレベルの違う
ソフトクリームでした 


栗は収穫が終わっている為に今回限り

来週からは サツマイモのソフト など

季節の物を使い販売するそうです





また、日曜日限定メニューとして

スモークポークサンド があり
注文しました


自家製の燻製肉を使用


パンに材料をはさんで
パッコンしてから
焚き火で焼きます




2016101019140551b.jpg




焚き火はいいねぇ

木が バチッ とはじけたり

木の側面から樹液が出てきて
ジュワジュワしていたり

ゆらめく炎を、いつまでも見ていられます



風向きによって、煙を浴びないように
席を移動したり


楽しくて仕方がない 😆




焼き上がりました




20161010191521ceb.jpg




ウフフフ ♥

美味しい物を食べると
人はなぜか喜びを押さえきれずに
笑っちゃいます





建物の横に 薪割り場 があったから
やらせてもらいました


ナタを持った瞬間

「 重っ! 」

何キロあるのか聞いたら
20キロですって

この重さを利用して割るそうです




20161010191407d0e.jpg




これから、少しづつ店の周りを整えて

焚き火に支障がないように
屋根(タープ)を設置したり

名草で取れた野菜や果物を置いたり




イベントもやって行きたい

家の壁に突起物を設置して
ボルダリング を体験出来るようにしたり

名草の山のガイドだったり

ここでしか出来ない
遊びのメニューを提案したいと
岩下さんは、目をキラキラと
少年のように輝かせて
話して下さいました


あーた! この人は私と同じ
人種のニオイがします 

やりたい事がありすぎて
時間がないタイプ





名草の厳島神社や巨石群周辺は
紅葉の穴場スポットです 


紅葉狩りや、つりぼりの帰り道に寄って
あたたかい飲み物や、ソフトクリームを食べて
ちょっとひと休み! いかがでしょうか 😉


当分の間は  
土曜・日曜・月曜の限定営業 
10時〜5時 


GWやお盆などは通しで営業予定

季節や時期を見ながら
営業時間や曜日は決めていくそうよ


お問い合わせは 

090ー4961ー4528 岩下まで 




ここまで来たのですから
ピピちゃんに会いに行かなくちゃ

少し走れば

厳島神社入り口にある つりぼり弁天屋


すっかり顔馴染みになり
あいさつを

あっ! ピピちゃんがいた




2016101019152388d.jpg




やはり羽がキチンと閉じずに
歩く時も、少しビッコをひいてます

野生に戻るのは難しいのかな?


みなさんとお喋りしてから
釣りをしました



水に沈むタイプの疑似餌や
浮くタイプの疑似餌を試すと
連チャンで来た〜

3匹釣ったから、すぐに終了

もう少し釣りの時間を
楽しみたかったなぁ 



焼いてもらっている間に
外の売店でヤキソバを買ってきた



イスの上の食物が気になり
首を伸ばして何とか食べてしまおうと
狙っているピピ




20161010191522ef8.jpg




アミで焼いたピザを頂いちゃったら
お腹いっぱいになり
(当たり前じゃ! さっきから食べてばかり)
焼いた魚はお持ち帰り用に



トンボがいっぱい飛んできたから
張り切って素手でつかみます


ピピちゃんの大好物


捕獲しては、ピピのもとに




まだ紅葉は先ですね

いつ来ても、癒される場所です



満足して 弁天屋 を後にしました




んで、帰り道

また T&Mファーム に寄って

すっかりクセになり
どっぷりハマった 栗のソフトクリーム を
食べるのでした
(アンタも好きねぇ) はい♪




そして、帰宅




20161010191543a28.jpg


     冬瓜と鳥肉の煮物 昆布 手作り漬物




夕食のおかずとして
ニジマスを食べましたよ〜



ひと雨ごとに寒くなってきます
風邪をひかないように
冬でも元気にお外へ行こう 








白金工房アンブローズと桔梗屋工場見学バスツアー




今年も ウェルカム の封書が届きました 

山梨県甲府市 にある宝石店
アンブローズ

その中にある、旅行部パウンドツアーからのお便り


過去に買物履歴のあるお客様への
日帰り旅行の案内です


今回の日程は

・ 桔梗屋 信玄餅詰め放題
・ イタリアントマトクラブ ランチ
・ アンブローズ 見学と買物
・ 江戸屋商店 野菜の詰め放題


保険料込の旅行代金が 4800円

断わる理由など何にもニャイ 



以前、こちらで購入した
トルマリンのブレスレットの
メンテナンスを兼ねての参加です






9月下旬


青空が広がる良い天気
 
キンモクセイが香り
道端の彼岸花や、コスモスを見ながら歩きます



最寄り駅が集合場所



早めに着くと、赤いベストを着た男性がいました
20代位の、さわやかイケメン兄さん
(以後、彼の名はヒデちゃん)

あいさつをして、話し込む


参加者が集まり
大型バスも到着しました




座席の半分程の参加者を乗せて出発


相席ナシでゆったり座る



ヒデちゃんが自己紹介

普段は工房内で仕事をしているけれど
添乗員の資格を取ったので
ツアーの時だけ添乗員をしていると


東北自動車道から圏央道
スイスイ走ります 





狭山PAで休憩





バスに戻ってきた時、ヒデちゃんに

「 数年前、工房内に旅行部が出来たのは
  知っているのですが
  現在、添乗員は何名いるのですか? 」


「 最初は少なかったけれど
  現在は8名います 」

旅行部の担当なので
宝石の事は、よく分からないんだって



みんなが戻り、出発






富士山の形をした、桃味の
青い飴を配り終えると

「 コレは工房の売店で販売しているので
  美味しかったらどうぞ! 」

ちゃっかり宣伝してるし 😁



中央自動車道に入り、談合坂を過ぎると
道が2つに分かれる

右ルート と 左ルート

小さなトンネルを
いくつか通過した先で合流するから

どちらを走っても問題ないのですが・・

初めて通るドライバーは

「 何コレ? どっちドッチ? 」 って

あせるよね・・





雲が重い空になってきました ☁


山間の道
山の緑色と空しかない景色が続く






勝沼の出口を通過すると
甲府盆地に広がる街が パッ と見えた


一宮御坂で下道へ



まずは 桔梗屋工場見学 

ガイドに連れられて、建物の中に入ります

階段を登り、上からガラス窓越しに
1階での作業を見渡せます


グラニュー糖・もち粉・水飴などの材料を
練り合わせて




201610022136242d7.jpg




高温蒸気で蒸して
1〜2日寝かせます




201610022136251ab.jpg




生地をカットして




20161002213627602.jpg




コンベアーで流れてきた
ビニールを1つひとつ、手作業で結きます

この工程だけは、機械化出来ないそうで
1日に8トン作るそうです




2016100221362814c.jpg




巾着や化粧箱に詰められて出荷





見終わると、奥の部屋で
いよいよ詰め放題 


2回目ですから
ガッツリ詰めるぞ〜



ビニールを少し伸ばしてから
タテに5個花びらのように置く

電車のイスのわずかなスキマを見つけて
「 あ〜ら!ごめんなさ〜い 」 と言って
お尻をフリフリ強行侵入してくるオバさまのように

真ん中にムリやり1つ入れます

1段6個



コレをもう2段詰めたら
今度は、ビニールを上に引っ張ります

上を結けないとアウト 




201610022136233e3.jpg




必死に伸ばし
ネズミのまつ毛位に結べました 🐭




今年の4月に 桃源郷バスツアー で
来た時には 11個 でしたが



今回は 18個

ヤッタね ✌




20161002213729b62.jpg


      びろーんとなりつつも
     破けずに活躍した、ビニール





見学の出口に テーマパークカフェ が出来て
かき氷やソフトクリームを、食べれるようになっていた


あれー?
以前は、建物の向こう側にある
アウトレットのエリアで
ソフトクリームを販売していたのに

気になって行ってみると
こちらでは 信玄餅ソフトクリーム だけを販売しており
敷地内2ヶ所で食べれます




せっかくだから、テーマパークカフェに戻り

ムフフ!
信玄餅ソフトクリームを 390円




2016100221372817c.jpg




あーた!
今回の1番の目当ては、コレを食べる事だったのよ

きな粉風味のバニラソフト
信玄餅と黒蜜

バランスが良くて、うみゃいのよ

1度食べたら体が忘れない味


最低1年に1回は食べときたい




夏は 八ヶ岳・天然氷のかき氷 で作られる
かき氷の信玄餅 があったのね 500円

現在は終了




どーせなら
かき氷信玄餅のテッペンに きな粉ソフト を
乗っけちまえばいいんだ

富士山のように

桔梗屋スペシャル とかの名前にしてさ


あ〜、美味そぅ 😋

妄想族になっておる・・






1度集合してから、歩いて道向こうの

レストランカフェ
イタリアントマトクラブ へ


ワンプレートランチで

サラダとスープは、お替わり自由




20161002213730577.jpg




後から園児サイズのライスが来ました



ちょっと、量が少ないなと・・

小さくてもデザートが出るものだと
待っていたら ナシ だった 😅



お庭を見ながら駐車場に戻り

みんながそろい出発
  


白金工房 アンブローズ へ



店員らが整列し、お出迎え

会議室のような部屋に入り、イスに座る



担当の男性があいさつ

ジュエリーのコンテストで選ばれた事や
その時の受賞映像を見ました


その後に、宝石のお話し


本物と偽物のダイヤの見分け方 

ダイヤの上にマジックで線を引くと
本物はまっすぐ書けて
偽物はインクが散り書けないのは知っていましたが

息をかけて白くなったのが、素早く消えるのが本物
いつまでも白いのが、残るやつが偽物

これは知りませんでした


展示会場で体験出来ると




それから移動して
加工している作業場に行き
金属に細かい彫り物をしているのを
目の前で見れました

作業場と言っても
綺麗で普通のオフィスと同じでした





そして、展示会場へ

入る前に スタンプラリー の紙をもらい
5ヶ所を周り、宝石の試着をすると
担当者にサインをもらえて
全部埋まると、プレゼントがもらえるシステム


1テーブルに1人、担当者がいました

コバンザメのように店員が引っ付き
密着セールスされる事はなく
好き勝手に、自由に見て歩けたので快適


最初にトルマリンのブレスレットの
メンテナンスの手続き


私もあちこちのテーブルに行って
ドレスを着ないと付けれないような
ゴージャスなネックレスや指輪を試着しました


さっき教わった 
ダイヤを見分ける体験コーナー

5つの同じデザインの指輪が並べてあり 
1つが本物 4つが偽物

光の下でクルクル回して見たけれど
どれもキラキラしており、わからない?

よーく見たら、石が白っぽいのと
透明なのがあり

1番右の指輪、コレが本物なのかな?

息をかけて白くさせて、元に戻るのを
1つひとつやってみました

やはり、間違いないハズ


指輪の台の裏側を見ると 当たり のシールが 😄

出口で景品がもらえる引換券をゲット



ひと周りしたけれど、特に欲しい物もなく
販売員のWさんとお喋り

「 私は、宝石よりも飾りで置いてある
  あの貝がらの方が興味があるし
  欲しいのよ!
  あれは売ってもらえるのかしら? 
  今まで何軒かの宝石店で
  問い合せをしたけれど
  全て、断られているの 」

「 担当の者に聞いて来ますから
  少しお待ち下さい 」


よく、パール製品の所に
インテリアとして飾られている貝


しばらくして担当の女性が
あわい黄色の貝がらを持ってきて
売ってくれると言いました


「 黄色はイラナイのよ 
  あそこに置いてあるような
  黒っぽい貝がらがいい 」

少しして、大きめな黒い貝がらを手にしてて

「 これでいかがでしょうか? 」

「 そうそう! コレ 」


○千円で、お買い上げ〜 
(値段はナイショ)


ずーっと前から欲しかった貝がら
割らないように持ち帰らなくちゃ




20161002213756ef8.jpg




見る角度によって、七色に光り輝きます
美しい〜 

クリーニングされて
ブレスレットもピカピカに 




出口で、スタンプラリーの景品
食べられる金粉

ダイヤ当ての粗品の
ビンに入った金粉をもらいました

こちらは、インテリア用の金だから
食べれないそうです






集合時間なのでバスに戻りましたが

1組のお客様が、カードでお買い上げ

カード会社との確認に
時間がかかっている為に

そのお客様は、後からお送りするとの事


私達は先に、次の立ち寄り先へ



町中を通り、ぶどう畑を抜けて 🍇





到着したのが

江戸屋商店


山沿いの道にポツンとある店


店の女将がバスの中に入って来て
ごあいさつと気合のかけ声の練習

後で行われる 野菜の詰め放題 は
このかけ声の後に、スタートするらしい


降りて店内でお買物



手作りのゴマ豆腐や野菜・果物
雑貨などが置いてありました


ほうとう学校のイベントもやっていると



大きなお盆の上に、数種類の
バラけたぶどうの粒が置いてあり
さいばしで紙コップに摘んで入れるゲーム
100円 時間は15秒間

紙コップに入れた物はもらえます

面白そう 
コリャやるしかない 

カバンと帽子をイスの上に置いて
腕まくりをしてやる気満々

数本置いてあるさいばし
先が真っ直ぐなのを選び

短く持って、つまみやすい位置を確認


紙コップを左手に持ち、ハシのすぐ横にスタンバイ
ガチのマジモードで挑みます 😎

お父さんが笛を吹いてスタート!



摘んでコップに入れる時に
目は次の大粒ぶどうを見ている

ホイホイホイと、素早いハシさばき

ピーーッ! 終了


気がつけば、紙コップ2つ分ありました

数粒オマケで、ビニールに入れてもらう


数えたら㉒㉒22粒あったので
1秒に1粒は摘んでいた計算になるわ

バスの中で食べるオヤツ 😉



外のお手洗いを済ませて戻ると

「 あっ! 」

ナント前回、こちらのバスツアーの時に
添乗員だった T君 がいた


「 あら! ヤダー
  何でこんな所にいるのよ? 」 ペシッ

「 お客様を乗せて来たのです 」

「 うわー、元気だった? 」 ペシッ

「 はい! そうだ・・
  先日はブログに書いて頂いて
  ありがとうございました
  お会いしたらお礼を言おうと思っていました 」

「 まあ! 読んでくれたの?
  うれしいなぁ 」 ペシッ

「 ええ、今日の添乗員のヒデと一緒に
  記事を見ていたんですよ 」

「 ほう、じゃあ今回はヒデちゃん編ね 」 ペシッ

「 はい! ビシバシ書いてやって下さい 」


再会がうれしくて、ひと言喋るたびに
体育会系の丈夫そうな腕を
ペシペシたたいていました



彼の事は忘れません

去年の6月

マダムだらけのバスツアー

という記事に書きましたが

T君の 神対応 の接客ぶりに感動しました 

色んなバスツアーに参加し
一緒に旅して、見てきた添乗員の中で
トップ3にランクインする人です

シャキーンと整えられていた
まゆも健在 


「 ちょっと! 写真移しなさい 」


カメラをT君に渡し
ヒデちゃんを呼びつける



写した後に

「 目に白い線は必要ですか? 」

確認すると素顔で構わないと
了解をもらっちゃいました




20161002213732763.jpg




あたしは白い線が必要なんじゃ 😜


盛り上がった気持ちのまま
野菜詰め放題 の時間です




20161002213755aa3.jpg




さり気なく、玉ねぎの前を陣取り
さっき練習したかけ声を発して 
スタート!


セッセと玉ねぎ ほーいほい


上は、はみ出してOK
3種類以上入れるのがルール



あたしのビニールには

さつまいも   2
ピーマン    1
じゃがいも   1
玉ねぎ    10
カットカボチャ 2
カット冬瓜   2

大漁じゃ ♪



T君に

「 来年また会いましょう!
  今度は、あなたが添乗員するんだよ 」

そう言ってお別れしました




手を振る店の人達に見送られて

バスは高速道路へ




お野菜でどんな料理を作ろうか とか
10月は秋のイベントが多いな とか
脳ミソが活発に動いていたから
お昼寝出来ませんでした


窓の外は闇に包まれて
流れていくネオン

ガラス窓が鏡となり
車内を映し出す



狭山PAで休憩して



最寄り駅に到着


ヒデちゃんと握手をしながら

「 また来年会いましょう! 
  先輩にヨロシクね 」




たくさんのお土産を持ちながら
家に向かいました 









プロフィール

足袋子(たびこ)

Author:足袋子(たびこ)
北関東在住 
趣味は外出! 水族館・動植物園・遊園地・プラネタリウム・お祭り・花火・ドライブ・買物・工場見学  
何気に、高い所・爬虫類・冷凍菓子に抹茶好き 
乗り物の中にいれば
ゴキゲンです🎵
本題に入る前の雑談として ―気奥のかけら― 始めました 心の奥にある思い出、気になった事をリアルに語ります  
年令という年輪を重ねても、好奇心は加速するばかり・・ 
これからも ▶仕事キッチリ遊びバッチリ◀ で、エンジョイ人生 🐾

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

かっちゃんの雑記ブログ

バイク少々……されど乗る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
636位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
239位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome! 足袋子共和国の  入国ゲートへ
いつも癒やされているメダカやエビ達の赤ちゃんに期待する春ザマス😉
桜のようにいつまでも色づいていたいものだと心がけている足袋子にワンポチ🐶を

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR