-->

袋田の滝 & 竜神大吊橋 





6月末のある日

本当なら、日帰りバスツアー用にと
開けておいた日でしたが

人数が集まらずに中止 😢


あたしの行ってみたい
旅行先のひとつに

行ってみよう!




    


お天気予報は、曇り ☁ となっていたのに 

早朝から 雨 ☔


ありゃりゃ・・

雨でも行かねばなるまい




マイカーで 5時 出発!


     



国道50号線をすすみ

栃木県から茨城県に入り

結城を過ぎて294号線へ



途中、真岡市内にあった

道の駅・にのみや にて休憩

早朝なのでお手洗い利用のみ


お手洗いの建物の中

天井から壁にかけて
ネットが張り巡らされていた

ツバメとか巣を作らせないように
しているみたい

けれど、わずかな突起物などを利用して
巣は作られていました



信号もコンビニもない

のどかで、おだやかな山間の道を

スーーイ スイスイ 走ります



早朝だと1時間走ると 益子 まで
来れちゃうんだ

スゴイなぁ




何もない道だから

困ることも・・





あっ!

もうすぐ 道の駅・奥久慈だいご の看板

7時30分 お手洗いに駆け込む


まだお店は開いてないので

後でまた来ます




10分程走ると

袋田の滝 

観光地なので、近くまで行くと
有料駐車場になりますから

1キロ手前の 町営第1駐車場(無料) にとめて
テクテク歩く


    


道の横を流れる 滝川


袋田の滝から流れている水かな?

澄んでおり、小魚が見れる

初めて来る場所なので
ワクワクしながら歩く



近くなってくると
土産店やお食事処の店が並びます



コロコロコロ・・

カジカガエルが鳴いてます



入り口で 300円 を払い入ると

すぐにトンネル


傾斜があって濡れているから
コケないように注意!


明るい先に、開けた展望が




20170705213912254.jpg




おお!
目の前に ドドーン と、平たい岩場

上からいく筋もの水が流れていた


デカイなぁ〜



しばし上を見上げたり
手すりから下を眺めたり

マイナスイオンを楽しみます



エレベーターがあり (無料)
8時〜18時の間、動いています


乗ると、滝を真上から
全体的に見れる展望台が




201707052139142fe.jpg





こりゃいいや!



紅葉の時期や、氷柱の季節も
違った美しさがあるのだろうなぁ


来てよかった 



吊り橋を渡り出口へ



この橋は好みのタイプ 🎵

簡単に揺れるのよ

飛んだり跳ねたりすると
橋と陸の所が バコバコ ゆがむ




201707052139168c7.jpg





誰もいないのをいい事に
揺らして遊ぶ




橋を渡ると、非常口にありそな
金属製の急な階段が
真上にかかっていた


 袋田自然研究路 入り口
 生瀬滝まで片道20分
 (急な登りの階段です)
 足元にご注意下さい


良い景色が見れそうだから

試しに行ってみよう!



ひたすら カンカン と
足音を響かせて登り続ける


途中から、石の階段になり

少し息を切らしながら


歩く  のぼる  あるく  登る


やっと道しるべ


さらに上向きの矢印↑は 月居山頂
左側の矢印← 生瀬滝方向 に分かれる


とりあえず滝の方へ進む


行き止まりにベンチがあって




2017070521391734b.jpg




葉っぱが生い茂るスキマから

彼方に滝が小さく見れた・・




20170705213918270.jpg





あんなに頑張って登って来て
この景色?


かなりガッカリ 😧


秋の紅葉の時期なら
それはまた、別の楽しみ方が
あるのでしょうけれど



汗を拭きながら

階段をおりました




20170705214008f68.jpg




景色が良かったのは
階段の途中からわずかに見えた
真横の滝、ここだけでした




土産店の前を通り

駐車場に戻る



     



時刻は9時20分

さっきの道の駅に向かう


物産館の中を見てから
お目当てのアイス

常陸大黒豆ソフトクリーム 300円




20170705214010884.jpg




豆は裏ごししてあり
粒ツブ感は全くない

なめらかで、豆の甘さが
バニラアイスと合い

想像以上に美味かった!



ここは2階に温泉がある 11〜20 500円







さて次へ


     



10キロ程走るとある


竜神大吊橋


ここもお初の場所よ!

長さ 375メートル 
幅    3メートル

歩行者専用の吊り橋としては、本州で1番長い
下にある 竜神ダム の湖面からの高さは
100メートル

四季折々に色付く山が
湖面に映るのも見どころだと

渡るのに 310 円




20170705214012fc3.jpg




この橋は、全く揺れません

飛んでも跳ねても
強風でも、微動だにしないタイプ


橋の何ヶ所かは
強化ガラスになっており

スケルトン

のぞき込むと
真下の景色が見れる

ゾクッとしましたよ 😱




20170705214011da1.jpg




橋の中央に参加者だけ
橋の真下の台に行けて

ここから バンジージャンプ 出来ます


あたしはやりませんよ 


どんな吊り橋か?
他の人がやるバンジージャンプを
生で見てみたかったのよ 


橋を歩いている場所からは
バンジージャンプが見れないようになっている

のぞき込んで、落ちると危ないからでしょう


橋の両側からの、陸地から見れます

しばらく待っていましたが
飛ぶ人が来る気配がなかった


しぶしぶ、戻り
土産店を見て

また橋を見ていたら

外国人女性が、装備をして橋を歩いていた



チャンス 



しばらく待っていると


ゴム状の白いロープが、彼女の足に付けられて

静かに 飛んだ!


ワーッ も キャー もなく

無言・・



100メートル下に

ビローーンと水面近くまで落ちて
また上に来てと

数回上下していた




20170705214014cb8.jpg




1番下まで落ちた所だと
フレームアウトになるから
上に戻った時に パチリ


両手を広げて喜んでいる様子でした


白いビローーンのロープとは
別のワイヤーが体についており

間もなく
引き上げられて 回収 された




あたしも高い所が好きだけれど
飛んだ勢いで、引き上げられる時の
体への衝撃や重力を考えたら

骨がズレでガタガタになりそうで・・

高い金払って、怖い思いするし

こればっかりは、やりたいとは思わない 

この手の スリル は、イラナイ 

生バンジージャンプ キッチリ拝見いたしたゾ






さて、ランチじゃ

すぐ近くの 慈久庵(じきゅうあん)

坂道の途中にある、古民家風の建物



11時30分

1番のりで入ると、入り口に

 1人で全てやっているので
 時間に余裕をもってお待ち下さい と

書いてあり

こんなに広い店内なのにと
ビックリしました


スリッパに履き替えて、テーブルにつく




201707052141019f8.jpg





メニューは

せいろそば 1100円
コース4品 3100円 など色々

ぶっかけそば 1300円 を注文


お水はセルフ


あっと言う間に、満席に



きました!




20170705214102771.jpg




深いお丼ぶりの底に

わずかに極細のおそばがあって

おかか・ネギ・のり がトッピングされていた


材料とか、かなり
こだわって造られている

それは、本当にわかるのですが

なにせ、量が少なすぎ・・

子供の茶碗程度のそば

蕎麦湯も来ましたが


丼の底に麺つゆは、ほとんどない

そば白湯を飲んで

ご馳走さまでした



今度は、お会計に立つタイミングに困る

他のテーブルにお料理を運び
厨房ヘ戻る時を見計らって
レジへ



     



ほんで、次!


茨城県 常陸大宮市 にある

日本一小さい 淡水魚館 ヘ

久慈川水系に生息する魚を中心に
珍しい魚も集めて展示してある施設


駐車場に車を入れながら
入り口を見ていたら

窓口のおじ様が外に立っていて
あたしの車を見て、あわてて中に消えた

お客がいなさそうな気配ね・・


入館料 150円 を払い
建物の中に入ると

事務所から、さっきのおじ様が出てきて

「 いらっしゃいませ!
  良かったら案内しますよ 」

声をかけて下さったので
( たいくつしてそうだから )
お願いしました


壁に沿って、大きな水槽が並び

オオサンショウウオが3匹いました

そう! 国の特別天然記念物


キチンと名前も付いており

里ちゃん
山ちゃん
大好君


「 君の付く子がオスで
  ちゃんがメスなのですか? 」

質問したら、関係ないそうです


大好君は、元気なのか?
1番動いていた

脱皮中!

脱皮といっても
セミの抜けガラのようではなく

体の各部分的に
巨大なオブラートみたいな物が
ユラユラとはがれていた


中国のサンショウウオは
ツルンとのっぺりしているけれど

日本のサンショウウオは
岩のように凹凸があるから
脱皮に時間がかかるんだって



夜店で見るよな
オレンジ色の金魚が
一緒に泳いでおり

エサとして入れてある



それぞれの性格とか
ここに来た経緯や
サンショウウオのウンチクや

お魚を見てるより
おじ様の顔を見ながら話しを聞いて
うなずいたり、相づちをうつ方が多い・・



201707052141041a3.jpg




タッチプールもありました


小さな水槽には
水色の甲羅で白い足の美しいカニや
メダカなど



お話しは終らない〜 😱



奥にいた、巨大なニジマスやイワナ

熱いトークは続きます


ひと回りして出口に来た所で

「 もう1回、よく見てきますから 」

そう言って、やっと1人になれました



 やれやれ 😅



外の流れる池には
鯉やカメがたくさん見れました




大人だから一応
社交辞令としてお礼らしい事を
しょうがないから言って
ペコリと頭を下げて

駐車場ヘ


パンフレットを見ると
さっきのおじ様も写っていたから

館長であり、飼育員だったのかな?





そうそう、お腹が空いていたのよ

何とかしなくちゃ



     




近くにあった

道の駅・常陸大宮かわプラザ ヘ


オシャレな建物で1周年


NHKテレビのドラマロケがあった場所で
その時の写真が飾られている


えごまラーメン 750円




20170705214105bfd.jpg




見た目は こんにゃく麺 みたい

でも こんにゃく じゃあなかった



やっと、お腹も満たされて

落ち着いてハンドルを握る



     




帰り道にあった

道の駅・かつら に寄る


さっき食べた常陸大黒豆がクセになり

抹茶と常陸大豆のカップ入り 300円




201707052141071a7.jpg




こちらは、豆の粒を残しており
豆々感がイイ

うましっ!



裏手にバーベキュー場がありました




     




そして

道の駅・もてぎ


胃袋パンパンで何も食べれないけれど
せっかくだから見ておこう!

場所柄、イベント広場が充実しておりました






とことこ ドライブ




最後の立ち寄り先 益子


時計は 16時

共販センター内を、ブラブラ見ましたが
特に気になった陶器はなく



夕暮れの街を、いくつも通過して


真岡市から上三川町に入ると

ナビ案内を解除


走りなれた道を進む



途中で買物をして



19時過ぎに無事帰宅


下道オンリー
300キロのドライブでした ✌






スポンサーサイト

コメント

Secret

こんにちは。

袋田の滝は言わずと知れた日本三大瀑布ですね。
自分は紅葉の季節しか行ったことがありませんが、日本の三本指の滝と謳われるだけあって、絶景でしたね。

この辺りはシャモが有名で、シャモ肉の焼き鳥がめちゃめちゃ美味しかったです。
近くに沈下橋もあり、秋にはサケの遡上が見れますよ~。

四季でいろんな表情があるところが自然の素晴らしさですね。
プロフィール

足袋子(たびこ)

Author:足袋子(たびこ)
北関東在住 
趣味は外出! 水族館・動植物園・遊園地・プラネタリウム・お祭り・花火・ドライブ・買物・工場見学  
何気に、高い所・爬虫類・冷凍菓子に抹茶好き 
乗り物の中にいれば
ゴキゲンです🎵
本題に入る前の雑談として ―気奥のかけら― 始めました 心の奥にある思い出、気になった事をリアルに語ります  
年令という年輪を重ねても、好奇心は加速するばかり・・ 
これからも ▶仕事キッチリ遊びバッチリ◀ で、エンジョイ人生 🐾

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

かっちゃんの雑記ブログ

バイク少々……されど乗る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
679位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
260位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome! 足袋子共和国の  入国ゲートへ
リアルガチ!のバラエティーブログにいらっしゃいまっし〜
秋も冬も人恋しくなる事なく 気ままにさすらう足袋子にワンポチ🐶を

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR