-->

白金工房アンブローズと桔梗屋工場見学バスツアー




今年も ウェルカム の封書が届きました 

山梨県甲府市 にある宝石店
アンブローズ

その中にある、旅行部パウンドツアーからのお便り


過去に買物履歴のあるお客様への
日帰り旅行の案内です


今回の日程は

・ 桔梗屋 信玄餅詰め放題
・ イタリアントマトクラブ ランチ
・ アンブローズ 見学と買物
・ 江戸屋商店 野菜の詰め放題


保険料込の旅行代金が 4800円

断わる理由など何にもニャイ 



以前、こちらで購入した
トルマリンのブレスレットの
メンテナンスを兼ねての参加です






9月下旬


青空が広がる良い天気
 
キンモクセイが香り
道端の彼岸花や、コスモスを見ながら歩きます



最寄り駅が集合場所



早めに着くと、赤いベストを着た男性がいました
20代位の、さわやかイケメン兄さん
(以後、彼の名はヒデちゃん)

あいさつをして、話し込む


参加者が集まり
大型バスも到着しました




座席の半分程の参加者を乗せて出発


相席ナシでゆったり座る



ヒデちゃんが自己紹介

普段は工房内で仕事をしているけれど
添乗員の資格を取ったので
ツアーの時だけ添乗員をしていると


東北自動車道から圏央道
スイスイ走ります 





狭山PAで休憩





バスに戻ってきた時、ヒデちゃんに

「 数年前、工房内に旅行部が出来たのは
  知っているのですが
  現在、添乗員は何名いるのですか? 」


「 最初は少なかったけれど
  現在は8名います 」

旅行部の担当なので
宝石の事は、よく分からないんだって



みんなが戻り、出発






富士山の形をした、桃味の
青い飴を配り終えると

「 コレは工房の売店で販売しているので
  美味しかったらどうぞ! 」

ちゃっかり宣伝してるし 😁



中央自動車道に入り、談合坂を過ぎると
道が2つに分かれる

右ルート と 左ルート

小さなトンネルを
いくつか通過した先で合流するから

どちらを走っても問題ないのですが・・

初めて通るドライバーは

「 何コレ? どっちドッチ? 」 って

あせるよね・・





雲が重い空になってきました ☁


山間の道
山の緑色と空しかない景色が続く






勝沼の出口を通過すると
甲府盆地に広がる街が パッ と見えた


一宮御坂で下道へ



まずは 桔梗屋工場見学 

ガイドに連れられて、建物の中に入ります

階段を登り、上からガラス窓越しに
1階での作業を見渡せます


グラニュー糖・もち粉・水飴などの材料を
練り合わせて




201610022136242d7.jpg




高温蒸気で蒸して
1〜2日寝かせます




201610022136251ab.jpg




生地をカットして




20161002213627602.jpg




コンベアーで流れてきた
ビニールを1つひとつ、手作業で結きます

この工程だけは、機械化出来ないそうで
1日に8トン作るそうです




2016100221362814c.jpg




巾着や化粧箱に詰められて出荷





見終わると、奥の部屋で
いよいよ詰め放題 


2回目ですから
ガッツリ詰めるぞ〜



ビニールを少し伸ばしてから
タテに5個花びらのように置く

電車のイスのわずかなスキマを見つけて
「 あ〜ら!ごめんなさ〜い 」 と言って
お尻をフリフリ強行侵入してくるオバさまのように

真ん中にムリやり1つ入れます

1段6個



コレをもう2段詰めたら
今度は、ビニールを上に引っ張ります

上を結けないとアウト 




201610022136233e3.jpg




必死に伸ばし
ネズミのまつ毛位に結べました 🐭




今年の4月に 桃源郷バスツアー で
来た時には 11個 でしたが



今回は 18個

ヤッタね ✌




20161002213729b62.jpg


      びろーんとなりつつも
     破けずに活躍した、ビニール





見学の出口に テーマパークカフェ が出来て
かき氷やソフトクリームを、食べれるようになっていた


あれー?
以前は、建物の向こう側にある
アウトレットのエリアで
ソフトクリームを販売していたのに

気になって行ってみると
こちらでは 信玄餅ソフトクリーム だけを販売しており
敷地内2ヶ所で食べれます




せっかくだから、テーマパークカフェに戻り

ムフフ!
信玄餅ソフトクリームを 390円




2016100221372817c.jpg




あーた!
今回の1番の目当ては、コレを食べる事だったのよ

きな粉風味のバニラソフト
信玄餅と黒蜜

バランスが良くて、うみゃいのよ

1度食べたら体が忘れない味


最低1年に1回は食べときたい




夏は 八ヶ岳・天然氷のかき氷 で作られる
かき氷の信玄餅 があったのね 500円

現在は終了




どーせなら
かき氷信玄餅のテッペンに きな粉ソフト を
乗っけちまえばいいんだ

富士山のように

桔梗屋スペシャル とかの名前にしてさ


あ〜、美味そぅ 😋

妄想族になっておる・・






1度集合してから、歩いて道向こうの

レストランカフェ
イタリアントマトクラブ へ


ワンプレートランチで

サラダとスープは、お替わり自由




20161002213730577.jpg




後から園児サイズのライスが来ました



ちょっと、量が少ないなと・・

小さくてもデザートが出るものだと
待っていたら ナシ だった 😅



お庭を見ながら駐車場に戻り

みんながそろい出発
  


白金工房 アンブローズ へ



店員らが整列し、お出迎え

会議室のような部屋に入り、イスに座る



担当の男性があいさつ

ジュエリーのコンテストで選ばれた事や
その時の受賞映像を見ました


その後に、宝石のお話し


本物と偽物のダイヤの見分け方 

ダイヤの上にマジックで線を引くと
本物はまっすぐ書けて
偽物はインクが散り書けないのは知っていましたが

息をかけて白くなったのが、素早く消えるのが本物
いつまでも白いのが、残るやつが偽物

これは知りませんでした


展示会場で体験出来ると




それから移動して
加工している作業場に行き
金属に細かい彫り物をしているのを
目の前で見れました

作業場と言っても
綺麗で普通のオフィスと同じでした





そして、展示会場へ

入る前に スタンプラリー の紙をもらい
5ヶ所を周り、宝石の試着をすると
担当者にサインをもらえて
全部埋まると、プレゼントがもらえるシステム


1テーブルに1人、担当者がいました

コバンザメのように店員が引っ付き
密着セールスされる事はなく
好き勝手に、自由に見て歩けたので快適


最初にトルマリンのブレスレットの
メンテナンスの手続き


私もあちこちのテーブルに行って
ドレスを着ないと付けれないような
ゴージャスなネックレスや指輪を試着しました


さっき教わった 
ダイヤを見分ける体験コーナー

5つの同じデザインの指輪が並べてあり 
1つが本物 4つが偽物

光の下でクルクル回して見たけれど
どれもキラキラしており、わからない?

よーく見たら、石が白っぽいのと
透明なのがあり

1番右の指輪、コレが本物なのかな?

息をかけて白くさせて、元に戻るのを
1つひとつやってみました

やはり、間違いないハズ


指輪の台の裏側を見ると 当たり のシールが 😄

出口で景品がもらえる引換券をゲット



ひと周りしたけれど、特に欲しい物もなく
販売員のWさんとお喋り

「 私は、宝石よりも飾りで置いてある
  あの貝がらの方が興味があるし
  欲しいのよ!
  あれは売ってもらえるのかしら? 
  今まで何軒かの宝石店で
  問い合せをしたけれど
  全て、断られているの 」

「 担当の者に聞いて来ますから
  少しお待ち下さい 」


よく、パール製品の所に
インテリアとして飾られている貝


しばらくして担当の女性が
あわい黄色の貝がらを持ってきて
売ってくれると言いました


「 黄色はイラナイのよ 
  あそこに置いてあるような
  黒っぽい貝がらがいい 」

少しして、大きめな黒い貝がらを手にしてて

「 これでいかがでしょうか? 」

「 そうそう! コレ 」


○千円で、お買い上げ〜 
(値段はナイショ)


ずーっと前から欲しかった貝がら
割らないように持ち帰らなくちゃ




20161002213756ef8.jpg




見る角度によって、七色に光り輝きます
美しい〜 

クリーニングされて
ブレスレットもピカピカに 




出口で、スタンプラリーの景品
食べられる金粉

ダイヤ当ての粗品の
ビンに入った金粉をもらいました

こちらは、インテリア用の金だから
食べれないそうです






集合時間なのでバスに戻りましたが

1組のお客様が、カードでお買い上げ

カード会社との確認に
時間がかかっている為に

そのお客様は、後からお送りするとの事


私達は先に、次の立ち寄り先へ



町中を通り、ぶどう畑を抜けて 🍇





到着したのが

江戸屋商店


山沿いの道にポツンとある店


店の女将がバスの中に入って来て
ごあいさつと気合のかけ声の練習

後で行われる 野菜の詰め放題 は
このかけ声の後に、スタートするらしい


降りて店内でお買物



手作りのゴマ豆腐や野菜・果物
雑貨などが置いてありました


ほうとう学校のイベントもやっていると



大きなお盆の上に、数種類の
バラけたぶどうの粒が置いてあり
さいばしで紙コップに摘んで入れるゲーム
100円 時間は15秒間

紙コップに入れた物はもらえます

面白そう 
コリャやるしかない 

カバンと帽子をイスの上に置いて
腕まくりをしてやる気満々

数本置いてあるさいばし
先が真っ直ぐなのを選び

短く持って、つまみやすい位置を確認


紙コップを左手に持ち、ハシのすぐ横にスタンバイ
ガチのマジモードで挑みます 😎

お父さんが笛を吹いてスタート!



摘んでコップに入れる時に
目は次の大粒ぶどうを見ている

ホイホイホイと、素早いハシさばき

ピーーッ! 終了


気がつけば、紙コップ2つ分ありました

数粒オマケで、ビニールに入れてもらう


数えたら㉒㉒22粒あったので
1秒に1粒は摘んでいた計算になるわ

バスの中で食べるオヤツ 😉



外のお手洗いを済ませて戻ると

「 あっ! 」

ナント前回、こちらのバスツアーの時に
添乗員だった T君 がいた


「 あら! ヤダー
  何でこんな所にいるのよ? 」 ペシッ

「 お客様を乗せて来たのです 」

「 うわー、元気だった? 」 ペシッ

「 はい! そうだ・・
  先日はブログに書いて頂いて
  ありがとうございました
  お会いしたらお礼を言おうと思っていました 」

「 まあ! 読んでくれたの?
  うれしいなぁ 」 ペシッ

「 ええ、今日の添乗員のヒデと一緒に
  記事を見ていたんですよ 」

「 ほう、じゃあ今回はヒデちゃん編ね 」 ペシッ

「 はい! ビシバシ書いてやって下さい 」


再会がうれしくて、ひと言喋るたびに
体育会系の丈夫そうな腕を
ペシペシたたいていました



彼の事は忘れません

去年の6月

マダムだらけのバスツアー

という記事に書きましたが

T君の 神対応 の接客ぶりに感動しました 

色んなバスツアーに参加し
一緒に旅して、見てきた添乗員の中で
トップ3にランクインする人です

シャキーンと整えられていた
まゆも健在 


「 ちょっと! 写真移しなさい 」


カメラをT君に渡し
ヒデちゃんを呼びつける



写した後に

「 目に白い線は必要ですか? 」

確認すると素顔で構わないと
了解をもらっちゃいました




20161002213732763.jpg




あたしは白い線が必要なんじゃ 😜


盛り上がった気持ちのまま
野菜詰め放題 の時間です




20161002213755aa3.jpg




さり気なく、玉ねぎの前を陣取り
さっき練習したかけ声を発して 
スタート!


セッセと玉ねぎ ほーいほい


上は、はみ出してOK
3種類以上入れるのがルール



あたしのビニールには

さつまいも   2
ピーマン    1
じゃがいも   1
玉ねぎ    10
カットカボチャ 2
カット冬瓜   2

大漁じゃ ♪



T君に

「 来年また会いましょう!
  今度は、あなたが添乗員するんだよ 」

そう言ってお別れしました




手を振る店の人達に見送られて

バスは高速道路へ




お野菜でどんな料理を作ろうか とか
10月は秋のイベントが多いな とか
脳ミソが活発に動いていたから
お昼寝出来ませんでした


窓の外は闇に包まれて
流れていくネオン

ガラス窓が鏡となり
車内を映し出す



狭山PAで休憩して



最寄り駅に到着


ヒデちゃんと握手をしながら

「 また来年会いましょう! 
  先輩にヨロシクね 」




たくさんのお土産を持ちながら
家に向かいました 









スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

足袋子(たびこ)

Author:足袋子(たびこ)
北関東在住 
趣味は外出! 水族館・動植物園・遊園地・プラネタリウム・お祭り・花火・ドライブ・買物・工場見学  
何気に、高い所・爬虫類・冷凍菓子に抹茶好き 
乗り物の中にいれば
ゴキゲンです🎵
本題に入る前の雑談として ―気奥のかけら― 始めました 心の奥にある思い出、気になった事をリアルに語ります  
年令という年輪を重ねても、好奇心は加速するばかり・・ 
これからも ▶仕事キッチリ遊びバッチリ◀ で、エンジョイ人生 🐾

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

かっちゃんの雑記ブログ

バイク少々……されど乗る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
636位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
239位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome! 足袋子共和国の  入国ゲートへ
いつも癒やされているメダカやエビ達の赤ちゃんに期待する春ザマス😉
桜のようにいつまでも色づいていたいものだと心がけている足袋子にワンポチ🐶を

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR