-->

さがみ湖イルミリオン バスツアー




うっふっふ 😀

やっと行けるのよ〜 ♪


さがみ湖イルミリオンを見たくて
去年、バスツアーを申し込んでありましたが

人数が集まらずに中止だったの 😢



今夜は キラキライルミ が見れるのね
うれしいわぁ




10時過ぎに家を出て、最寄り駅に向かいます

良い天気で気持ちがいいわぁ

遅めの集合時間



定刻前にバスが来て乗りました

本日の参加者は22名ということで
ゆったり座席なのよ

バスの真ん中位の席で
相席ナシのお気楽シート 💺
いつもこうならいいのに



添乗員さんのあいさつ
そして、1日の流れを聞き

DVDで団体旅行の注意事項を見せられる

・リクライニングは使用禁止
・車内禁煙
・携帯電話はマナーモードに 
・シートベルト
・大声で騒がない
 
あたりまえの事ばかりですが
常識のない人が多いから
こんな物をワザワザ見せられるのだ



 

東北自動車道から圏央道に入ります



私の前の座席は、70才代の
男女グループ参加組 

昨日はうれしくて眠れなかったと
会話もはずんでいる

20年後のさんまちゃんみたいな殿方が
通路を挟んだ席に座っているご婦人方に
身を乗り出して話しをしてる


笑い声は、車内に響き渡り
実に楽しげで良い雰囲気です


いくつになっても
会話で楽しませる事の出来る人は
モテるんだろうなぁと思いました




本当に、にぎやかで楽しそうです




殿方のジョークに反応して 
大喜びして笑い転げるご婦人が
1人いらっしゃいます

私の前の席の方・・・


すでに
耳にタコが出来るような笑い声



クワッ ( ゚д゚ )

前の席に 笑い袋 があるんだと
思うようにしました





途中 狭山SA で休憩

ランチは、14時過ぎの遅お昼になるというので

ソフトクリーム  入りま〜す





20170224071801f53.jpg





改装工場中なので
建物はシートで覆われていました


周りは 茶畑 が広がる




バスに乗り込むと
ほのかに シップのニオイ が
気になります



中央道に入り、深い山の谷間を走ります


お杉さんがオレンジ色になっているのが
たくさん見えます
 




下道に降りて、最初の立ち寄り先

金多留満(きんだるま)本店 へ

小さな和菓子屋さんですが
明治44年創業だそうよ


雨がパラパラ降ってきた 


えっ?!

お天気予報は晴れだったから
雨具なんて何も持って来てない

添乗員さんに聞くと、晴れマークだったと

店の人に天気を確認すると
午後からくずれると 😱

 
せっかくイルミを見に来て
雨で歩けなかったらイヤだから

目の前にあるコンビニに
傘を買いに向かいました



少し向こうにドラッグストアが見え
行ってみたら傘類は置いてなかった  



コンビニに戻り、ビニール傘を買って
店内のお菓子を見ていたら

ありゃりゃ?
 
私が乗ってきたバスが動き出している

時計を見ると、集合時間まで
まだ10分もあるのに

ナゼ?

あわてて外に出て
走り出したバスを追いかける

すぐに停止して、ハザードランプをチカチカさせて 
ゆっくりバックしてきました


ドアが開いたので、運転手さんの顔を見ながら

「 まだ集合時間前ですよね? 」  

添乗員さんが ヒラ謝り を繰り返す   


乗客数を数え間違えて
「 全員おそろいになりました 」 と
運転手さんに言い、走り出した様です


私は笑いながら 

「 大丈夫ですよ! バスが見えなくなっても
  添乗員さんの携帯番号を聞いていたのですから
  戻って来て〜! と電話していましたから 」

しかし、バスツアーで 置いてきぼり にされたのは 
初めてだわ 😓



青空が広がったり
重い雲に包まれたり
 
めまぐるしく変わる空模様


道ばたに山肌に、残雪が白く光る
 


笑い袋は、なかなか電池が切れずに
絶好調  ザマス





河口湖畔を見ながら


14時過ぎ シルバンズ に到着

30種類のバイキングランチ

有料で地ビールも飲めます





20170224071802c16.jpg





雰囲気を楽しむ感じ

このピザ、エラいしょっぱいの

おいしくてお替わりしたくなるような物は
ありませんでした


チョコレートファウンテンもありましたが
鬼のような異次元糖味
 
味覚がマヒするので、見てるだけ〜


フルーツポンチの上に、ヨーグルトをのせて
さらにセルフのソフトクリーム機があったから
くるくるポン とトッピング

またアイス食べてるって
あきれないでや〜





201702240718047db.jpg





満腹になり、お庭を散歩して
雪だんごを作ってニンマリ 





20170224071805964.jpg





集合時間となりバスに乗り込むと 
運転手さんが、あたしの顔を見るなり
ニヤける 
 
さっきの 置いてきぼり事件 を
思い出し笑いしているみたいよ 😉




添乗員さんが人数を数えていて
 
「 あと2名おそろいで出発です 」

実際は、まだ3名が来てない事がわかり

運転手さんやみんなから

「 大丈夫? 本当にそろったの? 」

イジられるのでした


今回の添乗員さんは、少し
おっちょこちょいさんみたいです






山中湖 交流プラザ に到着


お天気は良いのですが
冷たい風が吹き抜ける





2017022407180736c.jpg





雲のあい間からの ダイヤモンド富士 を待ちます





20170224071937f98.jpg





寒さをガマンしながらの
富士山鑑賞





20170224071938124.jpg






富士山は下の方しか見えない



冷え切った体、急ぎ足で背中を丸めながら
みんなバスに戻ります



バスの前で添乗員さんが 「 お帰りなさい 」 と
笑顔で声をかけます

「 前の席の方々、ちょっとにぎやかですが
  大丈夫ですか? 」

「 かなり気になりますけれど
  壊れた笑い袋があると思っています 」

そう答えると クスッ と吹き出して
うなずいていました






あと何名戻ってないとの報告
また数え間違えており

すっかり信用をなくしていましたが
愛嬌のある性格ゆえに
みんなもあたたかい目で見ているようです





1時間20分程走り

メインイベント

さがみ湖イルミリオ〜ン


元々は さがみ湖ピクニックランド だった場所
 
最初は100万球でスタートしたので
イルミネーションとミリオンをかけて
イルミリオン となったそうです

年々増えていき、現在は600万球

すっかり暗くなって
灯りが映えます

星が見える夜空
傘が必要なくてよかった!



駐車場から階段を登った所に
入場ゲートが   

山の斜面を利用した観光施設

中に入ると自由行動、好き勝手に散らばる





20170224071939f8a.jpg





山頂までは、往復600円のリフトでないと行けない

250メートルの斜面
アンヨをブラブラさせて
はしゃぎながら景色を見渡す

降りてくるリフト
アベックがイチャついておる 


天の川をイメージしたイルミが
リフトの下に


頂上に着いて、下を見下ろしたら


  「 ・・・ 」 


何も見えやぁせん 😅

そういう地形のようです



大空天国 と 極楽パイロット という
遊技物と





20170224071942ec9.jpg





光の花畑 があるだけ



帰りのリフトからのながめが
1番イイ感じだし、オススメだわ





20170224071941f86.jpg





光のナイアガラ





20170224072030485.jpg





光の大宮殿

高さ15メートル
音楽と噴水とのイルミ





20170224072033bc1.jpg





順路にそって歩きましたが

通路の傾斜がハンパなくて
雨の日とかスベるし

足腰の弱い方にはキツイ場所でした





20170224072032a5b.jpg





早めにバスに戻り
写真をチェックしていたら

みんなの笑い声が聞こえて

顔を上げて見ると


運転手さんが車内後方に歩きながら
人数を数えていました

半分ジョークでやっていたのでしょう



1緒になって笑っていたら

お手洗いから帰ってきた添乗員さんが
あわてて数えていました



高速道路をスイスイ進み
佐野SAで20分の休憩


温かいうどんを急いで食べる



下道に降りると
1日を振り返ってのごあいさつ


22時過ぎ、みなさんにお礼を言って
家路に向かいました






スポンサーサイト

コカ・コーラ 工場見学




子供の頃、まわりの大人達から

コカ・コーラを飲むと骨がとけるよ!

そんな事を言われました



アメリカの方から来た飲み物みたいだし
不思議な色の印象でした


何から出来ているのか?

体質的に強い炭酸がニガテでして
しゃっくりが止まらなくなる事も
しばしばありまして・・

コーラに関しては、何もわからないまま
時が過ぎて大人になりました



ただ、テレビのコマーシャル
音楽や映像がステキで魅力的だった事は
子供心に強く刻まれていました


お年頃になり、お酒なんかも飲める頃には

あの ウィスキーコーク なんぞが
メチャ美味くて飲んでいたぞ




そんな 謎めいてる存在のコーラ の
真相を知りたくて工場見学を申し込みました





こちらの工場は、先着順

早く電話した者勝ち 


親友のR子ちゃんとお出かけなのよ







東京都 東久留米市 

コカ・コーラ 多摩工場




正門の警備員に名前を言うと
工場見学名簿を確認し、中へ通される



建物へと歩いていると 
向こうから案内のお姉さんが来ました


あいさつをして一緒に歩きます



今回参加の 11時30分 からの部は

ニャンと 私達だけ貸し切り だと


お互い顔を見合わせニンマリする 

ヤッター 





20170202181359dfd.jpg






入り口からしてイカしてる 🎵


案内のお姉さん イコール 
あたし達の専属カメラマン  となる








中に入ると階段があり、登った所は
広いコミュニティーホールになっていた






20170202181400076.jpg






巨大なビ〜ンのオブジェ




このエリア内、撮影OKとの事で
デジカメやスマホを代わる変わる
お姉さんに手渡し、遠慮なく
シャッターをお願いするのでした






20170202181402117.jpg






ホールに置かれている
カッチョイイ、テーブルやイス
ネットで販売されていると


さっそく値段を調べたら

テーブルが 48000円位
イスが1つ 16000円位 でした






201702021814016dc.jpg






レトロなお部屋
 



最新のタッチパネル式の自販機の中から

見学記念品として、好きな物を1つもらえます






2017020218140465d.jpg






ゲームボトル というのがあり
そのボトルをタッチすると
3種類のゲームがランダムに出てくる


R子ちゃんの時は

反射神経を試すヤツで 
パッパと出ては消える数字を
押すゲーム



私の時は
ボーリングゲーム でした 




泡が出る画面が2台

前に立つと、モニターカメラで写り
コーラの中にいるような映像が楽しめます






20170202181437aa2.jpg






片方は、カメラの前で手や体を動かすと
激しく泡が出る仕組みになっている


ウヒョー! 

彼女がこっちを見てないのを確かめてから
ちょっと踊ってみました 💃


動いてる場所から シュワッ と泡がはじける





さて、お時間になったので席に座り
 
お姉さんのお話しを聞きます

あらためてごあいさつと
見学来館の感謝の言葉

お土産のミニハンカチをもらいました




会社紹介のビデオを見る



アメリカ生まれの コカ・コーラ

日本に初めてやってきたのは、なんと大正時代 


当時は ハイカラな飲み物 として
著名人らが飲んでいた


およそ60年前からは、日本でも作られるようになった




はじめの頃は、お店でしか飲めませんでしたが
ビンに詰めて販売されたので
どこででも飲めるようになった


この頃、類似した飲み物が出始めた為に
ビンの形に工夫を加えた

独特な形をした コンツアーボトル

暗闇で触ってもわかるようにと
カカオ豆をヒントにデザインされたと

この形は 立体商標 として認められている





コカ・コーラの中身

純水・糖類・カフェイン・カラメル・香料

保存料や合成香料を一切使ってない


200を超える国で
毎日19億杯以上も飲まれている





コカ・コーラの秘密


・ コカ・コーラは、アメリカの
  ジョージア州アトランタ生まれ


・ コカ・コーラの茶かっ色は
  糖類に水を加えて熱した物
  ケーキやプリンにも使われている
  カラメルの色


・ コカ・コーラ1本に含まれる
  カフェインの量は、同量のコーヒーの
  3分の1
  お茶なら半分


・ シロップを運ぶ樽を全て赤く塗り
  アメリカ中を沸かせた事が始まりで
  コカ・コーラの赤が、ブランドカラー
  コークレッドとなった


・ コカ・コーラを飲んでも骨や歯はとけない
  
  砂糖やデンプンや酸性度の高い物など
  どんな物でも長時間口の中に含んでいれば
  虫歯の進行に大きく影響したり
  歯がとける原因になる事がありますが
  コーラを飲み込むと、素早く口の中から
  消えてなくなります


・ コカ・コーラには、クセになる
  中毒性になるような物は、入ってません
  毎日ごはんを食べるのは、習慣性があるからではなく
  美味しいからで、コーラも同様です


・ コカ・コーラが 赤い服を着た初老の紳士 という
  サンタクロースのイメージを定着させた

  1800年代、サンタクロースとして
  人々が共通して思い描くイメージは存在せず
  小人や妖精、恐ろしげな小鬼と様々でした

  1931年コカ・コーラの広告アートを担当していた
  ハッドン・サンドブロム氏により、描かれたのが
  バラ色の頬、白いあごヒゲ、笑いジワと温かみのある
  キャンペーンポスター
 
  そのイラストが人々の心をとらえて
  たちまち世界中に広く定着していった




ほ〜う!

知らなかった事がてんこ盛りじゃ

コカ・コーラってスゴイのね 
  
  





こちらの多摩工場

昭和38年 5月から稼働

53年目


東京ドーム6個分の敷地

290名が3交代で、㉔24時間動いている



環境衛生にも取り組んでおり

ペットボトルで作ったユニホームを
工場の人達が着ていたり

工場内で出るゴミは
ほぼ100%リサイクルしたり

使用した水は、ろ過洗浄してから
河川に流したり

製品を運ぶ車は、低公害車を使うようにしたり


水資源保護活動の
森に学ぼうプロジェクトを展開したり

東北復興支援で
地方自治体と災害協定を結んでいて
たくさんの製品を無償で届けたり

スクールバスを5台プレゼントしたり



コカ・コーラって こんなに素晴らしかったんだ と
しみじみ関心させられました



現在850種類の製品を販売
 
年間40種類は、期間限定として出荷されている









いざ! 製品ラインへ




無菌室の製造ライン

殺菌洗浄したペットボトルに中身を詰め
1分間に600本詰められる


1度扉を開けてしまうと
12時間後でないと稼働出来ない





カンフィーラー


ミツビシ製の周る機械
1秒に25缶詰められる

離れた場所から4人で操作されている

巻き閉める缶とフタ
接着剤などは使われていない





ペットボトルの赤ちゃん


レジンという物質から作られる
透明で指のサイズ位の試験管みたいな物が
ペットボトルの素
 
ヒーターで温めて金型をハメて、エアで膨らます

ペットボトルの底が花びらのような形で
凹凸があるのは、炭酸の圧に
負けないようになっているからだった

ちゃんとした理由があったのね・・



すごい早さで流れていく製品
目視検査員がいるという・・

動体視力が良くないとなれないわ〜



ラインの所々に、昔の電柱の
街灯傘みたいな銀色の丸いのの下に
海の家のシャワーが付いていた

もしも、作業中に薬品とかを
浴びてしまった時の緊急用シャワー
洗眼器もある

そう、作業服のまま
その下に立ちボタンを押すと
上からシャワーの水がドバーッとなる


しかし、今まで1度も使った事はないと




部署により作業員は、特殊な耳栓をしている

80〜90ホーンの音の中
(ガード下と同じ音量)
機械の音はシャットアウト
人の声だけ通すそうです


そんな耳栓があるんだ

ちょっと欲しいかも





最後に、お約束の制服撮影






20170202181438ba2.jpg






あーた!
カッコ良い コカ・コーラ の文字を見せにゃあねぇ





こちらは売店がありませんでした

全ての見学が終了
 




お姉さんは、黒いスカートにハイネック
黒のタイツと靴で
ブレザーだけが、コークレッドの赤

ヘッドマイクに
初めて見るタイプの、変わった形のスピーカー

ひと目見た時から、気になって仕方がなかった



出口でお別れのあいさつが終わったので
すかさず質問

「 すみません、お聞きしたい事が・・
  あちこち工場見学をしていますが
  スピーカーは、ポシェット型の利用が多いのですが
  こちらは、ウエストバッグ型ですよね
  私この型は初めて見るのですが
  いつ頃から、コレを使われているのですか? 」

「 3〜4年前までは、ポシェット型を使っていて
  それからは、ずっとこの型です
  子供達からは、仮面ライダーの
  変身ベルトみたいだと言われます 」

そう言って微笑んでいました



確かに、お子様受けするわ〜







工場見学が終わって

子供の頃に言われていた事の
ナゾが解けた

少量の酸味料が入っているから
歯がとけると思われていて
 
コーラの色はカラメルで
安心安全な飲み物だったし

大正時代から日本にあった事や

サンタクロースの素は
コカ・コーラの広報デザイナーが
今のサンタスタイルを定着させた事など

知れば知る程
奥が深かったし

もっと早くに知りたかったわ



今までの工場見学の中で
見学前と見学後のギャップというか

イメージの違いが大き過ぎナンバーワン 
本当に来て良かった と思える
貴重な時間でした




20170202181440106.jpg




サンキュー ❤

コカ・コーラ 







流木にウィローモスを合体




今日は、本格的に ゆらゆら流木 を作ります

チョキチョキし ✂ 貯蓄しておいた
ウィローモス

ペットボトルに小さな穴を開け
水槽のスミに吊るした物に
入れてありました


中で育ち伸びたのもあるので
さらに小間切れにします





20170212185722ea1.jpg





水で湿らせて
ピンセットで薄く広げて貼り付ける





くぼみの所をどうするか?
それが問題でした


色々作戦を考えて
牛乳パックを切り
凹んでいる部分に当て押さえて
固定してみる事に





20170212185724502.jpg





木綿糸でグルグル巻きに








ロカボーイ コンパクトサイズ の
ブクブクですが、ちっちゃい割に
水面の水はねが激しいので
ペットボトルを逆さにして
その中に メダカのろ材 を入れて
水はね防止を作りました





20170212185725048.jpg





少し前ですが
窓辺の日当たりの良い所に
60センチの水槽を置いていたら

ウィローモスも育ちましたが
アオコが発生して
水の透明度が悪くなり

アオコ除去剤を買ってきて
液体を中に入れたら 

フィルターが吸収してくれて
水は透明になりました 


冬でも、ガラス越しの日光は
ダメなんだと学び
壁の方に移動しました







小さい水槽の中に入れて 
ウィローモスが育つのを
見守りたいと思います


成長させる為に
あえて日当たりの良い所に置きます



ありゃ・・
この流木は、アク抜きしてないヤツか?

水槽の中に入れたら
プカプカ浮いちまう


まぁ、いいや



スキンダイビング用の重りに結いて
沈めてしまえ〜 





201702121857273bc.jpg





生き物がいない水槽だから
アク抜きと水草の定着と育成
3つ同時進行の実験くんじゃ 😅


ムチャぶりもはなはだしい

勘違いからの方向転換






1ヶ月後
糸を外すのが楽しみだわ







アク抜き流木




以前、ウィローモスを小間切れにして
お試しの練習で、石と小さな流木に糸で
ぐるぐる巻きにしたヤツ

石は表面がツルツルしていたせいか
ウィローモスは定着する事なく
はがれてしまいました

しかし、流木の方は
しっかりと着いた!





20170206214313e5e.jpg





奥のV時形の流木の物から
伸びた所をチョキチョキ床屋さんして
手前のふたつに

うんうん😄 よろしい♪








まだまだ、勉強が足りない事がありました・・

ホームセンターで買ってきた水草

軽く洗って、金属の重しを外して
石の輪の重しに入れ替えて
水槽の中に入れて

緑が目にやさしく、水槽内が華やかになり
ニンマリと満足して寝ました


翌朝、水槽を見ると
小さめの ミナミヌマエビ が
ひっくり返っていた 

原因は何?

変わった事といったら
水草を入れた件しか考えられない


すぐにググってみたら
 
ホームセンターなどで安く売られている水草は
輸入物で農薬残量が高く
エビやザリガニなどの甲殻類には
危険だと・・


あわてて水草を撤去

大きいミナミヌマエビと
メダカには影響ありませんでした



国産の水草かどうかは
表示してない店も多かったので
ネットで 国産のカボンバ を購入

数日後、普通郵便で茶封筒が届き
開けてみると、ビニール袋の中に
濡れた新聞紙に包まれ
10本ありました

枝が長いし、フサフサしてて
濃い緑色の美しい物でした










拾ってきた流木

アク抜きをする事、1ヶ月

入れ物に水を張り
浮かないように落としフタをして
重しを乗せて

水を取り替えたり
時には、沸騰しているお湯を入れたり
繰り返しました





2017020621431477c.jpg





大きくて枝ぶりのいいのを
水槽に入れてみましょう
 



1度水の中の物をどかして
お掃除スポイトで
ソイルの上をきれいにしてから

流木や水草を置きました



エビ達は、ブクブクの後ろに避難して
この日はジッと動きませんでした



翌朝、見ると
 
まぁ!
 
木に止まっているセミのように
みんな流木の上にいました





201702062143159ad.jpg





なぜか、ウィローモスの
ゆらゆら流木には止まらず

ただの流木にだけ集まっている



木にしがみつき

止まり心地が良いのでしょうか?
つかまりながら

ツムツム・・ ツマツマしてる





20170206214317afd.jpg



  

ハエが手足をこするように
後ろ足で背中を カキカキ もしています


たくさんある足で 犬かき のように 
(エビかき?)
ヒューンと素早く泳いで
上昇したかと思うと

落下傘部隊のように
フワッ〜とソイルの上に着地したり



本当にエビちゃんの動きを観察していると
可愛らしいし、飽きない





20170206221125a53.jpg





エビ座りして
落ち着いちゃっている子もいます

何か笑える 😀



お風呂上がり、寝る前に
ちょっと見ているつもりが

あっという間に1時間経過していて

「 寝なくちゃ! 」 と

あわててベッドに入る時もあります





 


現在の60センチ水槽



 

20170206214318401.jpg





ジャングルみたいになっている
小さなあたしの水族館


今度、赤いミナミヌマエビを
入れたいなと思っています







プロフィール

足袋子(たびこ)

Author:足袋子(たびこ)
北関東在住 
趣味は外出! 水族館・動植物園・遊園地・プラネタリウム・お祭り・花火・ドライブ・買物・工場見学  
何気に、高い所・爬虫類・冷凍菓子に抹茶好き 
乗り物の中にいれば
ゴキゲンです🎵
本題に入る前の雑談として ―気奥のかけら― 始めました 心の奥にある思い出、気になった事をリアルに語ります  
年令という年輪を重ねても、好奇心は加速するばかり・・ 
これからも ▶仕事キッチリ遊びバッチリ◀ で、エンジョイ人生 🐾

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

かっちゃんの雑記ブログ

バイク少々……されど乗る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
679位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
260位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome! 足袋子共和国の  入国ゲートへ
リアルガチ!のバラエティーブログにいらっしゃいまっし〜
秋も冬も人恋しくなる事なく 気ままにさすらう足袋子にワンポチ🐶を

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR