-->

ビッグスマイル小歩危(こぼけ)うどん県の旅 NO.1 





ラフティングといえば埼玉県長瀞で
何度か楽しい経験をしております

が、しかし・・

こちらの川では、岩の上からの飛び込みは禁止

よじ登って ドボ〜ン したいのに出来ない



どうしてもソレがやりたいのと
激流なるラフティングって
どんだけ興奮物質が放出するんかい??

それらを確かめるべく
遅いお盆休みをとって
うどん県への旅を計画しました


あーた!
半年も前から楽しみにしてたとですぅ


パック旅行ではなく
全てバラで予約手配したよ


んな理由で
うきうきルンルル〜ン 

4泊5日の旅(車中㉑2泊)
出発じゃ〜い


3回に分けてのレポートざますが
いつも以上に長文の予感が・・

休憩しながらお付き合い下さいまし 








     サブタイトル 

   いざ! 徳島吉野川へ





この日は、半日で仕事から帰宅

ササッと、お風呂に入り
戸締まりをキチンとして

高速バス乗り場へ



新宿バスタへ向かいます



夜の時間に、ここから夜行バスに乗りますが

まずは地下鉄で、麻布十番駅へ



久々にこよなく愛する 塩屋の塩ソフト を
食べに来たよ




沖縄旅行の時は
夜な夜な国際通りに出没し
毎日食べていた程好きですねん

東京で塩ソフトが食べられるのは
ここだけなのよ

380円






20160919185146fa8.jpg





旅の門出を祝うアイスじゃ

うんうん!
いつもの変わらぬ美味しさ

濃厚でスプーンにからみつくよな
バニラアイス

そして、塩のジョッパさ加減との
美味しさのハーモニー


テーブルの上には、10種類のお塩があって
アイスにかけて試食して
美味しかったら買ってね〜
みたいな感じです




おかわりしたい所ですが
明日の事を考えてヤメテおきます




すぐに新宿に戻る




東急ハンズをパトロールして





夕食は、南口から歩いて5分程の
ターリー屋南新宿店

入ると

「 イラシャイマッセ〜ェ! 」

独特のアクセントで歓迎します



定食風になっており
ナンは食べ放題


2色カレー定食 830円
ラッシー    300円 を注文





20160919185147862.jpg





旅の門出を祝うカレーじゃ!

制服の学生さん達が
マックを利用しているかのように
カレーを食べていました


この後、ハーフナンをおかわりして
満腹ご満悦で、バスターミナルへ





    新宿バスタのトイレに意義あり

 ここのお手洗いは、設計ミスじゃないですか?
 私のキャリーバッグは、機内持ち込み可能なサイズですが
 お手洗いの中にガラガラと入れられません😱

 固定されたエチケットボックスが
 中途半端な位置にあり、ぶつかってムリ

 グループで来てるなら
 外にいる友達に見ててもらえますが
 1人旅の人はどうするのよ?

 大切な物が入れてあるのですから
 ドアの外に置いて入れないでしょう?

 仕方ないから、持ち上げて
 便器の奥に置いて、ドアを閉めました

 大きいサイズはダメ
 絶対に入れられない

 トイレの数も少なく混みます

 空港のお手洗いを見習ったらどうですか?

 新しい施設なのに
 利用者目線で作られていない
 残念な設計でした





㉑21時過ぎ、新宿バスタから 
夜行バスに乗車


東北の祭りや花火に、夜行日帰り旅行として
普通のバス車両で乗った事はありますが

夜行バスの専用車両に乗るのは初めて

3列独立シート

ゆったり広くて足が伸ばせるし
リクライニングシートもガッツリ倒せます

う~ん・・ 😸 こりゃいいや


よく眠れそう

トイレ付で安心


寝ている間に目的地に着くのだから
時間を有効的に使えるわ

早々におやすみなさい






     〜  〜





途中

足柄サービスエリア

淡路島南サービスエリア に

寄りました


下車のアナウンスが何度も流れ
次々に降りていきます

買っておいたパンをかじる



7時過ぎ、予定より30分早く
高松駅バスターミナルに到着


初上陸のうどん県

曇り空の中
ここから県庁前まで、歩きます




広い歩道内を、歩行者と自転車
2つに分けてあり
大きな街ならではの工夫に、感心しました





20160919185148410.jpg






 テク  テク






予約しておいた
ニコニコレンタカー店へ



電車だと、アクセス悪くてギリギリだから
車で移動


手続きの用紙を書いていると

「 すみません! 本日お客様が使うハズのお車が
  昨日、事故をしまして別の車になります 」

「 ・・・ 」


あーた! これから出かけようとしている時に
縁起でもない・・

本当の理由を伝えたのでしょうけれど
物は言いようで

例えば、整備不良が見つかった為とか
何か別の言い方がないですか?

ちょっとイヤな気持ちになりました


用紙を書き終わり、前金として

12時間以内の軽自動車代
(ナビなし) 2400円
保険代    1080円

計 3480円 を払いました

あとは、返却の時に
使ったガソリン代を払えばいい


最後に店員から、トドメのひと言

「 喫煙車になります 」

「 えーーっ! 禁煙車って言ったじゃない
  イヤだ! キライ! 臭い! 」

カチンときていたから
露骨に言ってやりました

何で書類とかを書く前に
全部まとめて言ってくれないかな?
ちょっとやり方がズルイよね!


ニコニコレンタカーの幹部の方
もう少し現場の実態を把握した方が
いいんじゃないかしら?
これじゃあ、安かろう悪かろうになりますよ



この車しかないと言うから
しぶしぶ了解したものの

「 クーラーかけながら
  窓全開にしなくちゃ走れないわ 」
 
捨てセリフを吐きながら

ちょっとイラつきながらも出発
まだ旅は始まったばかりなのですが・・  


小歩危のラフティングへ向います
13時の部に参加


ちゃんと調べて書いてきた
お手製の地図を見ながら走ります



細切れ睡眠でしたが
遊び気の方が勝っているようだわ


ひたすら32号線を進む



第1の立ち寄り先

道の駅 滝宮


時間が早いので開店してません




  
   





次は

空の夢 もみの木パーク

9時過ぎていたので開いてました

ここに、お目当てのアイスが!



ひまわりのタネアイス 200円

こーんな種類のアイスは、お初





20160919185150085.jpg





タネの色がアイスに溶けて
うす〜い茶色

くだかれたタネがたくさん入っており
歯ごたえとアクセントになり
これは うみゃい ♪

とても美味しいしリーズナブル料金
当たりのアイスでした





   





そして、次

たからだの里 


さっき2つ見てきた所より広くて
品数も多く、活気がありました




さっきから観光標識の
かずら橋 が気になる

出発前のリサーチだと
見たいけれど時間的にムリと
あきらめていた場所


けれど、バスが早く到着し
道に迷うことなく順調に来ていたので

行けるかも?

ずっと表示のキロ数を見る度に
頭の中で、往復距離と時間を計算していた



小歩危に近くなったら
かずら橋まで11キロ の表示

「 よし! GO 」

32号線から左折し
急にスピードを上げて
山道をかっ飛ばす


かけ足観光は承知の上


人が変わったような運転です



不思議な事に
このわずか10キロ内に
道の駅やドライブインが密集してる


観光名所なのでしょうけれど
ありすぎてお客様が分散しそう



目的地に着くと
駐車料金が必要でした 300円


下りの坂道を歩くと、ありました

ターザンか、ジャングル物の映画に出てきそうな
つるを編んだ吊り橋





20160919185151f77.jpg





うっひょ〜 😆

スゲーなぁ



嬉しくなって、橋のたもとに駆け寄ります





20160919185250c4e.jpg





えっ、渡るのに 550円
通行料がいるんだ・・

ふと、吊り橋を見ると

年配者が両端にしがみついたまま
動かない

そこへ、ヒールのお姉さん達が重なって 👠

さらに大渋滞


こりゃダメだ! 時間がない



見ただけで引き返しました




予定外に、実物を見れただけ
良しとしましょ





途中 道の駅・大歩危 で
かるく ざるうどん を食べて

小歩危に向かう





   





ウォンウォン走り

12時過ぎに到着


あー、余裕で間に合った〜 😅




ベース地から下にある駐車場に止めて
ひと休み



歩いてベース地へ行くと
アジア系の人達が迎えてくれました

私が1番のり〜!


お国を聞くと、やはりネパールでした

自己紹介で
北関東から、今朝夜行バスで着き
レンタカーで来たこと

埼玉県の長瀞でラフティング経験があり
激流体験と岩の上から飛び込みがしたくて
今回の旅行を立てたこと

長瀞でもネパールの人達がいて
フレンドリーだった事など

お喋りしました



みんな トーストボーイのマッチョ です


午後のお客様は、計15人の参加だと



次々にやってきて

13時
あいさつと流れの説明があり

料金の中に保険代も含まれており
ここまでは適用になるけれど
これ以上は適用外のお話し

そして、水温が低いからと
上下のウェットスーツを渡されて
マリンシューズを持ってきてない人は
レンタルシューズを借り
更衣室で水着に着替える


私はマイシューズを持ってきてて
防水カメラを首から下げて
準備OK


ヘルメットをかぶり
ライフジャケットとパドルを持ち
マイクロバスに乗り

道端で降りて
少し急な岩場を歩いてスタート地点へ



水量が少ないという事で
3つのボートに分かれて乗ります


流れのない所で、パドルの練習

前に漕ぐ 後ろに漕ぐ
ロープにつかまる 
ボートの中に座る

これらの動作を覚えてから
いざ出発!





20160919185251e8d.jpg





しばらくは、静かでおだやかな川の上を
水平を保ったまま、やさしく流れます


私が乗っているボートが先頭


この先、3つの瀬があり
 
ひとつ目が、2番目に大きい瀬

ふたつ目が、日本で1番大きい瀬

最後が、3番目に大きい瀬 だそうです


キャッ! ワクワク〜


時折 イチに イチに と、前漕ぎ


パドルを上に上げて 
「 オー! 」 気合を入れ仲間意識を高めます



ひとつ目の瀬が近づいてきました


 


2016091918525346c.jpg


 


白く波立ってる


ボートが吸い込まれ
波が顔にかかり
キャーーッ! 悲鳴が響きます





20160919185254fea.jpg





転倒、落ちる人もなく

また、平和な川の流れが続く



コレ、ちょっと以外でした

モチっと、まとまって
激しい瀬が連チャンなのかと
勝手に想像していたから・・



後ろのボートでは
男の子グループ参加者同士
小競りあい、ふざけあいの
落としっこ合戦中

楽しそうでいいなぁ





2016091918525651f.jpg





川の中に入り
プカプカ浮いたり

泳いだり

水の中が気持ちいい




 
岩にボートを寄せて
この上にジャンプする場所があると言い
とりあえず全員よじ登る

いざ、岩の上に立つと
ビックリする程高い場所だった


インストラクターから
お話しがあり


 飛ぶかやめるかは自由です

 パフォーマンス的な飛び方は
 絶対にヤメて下さい

 手を広げて飛ぶと
 水圧で肩が脱臼します

 足を広げて飛ぶと
 おしりに大量の水が入ります
 
 気をつけの姿勢
 手をピッタリ付けたまま
 足からドボンするか

 両手をクロスさせて
 反対側の二の腕を持ち
 足からドボンです


このお話を聞いた直後にもかかわらず
みんな腕を開いたまま
男性らはドボンしてました

インストラクターが

「 あ〜! 手が開いてたよ 」
すでに水の中にいる人に向かって叫ぶ



女の子達は
恐る恐る岩の先へ歩くも、下を見て
足がすくみ、ヨロヨロとしゃがみ込み
戻ってくる人が続出





20160919185511d79.jpg






ほら!
ボートの小ささで
かなり高い位置とわかるでしょ?



私はドボンをやりたかったけど
こんなに高い所は、望んでなくて
しかも、左肩を少し痛めていたので
ジャンプ後に病院直行じゃあ
連休が台無しになるからリタイヤしました


同じボートの女の子もリタイヤし
2人で岩をよじ降りました




ボートに乗ってからも
あたしの不満は残り
インストラクターのネパール人に
手頃な岩を指差して

「 あれくらいの岩だとちょうどいいのに! 」

訴えると、彼女も同じ気持ちのようで
別の岩を指差し

「 これくらいのからジャンプしたい! 」

しばらく 指差し訴え が、あっちだこっちだ!
交互にピーピー騒いでいると、インストラクターは

「 わかったから!
  この先の瀬が終わったらね 」

リベンジの約束をしました




日本1の瀬が迫ってきました





20160919185512c5e.jpg





波にのまれる落ち葉のように
ボートは激しく揺れて
波は頭の上をザブーンと通過して
景色がナナメになり、落ちそうになった

ロープにつかまっていたから
全員無事でした





20160919185514d5a.jpg





難関を乗り切ったので
後ろのボート達をニヤニヤしながら
「 落ちてしまえ! 」 なんてつぶやきながら
見ていました



ここの瀬で落ちていたら
危なかったそうです

水量が少ないから、岩にぶつかり
ケガの可能性があったそうな・・


また、ベタナギのような川の流れが続き
お約束のリベンジジャンプ



私と彼女だけが
さっきの半分位の高さの岩によじ登り

みんなが見ている中

先に彼女がジャンプ




そして、私も
喜びのキャーッ!と共にジャンプ





201609191855153d2.jpg






ドボン 





20160919185517f98.jpg





目標達成 ✌




よし!
これで笑顔で帰れる






最後の瀬

これも迫力ありました





201609191856021a6.jpg






ほれ!
あとに続くボートがナナメっておる



ボートの上からジャンプしたり





20160919185600d06.jpg





ロープで体を支え
インストラクターが限界まで引っ張り
急に放して落下

こんな遊びもありました





静かに流れながら
好きにしていいと言うので

川に飛び込み プカプカ漂流

ゴール地点の駐車場が見えてきました



スリルと迫力のあった
アドレナリンコース

はるばる来て良かったよ〜





20160919185603ff4.jpg





浜に上がると
インストラクターが1人でボートをかついで
陸にあげていました


歩きながら

「 すみません、長瀞はみんなで持ち上げて
  ボートを運んだのに、ここは
  手伝わないんですね? 」

「 長瀞のボートはデカイサイズだから
  1人で持てないのよ・・
  ここのは小さいから何とか持てるんだ 」

「 小さくても、水を含んでいるのだから
  かなりの重さになりますよね?
  こんなのを毎日やっているから
  みんなマッチョなんですね! 」

小麦色の肌に白い歯が見えました


ベース地に戻ると着替えて
インストラクターらが写した写真は
CDに焼いてくれるので
希望者は有料で購入出来ます



みんなにお礼を言って
寄り道せずにレンタカー店に走ります



充実した気持でハンドルを握っていたら
対向車線から、変なものが車の屋根に
乗っているのが見えました

何?

目で追うと・・

ナント!
タクシーらしき車の屋根に丼があって
その上に白い物で

う ど ん

と書いてあった


あっという間にすれ違い
あの車の正体が気になって気になって
仕方ありませんでした

滞在中、絶対にカメラにおさめてやるんだ!


18時過ぎ
レンタカー店に到着

使用分のガソリン代 1044円 を払う

禁煙車が喫煙車になったんだから
スミマセンの言葉だけじゃあなくて
何かサービスしろよと、正直思いました



歩いてほど近い
ワシントンホテルにチェックイン

5畳程の部屋に
セミダブルベッドが置いてあって
ユニットバスにテレビにエアコン

ありふれたビジネスホテルの部屋




荷物を置いて
夕食の店を探しに外出

目の前に 道頓堀 という
1杯横丁風の通りがありましたが

やきとりの煙がモアモアしてて
串カツ店が多く

ビビビッとくる店がないので
やめました


強行スケジュールで
まともな飯を食べれてなかったので
落ち着いて、ゆっくりしたかったから
笑笑 へ





20160919185605965.jpg





生グレープフルーツサワー
お通し枝豆
ハンバーグにカワハギ


この後、サワー1つのおかわりと
お茶漬けを食べて

早めに退散



ハードスケジュールの初日をクリア

シャワーを浴びて、おやすみなり 







スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

足袋子(たびこ)

Author:足袋子(たびこ)
北関東在住 
趣味は外出! 水族館・動植物園・遊園地・プラネタリウム・お祭り・花火・ドライブ・買物・工場見学  
何気に、高い所・爬虫類・冷凍菓子に抹茶好き 
乗り物の中にいれば
ゴキゲンです🎵
本題に入る前の雑談として ―気奥のかけら― 始めました 心の奥にある思い出、気になった事をリアルに語ります  
年令という年輪を重ねても、好奇心は加速するばかり・・ 
これからも ▶仕事キッチリ遊びバッチリ◀ で、エンジョイ人生 🐾

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

かっちゃんの雑記ブログ

バイク少々……されど乗る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
679位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
260位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome! 足袋子共和国の  入国ゲートへ
リアルガチ!のバラエティーブログにいらっしゃいまっし〜
秋も冬も人恋しくなる事なく 気ままにさすらう足袋子にワンポチ🐶を

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR