-->

沖縄貧乏旅行 NO.1 大人のぬり絵編





衣食住 という言葉があります

人が生活をしていく基礎



旅にも 衣食住 があります


衣は移動、交通機関

食は食べること

住はお宿

移・食・宿 なのだ!




前回、沖縄に行ったのがちょうど2年前

沖縄・ホエールウォッチング

としてレポート、飛行機と宿のパックツアー利用でした




今回は 移 と 宿 をもちっと

お手頃に行きたいものだと
格安航空券 を予約してみました

そう! もしも欠航になったりしたら

    パーッ 

変更などの保証はないヤツ

そして、お宿も素泊まりに

寝るだけの滞在ですから
これで十分

浮いた銭は、飲食や遊びに使いた〜い 



年末からお正月と休みナシで
頑張ったあたしの、遅いお正月休み

どーか天気が荒れず飛びますようにと ✈
この時ばかりは、天にお祈りするのでした 


気持ちだけは早くも沖縄上陸、潜伏しつつ
国際通りをルンルンで徘徊しており

♪ デイゴ〜の花が ♪

なんて、うっかり仕事中に鼻歌を歌いそうになり

   イカン 🙊 シーッ・・

1人であわててしまうのでした



さてさて、格安航空券で笑いクセになるか?
はたまた、痛い目にあうのか?


2泊3日の旅ですが、書きたい事がいっぱいあり
いつものように 長〜く なってしまうので
3回にわけてアップいたしまする


必要最小限の荷物を持って
運試しの旅がスタート 










前夜、仕事が終わりダッシュで帰宅
ササッとシャワーを浴びて
高速バスにて都内へ

東京駅構内で、遅い夕食を済ませ

お泊りしに
羽田国際ターミナルへ と向かうのじゃ



前回同様に、早朝のフライト便
朝イチの高速バスじゃあ
間に合わないのだ 


宿として空港に泊まるってさぁ〜

何か、非日常のような・・
不法滞在者になったような・・
やっちゃイケない感があり
変なスリルを感じちゃったわ 



寝心地が良かった 展望室前の長イス に行くと
すでに満席

仕方なく、下の階の到着ロビー長イスに落ち着く


お仲間がたくさんいらして
みんな寝床を探してウロウロしている


防犯対策としてガードマンが
常にパトロールしてくれているのは
心強い限りです



暖房が効いているので快適

靴を脱いでイスに寝転がり
コートをかけて寝る

照明は明るいままなので
フードをかぶる




   💤 😪 💤




気が張っているせいか、ときおり物音で目が覚め
浅い睡眠を繰り返す





アラームが鳴る前に目が覚める
体内時計は正確に動いていた




空港間の無料シャトルバスが
5時から出るので

そろそろ起きよう

 


乗り場に行くと
すでに40人程並んでいた

あたしと同じ手口! イヤ・・ 作戦の人達だわ


第1ターミナルで下車
北ウイングへと急ぐ


スカイマークの窓口で、座席の手続き
欠航せずに飛ぶようです

ヤッター👍

「 非常口座席でいいから、窓側に座りたい 」 

聞いてみると空いてました ♪


前回からの宿題

写真のお師匠さんから教わった
上空から富士山の写真を写すという
ミッションがある

しかし、A列だった・・

Aは進行方向左側
 
F列の進行方向右側でないと見れない

残念 😥

帰りの便に期待しましょう





搭乗手続きを済ませて 
サンドイッチを食べる




20170303195204825.jpg




あっ! 
あたし好みの飛行機に乗れるんだ

あられちゃんが キーーーン と言って
走るときの手のように
翼の先っちょが上を向いてる型のやつ


うひょひょ 

お安い運賃・窓席・翼ピュン と
うれしさトリプル〜 

極上の天空席だわ 



搭乗開始

機内は真ん中の通路をはさんで
左右に3席づつある


おぉ! 窓の先には赤いハートマークが


ほぼ満席で
滑走路に向けて動き出す


整備の人が頭を下げて
手を振っていたので 

あたしも手を振ると

こちらを見てほほえみ
さらに大きく手を動かしてくれました



ブザーが数回鳴り、離陸

ゴーーッ という音と振動が大きくなり
程よい重力が体をイスに押しやり
ななめに流れていく景色を
ニッカニカ顔で見るのでした 


カッコよく旋回して
白い雲の中を通過すると、雲の上
青い空と雲海が広がるのでした



向かい風の為に到着時間が少し遅れるらしかった

うむ! 苦しゅうない 




20170303195205280.jpg




翼の先に、太陽があるので
逆光気味の写りばかり
イイ感じのハートは撮れないなぁ



このメーカーの飛行機、初めて乗りますが

なんと! キットカットとホットコーヒーの
無料サービスがあり、驚きました


普段、コーヒーなんて飲みませんが
この時ばかりはもらって

おちょぼ口で 雲海カフェ をするのでした 




20170303195206a95.jpg




低空飛行でキレイな海を見ながら
着陸態勢に入り



なめらかに滑走路へ降りました



乗客が降り始めて
反対側の翼の模様も見ようと
窓からのぞき込むと
違うマークでした

何か意味があるのでしょうか?




20170303195208c3f.jpg




ゆいレールに乗り、いつも同じ事を感じます

   緑が濃い 🌲

関東の6月位のような葉っぱ 🌿 フサフサ




空気が澄んでいて、やさしい暖かさ





県庁前駅で下車


国際通りに入ると
先に到着していた 気持ち 
今着いた体と、やっと1つになったようでした


ウェルカムアイスじゃ 




20170303195210a31.jpg




愛してやまない
塩屋(まーすや)の 雪塩ソフトクリーム

滞在中、毎日食べれる環境にある
この上ないヨロコビ





うっ 😂 うみゃい


パクリとたいらげ
通りを歩く



大きな土産店前にて
国際通りのパンフレットをもらう



キャリーバッグを預けるために
浮島通りにある 

民宿 泊青荘(はくせいそう) へ


民宿と聞くと、古びた平屋の木造住宅みたいな
イメージですが

こちらは、マンションの3階をリフォームしたお宿



お身軽になりランチタイム


タコス屋 という店で
素直にタコスを食べる




20170303195308f38.jpg




少し土産店をブラついて

松尾1丁目からバスに乗り
首里高校前で下車

歩いて数分

首里 琉染(シュリリュウセン) へ




20170303195309e35.jpg




染め物体験が出来る所です


・ サンゴ染め体験 

・ 紅型染め体験

2種類から選べます




サンゴ染めとは

サンゴの石の上に布を置いて
塗料を染み込ませた てるてる坊主 みたいのを
ポンポンとたたき
サンゴの模様を写し出す




あたしが予約したのは
紅型染め体験です



入り口で名前を伝えると
2階に案内されました


すでに染め物を楽しんでいる方々が
おりました


3種類の柄からひとつを選び
筆を使って色を付けます


テーブルに着いて
塗料をパレットに出して

柄をよく見て、何となく色の配置を決めてから
黙々とぬり絵開始 




20170303195311e7c.jpg




青い所がノリで
白い所に色をつけていきます





店の人は

「 向こうにいますから、何かわからない事など
  ありましたら呼んで下さいね 」

ほっといてくれるので
特に制限時間などなく

ゆっくり、気が済むまで
マイペースで色付け出来るのがイイ




子供の頃、ぬり絵は大好きで
よくやっていた事を思い出しました





無になって
絵筆を持ちます





木のイス

お尻が痛くなってきました


時計を見ると、店に来てから90分たっていた




20170303195312523.jpg




塗り残しがないか確認してから


「 終わりました 」

声をかけると、店の人が来て
作品を新聞紙に包んでくれて

「 帰宅して、新聞紙の上からアイロンを
  2分程あてて色止めをします
  それから水の中につけ込み
  ノリを落とします
  布を乾燥させて出来上がり 」

なるほど!

3階で染め物の作業をしており
見学出来ると勧められました




20170303195336bc2.jpg




まぁ!
ステキな反物がたくさん
 
奥の部屋では水の音がして 
作業されていたみたい



 
20170303195313777.jpg




こちらが サンゴ染め の作品






1階は売店になっていて
染め物体験代 3240円 を払い
店を後にしました


あ〜 楽しかった ♪

また来たいわぁ






バスに乗り、国際通りへ戻ります




 

お宿にチェックイン

素泊まり、トイレとお風呂は共同

1泊2200円×2日分=4400円を払い
カギをもらう


6畳の和室
お湯や冷蔵庫は廊下にありました


お布団をセットしてから
お外へ



裏道から市場までは5分程で着く
便利な立地




壺屋やちむん通りを歩く
 



20170305215332f5e.jpg




焼き物店が点在





牧志公設市場にも入ってみる 


水槽の中でクルクル回る海ぶどう

カラフルなお魚や
巨大なエビが並ぶ鮮魚店

豚さんの顔の真空パックがあるお肉屋さん 

ここで買った食材は
2階の食堂へ持っていくと調理してもらえる


沖縄らしい食材が並ぶ

何度も見ているので
カメラは出しませんでした





ドンキホーテもパトロール



移動優先で、まともな食事をしていなかったので

花笠食堂 で夕食

オリオンビール入ります


 

20170303195337b73.jpg




普段、ビールはあまり飲みませんが
オリオンビールだけは美味しく飲める

のどごし軽く、苦味がなくて
風土に合っているのでしょう


沖縄に来たら

雪塩ソフトとオリオンビールを
口にしないと始まらないのよ 



明日、元気に活動する為に
今夜は早めに退散


シャワーを浴びて

オヤスミなさい 







さがみ湖イルミリオン バスツアー




うっふっふ 😀

やっと行けるのよ〜 ♪


さがみ湖イルミリオンを見たくて
去年、バスツアーを申し込んでありましたが

人数が集まらずに中止だったの 😢



今夜は キラキライルミ が見れるのね
うれしいわぁ




10時過ぎに家を出て、最寄り駅に向かいます

良い天気で気持ちがいいわぁ

遅めの集合時間



定刻前にバスが来て乗りました

本日の参加者は22名ということで
ゆったり座席なのよ

バスの真ん中位の席で
相席ナシのお気楽シート 💺
いつもこうならいいのに



添乗員さんのあいさつ
そして、1日の流れを聞き

DVDで団体旅行の注意事項を見せられる

・リクライニングは使用禁止
・車内禁煙
・携帯電話はマナーモードに 
・シートベルト
・大声で騒がない
 
あたりまえの事ばかりですが
常識のない人が多いから
こんな物をワザワザ見せられるのだ



 

東北自動車道から圏央道に入ります



私の前の座席は、70才代の
男女グループ参加組 

昨日はうれしくて眠れなかったと
会話もはずんでいる

20年後のさんまちゃんみたいな殿方が
通路を挟んだ席に座っているご婦人方に
身を乗り出して話しをしてる


笑い声は、車内に響き渡り
実に楽しげで良い雰囲気です


いくつになっても
会話で楽しませる事の出来る人は
モテるんだろうなぁと思いました




本当に、にぎやかで楽しそうです




殿方のジョークに反応して 
大喜びして笑い転げるご婦人が
1人いらっしゃいます

私の前の席の方・・・


すでに
耳にタコが出来るような笑い声



クワッ ( ゚д゚ )

前の席に 笑い袋 があるんだと
思うようにしました





途中 狭山SA で休憩

ランチは、14時過ぎの遅お昼になるというので

ソフトクリーム  入りま〜す





20170224071801f53.jpg





改装工場中なので
建物はシートで覆われていました


周りは 茶畑 が広がる




バスに乗り込むと
ほのかに シップのニオイ が
気になります



中央道に入り、深い山の谷間を走ります


お杉さんがオレンジ色になっているのが
たくさん見えます
 




下道に降りて、最初の立ち寄り先

金多留満(きんだるま)本店 へ

小さな和菓子屋さんですが
明治44年創業だそうよ


雨がパラパラ降ってきた 


えっ?!

お天気予報は晴れだったから
雨具なんて何も持って来てない

添乗員さんに聞くと、晴れマークだったと

店の人に天気を確認すると
午後からくずれると 😱

 
せっかくイルミを見に来て
雨で歩けなかったらイヤだから

目の前にあるコンビニに
傘を買いに向かいました



少し向こうにドラッグストアが見え
行ってみたら傘類は置いてなかった  



コンビニに戻り、ビニール傘を買って
店内のお菓子を見ていたら

ありゃりゃ?
 
私が乗ってきたバスが動き出している

時計を見ると、集合時間まで
まだ10分もあるのに

ナゼ?

あわてて外に出て
走り出したバスを追いかける

すぐに停止して、ハザードランプをチカチカさせて 
ゆっくりバックしてきました


ドアが開いたので、運転手さんの顔を見ながら

「 まだ集合時間前ですよね? 」  

添乗員さんが ヒラ謝り を繰り返す   


乗客数を数え間違えて
「 全員おそろいになりました 」 と
運転手さんに言い、走り出した様です


私は笑いながら 

「 大丈夫ですよ! バスが見えなくなっても
  添乗員さんの携帯番号を聞いていたのですから
  戻って来て〜! と電話していましたから 」

しかし、バスツアーで 置いてきぼり にされたのは 
初めてだわ 😓



青空が広がったり
重い雲に包まれたり
 
めまぐるしく変わる空模様


道ばたに山肌に、残雪が白く光る
 


笑い袋は、なかなか電池が切れずに
絶好調  ザマス





河口湖畔を見ながら


14時過ぎ シルバンズ に到着

30種類のバイキングランチ

有料で地ビールも飲めます





20170224071802c16.jpg





雰囲気を楽しむ感じ

このピザ、エラいしょっぱいの

おいしくてお替わりしたくなるような物は
ありませんでした


チョコレートファウンテンもありましたが
鬼のような異次元糖味
 
味覚がマヒするので、見てるだけ〜


フルーツポンチの上に、ヨーグルトをのせて
さらにセルフのソフトクリーム機があったから
くるくるポン とトッピング

またアイス食べてるって
あきれないでや〜





201702240718047db.jpg





満腹になり、お庭を散歩して
雪だんごを作ってニンマリ 





20170224071805964.jpg





集合時間となりバスに乗り込むと 
運転手さんが、あたしの顔を見るなり
ニヤける 
 
さっきの 置いてきぼり事件 を
思い出し笑いしているみたいよ 😉




添乗員さんが人数を数えていて
 
「 あと2名おそろいで出発です 」

実際は、まだ3名が来てない事がわかり

運転手さんやみんなから

「 大丈夫? 本当にそろったの? 」

イジられるのでした


今回の添乗員さんは、少し
おっちょこちょいさんみたいです






山中湖 交流プラザ に到着


お天気は良いのですが
冷たい風が吹き抜ける





2017022407180736c.jpg





雲のあい間からの ダイヤモンド富士 を待ちます





20170224071937f98.jpg





寒さをガマンしながらの
富士山鑑賞





20170224071938124.jpg






富士山は下の方しか見えない



冷え切った体、急ぎ足で背中を丸めながら
みんなバスに戻ります



バスの前で添乗員さんが 「 お帰りなさい 」 と
笑顔で声をかけます

「 前の席の方々、ちょっとにぎやかですが
  大丈夫ですか? 」

「 かなり気になりますけれど
  壊れた笑い袋があると思っています 」

そう答えると クスッ と吹き出して
うなずいていました






あと何名戻ってないとの報告
また数え間違えており

すっかり信用をなくしていましたが
愛嬌のある性格ゆえに
みんなもあたたかい目で見ているようです





1時間20分程走り

メインイベント

さがみ湖イルミリオ〜ン


元々は さがみ湖ピクニックランド だった場所
 
最初は100万球でスタートしたので
イルミネーションとミリオンをかけて
イルミリオン となったそうです

年々増えていき、現在は600万球

すっかり暗くなって
灯りが映えます

星が見える夜空
傘が必要なくてよかった!



駐車場から階段を登った所に
入場ゲートが   

山の斜面を利用した観光施設

中に入ると自由行動、好き勝手に散らばる





20170224071939f8a.jpg





山頂までは、往復600円のリフトでないと行けない

250メートルの斜面
アンヨをブラブラさせて
はしゃぎながら景色を見渡す

降りてくるリフト
アベックがイチャついておる 


天の川をイメージしたイルミが
リフトの下に


頂上に着いて、下を見下ろしたら


  「 ・・・ 」 


何も見えやぁせん 😅

そういう地形のようです



大空天国 と 極楽パイロット という
遊技物と





20170224071942ec9.jpg





光の花畑 があるだけ



帰りのリフトからのながめが
1番イイ感じだし、オススメだわ





20170224071941f86.jpg





光のナイアガラ





20170224072030485.jpg





光の大宮殿

高さ15メートル
音楽と噴水とのイルミ





20170224072033bc1.jpg





順路にそって歩きましたが

通路の傾斜がハンパなくて
雨の日とかスベるし

足腰の弱い方にはキツイ場所でした





20170224072032a5b.jpg





早めにバスに戻り
写真をチェックしていたら

みんなの笑い声が聞こえて

顔を上げて見ると


運転手さんが車内後方に歩きながら
人数を数えていました

半分ジョークでやっていたのでしょう



1緒になって笑っていたら

お手洗いから帰ってきた添乗員さんが
あわてて数えていました



高速道路をスイスイ進み
佐野SAで20分の休憩


温かいうどんを急いで食べる



下道に降りると
1日を振り返ってのごあいさつ


22時過ぎ、みなさんにお礼を言って
家路に向かいました






コカ・コーラ 工場見学




子供の頃、まわりの大人達から

コカ・コーラを飲むと骨がとけるよ!

そんな事を言われました



アメリカの方から来た飲み物みたいだし
不思議な色の印象でした


何から出来ているのか?

体質的に強い炭酸がニガテでして
しゃっくりが止まらなくなる事も
しばしばありまして・・

コーラに関しては、何もわからないまま
時が過ぎて大人になりました



ただ、テレビのコマーシャル
音楽や映像がステキで魅力的だった事は
子供心に強く刻まれていました


お年頃になり、お酒なんかも飲める頃には

あの ウィスキーコーク なんぞが
メチャ美味くて飲んでいたぞ




そんな 謎めいてる存在のコーラ の
真相を知りたくて工場見学を申し込みました





こちらの工場は、先着順

早く電話した者勝ち 


親友のR子ちゃんとお出かけなのよ







東京都 東久留米市 

コカ・コーラ 多摩工場




正門の警備員に名前を言うと
工場見学名簿を確認し、中へ通される



建物へと歩いていると 
向こうから案内のお姉さんが来ました


あいさつをして一緒に歩きます



今回参加の 11時30分 からの部は

ニャンと 私達だけ貸し切り だと


お互い顔を見合わせニンマリする 

ヤッター 





20170202181359dfd.jpg






入り口からしてイカしてる 🎵


案内のお姉さん イコール 
あたし達の専属カメラマン  となる








中に入ると階段があり、登った所は
広いコミュニティーホールになっていた






20170202181400076.jpg






巨大なビ〜ンのオブジェ




このエリア内、撮影OKとの事で
デジカメやスマホを代わる変わる
お姉さんに手渡し、遠慮なく
シャッターをお願いするのでした






20170202181402117.jpg






ホールに置かれている
カッチョイイ、テーブルやイス
ネットで販売されていると


さっそく値段を調べたら

テーブルが 48000円位
イスが1つ 16000円位 でした






201702021814016dc.jpg






レトロなお部屋
 



最新のタッチパネル式の自販機の中から

見学記念品として、好きな物を1つもらえます






2017020218140465d.jpg






ゲームボトル というのがあり
そのボトルをタッチすると
3種類のゲームがランダムに出てくる


R子ちゃんの時は

反射神経を試すヤツで 
パッパと出ては消える数字を
押すゲーム



私の時は
ボーリングゲーム でした 




泡が出る画面が2台

前に立つと、モニターカメラで写り
コーラの中にいるような映像が楽しめます






20170202181437aa2.jpg






片方は、カメラの前で手や体を動かすと
激しく泡が出る仕組みになっている


ウヒョー! 

彼女がこっちを見てないのを確かめてから
ちょっと踊ってみました 💃


動いてる場所から シュワッ と泡がはじける





さて、お時間になったので席に座り
 
お姉さんのお話しを聞きます

あらためてごあいさつと
見学来館の感謝の言葉

お土産のミニハンカチをもらいました




会社紹介のビデオを見る



アメリカ生まれの コカ・コーラ

日本に初めてやってきたのは、なんと大正時代 


当時は ハイカラな飲み物 として
著名人らが飲んでいた


およそ60年前からは、日本でも作られるようになった




はじめの頃は、お店でしか飲めませんでしたが
ビンに詰めて販売されたので
どこででも飲めるようになった


この頃、類似した飲み物が出始めた為に
ビンの形に工夫を加えた

独特な形をした コンツアーボトル

暗闇で触ってもわかるようにと
カカオ豆をヒントにデザインされたと

この形は 立体商標 として認められている





コカ・コーラの中身

純水・糖類・カフェイン・カラメル・香料

保存料や合成香料を一切使ってない


200を超える国で
毎日19億杯以上も飲まれている





コカ・コーラの秘密


・ コカ・コーラは、アメリカの
  ジョージア州アトランタ生まれ


・ コカ・コーラの茶かっ色は
  糖類に水を加えて熱した物
  ケーキやプリンにも使われている
  カラメルの色


・ コカ・コーラ1本に含まれる
  カフェインの量は、同量のコーヒーの
  3分の1
  お茶なら半分


・ シロップを運ぶ樽を全て赤く塗り
  アメリカ中を沸かせた事が始まりで
  コカ・コーラの赤が、ブランドカラー
  コークレッドとなった


・ コカ・コーラを飲んでも骨や歯はとけない
  
  砂糖やデンプンや酸性度の高い物など
  どんな物でも長時間口の中に含んでいれば
  虫歯の進行に大きく影響したり
  歯がとける原因になる事がありますが
  コーラを飲み込むと、素早く口の中から
  消えてなくなります


・ コカ・コーラには、クセになる
  中毒性になるような物は、入ってません
  毎日ごはんを食べるのは、習慣性があるからではなく
  美味しいからで、コーラも同様です


・ コカ・コーラが 赤い服を着た初老の紳士 という
  サンタクロースのイメージを定着させた

  1800年代、サンタクロースとして
  人々が共通して思い描くイメージは存在せず
  小人や妖精、恐ろしげな小鬼と様々でした

  1931年コカ・コーラの広告アートを担当していた
  ハッドン・サンドブロム氏により、描かれたのが
  バラ色の頬、白いあごヒゲ、笑いジワと温かみのある
  キャンペーンポスター
 
  そのイラストが人々の心をとらえて
  たちまち世界中に広く定着していった




ほ〜う!

知らなかった事がてんこ盛りじゃ

コカ・コーラってスゴイのね 
  
  





こちらの多摩工場

昭和38年 5月から稼働

53年目


東京ドーム6個分の敷地

290名が3交代で、㉔24時間動いている



環境衛生にも取り組んでおり

ペットボトルで作ったユニホームを
工場の人達が着ていたり

工場内で出るゴミは
ほぼ100%リサイクルしたり

使用した水は、ろ過洗浄してから
河川に流したり

製品を運ぶ車は、低公害車を使うようにしたり


水資源保護活動の
森に学ぼうプロジェクトを展開したり

東北復興支援で
地方自治体と災害協定を結んでいて
たくさんの製品を無償で届けたり

スクールバスを5台プレゼントしたり



コカ・コーラって こんなに素晴らしかったんだ と
しみじみ関心させられました



現在850種類の製品を販売
 
年間40種類は、期間限定として出荷されている









いざ! 製品ラインへ




無菌室の製造ライン

殺菌洗浄したペットボトルに中身を詰め
1分間に600本詰められる


1度扉を開けてしまうと
12時間後でないと稼働出来ない





カンフィーラー


ミツビシ製の周る機械
1秒に25缶詰められる

離れた場所から4人で操作されている

巻き閉める缶とフタ
接着剤などは使われていない





ペットボトルの赤ちゃん


レジンという物質から作られる
透明で指のサイズ位の試験管みたいな物が
ペットボトルの素
 
ヒーターで温めて金型をハメて、エアで膨らます

ペットボトルの底が花びらのような形で
凹凸があるのは、炭酸の圧に
負けないようになっているからだった

ちゃんとした理由があったのね・・



すごい早さで流れていく製品
目視検査員がいるという・・

動体視力が良くないとなれないわ〜



ラインの所々に、昔の電柱の
街灯傘みたいな銀色の丸いのの下に
海の家のシャワーが付いていた

もしも、作業中に薬品とかを
浴びてしまった時の緊急用シャワー
洗眼器もある

そう、作業服のまま
その下に立ちボタンを押すと
上からシャワーの水がドバーッとなる


しかし、今まで1度も使った事はないと




部署により作業員は、特殊な耳栓をしている

80〜90ホーンの音の中
(ガード下と同じ音量)
機械の音はシャットアウト
人の声だけ通すそうです


そんな耳栓があるんだ

ちょっと欲しいかも





最後に、お約束の制服撮影






20170202181438ba2.jpg






あーた!
カッコ良い コカ・コーラ の文字を見せにゃあねぇ





こちらは売店がありませんでした

全ての見学が終了
 




お姉さんは、黒いスカートにハイネック
黒のタイツと靴で
ブレザーだけが、コークレッドの赤

ヘッドマイクに
初めて見るタイプの、変わった形のスピーカー

ひと目見た時から、気になって仕方がなかった



出口でお別れのあいさつが終わったので
すかさず質問

「 すみません、お聞きしたい事が・・
  あちこち工場見学をしていますが
  スピーカーは、ポシェット型の利用が多いのですが
  こちらは、ウエストバッグ型ですよね
  私この型は初めて見るのですが
  いつ頃から、コレを使われているのですか? 」

「 3〜4年前までは、ポシェット型を使っていて
  それからは、ずっとこの型です
  子供達からは、仮面ライダーの
  変身ベルトみたいだと言われます 」

そう言って微笑んでいました



確かに、お子様受けするわ〜







工場見学が終わって

子供の頃に言われていた事の
ナゾが解けた

少量の酸味料が入っているから
歯がとけると思われていて
 
コーラの色はカラメルで
安心安全な飲み物だったし

大正時代から日本にあった事や

サンタクロースの素は
コカ・コーラの広報デザイナーが
今のサンタスタイルを定着させた事など

知れば知る程
奥が深かったし

もっと早くに知りたかったわ



今までの工場見学の中で
見学前と見学後のギャップというか

イメージの違いが大き過ぎナンバーワン 
本当に来て良かった と思える
貴重な時間でした




20170202181440106.jpg




サンキュー ❤

コカ・コーラ 







流木にウィローモスを合体




今日は、本格的に ゆらゆら流木 を作ります

チョキチョキし ✂ 貯蓄しておいた
ウィローモス

ペットボトルに小さな穴を開け
水槽のスミに吊るした物に
入れてありました


中で育ち伸びたのもあるので
さらに小間切れにします





20170212185722ea1.jpg





水で湿らせて
ピンセットで薄く広げて貼り付ける





くぼみの所をどうするか?
それが問題でした


色々作戦を考えて
牛乳パックを切り
凹んでいる部分に当て押さえて
固定してみる事に





20170212185724502.jpg





木綿糸でグルグル巻きに








ロカボーイ コンパクトサイズ の
ブクブクですが、ちっちゃい割に
水面の水はねが激しいので
ペットボトルを逆さにして
その中に メダカのろ材 を入れて
水はね防止を作りました





20170212185725048.jpg





少し前ですが
窓辺の日当たりの良い所に
60センチの水槽を置いていたら

ウィローモスも育ちましたが
アオコが発生して
水の透明度が悪くなり

アオコ除去剤を買ってきて
液体を中に入れたら 

フィルターが吸収してくれて
水は透明になりました 


冬でも、ガラス越しの日光は
ダメなんだと学び
壁の方に移動しました







小さい水槽の中に入れて 
ウィローモスが育つのを
見守りたいと思います


成長させる為に
あえて日当たりの良い所に置きます



ありゃ・・
この流木は、アク抜きしてないヤツか?

水槽の中に入れたら
プカプカ浮いちまう


まぁ、いいや



スキンダイビング用の重りに結いて
沈めてしまえ〜 





201702121857273bc.jpg





生き物がいない水槽だから
アク抜きと水草の定着と育成
3つ同時進行の実験くんじゃ 😅


ムチャぶりもはなはだしい

勘違いからの方向転換






1ヶ月後
糸を外すのが楽しみだわ







アク抜き流木




以前、ウィローモスを小間切れにして
お試しの練習で、石と小さな流木に糸で
ぐるぐる巻きにしたヤツ

石は表面がツルツルしていたせいか
ウィローモスは定着する事なく
はがれてしまいました

しかし、流木の方は
しっかりと着いた!





20170206214313e5e.jpg





奥のV時形の流木の物から
伸びた所をチョキチョキ床屋さんして
手前のふたつに

うんうん😄 よろしい♪








まだまだ、勉強が足りない事がありました・・

ホームセンターで買ってきた水草

軽く洗って、金属の重しを外して
石の輪の重しに入れ替えて
水槽の中に入れて

緑が目にやさしく、水槽内が華やかになり
ニンマリと満足して寝ました


翌朝、水槽を見ると
小さめの ミナミヌマエビ が
ひっくり返っていた 

原因は何?

変わった事といったら
水草を入れた件しか考えられない


すぐにググってみたら
 
ホームセンターなどで安く売られている水草は
輸入物で農薬残量が高く
エビやザリガニなどの甲殻類には
危険だと・・


あわてて水草を撤去

大きいミナミヌマエビと
メダカには影響ありませんでした



国産の水草かどうかは
表示してない店も多かったので
ネットで 国産のカボンバ を購入

数日後、普通郵便で茶封筒が届き
開けてみると、ビニール袋の中に
濡れた新聞紙に包まれ
10本ありました

枝が長いし、フサフサしてて
濃い緑色の美しい物でした










拾ってきた流木

アク抜きをする事、1ヶ月

入れ物に水を張り
浮かないように落としフタをして
重しを乗せて

水を取り替えたり
時には、沸騰しているお湯を入れたり
繰り返しました





2017020621431477c.jpg





大きくて枝ぶりのいいのを
水槽に入れてみましょう
 



1度水の中の物をどかして
お掃除スポイトで
ソイルの上をきれいにしてから

流木や水草を置きました



エビ達は、ブクブクの後ろに避難して
この日はジッと動きませんでした



翌朝、見ると
 
まぁ!
 
木に止まっているセミのように
みんな流木の上にいました





201702062143159ad.jpg





なぜか、ウィローモスの
ゆらゆら流木には止まらず

ただの流木にだけ集まっている



木にしがみつき

止まり心地が良いのでしょうか?
つかまりながら

ツムツム・・ ツマツマしてる





20170206214317afd.jpg



  

ハエが手足をこするように
後ろ足で背中を カキカキ もしています


たくさんある足で 犬かき のように 
(エビかき?)
ヒューンと素早く泳いで
上昇したかと思うと

落下傘部隊のように
フワッ〜とソイルの上に着地したり



本当にエビちゃんの動きを観察していると
可愛らしいし、飽きない





20170206221125a53.jpg





エビ座りして
落ち着いちゃっている子もいます

何か笑える 😀



お風呂上がり、寝る前に
ちょっと見ているつもりが

あっという間に1時間経過していて

「 寝なくちゃ! 」 と

あわててベッドに入る時もあります





 


現在の60センチ水槽



 

20170206214318401.jpg





ジャングルみたいになっている
小さなあたしの水族館


今度、赤いミナミヌマエビを
入れたいなと思っています







ガリガリ君 2回目の工場見学




初めてガリガリ君の工場見学に行ったのが
2015年 3月

約2年前になります

相変わらず人気でして
申し込んでも、抽選で当たらなければ
行けません

各回定員は20名

去年の夏に ダメもと で申し込み
見事にハズレ

そして、秋にも申し込むも
またまたハズレ


そして、今回やっと当たりました

2勝2敗!



親友のR子ちゃんも行きたくて
2回申し込んでいましたが
全部ハズレ

選んだ時間を聞いたら・・

あーた! そりゃハズレて当然だわ

お昼前後の1番人気があり
利用しやすい時間なんですもの




今回、誰と行くかは決めなかったので
彼女に当たったヨロコビの報告をして
一緒に行く? と誘うと
満面の笑みでうなずくのでした




当選の日
朝8時30分集合

あたしの車に彼女を乗せて出発

去年の秋に 千葉県のノコギリ山 に
行って以来のおなご旅ね



今回、彼女には

「 15時からガリガリ君工場見学 」とだけ言い

どこに立ち寄るかは、一切伝えてない


彼女も聞こうとしないし
どんな所に連れて行ってもらえるのか
ワクワクしているようです


足袋子企画の ミステリーツアー なり!



恋バナなんぞ喋りつつ走ります






最初の場所

埼玉県 熊谷市 妻沼町 

歓喜院 へ



お天気は良いものの
北風ピュ〜 で気温が低い


埼玉の小日光 と呼ばれているだけあり
駐車場からの参道に、茶店が並ぶ

敷地もかなり広い





20170128215122968.jpg





門の鐘を鳴らしていると
牛ネコがやってきてゴロゴロなつく



「 キャーかわいい! 」

ネコ好きな私達は
釘付けになるのでした





201701282151243c0.jpg





R子ちゃんは 御朱印女子 なので
台帳を受付に預ける



彫刻や色彩が美しい



こちらの奥に700円払って見れる

国宝 妻沼聖天山 が


サク越しに見えます





20170128215125300.jpg





狭い敷地から見上げるだけで
キツキツなのよ



もう少しお庭がステキとか
ゆったり周りの風情があるなら
お金払ってでも入りたかったなぁ


縁結びの神様を チラ見 して
満足いたしました



境内の向こう側、小さな滝と池があって鯉が泳ぎ
陽気のいい季節に、ゆっくりお散歩したいな





参道の和菓子屋さん

何を売っているのか見ていたら
R子ちゃんはお土産に草餅など購入

「 ねぇ! ダンゴ1本を半分こしない? 」

「 いいわよ 」


店の人から手渡しされたみたらし団子 🍡

歩きながら パクッ と食べると
ダンゴは柔らかかったけれど
みたらし部分は冷たくて
口の中に ヒンヤリ 張り付いた




この地域のパンフレットを見ると

妻沼名物 縁結びメニュー と題して
やたらハートの形を取り入れた
食物が多い




駐車場に戻り

30分程走る




長ネギ畑が広がる

ゆるキャラ ふっかちゃん がいる地元


埼玉県 深谷市 


道の駅 おかべ



手前にある建物 ふるさと物産センター に入る

200種類以上のお菓子や漬物
地酒からジェラートまで何でも売っていた


入ってすぐに彼女は、何かを握りしめていた

あたしの視線に気がつくと

「 五家宝に黒蜜をかけて食べるのを見つけた
  こんな食べ方の物は初めてだから
  買わなくちゃ! 」


早くもお買い物モードに突入している 😅


「 もしもし、まだ1周見てないし
  別棟の 農産物直売所 もあるから
  全部見てからカゴに入れようよ 」

そうか! と素直に聞いて
五家宝を棚に戻し、広い店内を歩きました



見応えがあるわ〜



向こうの お野菜直売所 も行ってみる

んまぁ〜 以前と変わらず
深谷ネギ(長ネギ)が切り花のように段々の棚に
立てて売られている

種類も色々

箱売りは 5キロ入り 1600円 から


この光景には、彼女もビックリしていました




さっきの ふるさと物産センター に戻り
カゴを持ってお買い物タイム

お菓子からアメからカゴの中に
どんどん入っていく様子を見て・・


う~ん・・
ちょっとアドバイスしといた方が
いいのかなって思いました

「 あのね! この後の立ち寄り場所の中に
  お菓子のアウトレット店も行きますからね
  あまり買いすぎない方がいいかもよ 」

黙っていて、アウトレット店に連れて行ってから

「 何で先に言ってくれないの?
  知ってたらあんなに
  買わなかったのに〜 」 と

グズられるのも困りますから



チョコレートなどは、思い留まったようです




私は以前購入して、美味しかった
大きなレーズンクッキーだけ買いました





少々移動






関越自動車道 上里サービスエリア(上り)

足袋子の得意技、裏口から侵入



R子ちゃんは、業者さんみたいに
こんな所から入るの初体験なので
ドギマギしてる



店内パトロールをしてからランチタイム

フードコート、何を食べようか品定め

あんかけ焼きそば 850円





20170128215126573.jpg





あさり・イカゲソ・むきエビが入っているので
海のダシが出ており
◯◯チャンポン店の物より
美味しかった





ここから目の前に見える

上里カンターレ





20170128215128bb5.jpg





以前、こちらに来た時には
こんな建物はなかった


うるわしの南イタリア のイメージで作られている
お菓子のアウトレット


とてもオシャレな店内


レジのお姉さんに聞くと
おととしの11月オープンだと





201701282152405ba.jpg





1階は、パン工房やバームクーヘン工房
ビュッフェレストラン、ジェラード
広い店内、たくさんのお菓子類が売られていました

試食コーナーもあるので
お味を確かめてから購入出来る


2階には、焼き菓子工房で8種類作られており
カフェもありました





真実の口 があり、みなさん手を入れて
にこやかに撮影しておりました


偽りの心のある者は・・
手を噛みちぎられる とか
手が抜けなくなる とかいう
伝説があるようです





20170128215242ea8.jpg





ふざけた心の者は、どうなるのでしょうか?

シャッターを押した後のR子ちゃんには
たいへん喜んでもらえました







あと1ヶ所、時間的に寄れそうなので

金鑚(かなさな)神社 へ





20170128215242d9b.jpg





何かを祈り願うR子ちゃん





201701282152440ba.jpg





巨木を見上げる







本日のメインイベント
いよいよ ガリガリ君工場見学 なのよ〜

申し込めど全敗していた彼女
あこがれていた アイス食べ放題 夢の世界に
テンションマックス



えーっと

キチンとした工場見学レポートは
1回目の時に書いており

ガリガリ君工場見学 で検索してみてや〜

重複する所もあると思いますが
サラリとね



門番の警備員に名前を伝え
駐車場にて、少々待機

20分前になると入れます


入口で靴からスリッパに履き替える

下駄箱の番号がスリッパにも書いてあり
帰るときに迷わないようになっている




2階の見晴らしの良い部屋で
15時になるまで待つ





201701282152457d2.jpg





長いイスは、ガリガリ君の
アイスの色をイメージしており
ガリブルーと呼ばれている



エレベータ前にはハンガーがあって
上着をかけられ
コートなど手に持って歩かないよう
気配りがされている

素晴らしい!



時間になり、案内のお姉さんが来ました

この先から撮影禁止 🈲


ホールに入り、好きなイスに座る

お姉さんのごあいさつ
そして、スライドを見ながら
お話しを聞きます



昭和36年12月に設立

現在281名の従業員がいる


初代のガリガリ君は
中学生のガキ大将のイメージで
1つ 50円


2代目のガリガリ君は
ねじりハチマキ

パッケージには さわやか1番 と書いてあるも
オッサンのようで暑苦しく
商品をレジに持って行くのが恥ずかしいと
ボロクソに言われて不人気


3代目のガリガリ君は
ハグキが出ていて田舎くさいと言われ


4代目のガリガリ君は
今っぽくなり3D風


5代目のガリガリ君が
現在の姿

材料費が値上がりした為に
今は1本 70円


ちなみに 妹のガリ子ちゃん は
最近登場しているので
初代となります






お部屋を暗くしてDVDを見ます

日本1の広さの工場で
日本中のアイスの10%を製造


カップ入りのアイスが主流でしたが
両手がふさがらないようにと
棒アイスが誕生した


ナレーションが子供の声は
以前と同じで微笑ましい






いざ、工場へ


見学者専用通路なので
服にコロコロをしたりはナイ


㉔24時間ラインは動いてる


出荷されたアイスを運ぶ ガリガリ君仕様 の
トラックは4台あり、その中の1台だけ
黄色いペイントになっている(3台は青色)

コレを見れたら幸せになれると
言われているそうな



制服は3種類あり
どれもICチップが埋め込まれていて
データ管理されていて
クリーニングに出しても壊れない



当たり棒に焼き印する型の展示

昔は当たりの景品が カブト虫 だった事もあると  



当たり棒は、機械でランダムに入るので
作業員もわからない



当たり棒を見た事がない人の為に
廊下でクイズ

トレーの上にソーダ味のガリガリアイスが
10個置いてある(ロウで出来てるやつ)

適当に手に取り せーの で棒を拔くと
2つだけ当たりの焼き印が出る

私達はハズレ

当たり棒をひいた人には
ガリガリ君のステッカーがもらえました



また、今まで 110種類の味が販売されており
人気の味クイズ  


1位 ソーダ味
2位 スイカ味
3位 梨味

だって!






検査室や製造ラインを見終わり

広場へ



ここは撮影OK

ショーケース内食べ放題





20170128215337b2f.jpg





UFOキャッチャー 無料
初心者向けと、上級者向けがある


  


201701282153355d7.jpg





売店もある





20170128215334257.jpg





こちらのフリータイムは約20分間


アイスを食べながら売店は見れません

座って食べないと注意されてしまう



私、バニラ系のモナカとか
カップに入っているのを食べたかったのに

全部棒のアイスしかない・・

んな ガッチガチ に凍っているの
ヤダー


前来た時にはあったのに〜


でも無いんじゃ仕方ない
チョコのを食べました


お姉さんのお話しだと
過去に7本も食べた強者がいたと

ちょっと、あーた!

1本3分でクリアする計算よ



口の周りが冷たくなりながら
やっと1本食べたわ

せっかくだからと、もう1本食べましたが

美味しいと言うより、顔の半分を
冷凍庫に入れたようになった 😣


R子ちゃんは、張り切って3本クリア



写真も撮らなくちゃ

ハッピを着て、お姉さんを呼んで
シャッターをお願いしました




20170128215338fa2.jpg





私達のマネをして
他の家族連れが、ハッピ撮影してた




あっという間に終了


出口でお土産をもらって
車に乗り、門を出て見えなくなるまで
案内のお姉さんは、笑顔で手を振っていました





本日の予定していた場所は
全てクリアしたのですが

R子ちゃんに

「 この近くに寄居と言う
  星の王子さまPAがあるけれど
  行った事ある? 」

「 何? 知らない行った事がない 」


んじゃあ寄るかと、向かう

上りだったか?
下りだったか?

忘れてしまった・・  

まず下りに近づくと、明らかに違ってたので
通過して橋を渡り、上りへ


数台しか止められない裏口  

しめしめ、1台分空いてた 


さっきと同じく 
1般道から侵入する手口

ここの出入り口は
夜の8時にカギがかけられてしまうので注意

中に入ると

「 うわー! カワイイ 」 

子供のように、はしゃいでいる ♪





20170128215412c09.jpg





南仏プロヴァンス 風に作られている




店内は、星の王子さまグッズや輸入雑貨があり
いつまでも見ていられる




夕暮れで気温もかなり下がってきました
けれど、写真は撮らにぁあ





20170128215414cd6.jpg


      ふたりとも全身に力入ってますよ





近くに養豚場や養鶏場があって
風向きによってはニオイが来てしまい
王子さまのイメージが おやおや となるのですが

今日は大丈夫!
 
星の王子さま、ステキざます




暗い夜道を走りながら

「 今日立ち寄った所は、全て初めての場所ばかり
  だからとても楽しくて刺激的だった 」

大満足して頂けたようで
良ございました




無事に到着





20170128215415b22.jpg





工場見学のお土産
ビニールキンチャク・クリアケース
パンフレット・消しゴム・ハガキ

道の駅おかべで買ったレーズンクッキー









からだの音 ホリスティックリトリート 山口智大先生





前回の記事

ムチウチと冷え性が治った実話 の続きのお話し



私のムチウチや冷え性を
治して下さった山口先生が

十数年間 なかむら整骨院 で修行を積み 
技術を磨き、去年独立された事は
風の便りで知っていましたが

痛む箇所もなかったので
ご無沙汰していました



今年になって、ちょっと気になる事があり
健康相談とメンテナンスを兼ねて
開院した山口智大先生の所へ
電話予約を入れてから行きました


東武宇都宮線 安塚駅前 の
65号線を陸上自衛隊宇都宮駐屯地方向へ
途中、小さな 姿川 を渡り
1キロ進んだ所


のどかな田畑が広がり
T字路を右折してすぐ左側にありました




20170116191342b6e.jpg




ご自宅兼整体院だからでしょうか・・
大きな看板は設置してないようです

コンクリートで囲われている
駐車スペース4台分の所がそうです


お隣のお庭に、赤い鳥居が見えるのも
目印になると思います




2017011619134389f.jpg




診察時間中だけ置かれる
玄関マットのような、ちっちゃい看板

これじゃ車で通りかかっても
見えないぞー!




からだの音 ホリスティックリトリート

 


ホリスティック リトリート という
あまり聞かない言葉

意味を調べました

・ ホリスティック
ギリシャ語で 全体性 を意味する


・ リトリート
日常を離れて、自分だけの時間や
人間関係に浸る場所 隠れ家


何だか、先生のこだわりが感じられるわ




オシャレなレストランみたいな
整体院らしくない入口のドアを
静かに開けて中をのぞくと

山口先生がいた!

1年ぶりにお会い出来て嬉しかった〜



お話ししたい事がたくさんあって
お喋りが止まらない



問診表の紙に

気になる体の場所に印をつけたり
好きな色・嫌いな色
好きな季節・嫌いな季節

などを書き込みました

朝イチ9時の予約


部屋に通されて先生に

・ 1週間前から右ひざの後ろに違和感があって
  ヤンキー座りをすると、曲がりにくい  
  立ったり歩いたりしてる分には
  何ともない

・ 健康診断でLDLコレステロールの
  数値だけが高い
  食物はかなり気をつけているし
  他は全てAで完璧なのに・・

この2点が気になりますと伝えました

 


20170116191346589.jpg




ベッドで横になり
あちこち直診すると

左肩など数ヶ所の、張りやズレなどが原因で
右ひざの後ろに症状が出たそうです


やさしく触れるだけのマイルド整体


仰向けになると、高い天井が見え
ログハウスにいるようで
木のぬくもりが心に香ります!



1度温めてから、また施術をしますと
服の上から丸い形の物を付ける



パルス温熱治療器

遠赤外線など、トリプル温熱で
効率よく狙った部位に
アプローチ出来る治療器

パルス変調による ゆらぎ とか
超音波により
光や音で効果を高めます

深い所に温熱を当て
緊張している所をゆるめる



15分程そのままでいます


普通の人は ウトウト 寝てしまうらしい


しかし、あたしは・・

宇宙人に連行されて
UFOの中にいるような
そんな印象の音が面白くて
ニヤニヤ笑ってた
   
 

 
それから小部屋に移動
レインボー治療 をします




201701161913456a9.jpg




天井から緑色の光が、室内を照らします

ビワの温熱治療 ですが
なかむら整骨院で受けたような
やり方ではなくて

ノズルから温熱の ビワビーム(あくまであたしのイメージ)が
発射されるような装置で
私の場合、胃とお腹と右ひざにあてました

ビーム熱が奥に伝わり
内蔵がキュルキュルと鳴き
活発に動き出す



そして、温まった体に
ツボ押しと
仕上げの整体施術で終了




20170116191348ae0.jpg




ちょっと照れながらの撮影
ご協力ありがとうございます


記事として 足袋子のブログ に掲載する
了解をもらい

ビワの葉茶を飲んで

お会計をして、お礼を言い
整体院を後にしました





 
山口先生に施術してもらいながら
お話しした事を書きます


先生がこの道に
進む事になったきっかけを聞きました

先生は、アフリカの
太鼓を叩くのが趣味でしたが
肩や手首を痛めてしまい
(どんだけノリノリで
 激しく叩いてたんじゃい?)
仕事で腰も痛めてしまい
患者として なかむら整骨院 に行き
中村五朗院長先生から治療を受け
良くなっていく事に感動して
面接を受け合格し
なかむら整骨院で働く事になったそうです


去年4月に からだの音 を開院して
間もなく・・

師匠の 中村五朗院長先生 は
お亡くなりになったと・・

(私、知りませんでした)





時々 医療エステ のような気分で
体のメンテナンスに通い

LDLコレステロール値を
頑張って下げるぞ〜

エイエイオー!!








からだの音 ホリスティックリトリート



  赤ちゃんから120歳まで笑顔で受けれる
  やさしい整体院
  からだとココロを癒し育てる



こちらでは保険適用の
治療はしていなくて

保険適用外治療のみ
完全予約制になります

治療法は、患者さんに合わせて
色々選んで行います



住所は
〒329ー0501
栃木県 下野市 上古山 914ー5
( ナビだと 915 と入力 )


料金は
初診料 2000円
施術代 5000円
(1度来院していれば数ヶ月後でも
 初診料はかからない)


診察時間
平日 9時〜12時
15時30分〜18時30分
土曜は午前のみ

(時間相談可)
日曜・祭日休み


電話番号 090ー8508ー1120
(施術中は出られませんが
 後で折り返しお電話いたします)




栃木県 下野市 からだの音 で検索すると

こちらの建物を担当した業者さんの記事
(コレは問題ない)

そして

からだの音 ホリスティックリトリート と
うす緑色のページで、左上に山口先生の
どアップ写真が出てます


来院する前に、このページを時々見ており
先生が書いた物なんだと、何度も読んでいました


しかし、これは 

山口先生が実際に受けた
新聞のインタビュー記事を
ビワ協会とかの第三者が
許可なく勝手に写真と文を
掲載した物だった
 のです


良かれと思い
作ったのかもしれませんが・・


しかも、失礼極まりない
ミスプリなのよ!

知大❌になっている 智大⭕が正しい

全くねぇ・・


先生が書いたページではないですが
掲載内容は本当なので

レインボー治療とは?
ビワの温熱治療とは何ぞや?

参考に読むには、いいかもしれません



そんなだから、あたしは山口先生に

先生が書いた正しいHPを
早く作って下さいよ
 とお願いしました



最後に 

「 私の場合は ムチウチと冷え性 が
  治りましたが
  改善効果が期待出来る病気は? 」 の質問に

 
関節の治療と呼吸法の改善により
免疫力の向上が基本です






あたしの ゆがんだ根性や性格 は治りませんが
関節や骨のゆがみ はキチンと治して下さる
凄腕の山口先生


お師匠さんから 魂とワザ を伝授され
自らの経験もプラスされた
神業の施術

先生がお師匠さんに弟子入りしたように
いつの日か先生も、誰かにワザを伝え
後世に絶やすことなく 黄金のバトン をつなぎ

みんなを元気にしてもらいたいなと
心から願うばかりです









ムチウチと冷え性が治った実話




私は運転中に、後ろから追突されて
ムチウチになりました

1度ならまだしも
回数もらってしもうた

右折車線でウインカーを出して停車中や
直進車線、赤信号で停まっている時など


呼んでないのに、後ろから ドカーン ですから
気をつけようがない 😥



100対0ですから
私に過失はありません




仕事をしながらの、病院通い

お天気が悪い時と言うより
気圧の谷の時は 生き地獄 のようでした

首から肩、背中までパンパン
太い針金が入っているようになり
胃は固まり
気持ち悪くて食事など出来ない

その場しのぎとは分かっていても
辛いのが少しでも楽になればと
針治療に駆け込みますが・・

気休め程度の効果しかなく
ただただ、頭を押さえながら横になり
気圧の谷が通過するのを待つだけでした


時折プールで泳いだり
休みの日には歩くようにしたり
努力してましたが

運動不足予防程度で、ムチウチ治療としての
効果はありませんでした


友人・知人から 良いらしい と勧められた
足つぼマッサージなど数々の
保険の適用外治療も、数年間続けてみました

1回5千円もかかり、かなりの金額を使いましたが
完治するものではありませんでした

 

「 私は1生ムチウチと
  付き合っていかなければならないんだ 」


あきらめるしかない気持ち

気圧のせいで、自分の健康状態が左右される
ユウウツな日々



そんな時に、友人から
「 栃木県壬生市に、いい先生がいるよ 」と聞きました

今までそう聞いて試しても
結果が出なかったのですから
聞き流していました

一応 
「 どんな先生なの? 」

質問すると

「 ギックリ腰になり、動けなくて担ぎ込まれた人が
  院長先生の施術を受けたら、スタスタ歩いて
  診察室から出てきたんだ 」

「 えっ? 」

リアルに私の心へ届きました

 これが最後の1回と思って
 ムチウチ治療に行ってみよう
 ここの先生なら、もしかして
 良くなるかもしれない 

ひとすじの希望の光がさしたのです


病院名を聞きました

「 保険適用で良い治療が受けられるから 
  人気でかなり混むのを覚悟して行ってね! 」


半日潰れる気持ちで
次の休みに出かけてみました







車で1時間少々かかる距離の
東武宇都宮線 おもちゃのまち駅 近く
壬生町安塚にある


  なかむら整骨院


待合室とか
スゴイ人でした・・


お弟子さんもたくさんおり
忙しそうにしていました


受付をして、待つこと2時間

 
やっと呼ばれて診察室へ

初診は必ず 中村五朗院長先生 が見るようで
小泉純一郎さん似の 
ダンディな方がおりました


症状を話してから
座っている状態で、私の首や肩に触れて

「 こりゃひどいなぁ・・
  首の骨がSの字に曲がっている 」

ベッドで横になり
本格的な施術を受けました


「 ズレている骨を1度に元の位置に戻してしまうと
  周りの筋肉に負担がかかるので 
  少しずつ戻しますから 
  ムチウチは治ります! 私が治せますから 」


涙が出そうな程、嬉しいお言葉でした

院長先生は、ミリ単位で骨の位置を動かせるらしい


整体と聞くと、1般的なイメージは
手足や体を思いっきり曲げられ
バキバキする治療と思いがちですが
こちらは違います


指先が体にやさしく触れている程度で

「 えっ、そんな弱い力なのに
  骨を動かしているの? 」

不思議でした



「 数日おきに来れば、すぐに良くなる 」 

そう言われましたが
仕事をしているし、遠いのでムリ・・

出来る限り通う事にしました



お会計をして車に乗り
 

あれっ?
首の骨が鳴らない?


1番ビックリした事でした


いつの頃からか、普通に横を向くだけで
首がボキボキ鳴っていたのです


信じられなくて
左右にブンブンしてみましたが
無音、静かです




あきらかに体調も良くて
気持ちも元気になって行きました




次の診察の時に

「 どうして首がバキバキしなくなったのですか? 」

お聞きしたら


「 今まで骨がズレてゆがみすぎて
  動かすたびにぶつかり合っていたけれど
  元に戻ったからだよ 」 

やさしく微笑んでいました




通っていると、通路を挟んで向こう側にも
診察室があり

そちらでは保険適用外の治療

ビワの温熱治療 と レインボー治療
などが行われているらしかった


日に日に、ムチウチの症状は良くなったので
冷え性も治るかな? と
試しに受けてみる事にしました




冬になると足の指先は
ちっちゃなサツマイモのように膨れて
しもやけになり

夜ベッドの中で体が温まると
かゆくて眠れないのです

眠いのにカユイ
かゆいけど眠たい

んも〜! 本当にイラつくのよ〜 👿

ある冬は 耳たぶ までしもやけになり
ショックでした 😱




ビワとレインボーは、予約制で
両方を院長先生から任されて担当していたのが

山口智大先生 でした


問診表の用紙
該当する項目にマルを付ける


山口先生は、それを見ながら
この患者さんは、どこを温めたらいいのか
判断しているようでした


ベッドでうつ伏せに寝ている私の腰に
オイルを垂らしてから、銀色の
ピラミッドみたいな形をした物を置きました

中に燃料の葉?が入っているようで
担当の人はフタを開けて息を吹きかけ
火加減を調整していた

しばらくそのままでいると  

あら不思議

血液が温まって、全身がポカポカに

何? この現象は?

温泉とかに入って外から温まるのとは違う


体温よりも高い温度の血液が
体中をめぐり
毛細血管のすみずみまで届いているような

そんな感じでした





その後、ツボ押しをしてもらい

院長先生と同じように
やさしい整体の施術で終了


山口先生は

「 この先、3日間位はビワの温熱治療の効果で
  すこぶる体調が良いですから 」

5千円位の治療代を払い、帰りました




言われた通り
今までの自分の体じゃないような
ウルトラ絶好調! が数日続きました

 
この治療を受けたのが11月

12月になり寒くなってきて
年も開け、小春日和が続き
もうすぐ桜の季節




ナント!
 
この冬に しもやけ が出来なかった のです 

さらに手荒れもなくなり・・

信じられませんでした 


夜もグッスリ眠れて

気がつけば、仕事の時に貼っていた ホカロン も
あまり使用しませんでした



回数券を購入していたので
使い切るまで時折 
ビワの温熱治療を受けました



あれから数年経ちますが
もう しもやけ&手荒れ とは無縁なの ♪

職場で洗い物などもしますが
ハンドクリームなんて使ってない






私のムチウチと冷え性は

院長先生と山口先生 に
治していただきました



この整骨院を紹介してくれた
N君にも、心から感謝しています




みなさんが住んでいる街にも
ビワの温熱療法を扱っている所が
あるかもしれません

体質改善を試してみてはいかがでしょうか?




あたしの ムチウチと冷え性が治った実話 でした 







      ー そして、もうひとつの実話 ー


職場のAさん

夜寝ていると、手がしびれて息苦しくなり
目がさめてしまうという・・

この辺りで、とても有名で大きな病院へ行き
色んな検査をしたけれど

どこも悪くないと言われたそうです

悪くないって、本人は症状があるのに・・

彼女は原因が分からず、途方にくれていました



そんな彼女に

「 私がムチウチや冷え性を治した整骨院があり
  連れて行ってあげるから行ってみない?
  東洋医学・西洋医学と色々あるから
  どれか自分に合うかもしれないわよ 」


院長先生なら
何かわかり、何とかなるんじゃないかと
すがるような気持ちでした

 
言い出しっぺの私も、不安でしたし
ある意味 大バクチ !




後日、私の車に彼女を乗せて
なかむら整骨院へ行きました


保険適用の方で受付をして
ずいぶん待ちました
不安そうな顔で待つ彼女

やっと呼ばれて、診察室に入って行きました


しばらくして、施術が終わったようで
口を手で押さえて出てきました
 
「 どうだった? 」

涙目の彼女は

「 目からウロコなのよ!
  診察室に入り、私はひと言も話してないのに
  院長先生は私を見るなり
  鎖骨の骨がズレていますよって言うの!
  ズレた骨が寝ている時に神経に当たっていたから
  シビレの症状が現れる
  重い物を持ち過ぎるとそうなるから
  何回かに分けて持ちなさいって 」




数日後、職場で会った時に

「 どう? 眠れている? 」

「 うん! ぐっすり眠れているの
  もう元気 😄 本当にありがとうね♪ 
  感謝という言葉しかない 」



あんな大きな病院で検査したのは
何だったんだ!! と
笑い話しになっております



元気になって良かった 👍

  







いちごの里 おもてなしプラン





成人式も終わり
年末から続いた忙しさも落ち着き
いつもの日常になりました


とりあえず、風邪もひかずに
悪い虫もつかずに(ん?!)

元気にピンピンしとりますです



ぐぁーっ 😰

春〜 🌸 はよ来んかい〜 と思う毎日


今年はどこに出かけて何をしようかと

脳ミソは常に羽ばたいており
想像と妄想を繰り返し
ときおり怪しく ほくそ笑む のです


冬物バーゲンも始まり、今度の冬用にと
あちこちパトロールをして
掘り出し物探し






そんな中つい先日、友人から相談されました

「 2月中旬に友達が数人
  こちらに遊びに来るんだけれど
  どこに連れて行ったらいいのか? 」

日帰りだと・・

んー ・・

1番何もなくサブい時やん

足利フラワーパークのイルミは終わっているし



おすすめプランは

① 道の駅 どまんなか田沼 で
  お買い物と無料の足湯

② 佐野市内で名物の青竹ラーメンランチ
 
③ いちごの里 で
  苺三昧のパフェとパンケーキ

④ アウトレットで自由散策
  フードコートでお帰り時間調整 
  お喋りしてれば寒くない
  



すると

「 いちごの里って、わからん 」



そっかー
畑の中にポツンとあるから
意外と地元の人でも知らなかったりする



じゃあ、休みが合う日に連れて行くよとなり
後日、出かけてきました





待ち合わせをして

まずはランチ


ラーメン屋は、昼休みのない
通しでやっている所がいいと言うので


  岡崎麺


ワンタンメンが好きなのですが
餃子も良いのですが

この後、デザートが待っているから
シンプルにラーメン 600円×2つ 





201701111548366d1.jpg





細くて半分透けているような
クネった色っぽい麺

スープもうみゃい 

けっこうなお手前でござりまする








満足して次へ

小山方面に向かいます





20分程で到着

栃木県 小山市 大川島 にある


  いちごの里


いちご狩りシーズンでもあるので
大型バスが数台停まっていた




まず、ミニ牧場へ

ロバや羊がいて
100円でニンジンをあげれます


もう少しすると
向こうのビニールハウスが、産子小屋になるから
赤ちゃん達が見れると、指を刺して説明






売店の建物の中に
苺がらみの生菓子、焼き菓子、グッズがあり
苺ソフトクリームも売っている 🍦




レストランは2棟あり
売店横のは、ビッフェメニューのみで
曜日や時間で料金がかわる




もう1つの建物が


  カフェアンジェフレーゼ


軽食やセットメニュー、お茶ができる


中に入ると、にぎわっていました



窓辺に座り、メニューをパラパラとめくり
どんな品揃えか確認



お約束のデザート2つを頼む





20170111154838420.jpg

 



ようこそ! ウェルカムじゃ


天使のパンケーキ 1080円
いちごパフェ    980円





20170111154838e18.jpg


       大きさがわかるように持ってパチリ





友人はパンケーキの生クリームを見て 😲
ビックリしてる



しかし、食べると

「 あーっ、メレンゲのようになっているんだ 」

「 そうなのよ! 見た目程重たくないわ 
  流行りのパンケーキ店は、こういう
  フワフワの生クリームが多い 」


「 どっちもスゴイ苺の量使っているね
  生産者だからこそ出来るボリュームだ 」

「 そうね、東京でこんなの食べたら
  2000円はするかも 」



あたしはパフェをパクパク

真ん中は、バニラアイスと 
苺のソルベ風アイスの2色になってます




後からコーヒーと、いちごミルクジュースがきた




「 生クリームや苺よりも
  下にある3枚のパンケーキが重たい 」

「 みんなと来た時、飲み物は各自で頼み
  デザートは2〜3人で1つにして
  みんなでつつくのも楽しいよ 」




スイーツでお腹も心も満たされました

お友達が喜んでくれるといいね (≧∇≦)b









 

ビーナス 10周年大感謝祭ツアー





横浜にある ビーナス という
ジュエリーメーカーから

過去にお買い上げのあるお客様に
お買い物やメンテナンスを兼ねた
バスツアーの招待状が届きました


本人はご招待だから 無料
同伴者の参加料は 6300円

うふふ♪
断る理由などありませぬ

タダで日帰り旅行が出来るのですから






出発の日

寒さでお手洗いが近くならないように
冷え性のツボにホカロンを貼り

お星様がキラキラしている早朝
最寄り駅前に集合


大型バスが到着 

参加のハガキを見せると
添乗員が座席を案内する

私は、入り口側の○列目の通路席

あぁ・・ 今日は相席なんだと・・


次々と参加者が乗り込み

あたしのお隣り席の女性が来ました


   ・・・


どこの部屋の方かと思うような人でした
( 以降、彼女は親方 )

私は席を立ち、親方が奥に入り座ると
席と席の中央にあるシートベルトのタグが
お尻のたゆみで半分見えません

太ももは、完全に
あたしの陣地にはみ出しておる



そうだ!
全員乗車して空席があったら移動しちゃおう


間もなくバスが走り出し
後ろを見るとほぼ満席

空いている前の2列は
500円払って座れる前列指定席



最後の希望が打ち消され
気持ちが真っ逆さまに落ちた

身も心も どんより モード

こんな顔 😨






寒いけれど冬の青空

高速道路をスイスイ走り

川口SAで休憩



ここを出ると、次は最初の立ち寄り先
鎌倉へ



ウトウトと、お昼寝タイム 💤


いい感じてスヤスヤ睡眠充電していたら

ん?! 何か重たい・・


薄目を開けて見ると

ゲーッ 

親方が爆睡して、足は開き
それはそれは特大の ボンレスハム みたいな二の腕が
あたしの左腕に覆いかぶさっていたのでした

「 ちょっと! あーた
  寝るんじゃないよ 」 と

言ってやりたい気持ちでしたが
大人だからガマンしました


標準体型なら、背もたれに
体と両腕の上半身寄りかかっても
自分のイスから、はみ出す事はないでしょう

しかし、隣人の親方ともなると
体の部分だけで背もたれは埋まり
両腕は浮かせて前にしとかないと
あたしの陣地に乱入する形になります


重いし、キュウクツだし・・

助けて〜 😢


間もなく起きたので
ボンレスハムから解放されました 



┐(´д`)┌ やれやれ 😥






鎌倉鶴岡八幡宮近くの駐車場に到着

自由散策 80分


まずは、初詣をしに境内へ

10時前ですが、けっこうな人が訪れています





20170109100302e8d.jpg





特に信仰しているものはありませんが
建物や木彫の装飾や燈籠を見るのは好きです





20170109100304257.jpg





樹齢800年とも1000年とも
言われていた県指定天然記念物の大銀杏

H㉒22.3月10日に強風で
根本から倒れてしまった





2017010910030540b.jpg





境内は人が多くて写り込んでしまうので
池の辺りでパチリ





201701091003074e1.jpg





時計は10時を過ぎたので
お店が開店し始めたぞ

早足で歩きだし、お目当ての所へ

リサーチしておいた
表通り 鶴ケ丘会館1階 にある

ノースプレインファーム 鎌倉 ぎゅう舎

牧場ソフトクリームのお店なのですが
クローズになっていた

開店時間が遅いようです・・ 残念



小町通りを歩きます

代わりに別のソフトクリームを探しましたが
はちみつソフトや、お茶屋さんの抹茶ソフトなど
1度食べた事のある店ばかり


ソフトクリームはあきらめて

くるり という手ぬぐい店へ

入った途端に 

「 うわー! カワイイ きれいな模様 」

感激しながら手にとります

大仏・犬・ネコ・富士山・ガイコツ・四季・花
ディズニーからアニメなどのキャラクター

額に入れたり、棒で吊るしたら
立派なインテリアになります


何時間でも見ていられるわ ♥


入り口に 食べ物を持っての入場禁止 と
張られていましたが

撮影禁止とは書いてなかった 😎

お店のお姉さんに声をかけて
聞いてみると、写してかまわないと ♪

お礼を言って撮影しました





20170109100308abb.jpg





和柄の小物が色々

風呂敷バッグから、がま口財布
ブックカバー

店内にいるだけで幸せな気分よ





20170109100352c78.jpg





どれか1つ、手ぬぐいを買おうと品定め

白っぽい布できれいな花柄とかだと
もったいなくて使えないから

珍しい ヤモリ柄 にしました 
指の先が丸くなってて、カワイイ 

1080円

イヒッ 😄




時計を見ながら歩く

もっとゆっくり観光したいわ

陽気が良くなったら
また泊まりがけで鎌倉旅行を
計画しようかなぁ〜





駐車場に戻りバスに乗る
表情も どんよりモード に戻る

こういう心理状態の時って
景色が脳裏に入らない 😥






狭くて曲がりくねった道を進み
見慣れた横浜が見えてきた

サンタバルカ号の永井船長は
お元気かしらと

ふと、思い出す





横浜中華街でランチ

バスを降りた場所に
店の人がハタを持ってお出迎え


四五六菜館


2階に上がり、みんなが着席すると

次々にお料理が運ばれて来た


四川風なので、味付けは少し濃いらしい




くるくるテーブル

向こう側の人が料理を小皿に取っているのに
手前側の人が くるっ と動かし
お料理をこぼしそうになり ヒヤッ としました

回した本人は高齢の方だったので
全く気がつく事なく
周りが苦笑いしてました





2017010910035470c.jpg





麻婆豆腐を食べると
みんなゴホゴホと咳をする

美味しいけれど、辛いのよ〜



パクパクと食べて

「 ごちそうさまでした! 」

ひとこと言って1番に席を立ち
すたこらサッサとお外に

フリータイムを楽しまなくっちゃ 


台湾のかき氷を食べようと
リサーチしておいた店に着きましたが
夏しかやってないと

なんだよ〜!

鎌倉でも中華街でも
第一候補全滅じゃんか 😧



しゃあない

観光しよっと





関帝廟 (かんていぴょう)

商売の神様





2017010910035568a.jpg





全体の写真はいつも写しているから
お屋根のアップ

青空に龍が泳ぎ映えます








媽祖廟 (まそびょう)

航海の神様





2017010910035613e.jpg





縁結び・子宝・金運など、パワースポット

夜はちょうちんに明かりが灯り 🏮
幻想的なのよ





あっ!

媽祖廟前のお店で、かき氷のメニュー見っけ

熊猫飯店 (パンダ飯店)

入り口のお姉さんに

「 デザートだけ食べたいのですが大丈夫ですか? 」

微笑んでうなずき、中へ通される


台湾名物 雪花水 (シェーファーヒン)

・ リュウガン(いちご)
・ パイン
・ 抹茶粒あん

3種類ありましたが
いちご味を注文 560円





20170109100358384.jpg





来た来た!

味のついてる氷を削ってあるみたいで
濃厚でフワッフワ


 この氷の秘密を知りたくて
 後で調べたら
 練乳入りの水を凍らせるから
 かき氷でもなく、ソフトクリームでもない
 独特のやさしい食感が生まれるんだって



うん、何はともあれ
スイーツを食べれて満足よ

ライチ、ガチガチに凍っているんですけれど・・


周りの人達は、ご飯物を食べていて

さみーのに、かき氷かい? って思われていたかも 🍧



あぁん!
もう時間だから戻らないと





40分程の移動で ビーナス に到着

ここでの立ち寄り時間は 2時間
メインイベントですから・・


館内の写真撮影は禁止


会議室のような部屋で
担当者のあいさつ

そして、ビーナスの歩み

恒例の誕生石クイズ

当たると パック がもらえます 



揺れるダイヤのネックレス
貴重なパールのネックレス
新作の遠赤ネックレス など

現物を見ながらお話を聞きます


3種類の板があり
( ガラス・備長炭・遠赤板 )
氷を置いて、溶け方を見る実験をしたり

ガラスと備長炭の上は変化ナシですが
遠赤板の上の氷は、アッという間に溶け出し
クルクル周ります

水の分子に反応し、衝突エネルギーで溶ける


遠赤ネックレスを付けると
体の中の水分を温めるから
冷え性・肩こり・肉体疲労に効果がある






2階の展示会場で、自由に見ます


メンテナンス希望の人は
入り口で受付を済ませる


私のネックレスを見てもらったら
どこも痛んでないので
クリーニングだけでOKでした


会場に入ると
キラキラ宝石が光を放つ

さっそくセールスレディが来て
一緒に見ましょうと寄り添い
アレコレと勧める

女優さんがドレスアップした時に付けるような
大粒ギラギラネックレスを勧めるから

「 あのね! 普段ユニクロとかしまむらの服で
  ネックレスだけこんなんじゃ、おかしいでしょう?
  バランスとか身分相応があるのよ 」


こりずにうるさいから  

「 一通りの宝石は持っているからいらないわ 」

軽くあしらう



素敵だなって思ったのは
新作の黒と緑のシンプルな遠赤ネックレス

オシャレに加工デザインされていて
石と石とのジョイント部分に
ホワイトゴールド?とかの
小さなミラーボールなどが使われている

値段を見ると・・ 42万円・・

良いものだし高かった




1周歩いてイスに座り、クリーニングに出した
ネックレスが戻って来るのを待つ


すかさず店員が新作ネックレスを持ってきて
試着させてくれて、鏡を置く

やはり魅力的で素敵!


店員 「 遠赤ネックレス、色違いで
     何本も持ってる人が多いんですよ 」

私  「 お金のある人なら
     5本でも10本でも買えばいいんじゃない 」

店員 「 高くても金利のかからないローンが組めますから 」

私  「 私ローン嫌いなのね!
     今持っているのも現金で買ったから 」

店員 「 では代引きでご自宅にお送りしますよ 」

私  「 あら、プレゼントしてくれるなら送って下さい 」


店員はタジタジ
この客は 手強いなぁ〜 みたいな
顔になりました


私  「 あのね、一般庶民がホイホイと
     30万も40万もするネックレスを買えないわ 
     唯一持っているネックレスは冷え性に効果があると
     確信したから清水の舞台から飛び降りた覚悟で
     頑張って買ったのよ! 」

店員 「 では、もう1度清水から飛び降りるつもりで! 」 

私  「 じゃあ、今度はスカイツリーから飛び降りなきゃね 
     もう、気持ちは1度飛んで死んでるのよ
     また死ななくちゃいけないのね 」


店員は、話しを私のキプリングバッグに方向転換し


「 コレはリーズナブルなブランドで
  汚れたら洗えるし、軽くて使いやすいのよ 」


和やかな会話の流れになった頃に
再びセールスの話題になったから
 

私  「 また言ってる! 」

店員 「 あぁ、またって言われちゃった 」



私  「 あのネックレスは気に入って素敵だけれど
     長すぎて普段使いには不向きだわ
     短いタイプで、お値段がもう少し控え目なら
     買ってもいいかなって思うのよ 
     今度来る時の楽しみにとっておきます 」


店員は、根負けしたようで
もう・・ 何も言わなくなりました



ちょうど専務が来たので
「 このデザインで短いのを作って下さい 」と
お願いしました

まぁ、実現するかどうか分かりませんが 😄




クリーニングされてきた
黒い遠赤ネックレスを受け取り

会場を後にしました




気の弱い、断りきれない人なら
会場の雰囲気にのまれて
店員の口調に押されて
何となく購入してしまうかもしれません

気に入って買うのなら問題ないのですが

どれも高価な商品ばかり
家に帰ってから、後悔するような
買物だけは避けたいですね



私は、雰囲気にものまれませんし
舌戦にも負けません
笑顔で カキーン と打ち返してやります





ビーナスさんの遠赤ネックレスは
遠赤協会のホームページで
認定されている商品の一覧表に
ちゃんと登録されており

私自身、効果も実感しています


今持っている遠赤ネックレスを
大切に愛用します





バスは帰路につきますが
首都高は、夕方のラッシュで渋滞

距離は大回りになるけれど
圏央道を利用して帰ると


途中、菖蒲SAで休憩して
無事に乗車した駅前で降りました





車中 押し寿司の具 になったような
圧迫感の席となりました

席運が悪かった・・

これがお金を払って参加のツアーだったら
最初の休憩場所で添乗員に言って
絶対に席を替えてもらっていました

まぁ、招待ツアーですから

この言葉で丸く収めましょう 


何はともあれ
鎌倉や中華街を満喫し
宝石見学で目の保養が出来た
楽しい1日でした ✌







プロフィール

足袋子(たびこ)

Author:足袋子(たびこ)
北関東在住 
趣味は外出! 水族館・動植物園・遊園地・プラネタリウム・お祭り・花火・ドライブ・買物・工場見学  
何気に、高い所・爬虫類・冷凍菓子に抹茶好き 
乗り物の中にいれば
ゴキゲンです🎵
本題に入る前の雑談として ―気奥のかけら― 始めました 心の奥にある思い出、気になった事をリアルに語ります  
年令という年輪を重ねても、好奇心は加速するばかり・・ 
これからも ▶仕事キッチリ遊びバッチリ◀ で、エンジョイ人生 🐾

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

かっちゃんの雑記ブログ

バイク少々……されど乗る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
972位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
375位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome! 足袋子共和国の  入国ゲートへ
いつも癒やされているメダカやエビ達の赤ちゃんに期待する春ザマス😉
桜のようにいつまでも色づいていたいものだと心がけている足袋子にワンポチ🐶を

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR